2009/11/30

紅葉の大徳寺と仁和寺を訪ねて3  文化財研修記

綾部の文化財を守る会の秋の研修旅行は、午前中の大徳寺とその塔頭である高桐院、大仙寺の見学を終え、昼食は金閣寺そばの錦鶴(きんかく)で食べた。バス二台73名とスカイガイドさん2名の大人数で座敷一杯に広がり食事をすませる
クリックすると元のサイズで表示します
1号車の皆さん(手前)
クリックすると元のサイズで表示します
2号車の皆さん(手前)
クリックすると元のサイズで表示します
食べた会席料理、湯豆腐がついていた
クリックすると元のサイズで表示します
一階のお土産店で買い物をする
クリックすると元のサイズで表示します
お土産の買い物
クリックすると元のサイズで表示します
京都の漬物などに人気

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/28

紅葉の大徳寺と仁和寺を訪ねて2  文化財研修記

綾部の文化財を守る会の秋の研修旅行は、バス2台73名の参加で好天気に恵まれ、京都の見事な紅葉が楽しめました。
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺金毛閣前で記念写真を撮り終えて
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺のイブキ(1665年)
クリックすると元のサイズで表示します
仏像に参拝
クリックすると元のサイズで表示します
仏殿を出る一行
クリックすると元のサイズで表示します
三玄院前にて
クリックすると元のサイズで表示します
スカイガイドさんの案内で説明を聞きながら歩く
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺法堂
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院に向かう2号車の一行 1号車の一行は大仙院から拝観
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院の前で説明を聞く一行
クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉の高桐院へ入る
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院の参道
クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉の天蓋
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院の客殿南庭(江戸時代初期の造園)を拝観
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院の庭園
クリックすると元のサイズで表示します
細川三斎公およびガラシャ夫人の燈篭墓石(鎌倉時代)
クリックすると元のサイズで表示します
細川家歴代の墓所
クリックすると元のサイズで表示します
墓所を拝観する一行
クリックすると元のサイズで表示します
茶室蓬莱の庭園
クリックすると元のサイズで表示します
茶室蓬莱の西部路地の降りつくばい
クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉の庭園
クリックすると元のサイズで表示します
高桐院を辞去する一行
クリックすると元のサイズで表示します
大仙院に向かい大徳寺の塔頭寺院の並ぶ参道を歩く
クリックすると元のサイズで表示します
大仙院の前でスカイガイドさんから説明を聞く2号車の一行
クリックすると元のサイズで表示します
大仙院参道に進む
クリックすると元のサイズで表示します
大仙院に入る一行
クリックすると元のサイズで表示します
大仙院の玄関(国宝)
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺山門を出てバス駐車場に向かう

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/24

弥仙山「改心の道」遊歩、大盛況に実施さる  綾部の文化財

弥仙山(標高6 6 4m)は、丹波富士と称され、美しい紅葉や野鳥など豊かな自然と山頂からの雄大なパノラマを満喫していただけます。当日は、農産物販売や加工品の販売など、農村地域住民との触れあいを楽しんでいただけます。「改心の道」は君尾山に住む天狗が悪さをするので、君尾山光明寺に住む和尚さんが、天狗に悪さを止めるよう諭し、天狗が悪さを止めると詫証文を入れたという民話を元に命名されました。
開催日:11月23日(祝・月)
集合場所:午前7:50〜8:35 綾部市総合運動公園(シャトルバスで登山口まで移動)
コース:6Kmコース 綾部市総合運動公園→弥仙山登山口→弥仙山→弥仙山登山口→綾部市総合運動公園
    8Kmコース 綾部市総合運動公園→弥仙山登山口→弥仙山→観光センター→綾部市総合運動公園
なお弥仙山登山口にて、地元の皆様によるお弁当や農産物等の販売があります

坐骨神経痛の足の痛みもやや治まったので、先般の大徳寺・仁和寺の秋の研修会に参加したのにつづいて、この弥仙山改心の道遊歩に参加した。
クリックすると元のサイズで表示します
上杉の綾部市総合運動公園に駐車し、シャトルバスで於与岐町の丹後峠分岐点まで送られ、歩いて登山口の受付に到着
クリックすると元のサイズで表示します
随分大勢の人が次々に到着し、ブタ汁の接待(100円)を食べる
クリックすると元のサイズで表示します
地元の子供たちによる弥仙山太鼓の歓迎
クリックすると元のサイズで表示します
準備体操を念入りに
クリックすると元のサイズで表示します
朝もやをついて出発、すぐ山道にかかる
クリックすると元のサイズで表示します
列を成して登山する人々
クリックすると元のサイズで表示します
朝もやの中を次々に登山する列が続く
クリックすると元のサイズで表示します
紅葉を増やそうと企画された記念植樹の苗と標柱をもって登山する人も
クリックすると元のサイズで表示します
石段の長い山道を登る
クリックすると元のサイズで表示します
中腹の於成神社で休憩
クリックすると元のサイズで表示します
大巌のそばを登りつめ綾部市・舞鶴市境の稜線に出る
クリックすると元のサイズで表示します
頂上の金峯神社すぐ下周辺で、持って上がった紅葉を植樹する人々
クリックすると元のサイズで表示します
頂上の弥仙山金峯神社から、木の間ごしに素晴らしい雲海を眺める
クリックすると元のサイズで表示します
弥仙山改心の道の周回山道におりる
クリックすると元のサイズで表示します
稜線伝いに改心の道を遊歩、ここから上林に抜ける8Kmコースと出発点の弥仙山登山口へ降りる6Kmコースに分岐する
クリックすると元のサイズで表示します
6Kmコースを降り弥仙山登山口を目差す人々。私もまだまだ足の痛みが残っている感じで6Kmコースで下山する
クリックすると元のサイズで表示します
弥仙山改心の道遊歩6Km周回マップ GPSの感度が山陰、茂る樹林で悪くトレース不十分でした。マップなどをクリック拡大してご覧ください

以前の弥仙山改心の道遊歩はこちらをご覧ください
http://www.nbcayabe.com/misen/kaisin/kaisinmiti.htm

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/19

大徳寺とその有名な塔頭寺院と仁和寺を訪ねて終了  文化財研修記

綾部の文化財を守る会の第15回秋の文化財史跡学習会が紅葉の深まる11月19日(木)にバス2台73名の参加を得て盛会裏に終了しました。

写真をクリック拡大してご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺山門・金毛閣をバックに 2号車34名とスカイガイド、バスガイドさん
クリックすると元のサイズで表示します
大徳寺山門・金毛閣をバックに1号車39名とスカイガイド、バスガイドさん
クリックすると元のサイズで表示します
仁和寺国宝金堂をバックに 2号車34名とスカイガイド、バスガイドさん
クリックすると元のサイズで表示します
仁和寺国宝金堂をバックに 1号車39名とスカイガイド、バスガイドさん

心配された新型インフルによる急な欠席も避けられ、皆様重文に秋の紅葉と京都名刹の文化財の数々、名庭園を鑑賞する旅ができ元気に帰られました

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/12

天狗畑支尾根の紅葉 投稿写真  投稿写真

これまでにも綾部の古木名木100選の「古屋奥爺谷のトチノキ」や「古屋爺谷の滝」などの写真を投稿していただいている舞鶴市のふじもと様から古屋の奥の「若丹国境山脈(綾部市境)の天狗畑(三角点名:川端(848.30m) 」の支尾根の見事な紅葉写真を投稿いただきました。
クリックすると元のサイズで表示します
天狗畑支尾根紅葉1
クリックすると元のサイズで表示します
天狗畑支尾根紅葉2

他のふじもと様の投稿写真は、下記をクリックください。
http://www.nbcayabe.com/toko/fujimoto/fujimoto20.html

重要文化財の三重塔などがある金剛院の紅葉「もみじ葉の錦おりしく鹿原山 古きほとけの道もとめてん」の写真もあります。
クリックすると元のサイズで表示します
塔隠錦秋アップ 金剛院にて

19日に迫った京都大徳寺・仁和寺の文化財研修旅行で、私もこんな素晴らしい写真をゲットしたいと望んでいますが、とても撮影技術などが及びません。


2009/11/10

ライトアップした紅葉の名所・霊応山千手院  綾部の文化財

今年も神宮寺町の高台、南ヶ丘にある千手院の見事な紅葉が毎夜ライトアップされている。一段上がった広場にある四つ尾稲荷や薬師堂、新装なった権現さん、文殊さん、付近の忠魂碑や波多野記念碑も紅葉で染まり散策に好適
クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップされ赤と黄色に染まった紅葉。地面も緋毛氈に染まる
クリックすると元のサイズで表示します
夜光に照らされて濡れた様に妖艶に見える
クリックすると元のサイズで表示します
千手院の白い塀の奥にライトアップした紅葉が人を招いている
クリックすると元のサイズで表示します
昼間の千手院山門と本堂
クリックすると元のサイズで表示します
四つ尾稲荷に上がる石段横の水掛け不動
クリックすると元のサイズで表示します
四つ尾稲荷の鳥居、薬師堂、権現さんも紅葉に生える
クリックすると元のサイズで表示します
池の上に建てられた水神さん
クリックすると元のサイズで表示します
赤い被い屋に収まり新装なった権現さん
クリックすると元のサイズで表示します
文殊さんも石段横から高台にあがり赤い被い屋に収められた
クリックすると元のサイズで表示します
すぐ傍に紅葉と忠魂碑
クリックすると元のサイズで表示します
波多野記念碑もすぐそば、紅葉と郡是創設者:波多野鶴吉翁の銅像




2009/11/6

雨上がり大盛況の第16回私市円山古墳まつり3  綾部の文化財

実はスキーシーズンが近づいたので、私の健康づくりとメタポ解消(体重80Kg以下の目標は達成済み)を兼ねて、一日の「いきいき歩数:一万歩以上」を目標に散策している。私市円山古墳周辺を歩こうと、「この古墳まつり取材」に便乗した。

古墳公園に着くと村人の案内で駐車し、先ず遊歩道を登り丸山古墳の頂上台地に上がった。舞鶴高速道沿いに車道を下り、古墳祭り会場の催しを取材。来春に行われる綾部市長選の立候補予定の方々やスキー銀嶺会のメンバーも見えていた。古墳祭りのさなかさらに周辺を散策して社寺の写真を撮り、再度古墳に上り、遊歩道を降りた。

近くに福知山市私市・報恩寺との市境である西四文字山(171.2m)があるので登ればよかったのだが、雨上がりでもあり断念した。
クリックすると元のサイズで表示します
北野神社 随分古びたお宮さんだ
クリックすると元のサイズで表示します
左右に一対ある新しい狛犬と燈篭
クリックすると元のサイズで表示します
福知山を結ぶ道路にも案内が立っている光塊山安楽寺
クリックすると元のサイズで表示します
寺の本堂正面に吊り下げられた太鼓
クリックすると元のサイズで表示します
安楽寺の鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します
馬場池の上を舞鶴高速道が走っている
クリックすると元のサイズで表示します
土地整理改良工事の記念碑
クリックすると元のサイズで表示します
古墳の西側にある正福寺前の石仏を探し、村人にも尋ねたが見つからなかった。この写真は以前に撮ったものです

過去の取材記事も合わせてご覧ください。
私市円山古墳・古墳祭りにて
http://ayabun.net/bunkazai/annai/maruyama/mkofun.htm
国重文・私市円山古墳の第14回目古墳公園祭り
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/349.html
西四文字山(171.2m) 市境三角点 私市円山古墳から
http://www.nbcayabe.com/sankaku/4moji.htm

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/4

雨上がり大盛況の第16回私市円山古墳まつり2  綾部の文化財

円山古墳から下のお祭り会場に降りてくるとテント村が広がり催しで賑わっていた。
クリックすると元のサイズで表示します
西部地域子供太鼓の熱演
クリックすると元のサイズで表示します
鼓響SAGA太鼓クラブ
クリックすると元のサイズで表示します
太鼓演奏
クリックすると元のサイズで表示します
主催の私市円山古墳を守る会代表のあいさつ
クリックすると元のサイズで表示します
四方八洲男綾部市長の祝辞 佐賀地区の町づくりの盛況に感謝
クリックすると元のサイズで表示します
ステージ前に集まった大観衆
クリックすると元のサイズで表示します
京都府立工業高校Mambou★Jazz★Bandのメンバーによるバンド演奏
クリックすると元のサイズで表示します
フラメンコ りお・で・ゆら
クリックすると元のサイズで表示します
足元の悪い中で、テント村屋台店の賑わい(豊里商工繁栄会、西部地区自治会、朝市グループなど)
クリックすると元のサイズで表示します
地元自治会による屋台村、模擬店、野点お茶席(もみじ饅頭が美味しかった)、子供の店、綿菓子、ぜんざい、たこ焼き、焼き鳥、ジュース類、焼き餅、フライドチキン、フライドポテト、巻き寿司、うどん(山菜うどんを食べた)、お弁当、回転焼き、小畑味噌、マコモ筍、新鮮野菜などいろいろ
クリックすると元のサイズで表示します
子供たちのゲームコーナーも賑わっている(石原自治会)
クリックすると元のサイズで表示します
古墳にちなみ勾玉セットが売られている
クリックすると元のサイズで表示します
地元産品もいろいろ賑わっている
クリックすると元のサイズで表示します
消防豊里分団による消防ポンプ車展示など盛り沢山

過去の取材記事も合わせてご覧ください。
私市円山古墳・古墳祭りにて
http://ayabun.net/bunkazai/annai/maruyama/mkofun.htm
国重文・私市円山古墳の第14回目古墳公園祭り
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/349.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/11/4

雨上がり大盛況の第16回私市円山古墳まつり1  綾部の文化財

雨上がりの日曜日、雨が上がり地元の熱心な方々の努力で盛大にかつ見事に古墳祭りが行われ賑わいました。
過去の取材記事も合わせてご覧ください。
私市円山古墳・古墳祭りにて
http://ayabun.net/bunkazai/annai/maruyama/mkofun.htm
国重文・私市円山古墳の第14回目古墳公園祭り
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/349.html
クリックすると元のサイズで表示します
みどりしたたる山林の中に異次元の世界が広がる
クリックすると元のサイズで表示します
古墳に敷き詰められた石は6万個、1人6個を背負って由良川の川原から上げたにせよ延べ1万人の仕事だと綾部市資料館の近澤館長の話し、川原から古墳まで一列に並んでリレー式に上げたのではなさそう。
クリックすると元のサイズで表示します
古墳公園に上がりやすいように階段が設けられている
クリックすると元のサイズで表示します
古墳から豊かに流れる由良川流域の田畑の広がりが見下ろせる。古墳に眠る主の大王になった気持ち
クリックすると元のサイズで表示します
花や酒、菓子が供えてある。地元の人々が交代で接待。晴れ間が広がり家族連れの子供たちも次々と大勢上がってきた。
クリックすると元のサイズで表示します
お菓子を貰う子供たち、お神酒も振舞われている。
クリックすると元のサイズで表示します
ジャンケンごっこをしながら降りる子供たち
クリックすると元のサイズで表示します
下のお祭り広場からの人が行きかう散策路が素晴らしい

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ