2009/8/31

北陸の文化財を訪ねて!第3回石川県小松市の粟津温泉・緑華苑と夏のおしょべ祭と文化財  文化財研修記

8月27日(木)粟津温泉は石川県小松市にある北陸地方ではもっとも古い温泉,開湯1300年前に、北陸で遍く信仰された泰澄大師が白山権現(明治の神仏分離令までは神仏混合であった)のお告げによって発見されたと伝えられる。戦後高度成長に山代、山中そして片山津温泉では相次いでホテルチェーンの建設や既存旅館の増改築・高層化により団体客はこれらの新興温泉に移って行ったが、今なを昔懐かしの温泉客のもてなしをしてくれるのはこの粟津温泉です。小生達2名が泊った湯元・かたやま緑華苑は客室20のこじんまりとした宿ですが、上品な女将(おかみさん)を始め、やとな(客室係)地下1階にあるクラブのママさん達に暖かくもてなし頂き、温泉旅館の味覚と楽しみをたんのうして帰りました。更に、温泉付近には見所がかなりありますので、朝の散策コース1時間20分をご案内します。ただ残念なのは8月27日(木)から29日(土)の3日間の恒例の「おしょべ祭」の子供太鼓巡航や夜の太鼓演奏をクラブで楽しみ過ぎて見に行った時には終わってしまっていた事です。小生にとってはこの粟津温泉・緑華苑は2度目ですが、やみつきになりそうです。朝の1時間20分の散策コースは順序に従って見所を掲載します。又、小生の友人はこの宿の常連でご主人から野生の鮎の丸焼きを特別サービスで頂き、友人からは頭から丸かぶりの食べ方を教えてもらい鮎の野性味溢れる味をもたんのうさせてもらった事を報告しておきます。別注の価値ありです。

1.粟津温泉・湯元かたやま「緑華苑」、お隣がギネスブックにも掲載されている世界でもっとも古い湯治施設といわれる木造の宿「法師」です
クリックすると元のサイズで表示します

2.早く4時頃から飲み始め、料理も早く出してもらいました.手前の三色のすしが「おしょべ祭」用のすしです。
クリックすると元のサイズで表示します

3.ご挨拶に来て頂いた女将さんにも一杯飲んで頂きました
クリックすると元のサイズで表示します

4.地下一階のクラブです。この女性がママさん.一人3、000円で飲み放題です。値段が安いので地元の方が多いそうです
クリックすると元のサイズで表示します

5.おしょべ祭りの案内看板
クリックすると元のサイズで表示します

6.夜の太鼓演奏あは終わっていたが、夜店は大繁盛です
クリックすると元のサイズで表示します

7.朝の1時間20分で見学して廻るコースをご案内します。先ず宿「法師」前にある「黄門杉(こうもんすぎ)」黄門は朝廷の格式で中納言です。水戸黄門(みとのこうもん)は有名ですよね!因みに、尾張・紀伊は一階級上の大納言です。徳川将軍家の後継者になるとこれまた西丸(にしのまる)御殿にはいり大納言となります。初代藩主前田利家の長男が前田利長で第二代目、その養子となった第三代目加賀中納言利常は利家の子供です。利常公が那谷寺を参拝される途中、この地に立ち寄られ植えられたのがこの杉です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.「お末(すえ)」「竹松」の恋の物語は江戸時代文政(1818〜1829)の頃宿に「お末」という女中が奉公しており、向かいの宿の下男の竹松さんへ恋をし後、結ばれた。ハッピーエンドの物語です。民謡おしょべ節の「おしょべ」は呼び名「お末べー!」がなまったものと言われています。
クリックすると元のサイズで表示します

9.おしょべ橋
クリックすると元のサイズで表示します

10.本廣寺参道
クリックすると元のサイズで表示します

11.小松市指定文化財・粟津温泉の守り本尊薬師如来坐像を持つ「養老山 大王寺」の参道
クリックすると元のサイズで表示します

12.大王寺山門と本堂。早朝のため、作者は不詳ですが鎌倉時代初期の中央の仏師の作で像高77CM,光背、台座を合わすと1.55メートルにもなる指定文化財の薬師如来坐像は見れませんでしたが、古刹を彷彿させるお寺です。
クリックすると元のサイズで表示します

13.白山神社参道。平安時代の頃から白山信仰の主要神社であった。白山神社の主祭神は白山妙理大権現であり、その本地仏は小松市指定文化財の銅造十一面観音である。当時は神仏混合あったので、この像は懸仏(けんぶつ)として祀られこの神社の御正躰であったと云われている。
クリックすると元のサイズで表示します

14.白山神社
クリックすると元のサイズで表示します

15.白山神社の見事な鈴と吊り燈篭
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/30

北陸の文化財を訪ねて!第2回北陸道総鎮守・越前国一宮・気比神宮(けひじんぐう)  文化財研修記

福井県敦賀市(つるがし)には一部は佐渡・越後にも及ぶ20ヶ所以上の神領を有する北陸屈指のどの大社であることから、北陸道総鎮守・越前国一宮と呼ばれた気比神宮(けひじんぐう)がある。伊奢沙別命「いざさわけのみこと(気比大神)」を主祭神として、以下の6柱を祀っている。仲哀天皇(帯中津比彦命)、神功皇后(息長帯姫命)、日本武尊(やまとたけるのみこと)、応神天皇(誉田別命)、玉妃(たまひめ)命、竹内宿禰命(たけのうちすくねのみこと)であり、延喜式神名長にも「七座 並明神大社」とある。伊奢沙別命の名義は不明であるが、「気比(けひ)」は「食(け)の霊(ひ)」と云う意味で「古事記」でも「御食津大神(みけつおおかみ)」と称されており、古代敦賀から朝廷に贄(にえ)を貢納したために「御食国の神」という意味で「けふ大神」と呼ばれたようで、後世の社伝ではあるが、「気比宮社記」においても「保食神」と称されている。「気比宮社記」によると大宝2年(702)、勅命により社殿を修造する時、仲哀天皇・神功皇后を合祀し、その後更に日本武尊以下4柱を配祀したといわれている。尚、玉妃命は神功皇后の妹宮とされている。

1.気比神宮大鳥居(国指定重要文化財)寛永年間(1624〜1644)に佐渡の旧神領地鳥居ヶ浜から奉納された榁(むろ)の大木を使い、正保2年(1645)に建立された両部鳥居である。春日大社、厳島神社とこの鳥居を「日本三大鳥居」と云っています。
クリックすると元のサイズで表示します

2.大鳥居を通して敦賀市を見る
クリックすると元のサイズで表示します

3.中鳥居、拝殿を見る
クリックすると元のサイズで表示します

4.拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

5.拝殿一分内部を見る
クリックすると元のサイズで表示します

6.拝殿内の歴代天皇の肖像画室
クリックすると元のサイズで表示します

7.敦賀市指定天然記念物「気比神宮のユーカリの木」樹齢は不明だが、樹高10.6メート、幹周3.25メートルの大樹である。
クリックすると元のサイズで表示します

8.見事に並ぶ境内社
クリックすると元のサイズで表示します

9.松尾芭蕉像と句碑
クリックすると元のサイズで表示します

10.気比神宮北門
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/30

北陸の文化財を訪ねて!第1回福井県敦賀市の国宝・朝鮮鐘と常宮神社  文化財研修記

7月の平日、友人と二人で北陸の文化財(主として福井県)を訪れた。泊りは粟津温泉(石川県小松市)として見学して廻ったった記録です。第一に訪れたのは福井県敦賀市の国宝・朝鮮鐘(ちょうせんしょう)を持つ常宮神社(じょうぐうじんじゃ)です。撮影禁止の国宝・朝鮮鐘と一緒に写っている筆者の満足感も顔にで出ています。常宮神社は天八百萬媛命(字が正確でない、どうしても入力できない。あめやおぞよろずひめのみこと。常宮大神のこと)を養蚕の神として上古よりお祀りしてきました。又、神功皇后が三韓征討の前、この地にて御腹帯(はらおび)をおつけになり、後、福岡県宇美(うみ)市にて応神天皇(八幡大神)を御安産された故事によって古くより安産の神として御神徳があり、広く国内よりの参拝者が多くあります。神功皇后はこの地を御船出されるにあたり,海神をまつり海上の安全を御祈願され、はるばる日本海を渡り、遠く朝鮮までも無事航海された由縁により、海上の守り神をして漁業者・船主・船乗りの深いし信仰をあつめています。国宝の朝鮮鐘は豊臣秀吉公が当社を崇敬され、文禄の戦に兵達の武運長久を祈願し、凱旋に際して彼の地朝鮮慶州の吊鐘一口を若狭藩主大谷刑部義隆を正使として奉納された。今から四百年以上前の慶長二年二月二十九日(1597)です。この吊鐘は、竜頭(りゅうず、吊鐘を吊る為に鐘の一番上に付いている綱を通す所)の旗さしに穴をうがち上帯下帯は蓬莱山(ほうらいざん)の図、乳(にゅう、ボツボツの乳首に似た浮き彫りのもの)は三段三列で松がさを形どっている。見事な正面の天女は鼓を打ちながら大空を舞う浮き彫りである。この鐘は黄金を多く含み、その音色(ねいろ)は黄鐘(おうしき)も調(しらべ)にあっている。古代音楽の楽器としても最優秀品である。

1.常宮神社入口
クリックすると元のサイズで表示します

2.参道の一部
クリックすると元のサイズで表示します

3.参道途中にある大魚を願う大黒様の像
クリックすると元のサイズで表示します

4.鳥居をくぐり、神社境内から鳥居と海に浮かぶ舞台を見る。まるで安芸の宮島のようだ!
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な本殿前の向拝と本殿を見る
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な拝殿内部の一部分
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な向拝と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

8.西殿宮「竹内宿禰命(たけのうちすすねのみおと)を祀る」
クリックすると元のサイズで表示します

9.見事な境内社
クリックすると元のサイズで表示します

10.東殿宮「日本武命(やまとたけるのみこと)を祀る」
クリックすると元のサイズで表示します

11.国宝館を特別にご開扉です
クリックすると元のサイズで表示します

12.撮影禁止の国宝・朝鮮鐘と特別に記念写真です。鐘正面の浮き彫りの天女像をクリックして640にして見て下さい。左筆者、右友人
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/25

経済産業省認定・近代化産業遺産群33・京都府景観資産認定の「グンゼ記念館等」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」青野町には人口3万6500人の小さな市だが、東証一部上場の会社が2社ある。その一つが「グンゼ株式会社」である。本社はこの創業地綾部市(あやべし、古代には漢部と書いた)と東京本社がある。このグンゼの創業者「波多野鶴吉翁(はたのつるきち)1858−1918」はこの何鹿郡(いかるがぐん)綾部の地の大きな庄屋の二男として生まれた。17歳で京都に出、6年後に帰郷。明治29年(1896)に地域産業振興を目的に京都府何鹿郡(現綾部市)に郡是製絲株式会社を設立する。郡是の名前は「郡」=京都府何鹿郡(現綾部市)、「是」=方針、進むべき道、すなわち、地方産業の振興を第一の目的とする創業の主旨を明確にしたのです。この創業の地、地域が経済産業省「近代化産業遺産群33」に認定、更に平成20年には「グンゼ記念館などが京都府景観資産」に登録された。


1.グンゼ記念館を道路を隔てたところにある「グンゼ博物苑は五棟」ある横の「碑文」
クリックすると元のサイズで表示します

2.碑文謹訳文
クリックすると元のサイズで表示します

3.グンゼ記念館「大正6年築、旧郡是製糸本館」(毎金曜日が開館日午前」10時〜午後4時、特別にグループで参観希望はグンゼ博物苑電話:0773−42−1050へ申し込み下さい)
クリックすると元のサイズで表示します

4.一階の応接間(ここは映写室でもあり、グンゼ創業の精神「人間尊重と優良品の生産を基礎として、会社をめぐる全ての関係者との共存共栄をはかる」が理解できます。時代とともに業容の変化を重ねながらも、経営の基本理念として現在まで強く受け継がれている。
クリックすると元のサイズで表示します

5-1.一階浮世絵でみる「蚕糸のながれ」丸山応挙画「春秋蚕の図」複製「糸繰り・染色・ぬい等
クリックすると元のサイズで表示します

5−2 同 上「採桑・育蚕等」丸山応挙筆60歳 寛政発丑は寛政五年(1793)
クリックすると元のサイズで表示します

6.養蚕天覧の図
クリックすると元のサイズで表示します

7.2階大先輩・四方八洲男綾部市長の次兄・四方洋氏(元サンデー毎日編集長、元東洋大学教授)の著書「宥座(ゆうざ)の器(うつわ)」です。空の時は傾き、程よく水を入れると真っ直ぐになり、入れすぎると引っくり返ります。
クリックすると元のサイズで表示します

8.栄誉室(貞明皇后行啓の御座所をそのまま保存し、栄誉を今日に伝えている)
クリックすると元のサイズで表示します

9.主展示室z(グンゼの創業当時からの歩みを展示している)
クリックすると元のサイズで表示します

10.波多野鶴吉翁揮毫「誠至」
クリックすると元のサイズで表示します

11.寛院宮殿下を養蚕工場へ迎えて!グンゼ三代目社長遠藤三郎兵衛正秀氏(元総理大臣芦田均氏の叔父)揮毫の碑文です。記念館境内へ入って左側です。記念館内の中には数多くの作品・遺品が数多く展示されております。是非1時間を取って見学をして頂きたいと思います。
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/24

神戸の文化財を訪ねて!昼と夜のライトアップ第8回(最終回)灘五郷「沢の鶴資料館」  文化財研修記

古来から酒どころ「灘五郷」と言われているが、現在の灘五郷は今津郷、西宮郷、魚崎郷、御影郷、西郷を云う。今回は中々行けない灘区大石町にある「灘三郷」にある有名な兵庫県重要有形民俗文化財指定の「沢の鶴資料館」を訪れたので、その訪問記を掲載しまあす。小生足掛け5ヶ年も西宮市に単身赴任をしていたが、その間では見たことがなかった。

1.広い「沢の鶴資料館駐車場」と「ミュージアムショップ」です!!見学は無料ですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

2.住吉神社(大阪市住吉区にある国宝であり、日本最古の「住吉造」で知られる住吉大社総本宮に全国に2,000余の住吉神社がある。底筒之男命(そこつつのおのみこと)、中筒之男命(なかつつおのみこと)、表筒之男命(うわつつのおのみこと)が住吉三神であり,更に、息長足姫命(神皇后)(おきながたらしひめのみこと)を祀るのが多い。ともに海の神である。)ここにもすぐ傍にあったので撮影した。
クリックすると元のサイズで表示します

3.兵庫県指定「重要有形民俗文化財」昔の酒蔵・沢の鶴資料館
クリックすると元のサイズで表示します

4.昔の酒蔵入口(菰包みの酒が目立つ)
クリックすると元のサイズで表示します

5.釜(かま)
クリックすると元のサイズで表示します

6.「醪(もろみ)仕込」コーナー(灘も三段仕込み、初・中・留)の工程で所用された大小さまざまな仕込み用桶です
クリックすると元のサイズで表示します

7.「上槽(じょうそう)」コーナー(上槽とは醪(もろみ)を搾ってお酒と酒粕に分離する工程です。梃子(テコ)の原理を応用した巨大な男柱や醪を入れれる槽です。
クリックすると元のサイズで表示します

8.「麹(こうじ)ずくり」コーナー(お酒の味と香りを決める麹をつくる「室(むろ)」を再現。又使用の用具です
クリックすると元のサイズで表示します

9.昔の「沢の鶴」の看板や張り紙です
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/24

神戸の文化財を訪ねて!昼と夜のライトアップ第7回異人館めぐりと北野天満宮  文化財研修記

異人館・国の重要文化財「うろこの家」を後にしてトレッキングシューズで坂道を降りて行く。オランダ坂、国の重要文化財「風見鶏の館」など異人館めぐりは之で終わりです。次回は灘の生一本「昔の酒蔵・沢の鶴資料館」の見学が最終回となります。

1.うろこの家からオランダ坂を下りる
クリックすると元のサイズで表示します

2.オランダ坂を下る途中のオランダ館
クリックすると元のサイズで表示します

3.北野神社の鳥居前
クリックすると元のサイズで表示します

4.急勾配の北野天満宮への参道
クリックすると元のサイズで表示します

5.北野天満宮「かないの鯉」この水を鯉にかけて願うと「お願い」が叶うと言う
クリックすると元のサイズで表示します

6.北野天満宮拝殿・本殿
クリックすると元のサイズで表示します

7.北野天満宮から見た神戸市街
クリックすると元のサイズで表示します

8.北野天満宮から国重文の「風見鶏(あざみどり)の館」(旧トーマス邸)この地域唯一のレンガ造りでドイツ人ラランデの設計、明治42年(1909)築である。
る」尖塔の風見鶏は、雄鶏が警戒心が強いので魔よけになると信じられてこの建物の愛称となっている。
クリックすると元のサイズで表示します

9.風見鶏の館正面とその広場(いつもギャルが大勢記念撮影です。僕も撮ってみたい!
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/23

8月23日第5回吉美小学校”元気祭り”が開催された!  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区には伝統ある吉美(きみ)小学校8がある。小生も卒業生である。今回の8月23日(日)には午後3時から「第5回吉美小元気祭」が開催されてた。主催は7年前出来た桜ヶ丘団地に不振な人が現れそれに対する「吉美ロールロール隊」が発足した。過去にあった「地域の先生」などの組織を統一し、トップに「吉美っ子応援団」団長:四方正和(しかたまさかず)氏、その参加団体として「吉美ロール隊」「地域の先生」達とPTAが連動してこういった会を実行している。特に吉美地区里町の若い女性の塩見麻里子綾部市々議会議員の力添えは大変こころ強いとの母親PTAの言葉でした。

1.四方正和・吉美っ子応援団長の挨拶
クリックすると元のサイズで表示します

2.吉美レンジャーの悪漢退治!
クリックすると元のサイズで表示します

3.ユニセフ京都綾部友の会々長の挨拶と「ユニセフについての説明」
クリックすると元のサイズで表示します

4.ユニセフ問題を「紙芝居」で説明(ユネスコの使命大分判ったようですね!)
クリックすると元のサイズで表示します

5.大正琴コーナー(子供達は天才です!すぐ覚えます!と宮崎愛子先生の言葉)
クリックすると元のサイズで表示します

6.小物作り、昔遊びコーナーです
クリックすると元のサイズで表示します

7.水墨画コーナー(鼻を真っ黒にして頑張ってみました)
クリックすると元のサイズで表示します

8.体育館ではバスケットボール、バレーボール、ニュースポーツで大繁盛
クリックすると元のサイズで表示します

9.グランドでは野球ホームラン、グランドゴルフで大繁盛
クリックすると元のサイズで表示します

10.めったに乗れない消防車も大人気です!そのた、地球環境会議コーナーでは(お買い物にマイバッグをが理解できたでしょう!福祉体験も珍しかったでしょう!紙面の都合上、掲載できず、残念です!)
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/23

「せいざん祭」「ユニセフ祭」「ちびっこ祭」が8月23日盛大に催された  あやべの街

8月23日(日)午前10時から綾部市里町の清山荘(せいざんそう)にて「せいざん祭」「ユニセフ祭」「ちびっ子祭」が共同開催されました。毎週の如く、清山荘の横を通りながら、ここは老人の憩いの村みたいなところだろうと想像していただけで中は見たこともありませんでした。綾部メールが届いて、首記の祭りで一般開放で中が見れるとのことに興味をもち、又、担当が、あやべ福祉フロンテア、ユネセフ京都綾部友の会、水源倶楽部とのことで、あやべ福祉フロンテアなら小生の子供の同級生の四方源太郎君が必ず居るのだからと、自転車ででかけました。参加者は続々増え大成功ですね!

1.続々詰め掛ける参加者を案内する「あやべ福祉フロンテア」の四方源太郎さん:午前9時40分頃
クリックすると元のサイズで表示します

2.無料の抽選券を貰う人達
クリックすると元のサイズで表示します

3.催し物プログラム(残念ながら、小生用事のため、昼の「カラオケ発表会」午後の部の「ユニセフ学習会」「タイ舞踊」「橋本やす子歌謡ショー」第抽選会」の撮影・掲載できませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します

4.いよいよ催しものの開催です。挨拶する四方源太郎さん
クリックすると元のサイズで表示します

5.フラメンコショーです。見事な6人が一体感を!そして各自が自分のモチーフを踊る!
マドリー、セビジャの思い出が浮かんだ一瞬でした!
クリックすると元のサイズで表示します

6.うって変わって「聖マリア音楽院の幼児の歌」です!今では幼稚園・小学校の歌唱で聞けない懐かしい歌を歌ってくれました
クリックすると元のサイズで表示します

7.民謡みやび会のこれまた懐かしい民謡でした
クリックすると元のサイズで表示します

8.「ユニセフ京都綾部友の会」コーナーです
クリックすると元のサイズで表示します

9.100円で昔の懐かしの射的です。
クリックすると元のサイズで表示します

10.無料のダートを楽しむ女性!グランドゴルフも無料でした!
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/23

神戸の文化財をたずねて!昼と夜のライトアップ第6回異人館めぐりその二。  文化財研修記

さて、異人館めぐりは第一に「旧中国領事館」第二に「北野外国人倶楽部」でした。これから「北野教会」の外観やりを見ながら「山手八番街」、国重要文化財の「うろこの家」「うろこ美術館」等を見てみましょう!

1.北野教会
クリックすると元のサイズで表示します

2.山手八番館(旧サンセン邸、明治末期差作)オーリエンウインドウを配する英国チュユーダー風の連式塔がが特徴です。ルノアールの晩年の希少なブロンズの像など見事な作品があります。
クリックすると元のサイズで表示します

その2.玄関入口の「天燈鬼像(てんとうきぞう)」向かって右側、二本の角と三つの目を持ち、左肩に乗せた燈篭を左手で支えています。「龍燈鬼像(りゅうとうきぞう)」向かって左側の像で上半身に巻きついた龍の尾をつかみ、頭上に載せた燈篭を上目使いににらんでいます。原型は奈良の興福寺国宝間にある木造の傑作の国宝です。
クリックすると元のサイズで表示します
お!
その3.ルノアール晩年の傑作セルバンテスの「ドン・キ・ホーテとサンチョ」のブロンズ像です。
クリックすると元のサイズで表示します

3.途中の素敵なレストランですが開店前です
クリックすると元のサイズで表示します

4.国指定文化財登録の「うろこの家(旧ハリヤー邸、明治38年築)神戸で最初に公開された異人館です。異人館のシンボルとして高台にそびえています。建物の外観を飾る天然石のスレートが魚の鱗(うろこ)に見えるところから名付けられた。入口
クリックすると元のサイズで表示します

その二。「うろこ(鱗)の家」と左隣が「うろこ美術館」手前の猪の鼻をなでると幸運を招く言い伝えがあり、鼻はピカピカでした。
クリックすると元のサイズで表示します

その三。見事な装飾類です
クリックすると元のサイズで表示します

その四。うろこの家から見た神戸の港と街
クリックすると元のサイズで表示します

5.隣の「うろこ美術館」から「マチスの絵」です
クリックすると元のサイズで表示します

6.うろこの家可憐なのショップ
クリックすると元のサイズで表示します

の二。ショップの女性が余りにも』可愛かったんで「写真撮らせて」と頼むと可愛いボーズを撮ってくれました。勿論写真は送りましたよ!200円のソフトクリームが美味だった!
クリックすると元のサイズで表示します

2009/8/22

神戸の文化財を訪ねて!昼と夜のライトアップ第5回異人館めぐりその一。  文化財研修記

ホテルオークラ神戸から一時間に3本無料のシャトルバスが三ノ宮駅へ出ているので朝8時に乗り三ノ宮駅へ向かう。地下鉄に乗ればすぐだのに、懐かしく歩いて三ノ宮駅から右手の山の手新神戸駅に向かって歩く。さすが神戸!通勤のギャルの服装もセンスがあり、それぞれの個性が生きている。おお汗かいてやっと新神戸駅に手間のクラウンプラザホテル近くに行く。

1.超高層のクラウンプラザホテル
クリックすると元のサイズで表示します

2.異人館めぐり入場券売り場A。5ヶ所2,500円が2,000円、B。7ヶ所3,700円が3,000円、9ヶ所4,700円が3,500円でセット販売。小生6ヶ所2,000円のセット券を購入。大汗で旧中国領事館の豪華なソファーで汗を拭く。
クリックすると元のサイズで表示します

3.異人館めぐりイラストマップ
クリックすると元のサイズで表示します

4.旧中国人領事館(旧チン邸、明治後期作)
一時期中国の領事館であったが、現在は洗練されたインテリアの中に明朝(1368〜1615)清朝(1616〜1911)に至る美術品、家具、調度品が部屋が毎に展示されている。
その一。入口
クリックすると元のサイズで表示します

その二。豪華なロビーの一つ
クリックすると元のサイズで表示します

その三。豪華なベッド(こんなべッドでねてみたいね!)
クリックすると元のサイズで表示します

5.北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸、明治後期作)「ライオンハウス3号館」と呼ばれてきたこの館は当時の外国人居留者の社交倶楽部でした。古き良き時代の香る異人館です、。見事なベッドルーム、食卓テーブル、外の車庫の19世紀の馬車など郷愁をおび得ます!
その一。倶楽部入口の開門中
クリックすると元のサイズで表示します

その2.見事なベッドルームとその装飾
クリックすると元のサイズで表示します

その3.見事な食卓テーブル
クリックすると元のサイズで表示します

その4.車庫とその中の19世紀の馬車
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ