2009/10/30

山で柴や木を切る村人を災難から守る神を祀る山の神神社  綾部の文化財

先の記事「台風で倒れ存在しない山口神社の古木100選」で、この神社の背後には丹波の国境の「若丹国境:(若狭・丹波国境=綾部市境)の山々」と若狭、美山町へ通う峠道が連なっている。その山々の山名(三角点名)、峠名に私の登った登山記をリンクして示した。
鳩ケ峰(△川上:574.3m)管の坂(萓待坂)△小脇谷427.4m―尼公峠△横谷573.0m−尼来峠頭巾山(△納田終村:871m)天狗畑(△河端:848.3m)
まさにその入り口に当たる「山の口=山口神社」なのだ。との愚考と「水源の里」に相応しい山ノ神:大山祗神を祀っている神社だと披露した。

「山口神社」と「山の神」の違いを、綾部の文化財を守る会の事務局長・綾部史談会会員の四方續夫氏に問い合わせたところ、早速次の回答をいただいた。

1.山口神社は通常:大山祗神(おおやまつのかみ)を祀り、山の街道筋に有ることが多いとのことです。10月28日高津八幡宮塩見有紀宮司の話。
2.山ノ神は各村の(現在は町区)のやまにあります。之は山へ柴や木を切る村人を災難から守ってもらう為の神さです。
 小生の住む多田町にもあり、多田町は6組で構成されており、毎年各組が交代で年一度お祭りします。

地元の歴史に疎い私には、綾部史談会の山崎巌会長をはじめとする先生方や関係者から、いつも地方史について教示をいただけることは感謝の限りである。

神宮寺町山ノ神にも山之神神社がある。
クリックすると元のサイズで表示します
薄暗い木立の中に山之神神社の鳥居が新調されている
クリックすると元のサイズで表示します
山之神神社の覆い屋、中に以前からの小宮がある
クリックすると元のサイズで表示します
山之神神社の由来記
クリックすると元のサイズで表示します
山の神池
クリックすると元のサイズで表示します
藤山池、昔は西崎池と呼んでいた

私の山の神の思い出・・
大阪の空襲が激しくなった終戦前の昭和20年3月の大雪の夜に、母や祖母、母の妹や私の弟妹と一緒に、トンネルに入ると煙が立ち込める山陰線の列車にむせながら、綾部に疎開してきました。私が小学校3年生の時でした。神宮寺の山ノ神に父が家を買っていて、そこで私と3才・6才違いでまるで姉のような母の妹たちと2家族一緒に暮らしました。近くに山の神が祀られていました。上の池(山の神池)と下の池(西崎池)があり、魚釣りや蛙釣りなどをして遊びました。空襲警報が鳴ると、綾部尋常小学校から走り、西福院から山の中に入り、西崎池の裏まで山道を通り帰りました。この山の中でも山道横に畑が作られ、私も手伝いました。時にはドングリや松かさを拾う勤労奉仕がありました


2009/10/27

京都府指定文化財の巨大な木造両部鳥居と見事な彫刻の本殿を持つ八津合八幡宮の秋祭  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」中上林地区(んばかかんばやしちく)の八津合町(やつあいあちょう、八つの村が合併し八津合町となった)には京都府指定文化財の巨大な木造両部鳥居(りょうぶとりい)、と見事な彫刻の本殿を持つ八津合八幡宮では10月18日(日)恒例の秋祭りが実施されたが、神輿の巡幸は隔年なので今年は無い年であったが神事等は久保健治宮司様や宮総代達で行われた。珍しかったのは上林太鼓の振れ太鼓には三味線が同行し、三味線と太鼓の演奏があった。

1.巨大な木造両部鳥居(第一の鳥居)で江戸時代の文久2年(1862)のものである。
クリックすると元のサイズで表示します

2.手前の石造燈篭は江戸時代文政3年(1823)、奥の石燈篭は宝暦13年(1763)の銘が入っている。
クリックすると元のサイズで表示します

3.拝殿には神輿と獅子舞の獅子頭が祀られている
クリックすると元のサイズで表示します

4.本殿での献撰の儀(けんせんのぎ)神様に食事等をお供えする儀式です
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿から本殿への奉上の儀
クリックすると元のサイズで表示します

6.珍しい三味線との合奏の振れ太鼓
クリックすると元のサイズで表示します

八津合八幡宮の詳細は下記をクリックして見てください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/171.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/10/18

綾部市の古社・葛禮本神社(くずれもとじんじゃ)の秋祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」中上林地区の睦合町(むつあいちょう、6ヶ村が集まってむつあいちょうとなった)には葛禮本神社(くずれれもとじんじゃ)がある。この神社は別名、榮鉾神社ともいい主神は子宝・万物の生産を司る「金山彦命(かなやまひこのかみ)である。両側に末社が5つあり、広田神社は久那斗神(くなとのかみ)澳津姫神(おきつひめのかみ)の二神を祀り、八坂神社は素蓋鳴神(すさのおのかみ)、晴涼神社は澳津彦神(おきつひこのかみ)、浅間神社は木花開那姫神(このはなさくやひめ)、榮鉾神社は祀る神が不明だと云う。10月18日(日)午前7時から久保健治宮司様や神社総代による神事があり、子供神輿、上林太鼓が地域内を練り歩き正午過ぎに無事終了した。

1.京都府々1号線の睦合町の提灯と案内板   午前6時50分
クリックすると元のサイズで表示します

2.大きな木造り両部作りの鳥居と幟
クリックすると元のサイズで表示します

3.文化五年戌(1808)の銘のある石灯籠(両脇にある)
クリックすると元のサイズで表示します

4.見事な拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.神事で氏子の皆さんに挨拶される久保健治宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

6.神社へ祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

7.子供神輿行列、御旅所で休憩
クリックすると元のサイズで表示します

8.上林太鼓保存会子供会の太鼓演奏
クリックすると元のサイズで表示します

9.子供達の笛の演奏に合わせて踊る獅子舞(子供にしては中々のものだ!)
クリックすると元のサイズで表示します

参考資料
葛禮本神社と綾部市境の大栗登山口調査
http://www.nbcayabe.com/bunka/kuzuremoto/kuzurem.htm

会報51号 平成12年10月1日
 わがまちの文化財 その2 綾部市文化財余録 綾部市教育委員会:近澤豊明氏
「神社の御神体が実は縄文時代の石棒だったという話」
http://www.ayabun.net/kaiho/bfor/tikasawa.html

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/10/17

台風で倒れ存在しない山口神社の古木100選  古木名木

あやべの古木名木100選に指定されている山口神社のエゾノキを撮ろうと、古和木町に車を走らせた。
クリックすると元のサイズで表示します
頭巾山から流れる古和木川と支流の合流する広地に森に囲まれて山口神社がある
クリックすると元のサイズで表示します
山口神社の鳥居と神殿
クリックすると元のサイズで表示します
大きな銀杏の木が黄色に染まり「ギンナン」を拾う
クリックすると元のサイズで表示します
府道際にも樹木が茂る。しかし以前は目立っていた巨木が見当たらない
クリックすると元のサイズで表示します
綾部の古木名木100選:エゾエノキ(ニレ科)幹周:4.6m 樹高:28m 綾部自然の会のコマ札だけが残っていた。近くの農作業中の人に尋ねると、台風により倒壊したとの話 
クリックすると元のサイズで表示します
山口神社社殿
クリックすると元のサイズで表示します
木造の古い社殿が祀られている
クリックすると元のサイズで表示します
左右の小宮
クリックすると元のサイズで表示します
左右の小宮

清正神社のように山口○○を祀った神社名かと思っていたが、「世界文化遺産・吉野の国宝と文化財を訪ねて」の時に、義経公静御前舞塚(静御前が捕らえられ心ならずも法楽の舞を舞わされ、そして鎌倉へ送られた)のある勝手神社:金峯山の入口にあるので山口神社ともいう(金峰山の山の神、水源を養う雨の神)を知り、同じ意味の神社名だと分った。

この神社の背後には若丹国境(若狭・丹波国境=綾部市境)の山々と若狭、美山町へ通う峠道が連なっている。鳩ケ峰(△川上:574.3m)管の坂(萓待坂)△小脇谷427.4m―尼公峠△横谷573.0m−尼来峠頭巾山(△納田終村:871m)天狗畑(△河端:848.3m)である。まさにその入り口に当たる「山の口=山口神社」なのである。
 上記の山名、三角点標識:点名、および峠名にリンクしたのは、私が登った登山記である。山好きの方はご覧ください。

インターネットで「山口神社」を調べると全国各地にあり、北海道にある山口県の神社の意は別として、本来は祭神に山の神(大山祇神)を祀るとあります。水源を養う雨の神とありますが、まさに「水源の里」に指定されている当地域に相応しい神社名です。

また私の住む近在にも「山ノ神神社」があり、綾部八幡宮にも「大山祇神」を祀った小宮があり、環境保全、公害防止にご利益のある神であると書かれています。

この古和木の山口神社の由来、設立時期や勧進した神社名などを上林史誌などで調べるよう綾部の文化財を守る会の事務局長・綾部市談会会員の四方續夫氏にお願いしました。山の神と山口神社の違いも知りたいと考えています。


2009/10/16

綾部市でもっとも古い歴史の式内社・河牟奈備神社創建1300年祭が実施された!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」口上林地区(くちかんばやしちく)の十倉名畑町にある綾部市でも最も古い神社の式内社・河牟奈備神社(かむなびじんじゃ)で10月12日(祭)午前10時から創建1300年祭が実施された。同神社の創建は和銅二年(709)とされており、祭神は天下春神(あまのしたhらうのみこと)で、かの有名な「天の岩戸」で天照大神が岩穴にお隠れになり、天地が真っ暗になり、八百万(やおろずの)の神に知恵を授けて、天照大神を岩穴から引き出した神話。その知恵を授けたのが八意思兼命(やごごろおもいかねのみこと)の孫とされる神様です。尚境内社の阿上神社の御神体の石碑は綾部市最古のもので綾部市指定文化財である。最期をクリックして見て下さい。

1.神明式の木の大鳥居と幟(のぼり)
クリックすると元のサイズで表示します

2.大鳥居の扁額(へんがく)
クリックすると元のサイズで表示します

3.久保健治宮司様の大鳥居のお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

4.新設の赤の鳥居と多くの参拝者
クリックすると元のサイズで表示します

5.創建1300年蔡儀式開始  午前10時
クリックすると元のサイズで表示します

6.参列者へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

7.祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

8.四方八洲男綾部市長玉串奉納・他代表者略
クリックすると元のサイズで表示します

9.第二部:氏子総代・永井忠之氏(綾部の文化財を守る会常任幹事)のご挨拶、久保宮司、四方市長のご挨拶もありました。
クリックすると元のサイズで表示します

10.神心流詩吟の会(祝賀詩、京の月、曾我兄弟等)
クリックすると元のサイズで表示します

11.太鼓の奉納 他にマジックショーや三味線の演奏等もありました
クリックすると元のサイズで表示します

12.明治政府教部通達28号で明治9年に描かれた河牟奈備神社(京都府総合資料館提供)
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!


河牟奈備神社の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/166.html

2009/10/15

有名な高倉宮以仁王を祀る式内社の秋祭NO.5(最終回)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高倉町には名の如く高倉宮以仁王(もちひとおう)を祀る京都府指定文化財の拝殿を持つ見事な式内社の正一位天一大明神の高倉神社がある。歴史好きの方は横ご存知ですが、平清盛の横暴に綸旨を出し、源頼政公とともに立ち上がられ、宇治の平等院では源頼政公とその子息が亡くなられ、以仁王は幸福寺で薨去されたと偽り、源頼政公の領地のあった丹波の何鹿郡(いかるがぐん)里村(さとむら)今の綾部市の里町迄逃れられてきた。のちに、この里村から高倉村(高倉町)の森に遺骨は移されここに化倉神社が創建された。その秋の大祭が10月11日(日)に催行されたので報告します。吉美(きみ)地区は過去6ヶ村、高座町には高倉神社(一の宮)、有岡町には二の宮神社、多田町には天満宮があり、三の宮神社が創建され、小呂町、星原町の合計6ヶ村の神社が高倉神社に集合し、綾部市で第二番目に重い神輿(第一番は高津八幡宮の神輿)を運びます所の様子を見てください。
第一回目は多田町の天満宮と三の宮神社の鉾や御旗・太鼓等が出発し、高倉神社に集合して、以仁王の霊魂を神輿に移す儀式や、綾部市指定の無形文化財の形民俗文化財の「ヒヤソ踊」を見て頂きます。今日は里宮神社のお旅所の「日の神(子供)」様や「ヒヤソ踊」の奉納、奉納太鼓等を見て頂き帰路につく様子を見て頂きます。

1.日の神(子供)様とその父上
クリックすると元のサイズで表示します

2.綾部市指定無形文化財の「ヒヤソ踊」その1.
クリックすると元のサイズで表示します

3.その2.
クリックすると元のサイズで表示します

4.奉納太鼓その1.(子供太鼓もありましたか、紙面の都合上割愛です)
クリックすると元のサイズで表示します

5.その2.(見事な女性の奉納太鼓も有ったのですが、見とれて写真の撮り漏れです残念至極です)
クリックすると元のサイズで表示します

6.復路巡幸出発   午後1時30分
クリックすると元のサイズで表示します

7.里町から八田川の鹿の子橋(かのばし)を渡る復路の行列
クリックすると元のサイズで表示します

8.復路のお旅所多田町公会堂前
クリックすると元のサイズで表示します

9.漸く神輿行列は高倉神社へ帰着
クリックすると元のサイズで表示します

10.日の神様へお礼の挨拶される四方宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!

2009/10/14

有名な高倉宮以仁王を祀る式内社・高倉神社秋祭りNO。4  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高倉町には名の如く高倉宮以仁王(もちひとおう)を祀る京都府指定文化財の拝殿を持つ見事な式内社の正一位天一大明神の高倉神社がある。歴史好きの方は横ご存知ですが、平清盛の横暴に綸旨を出し、源頼政公とともに立ち上がられ、宇治の平等院では源頼政公とその子息が亡くなられ、以仁王は幸福寺で薨去されたと偽り、源頼政公の領地のあった丹波の何鹿郡(いかるがぐん)里村(さとむら)今の綾部市の里町迄逃れられてきた。のちに、この里村から高倉村(高倉町)の森に遺骨は移されここに化倉神社が創建された。その秋の大祭が10月11日(日)に催行されたので報告します。吉美(きみ)地区は過去6ヶ村、高座町には高倉神社(一の宮)、有岡町には二の宮神社、多田町には天満宮があり、三の宮神社が創建され、小呂町、星原町の合計6ヶ村の神社が高倉神社に集合し、綾部市で第二番目に重い神輿(第一番は高津八幡宮の神輿)を運びます所の様子を見てください。
第一回目は多田町の天満宮と三の宮神社の鉾や御旗・太鼓等が出発し、高倉神社に集合して、以仁王の霊魂を神輿に移す儀式や、綾部市指定の無文化財の形民俗文化財の「ヒヤソ踊」を見て頂きます。今日は神輿行列の行程を見て頂きます。

1.小呂町から有岡町のお旅所(有岡公会堂)へ向かう行列 午前10時15分
クリックすると元のサイズで表示します

2.お旅所(有岡町公会堂で休憩)
クリックすると元のサイズで表示します

3.高倉神社の里宮神社(お旅所へ練り込む行列)その1.
クリックすると元のサイズで表示します

4.その2.
クリックすると元のサイズで表示します

5.その3.
クリックすると元のサイズで表示します

6.その4.神輿の練りこみです
クリックすると元のサイズで表示します

7.獅子舞の獅子に頭を咥えて貰うと賢くなるのです
クリックすると元のサイズで表示します

8.各町の屋台も大繁盛です
クリックすると元のサイズで表示します

9.高倉神社のお旅所・里宮神社で見越し行列到着の儀式
クリックすると元のサイズで表示します

次回のNO.5が最終回です。日の神様、ヒヤソ踊奉納、帰路巡幸風景です。


2009/10/13

有名な高倉宮以仁王を祀る式内社・高倉神社秋祭りNO.3  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高倉町には名の如く高倉宮以仁王(もちひとおう)を祀る京都府指定文化財の拝殿を持つ見事な式内社の正一位天一大明神の高倉神社がある。歴史好きの方は横ご存知ですが、平清盛の横暴に綸旨を出し、源頼政公とともに立ち上がられ、宇治の平等院では源頼政公とその子息が亡くなられ、以仁王は幸福寺で薨去されたと偽り、源頼政公の領地のあった丹波の何鹿郡(いかるがぐん)里村(さとむら)今の綾部市の里町迄逃れられてきた。のちに、この里村から高倉村(高倉町)の森に遺骨は移されここに化倉神社が創建された。その秋の大祭が10月11日(日)に催行されたので報告します。吉美(きみ)地区は過去6ヶ村、高座町には高倉神社(一の宮)、有岡町には二の宮神社、多田町には天満宮があり、三の宮神社が創建され、小呂町、星原町の合計6ヶ村の神社が高倉神社に集合し、綾部市で第二番目に重い神輿(第一番は高津八幡宮の神輿)を運びます所の様子を見てください。
第一回目は多田町の天満宮と三の宮神社の鉾や御旗・太鼓等が出発し、高倉神社に集合して、以仁王の霊魂を神輿に移す儀式や、綾部市指定の無文化財の形民俗文化財の「ヒヤソ踊」を見て頂きます。今日は神輿行列の順序を見て頂きます。

1.高倉神社を出発した神輿行列は城山町に差し掛かります。第1陣(先頭陣)
クリックすると元のサイズで表示します

2.第2陣
クリックすると元のサイズで表示します

3.第3陣
クリックすると元のサイズで表示します

4.第4陣
クリックすると元のサイズで表示します

5.第5陣(神輿)
クリックすると元のサイズで表示します

6.6陣太鼓(二番太鼓・押し上げ)
クリックすると元のサイズで表示します

7.後陣:日の神(子供)様と四方宮司のオープンカー
クリックすると元のサイズで表示します

8.道中中の神輿と獅子舞
クリックすると元のサイズで表示します

9.小呂町農業振興センターのお旅所で休憩(来年度は星原町公会堂がお旅所です)
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社のホームページは下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/376.html


2009/10/12

有名な高倉宮以仁王を祀る式内社・高倉神社秋祭NO.2  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高倉町には名の如く高倉宮以仁王(もちひとおう)を祀る京都府指定文化財の拝殿を持つ見事な式内社の正一位天一大明神の高倉神社がある。歴史好きの方は横ご存知ですが、平清盛の横暴に綸旨を出し、源頼政公とともに立ち上がられ、宇治の平等院では源頼政公とその子息が亡くなられ、以仁王は幸福寺で薨去されたと偽り、源頼政公の領地のあった丹波の何鹿郡(いかるがぐん)里村(さとむら)今の綾部市の里町迄逃れられてきた。のちに、この里村から高倉村(高倉町)の森に遺骨は移されここに化倉神社が創建された。その秋の大祭が10月11日(日)に催行されたので報告します。吉美(きみ)地区は過去6ヶ村、高座町には高倉神社(一の宮)、有岡町には二の宮神社、多田町には天満宮があり、三の宮神社が創建され、小呂町、星原町の合計6ヶ村の神社が高倉神社に集合し、綾部市で第二番目に重い神輿(第一番は高津八幡宮の神輿)を運びます所の様子を見てください。
第一回目は多田町の天満宮と三の宮神社の鉾や御旗・太鼓等が出発し、高倉神社に集合して、以仁王の霊魂を神輿に移す儀式や、綾部市指定の無文化財の形民俗文化財の「ヒヤソ踊」を見て頂きます。今日は神輿行列の出発までを見て頂きます。

1.本殿にて玉串奉奠(代表者達)
クリックすると元のサイズで表示します

2.本殿より禰宜の先導により四方宮司様が御霊を神輿に移します。その1.
クリックすると元のサイズで表示します

3.四方宮司様が神輿に以仁王の御霊を移します。その2.
クリックすると元のサイズで表示します

4.神輿行列出発準備  その1.
クリックすると元のサイズで表示します

5.神輿行列出発準備  その2.
クリックすると元のサイズで表示します

6.神輿行列出発準備  その3.後方に神輿が見える
クリックすると元のサイズで表示します

7.いよいよ神輿行列が出発です     午前9時
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社の詳細は下記をクリックして見てください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/376.html


2009/10/11

有名な高倉宮以仁王を祀る式内社・高倉神社の秋の大祭NO.1  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高座町には名の如く高倉宮以仁王(もちひとおう)を祀る京都府指定文化財の拝殿を持つ見事な式内社の正一位天一大明神の高倉神社がある。歴史好きの方は横ご存知ですが、平清盛の横暴に綸旨を出し、源頼政公とともに立ち上がられ、宇治の平等院では源頼政公とその子息が亡くなられ、以仁王は幸福寺で薨去されたと偽り、源頼政公の領地のあった丹波の何鹿郡(いかるがぐん)里村(さとむら)今の綾部市の里町迄逃れられてきた。のちに、この里村から高倉村(高倉町)の森に遺骨は移されここに化倉神社が創建された。その秋の大祭が10月11日(日)に催行されたので報告します。吉美(きみ)地区は過去6ヶ村、高座町には高倉神社(一の宮)、有岡町には二の宮神社、多田町には天満宮があり、三の宮神社が創建され、小呂町、星原町の合計6ヶ村の神社が高倉神社に集合し、綾部市で第二番目に重い神輿(第一番は高津八幡宮の神輿)を運びます所の様子を見てください。
第一回目は多田町の天満宮と三の宮神社の鉾や御旗・太鼓等が出発し、高倉神社に集合して、以仁王の霊魂を神輿に移す儀式や、綾部市指定の無文化財の形民俗文化財の「ヒヤソ踊」を見て頂きます。

1.6つの神社の出発。多田町の天満宮・三の宮神社出発準備 午前7時
クリックすると元のサイズで表示します

2.天満宮・三の宮神社は高倉神社へ向かう      午前7時20分
クリックすると元のサイズで表示します

3.6ヶ神社が高倉神社へ集合する
クリックすると元のサイズで表示します

4..遥拝所で禰宜(ねぎ、若宮神社の方)お祓い 午前7時45分
クリックすると元のサイズで表示します

5.神輿準備中                   午前7時48分
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿での見事な琴と横笛の合奏
クリックすると元のサイズで表示します

7.本殿を開扉の儀式(本殿蔡)
クリックすると元のサイズで表示します

8.献撰の儀(けんせんのぎ)(本殿にご鎮座の以仁王へお供え物をする儀式)
クリックすると元のサイズで表示します

9.綾部市指定無形民俗文化財「ヒヤソ踊」始まる。本殿蔡と同時進行
クリックすると元のサイズで表示します

10.京都府指定文化財の見事な拝殿に向かっての「ヒヤソ踊」
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社をより詳しく知りたい方は下記をクリックして見て下さい。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/376.html




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ