2010/5/31

平成22年は石清水八幡宮の御祭神第15代応神天皇壱千七百年式年祭です!その3.国重文の御本殿特別参拝  文化財研修記

男山(おとこやま、標高142メートル)の頂上には石清水八幡宮が鎮座しています。御本殿及び外殿、幣殿及び舞殿、楼門、東門、西門、廻廊いずれも徳川三代将軍家光公が寛永11年(1634)に建造された国の重要文化財です。作者世阿弥作「謡曲・弓八幡」は男山八幡宮の神徳をたたえ、威武の聖代を祝う曲です。この謡を「弓八幡」と名づける事は、八幡大菩薩は源氏の氏神弓矢の守護神であるから弓と矢と幡との三つの兵具をに訳して弓八幡と名付けたのである。とある。直(すぐ)な御代のためしであるこの祝言は弓矢を以って戦勝を祝うのでなく、弓を袋に入れて武をおさめるのである。作者世阿弥は平和論者であり、武家中心時代に於いて平和論を唱え、将軍専横時代に於いてとりわけ皇室を尊敬した。之が能役者の見識であり、情熱であったのである。と謡曲大観は論じています。参拝の多くの方はこの石清水八幡宮の厄除開運・家内安全・必勝祈願の御神札として「特別八幡御神矢」、「八幡御神矢」を収受している。本殿における「特別参拝」綾部にある2つ八幡宮の一つ平安時代、金の鳩が綾部市の高津町に石清水八幡宮から飛来した奇瑞のある高津八幡宮・塩見有紀宮司(若い女性)の計らいにより実施できたのです。最期の欄に「高津八幡宮」と「綾部八幡宮」をクックして見えるようにしてありますのでご覧下さい。

1.西門前の特別参拝入口です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.御本殿から楼門を見る。橘の木には実がなり、秋の11月23日の新嘗祭(になめさい)に献納される。
クリックすると元のサイズで表示します

3.桧皮葺(ひわだぶき)の御本殿は前後二棟からなる「八幡造り」です。幕のところが舞殿(之も国重文)です。
クリックすると元のサイズで表示します

4.特別参拝その一。祝詞
クリックすると元のサイズで表示します

5.特別参拝その二。お祓い
クリックすると元のサイズで表示します

6.特別参拝その三。男女代表各1人づつ玉串奉納
クリックすると元のサイズで表示します

7.特別参拝その四。参拝者全員順次神酒拝受
クリックすると元のサイズで表示します

8.神官により特別に外殿の素晴らしい彫刻等の案内して頂く。
クリックすると元のサイズで表示します

9.外周180メートルの外殿には寛永11年(1634)当時の名工による素晴らしい彫刻がある。天正8年(1579)織田信長公寄進の「黄金の樋」は撮影失敗してましたお許し下さい。
クリックすると元のサイズで表示します

10.当時名工による素晴らしい彫刻の一つ
クリックすると元のサイズで表示します

11.本殿は三間社切妻造りでこの外殿を後から見ると「三間社流造」が良く判る
クリックすると元のサイズで表示します

12.同上
クリックすると元のサイズで表示します

京都府綾部市にある綾部市指定文化財の「高津八幡宮」は下記をクリックして見て下さい。塩見有紀宮司様が可愛い禰宜の時の写真もあります。
http://www.ayabun.net/kaiho/63/takatu8b.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2010/5/31

平成22年は石清水八幡宮の御祭神第15代応神天皇壱千七百年式年祭です!その2.男山ケーブルカーから楼門へ  文化財研修記

男山に鎮座する石清水八幡宮は,俗に男山八幡宮とも呼ばれています。社伝によると平安時代の始め貞観元年(859年)、宇佐八幡宮に参籠した奈良の大安寺の僧・行教(ぎょうきょう)が、都付近に移座し、国家鎮護のあたらんとしたとの八幡大菩薩の神託を受けて朝廷に奉上したので、朝廷は木工寮権允(もっこうのりょうごんのじょう・平安時代の役職)橘良基(たちばなよしもと)に時の清和天皇の命令を承けて、この男山の頂に六宇の宝殿を建立した。順次桧皮葺の前後屋根が二棟続く「八幡造り」の社殿を完成させました。以来造営14回、修理17度に及び現在の社殿は寛永十一年(1634)三代将軍徳川家光公の造営によるもので国の重文です。清和天皇の嫡流である源氏一門が崇敬に至るのは必然であったのです。しかし、実際には宇佐八幡宮の神官大神氏が和気清麻呂(わけのきよまろ)一門や行教と結んで都への進出を図ったと考えられています。

1.男山ケーブルカー駅から乗車(一両編成38名定員、15分毎に発車です)
クリックすると元のサイズで表示します

2.ケーブルカーの車窓より
クリックすると元のサイズで表示します

3.頂上駅から左石段を登ると御本殿裏の展望台へでます。正面を行くと第三の鳥居を越えて書院前に出ます。
クリックすると元のサイズで表示します

4.男山は都を守る要衝の地であり展望台から宇治川・木津川・桂川が見れます!
クリックすると元のサイズで表示します

5.展望台から桂川、向こうの山峰が天王山・山崎(羽柴秀吉と明智光秀が戦った山崎合戦の地です)
クリックすると元のサイズで表示します

6.展望台には谷崎潤一郎の文学碑があります。下記。
クリックすると元のサイズで表示します

7.展望台よりケーブルカー山頂駅前に下りて、社務所前の無数の石燈籠と南総門を見る
クリックすると元のサイズで表示します

8.南総門手前の真紅の手水舎
クリックすると元のサイズで表示します

9.南総門
クリックすると元のサイズで表示します

10.楼門(普通の神社では拝殿にあたる)
クリックすると元のサイズで表示します

11.楠木正成公が建武元年(1334)に7本の楠を植えたと伝えれています。御本殿西側の楠は高さ30メートル、根回り18メートル、樹齢700年、京都府の天然記念物指定されている御神木。
クリックすると元のサイズで表示します

次は御本殿の特別参拝風景です!

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2010/5/30

平成22年は石清水八幡宮の御祭神第15代応神天皇壱千七百年式年祭です!その1.下院殿付近  文化財研修記

平成22年は石清水八幡宮の御祭神第15代応神天皇壱千七百年祭です。この石清水八幡宮の御祭神は中御前・第15代応神天皇「誉田別尊(ほんだわけのみこと)」、東御前には神功皇后(じんぐうこうごう)が祀られています。順次案内しますが、八幡大神はこの男山に御鎮座され都の守護神、国家の安泰の神として朝廷はもとより広く国民か篤くら崇敬されてきました。特に清和天皇の嫡流の源氏一門は八幡大神を源氏の氏神として崇敬し、全国に八幡大神を勧請してきました。源義家は自らを「八幡太郎義家」と名乗った事は有名です。今回は男山の麓にある下院の頓宮(とんぐう)を中心に見ます。

1.境内全図・今回は右下の9月15日の未明に催される「石清水祭」のみに使用される下院の頓宮(とんぐう)を中心に見ます。
クリックすると元のサイズで表示します

2.一の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

3.一の鳥居には長徳の三筆と讃えられる藤原行成が書いた書を松花堂昭乗が書写した扁額が取り付けられており、八幡宮の「八」の字は鳩(はと)の姿になっています。
クリックすると元のサイズで表示します

4.放生池
クリックすると元のサイズで表示します

5.頓宮(とんぐう)の楼門(年一度9月15日未明のの石清水祭のみ使用されます)
クリックすると元のサイズで表示します

6.頓宮殿正面(石清水八幡宮のお旅所)
クリックすると元のサイズで表示します

7.横から見た頓宮殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.日本最大の6メートルの巨大な石の「石清水八幡宮五輪塔(鎌倉時代後期の国重文)」頓宮正面左側からの門を出るとそこにはもと極楽寺があった幕末の鳥羽・伏見の
戦いで消失。
クリックすると元のサイズで表示します

9.石清水八幡宮の摂社「高良神社(こうらじんじゃ)」の鳥居。この神社は社伝で差貞観2年(860年)に南都の僧・行教が創建したと云われている。
クリックすると元のサイズで表示します

10.高良神社を横から見る。毎年7月18日の夏の高良祭りは,屋形太鼓が八幡市中を練り歩き、太鼓まつりと呼ばれている。
クリックすると元のサイズで表示します

11.京都府の自然200選の一つ高良神社の巨大なご神木「タブの木」
クリックすると元のサイズで表示します


2010/5/29

H22綾部高等学校同窓会総会に出席  あやべの街

5月30日(日)綾部高等学校の総会がITビル多目的ホールで開催され出席した。南1支部から由良様、上田様に出席をしていただいた。他の方もお誘いしたが所用がお有りとのことで、綾部の文化財を守る会の四方續夫事務局長をお誘いした。以前にも出席したが退屈だったが私と一緒ならとのことであった。

クリックすると元のサイズで表示します
高倉信正同窓会長あいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
山崎善也綾部市長は東京綾部会総会出席用務のため上原直人副市長が代理であいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
下川綾高校長の話し 綾部高校の状況、スポーツなどでの好成績について
クリックすると元のサイズで表示します
総会議事進行 事業・決算報告、次年度事業・予算計画、次年度役員選出
クリックすると元のサイズで表示します
退任される高倉信正会長に感謝状贈呈
クリックすると元のサイズで表示します
四方八洲男新会長の素晴らしい就任あいさつ
現綾中同窓会長を今年度で退任される由。(綾中65周年を新役員で行うよう先般の綾中本部役員会で了承すみ)
クリックすると元のサイズで表示します
井関康宏京都府教育委員会理事の講演「中高一貫教育の成果と課題について」
分かり易くスライドを使い説明された。大切な情報を素晴らしい講演で学べた。
クリックすると元のサイズで表示します
スライドより
12 綾部高校の目指すべきもの
○生徒減少への対応
○特色・地域の学校 ・公式戦に強い学校 ・数ではなく内容で勝負のできる学校
○連携・「綾部市で唯一の学校」のメリットを生かす ・中高連携、小高連携の充実
講演後、参加者から熱心な質疑応答、意見交換が行われ、予定時間をオーバーして閉会した
クリックすると元のサイズで表示します
懇親会で乾杯


2010/5/28

雨の中、四つ尾稲荷柴燈大火生三昧供厳修が盛大に開催される  綾部の文化財

今年度の綾部市檀徒総代総会が千手院で行われた関係で、開催が遅れていた「四つ尾稲荷大明神柴燈大火生三昧供厳修」が5月23日(日)かなり激しく降り続く雨の中で盛大に開催された。市消防団綾部分団の一同も参加

クリックすると元のサイズで表示します
千手院本堂内で木原住職と真言宗の僧侶5人などが開始の法要、外でも行者たちが参拝
クリックすると元のサイズで表示します
法螺貝を吹きながら綾信会の中山先導行者以下行列で雨の中を石段に向かう
クリックすると元のサイズで表示します
石段を上がり四つ尾稲荷柴燈大火生三昧供厳修の祭壇が組まれた結界前で、
入山の行者問答を行う中山行者
クリックすると元のサイズで表示します
設けられた祭壇に向かう行者と僧侶
クリックすると元のサイズで表示します
伴仲博司千手院総代のあいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
弓の大事、斧の大事などと進み、宝刀の大事
クリックすると元のサイズで表示します
千手院木原住職による清めのお払いを参拝者一同にされる
クリックすると元のサイズで表示します
千手院木原住職による所願成就、家内安全などの願文奏上
クリックすると元のサイズで表示します
行者2人の手で松明に火が付けられ、積み上げた柴護摩壇に点火
クリックすると元のサイズで表示します
護摩壇前の薬師堂で太鼓と読経の5人の僧侶
クリックすると元のサイズで表示します
千手院木原住職の祈祷で大きな柴護摩壇が燃えていく
クリックすると元のサイズで表示します
立ち上る煙の中を高台の四つ尾稲荷大明神に参拝する人々
クリックすると元のサイズで表示します
勢いよく燃える柴護摩壇の火中に、檀家や参拝者から供えられた護摩木約3000本に目を通しながら投じる行者たち
クリックすると元のサイズで表示します
柴が燃え尽きて、真っ赤に火のついた木組みが現れた
クリックすると元のサイズで表示します
火渡りのために灰掻きを鳶口でされる住職や行者
クリックすると元のサイズで表示します
沸かされた熱湯に笹竹を浸し頭から被る、湯神楽をされる千手院木原住職
クリックすると元のサイズで表示します
火渡りの前の安全祈願法要
クリックすると元のサイズで表示します
宝剣を手に火渡りをされる千手院木原住職
クリックすると元のサイズで表示します
次の火渡りは中山先導行者
クリックすると元のサイズで表示します
続かれる役行者たち
クリックすると元のサイズで表示します
裸足になり塩の撒かれた上に立ち、火渡りを始める参拝の人々
クリックすると元のサイズで表示します
中山先導行者に気合を入れてもらい火渡りを始める
クリックすると元のサイズで表示します
御幣を手に火渡りをする人々。右手に赤い炎が見える。
私も最近、健康に問題が続くので火渡りを試みた
クリックすると元のサイズで表示します
木原千手院住職のお礼のご挨拶


2010/5/27

綾部世界連邦運動協会 平成22年度総会に出席  あやべの街

2:30から開催された「綾部市市民憲章推進協議会の総会」につづき、3:30から同じ会場において綾部世界連邦運動協会の総会が開催された。
両団体は市や市議会、(社)綾部青年会議所などと共同して、市民憲章第一項にある「平和を願い祈りのあるまちにしよう」の実践を願い、これまでから様々な市民平和活動を熱心に行って来ている。

綾部市制施工60周年記念事業の取り組み、「中東和平プロジェクト in 綾部」、「市民バラ園整備事業」は下記をクリックください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/836.html

クリックすると元のサイズで表示します
綾部世界連邦運動協会 鹿子木旦夫会長のあいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
山崎善也綾部市長のあいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
活動報告をされる高木明彦事業部長
クリックすると元のサイズで表示します
オバマ大統領の核兵器廃止への取り組み評価と世界連邦運動の関連について質疑応答、意見交換に答える鹿子木会長と質問者(手前)
クリックすると元のサイズで表示します
核兵器全廃について最後まで熱心な意見交換がつづき閉会に
クリックすると元のサイズで表示します
片山哲二副会長の閉会あいさつ

綾部世界連邦運動協会 平成22年度事業計画
主催事業
○世界連邦市民学習会の開催
  ・趣  旨:市民に身近なところで「世界連邦」に関する学習機会を提供し、理解を深めてもらう。
  ・開催回数:1回
  ・内  容:未定
○世界連邦研修視察の開催(新規)
  ・趣  旨:世界連邦や平和に関連する施設へ行き、学習の機会を持つ。
  ・開催回数:1回
○冊子を活用した啓発活動
  19年度に作製した世界連邦啓発冊子「世界連邦への道」を活用し、市内外で啓発活動を行う。
  ・市教育委員会の協力により、市内の中学校1年生全員に冊子を配布
  ・中学生に対する平和授業の支援
  ・近隣の世界連邦宣言自治体との交流・研修
○協会ホームページの運営・活用
  18年度にサイト構築したホームページを充実させ、有効活用を図る。
    運営委員会を中心に取り組む。
    世界連邦に関する新たな資料、情報・提供
    協会活動のPRと会員の募集
○新規会員の確保に向けた取組
世界連邦運動の拡大と組織の強化を図るため、ホームページ、啓発冊子、市民学習会などを活用しながら、新たな会員の確保に向けた取組を進める。

地球市民の集い実行委員会へ参画して実施する事業
地球市民の集い実行委員会参画団体
〔綾部市市民憲章推進協議会、綾部世界連邦運動協会、綾部青年会議所、綾部市議会、綾部市〕
○第19回世界連邦推進小・中学生ポスター作文コンクール
・時期:応募依頼−6月中句、表彰−10月
・対 象:市内小・中学校児童・生徒
○綾部市民平和祈願の集い
  ・日 時:平成22年8月15日(日)
  ・場 所:藤山山頂
  ・対 象:綾部市民、関係団体
○平和と環境の日記念「地球市民の集い」
  ・時 期:平成22年10月
  ・内 容:綾部市小・中学生ポスター・作文コンクール表彰式など

綾部市制施行60周年市民会議へ参画して実施する事業
○中東和平プロジェクトin綾部
  ・日 時:平成22年7月23日(金)〜27日(火)
  ・場所:綾部市

他団体主催事業への参加
○ 寺山元旦国旗掲揚式への参加
  ・日 時:平成23年1月1日(土・祝)
  ・場 所:藤山山頂
  ・主 催:日本ボーイスカウト綾部第2団主催


2010/5/27

綾部市制施行60周年記念事業の取り組み  あやべの街

綾部市制施行60周年記念事業の取り組み
1、目 的 市民参加のまちづくり
 綾部市のまちづくりの目標「市民憲章」は郷土愛に燃える市民共通の願いi、目標を自らの努力によって実現しようとする市民運動であり、60周年の節目を機に市民が主体的に市民会議を組織し、市民参加によるまちづくりを目指す。

2、テーマ「平和と環境」
 綾部市の市制施行60周年と同時に世界連邦都市宣言60周年、商工会議所60周年、環境市民会議10周年など、節目を記念する団体が互いに協調し共通する‘テーマ「平和と環境」のもと多くの市民団体などから協賛を得ながら協力し、市制施行60周年を記念し下記の2事業を展開する。

3.会議経過
 ・地球市民の集い実行委員会     平成21年 9月30日
 ・第1回実行委員会設立発起人会   平成21年11月20日
 ・中東和平プロジェクト開催要請   平成22年 3月 1日
 ・第2回実行委員会設立発起人会   平成22年 3月26日
 ・綾部市制施行60周年市民会議設立 平成22年 4月15日  ‥
 @中東和平プロジェクト綾部市実行委員会設立
 A市民パラ園整備実行委員会設立

4、記念事業
1.中東和平プロジェクト i n 綾部
  世界連邦都市宣言60周年を節目として原点に立ち返り、平成15年に本市で初めて実施した中東和平プロジェクトを再度実施。平和を願う”草の根市民外交”として全国に発信する。市民会議に主管部門:中東和平プロジェクト綾部市実行委員会を組織して運営する。           づ
日 程  平成22年7月23日(金)〜27日(火)※日本時間
      7月25日 中東和平プロジェクトin綾部市民大会
招聘人数 両国共、高校生5名、引率者1 計12名

2.市民パラ園整備事業
市民生活や商業活動が調和したにぎわいと文化的風土づくりの一翼を担うため、市街地に「市民バラ園」を整備する。平和都市・綾部にふさわしいアンネのバラの移植や、市民参加による記念植栽等でバラ園を整備・拡大し、綾部の観光資源の魅力を高めると共に、花と緑あふれるまちづくりを進める。
市民会議に主管部門:市民バラ園整備実行委員会を組織し運営する。
 オープニングセレモニー  平成22年10月16日(土)予定


2010/5/27

あやべ特別市民を募集しています  図書紹介

人・街・里が輝く 市民都市 綾部
クリックすると元のサイズで表示します
制度とは?
綾部市役所秘書広報課 〒623-8501 綾部市若竹町8番地1 電話:0773-42-3280
FAX:0773-42-4406
クリックすると元のサイズで表示します
あやべ特別市民になって「あやべ」を応援してください。


2010/5/27

綾部市市民憲章推進協議会 平成22年度総会に出席  あやべの街

綾部の文化財を守る会も加入している綾部市市民憲章推進協議会の総会が、5月25日市民センター多目的室にて開催された。

クリックすると元のサイズで表示します
全員起立して綾部市市民憲章を唱和、前文朗読:四方みち子副会長
クリックすると元のサイズで表示します
平野正明会長のあいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
山崎善也綾部市長のあいさつ
市政60周年記念事業の協力と綾部市特別市民加入への紹介(下記をクリックください)
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/838.html
クリックすると元のサイズで表示します
熱心に参加している会場
クリックすると元のサイズで表示します
綾部市市民憲章の条文が額で張り出されている。記念事業の写真パネル、DVD

綾部市市民憲章
私たち綾部市民は、丹波の美しい山河と豊かな伝統をもつ、ふるさとを誇りとし、郷土愛に燃え、自然と人間が真に調和する新しい田園都市の実現を目指して、ここに市民憲章を定め、これを守り実行することを誓います。
1.平和をねがい、祈りのあるまちにしよう。
1.自治を高め、心のつながりのあるまちにしよう。
1.教育をたいせつにし、文化のかおりまちにしよう。
1,環境をととのえ、健康のあふれるまちにしよう。
1.産業をおこし、豊かなくらしのあるまちにしよう。
1.計画を定め、輝かしいあしたをひらくまちにしよう。

綾部市市民憲章推進協議会
平成22年度事業計画
1 綾部市制施行60周年記念事業
○綾部市制施行60周年市民会議への参画
  ・中東和平プロジェクトin綾部
  ・市民バラ園整備事業
2 主 催 事 業
○ 市民憲章啓発カレンダー制作・配布
  ・環境市民会議が制作している「花と緑のカレンダー」に、市民憲章を周知するた  めのぺージを設け、市民に対する啓発を行う。
  ・全制作部数:5、50 0部、啓発用ページ:A4版2ページ。
  ・330部には広告欄に市民憲章を印刷し、会員、各自治会に配布、公会堂等に掲示を依頼する。
○映画「塔のある街」啓発
・年間を通し機会があるごとに、上映する。
○ 市民憲章条文板の設置
  ・市民憲章の条文を広く啓発するために平成21年度に作成した条文板を設置。
○ 市民憲章のPR
  ・FMいかる ラジオ暑中見舞、ラジオ年賀状での市民憲章の啓発
  ・あやべ市民新聞 暑中見舞特集号、正月特集号での市民憲章の啓発

3 地球市民の集い実行委員会へ参画して実施する共催事業
  一実行委員会参画団体-
 綾廊市、綾部市議会、綾部市市民憲章推進協議会、綾部世界連邦運動協会、(社)綾部青年会議所

○ 綾部市民平和祈願の集い
・日時 平成22年8月15日(日)
・場所藤山山頂
・対象 綾部市民、関係団体
○ 第19回世界連邦推進綾部市小・中学生ポスター・作文コンクール
時期:応募依頼一平成22年6月中句
表彰:10月
対象:市内小・中学校児童・生徒
○ 平和と環境の日記念「地球市民の集い」
  ・日時 平成22年10月
  ・内容 小・中学生ポスター・作文コンクール表彰式など
4 他団体主催事業への参加活動
○ 寺山元旦国旗掲揚式参加
  ・日時 平成23年1月1日(土・祝)
  ・場所 藤山山頂
  ・主催 日本ボーイスカウト綾部第2団


2010/5/26

近畿自然歩道 弥仙山  図書紹介

綾部市の聖山、丹波富士と呼ばれることもある弥仙山(664m)のパンフレットをもらった。

クリックすると元のサイズで表示します
近畿自然歩道・・採らずに撮ろう弥仙山・・山菜の宝庫、神仙の山
弥仙山三社大祭・山菜まつりの様子は下記をクリックください。
 http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/825.html

クリックすると元のサイズで表示します
弥仙山の見どころ: 於与岐八幡宮、栖龍寺、水分神社、於成神社、金峰神社、弥仙水、修練の滝、大岩
伝承:水分神社子授け伝説、改心の道の由来
主な山野草:アケビの花、エンレイソウ、ラショウモンカズラ、エイザンスミレ、イチリンソウ、キンラン、シャガ、ササユリ、ハナイカダ、センブリ、リンドウ、フユイチゴ
地方の方から一言:野瀬井石夫、吉崎孝典氏




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ