2009/7/19

延喜式内社・高倉神社の通称「天一さんの土用の丑祭」真夜中の「宵宮祭」の神事初公開  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」吉美地区の高倉町にはその名の由来の古社である「延喜式式内社・高倉神社」がる。例年7月には綾部市最大で大賑わいの通称「天一さんの土用の丑祭」がある。今年は7月19日(日)であり真夜中の0時から「宵宮祭」催行された。夜間のスポットライトを当てられた拝殿は元本殿で現在「京都府指定文化財」となっている。この真夜中の「宵宮祭」の撮影を四方幸則宮司様に当会(綾部の文化財を守る会)のみに特別に許可頂いたので映像を発表します。夜中0時から多くの信者が交通安産・病気平癒・家内安全・心願成就等々の祈願で夕方までおお賑わい。はらわた餅が例年安く大繁盛です。小生も家内に頼まれ毎年買います。いわれがありご利益のある「五葉の笹」も多くの方が買い求めている。子供達は金魚すくい等楽しみ一杯です。又、19日(日)朝9時からの「本殿祭」も後日で掲載します。

1.見事な彫刻が見えるライトアップされた京都府指定文化財の拝殿 夜11時50分
クリックすると元のサイズで表示します

2.来賓は神式装束に着替え、お清めを受け拝殿へ向かう 夜中0時
クリックすると元のサイズで表示します

3.先導役に導かれ拝殿へ上がる宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

4.宵宮祭の神事始まる           夜中0時10分
クリックすると元のサイズで表示します

5.多くの参拝者たち            夜中0時12分
クリックすると元のサイズで表示します

6.摂社の高倉宮を奉じて里町へ逃れた十二士を祀る「十二支神社」に参る人々
クリックすると元のサイズで表示します

7.拝殿内の神事佳境にはいる。誰だ!急遽出席でOK.又、美女はお徳。神式装束
着用無しで承認の諭旨!
クリックすると元のサイズで表示します

8.奥社(奥の院)の大地主神社(祭神:大地主命)へ一同参拝夜中0時25分
クリックすると元のサイズで表示します

9.一同宮司様よりお祓いを受ける、もうすぐ終わりです。0時35分
クリックすると元のサイズで表示します

高倉神社のホームページは下記をクリックして見て下さい。
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/shrine/12/49/index.html

2009/7/18

並松の由来となった綾部の古木名木100選のクロマツ  古木名木

平重盛の古き時代より治水に務めた京都府北部を流れる大河:由良川の「並松町」の由来となった綾部の古木名木100選:クロマツ
 京都府北部を流れる大河:由良川。元何鹿郡(現在の綾部市)において平重盛公の時代から治水のため、由良川のこの地に井堰を造り治水に務めたと伝えられる。しかしこの大河:由良川は、再三にわたり大洪水を起こしてきた。この治水のため多く松の木が堤防沿いに移植され、また江戸時代初期に三重県の鳥羽から綾部に移封された初代九鬼藩主の九鬼隆季公もこの地に陣屋を設け(後に消失して現在の上野に九鬼館を設ける)松を植えた。
 美しい松並木が「並松町」の名の由来となったが、平成19年には松食い虫のため最後に残った二本も伐採されてしまった。
クリックすると元のサイズで表示します
ここに掲載するのは平成15年頃撮影した最後の一本の写真である。川面に垂れ下がる枝が、水鏡となった綾部井堰の満々と湛える水面に姿を写し、素晴らしい一幅の絵になっている。

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 野鳥  綾部の文化財

綾部井堰周辺は水鳥の天国だ。たくさんの渡り鳥が見られる。
 今年の新型インフルエンザは「ブタ・インフル」と呼ばれるそうであるが、ソ連型インフルエンザは同じN型で、鴨などの渡り鳥を介して広まる「トリ・インフル」だそうである。かって丹波地方も養鶏場に広まり、綾部でも消毒などの処置がとられた。
 渡り鳥は水のきれいな由良川に遊んで、地球環境の大切さを印象付けてくれる
クリックすると元のサイズで表示します
綾部井堰の満々と湛えられた静水面で泳ぐ水鳥
クリックすると元のサイズで表示します
水面に浮かんでいる丸太に止まっている 綾部大橋の上から遠望。黒いのは川鵜か?
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
離水の瞬間・・・カメラを構えたら逃げていった
クリックすると元のサイズで表示します
川面に水鳥が遊んでいた。sony cyiber shotカ−ドサイズカメラのフリ−ハンド撮影。遠望風景です
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は友人の300mm望遠を借り撮った写真をカメラ店で焼きつけ(銀鉛写真)さらにパソコンで拡大処理をしたもの
クリックすると元のサイズで表示します
井堰の上を飛ぶカモ
クリックすると元のサイズで表示します
井堰の波紋の中心で泳ぐ
クリックすると元のサイズで表示します
思い思いに群がる水鳥
クリックすると元のサイズで表示します
岸辺に待つ鳥に泳ぎ寄る
クリックすると元のサイズで表示します
二羽が並んで
クリックすると元のサイズで表示します
水しぶきを上げる傍でも二羽があそぶ
クリックすると元のサイズで表示します
ゆったりとV字型の航跡を引いて
クリックすると元のサイズで表示します
広い綾部井堰を泳ぐ水鳥

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 淡雪解けて  綾部の文化財

淡雪が降った日の由良川、たくさんの水鳥がいたが、カメラの視野から遠く、藪で近寄れないところにたむろしていた。綾部井堰で見つけ撮影
クリックすると元のサイズで表示します
滔々と綾部井堰を流れる由良川
クリックすると元のサイズで表示します
新綾部大橋を車両が行き交う 遠くの山は積雪で白い
クリックすると元のサイズで表示します
白雪で薄化粧をした弥仙山
クリックすると元のサイズで表示します
由良川の水面からのぞく堆積物に乗った野鳥
クリックすると元のサイズで表示します
おまえなんか知らん

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 紅葉  綾部の文化財

綾部井堰の並松堤防から見る対岸の紫水ガ丘の紅葉も素晴らしい
クリックすると元のサイズで表示します
由良川河畔から見る平和塔 世界連邦宣言第一号都市のシンボル
クリックすると元のサイズで表示します
見事な紅葉に包まれた「ホテル綾部」
クリックすると元のサイズで表示します
由良川の清流と彩りの山
クリックすると元のサイズで表示します
綾部大橋の上部にR173号に架かる新丹波大橋のブリッジが重なって見える

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 カヌー練習  綾部の文化財

吊り橋状のブリッジがかかるR173の新丹波大橋の下あたりから綾部井堰に堰きとめられた静水面が始まる。味方側には笠原神社がある。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部高等学校に「カヌ−部」があり活動している。艇庫は左岸、正暦寺の参道石段下に設けられている。
クリックすると元のサイズで表示します
国の有形登録文化財に指定された綾部大橋の下を遊泳するカヌ−。京都国体では上流の和知で「カヌ−競技」が行われた。「丹波ライン」の渓流なので、和知から連続しての遊泳も出来るようだ
クリックすると元のサイズで表示します
この日は、赤、白、黄色の三艘が綾部大橋の下をくぐり何回も回遊していた
クリックすると元のサイズで表示します
いかにも楽しそうだ
クリックすると元のサイズで表示します
手作り筏で川を下る「由良川下り」の行事があるが、この静水面に入ると殆ど動かないので、ゴ−ルするまで一苦労する所である

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 桜並木  綾部の文化財

綾部井堰の用水取水ゲートで内・外の2つの堰堤に分れた堤防に囲まれた河川敷は、丹波大橋を川下に潜ると綾部第一市民グランドになる。由良川土手は見事な桜並木になって第二市民グランドへと続き、JR舞鶴線の鉄橋を潜る
クリックすると元のサイズで表示します
昼休みに近くのオフイスから花見に続々、手に手に食料を持って男女が繰り出してきた。先発隊は青いビニ−ルシ−トを土手に広げている
クリックすると元のサイズで表示します
JR鉄橋に向かって、桜のトンネルの土手を歩く
クリックすると元のサイズで表示します
市民グランドとJR鉄橋
クリックすると元のサイズで表示します
市民グランドから新綾部大橋
クリックすると元のサイズで表示します
新綾部大橋

2009/7/18

由良川の四季 並松周辺八景 桜の下で  綾部の文化財

陽気で桜が一気に開花した。風光明媚な並松の由良川河畔を散歩する人も多く、川岸でお弁当を広げる人も見える。
クリックすると元のサイズで表示します
近くに綾部高等学校東校舎があるので、桜と水面に囲まれて昼食をとる生徒たちが見られる。
クリックすると元のサイズで表示します
桜にうずもれて楽しく語らいのひとときを過ごす
クリックすると元のサイズで表示します
今度文化財に登録された綾部大橋。
クリックすると元のサイズで表示します
上流には、仲の良い伊根山と大師山が並び、その下に吊り橋のワイア−が綺麗に見えるR173号線にかかる新丹波大橋が架かる。



2009/7/18

風光明媚な並松風景 綾部大橋  綾部の文化財

次の記述は綾部市資料館の解説である
指定年月日: 平成17年7月12日 国登録
時代:昭和4年(1929)
ポイント:・鋼製7連トラス橋、・橋長210m・幅員5.2m、・由良川と昭和初期の風情
 綾部大橋は、綾部市が市街地の東方、府道広野綾部線が由良川を渡る地点に架けられた道路橋である。1スパン約30mのボーストリング・トラスを7つ連続して架け渡している。
 ボーストリング・トラスは、ドイツのハーコート社が開発したプレハブ橋で、我が国でも各地で架設されたが、現存するものは少ない。この綾部大橋は、静岡市安部川に架かる安部川橋〔大正12年(1923)・14径間〕に次ぐ多径間のものである。
 綾部大橋は、現役の道路橋として活用されており、由良川の昭和初期の風景を今に伝える貴重な橋である
クリックすると元のサイズで表示します
綾部大橋を現長旅館前の石畳におりて撮影
クリックすると元のサイズで表示します
橋の川上,並松河畔から撮影。川水が濃い緑に染まっている
クリックすると元のサイズで表示します
昔からある綾部大橋。西行きの一方通行。大型車は通れない。橋の出入り口に高さ制限の鉄梁が渡されており、選挙カ−が上に付けた候補者の看板を引っかけて落とし、選挙運動初日にして落選かものゲンの悪さを感じる所。
東側が少し高く、知らずにぎりぎり入ったRV車が西側で出られず。タイヤのエアを抜いて脱出する光景も見られる
クリックすると元のサイズで表示します
下流からの綾部大橋
クリックすると元のサイズで表示します
綾部大橋下流。さざ波が広がっている

2009/7/17

山紫水明の由良川河畔風景  綾部の文化財

「山紫水明」とはここのことを云うのだと、小学生のころ世間知らずの私は信じていた。対岸に「紫水閣」という旅館があったり、「紫水ガ丘」と呼ばれる高台がある。水鏡が見事に山を映すところである。
クリックすると元のサイズで表示します
綾部大橋上流の「現長旅館」の前から撮影。二つ並んだ「伊根山」と「大師山」が仲睦まじい。「水無月祭」の花火大会では、ここで「万灯流し:精霊送り」が行われる
クリックすると元のサイズで表示します
今は冬だが夏には、カヌ−やボ−トが見られる。この写真は数年前に写したものであるが、良く見ると川岸に枝が垂れ下がるのは「クロマツ」ではないだろうか?
並松の「クロマツ」:綾部の古木名木100選を取材中の四方續夫事務局長に問い合わせてみる。
クリックすると元のサイズで表示します
川幅が広いので、水の流れは綾部井堰に堰き止められて緩く流れる。山家からの由良川下りも此処まで来ると手で漕がないと進まない。
 真夏日に蛇が対岸の笠原神社の森をめがけてクネクネと水を切って蛇行しながら、水上を泳ぐ有様を見かけたこともある。
 太陽の照りつける水面を一匹の大きな青大将が、鎌首を持ち上げ、体をくねらせてシュッシュッと水を切りながら、尾っぽを支点にするように蛇行して、かなりの速さで広い川面を渡っていった。
 「蛇が泳いでいる!」と妙に感心し、こんな何も無い無防備なだだっ広い水面で、鳶にでも襲われたらどうなるのだろうと思いながら、対岸に見えなくなるまでじっと眺めていたものだ。

歌人が、この並松周辺で詠まれたものを記してみる

綾部市並松町上番取8 由良川畔 第一浄水場前  
 岸本水府  仲のよい二人のような山と水

綾部市並松町上番取8 由良川畔           
 荻原井泉水 水や日日銀鱗年々新たなり

綾部市味方町 紫水ケ丘公園内 紫水閣庭内  
 吉井 勇  綾部川の水のひゞきの中に聴く人の心の高きしらべを

綾部市味方町 紫水ケ丘公園内         
 吉井 勇  うつくしき綾部の空を見つゝ思ふいまも飛へるや金色の鳩 

綾部市味方町 紫水ケ丘公園内        
 荻原井泉水 夏雲白し山中広し市をなす

綾部市味方町井上寺48 宝住寺境内 句碑羅漢
 丸山海道  山蟻の 親の教へに 迂回かな
注)丸山海道氏は、京都の俳句結社「京鹿子」の元・主宰
   宝住禅寺住職の河野義方禅師より教えていただきました(感謝)

綾部市 久田山(由良川を見下ろす丘)     
 加藤克巳  山もとのかすむあたりの遠じろの由良川うねる神の代のごと



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ