2008/5/17

国指定史跡・山科本願寺南殿跡附山科本願寺土塁跡  文化財研修記

過日、綾部郷土史講座のメンバーで京都市山科区・伏見区・宇治市へ一日コースで見学した部分で未発表の所を掲載します。京都市山科区には平成14年(2002)「山科本願寺(やましなほんがんじ)・寺内町(じないちょう)遺跡の一部が「山科本願寺南殿跡附山科本願寺土塁跡(やましなほんがんじなんでんあとつきやましなほんがんじどるいあと)」の名称で国史跡に指定されたが、今回の指定は全体で約39ヘクタールの内の1.4ヘクタール(全体のわずか4%)のみである。山科は古代から、京都と東国を結ぶ交通の要(かなめ)であり、独自の歴史・文化を育んできた。浄土真宗本願寺第8世の蓮如上人は東山にあった京都大谷本願寺が寛正6年(1465)に比叡山延暦寺衆徒に破却されたので、それ以後は近江の国の堅田(かただ)、大津付近で活発に布教活動を行い、文明3年(1474)には越前の国吉崎に移り、堂宇を多数建てるとともに、布教活動を更に強化し、加賀の富樫一族を滅ぼした。更に文明10年(1478)には山科に移り、文明12年(1480)には山科本願寺御影堂(真宗のみ、ごえいどうと呼ぶ)建てその周りには「寺内町(じないちょう)が形成され、当時の資料には「富貴に及び、栄華を誇る。寺中広大無辺にして荘厳、さながら仏国のごとし云々。在家叉洛中に異ならざるなり」と述べられた戦国屈指の環濠城塞都市であった。蓮如は此処で亡くな第3郭には「蓮如上人墓所」があるが、時間が無く之は叉後日紹介したい。
蓮如は夫人が亡くなる度四度結婚をし、13男、14女をもうけた。延徳元年(1489)職を実如に譲り、明応8年(1499)に南殿にて亡くなった。天文元年(1532)近江六角勢と京都の日蓮宗徒が合力し、山科本願寺を攻撃・放火した。天文2年(1533)に大坂摂津の石山(今の大坂城)に本願寺を移した。山科本願寺の栄華は蓮如が築いてからわずか52年間であった。

山科中央公園の「山科地区の案内板」山科本願寺の土塁跡も掲載されている。
クリックすると元のサイズで表示します

山科本願寺の土塁地図「南殿」は一番右上で「蓮如上人墓所」もある。現在地
地図13番へ上がる。(左下の黒い部分)
クリックすると元のサイズで表示します

山科本願寺土塁跡の石碑「山科中央公園内のもの」
クリックすると元のサイズで表示します

土塁 1.
クリックすると元のサイズで表示します

土塁 2.
クリックすると元のサイズで表示します

土塁の上からJR方面、木々の間に京都薬科大学が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/11

市原峠と寺坂吉右衛門・古地峠・才の神の藤  山・峠道・滝

市原峠と寺坂吉右衛門
 志賀郷西方町の交叉点を入るとすぐに、道幅の縮小と「府道この先行き止まりです」の看板が立つ。この府道494号:綾部大江線 西方−市原谷(大江町)が「市原峠」である。
 赤穂浪士の吉良邸討ち入りをした赤穂四十七士の内、唯一人足軽の身分で討入りに加わった寺坂吉右衛門信行は、本懐を遂げて泉岳寺に向かう途中、大石内蔵助の命に従い討入りのてん末を幕府には秘密裏に仔細に申し伝えるべく離脱し、京都の浅野内匠頭の妻・瑶泉院に伝えた後、豊岡に住む内蔵助の妻:りくにも知らせるため、この「市原峠」を越え由良川に出たという。
江戸から京都、綾部を経由して豊岡、そして淺野本家の広島へ。昔の人は本当に良く歩いたものだ!

古地峠と才の神の藤
一方途中で分岐して大江町の有路へ抜ける市道の古地(路)峠:西方−古地(大江町有路)の存在は余り知られず、地元の人に聞くと普段は通勤者が多少ある程度で、一般の通行は殆どないとの事であった。しかし大江町古地の「歳の神さんの藤まつり」の時は、ずいぶん沢山の車が通ると云われた。
「是より東、志賀郷村」の境界標石柱
クリックすると元のサイズで表示します
才の神の藤
クリックすると元のサイズで表示します
見事な古木に咲く藤棚の花
クリックすると元のサイズで表示します
祭日で大賑わい
クリックすると元のサイズで表示します
近くの市境尾根に三角点:点名(古地)がある。

2008/5/7

君尾山のトチノキ  古木名木

京都府指定文化財 【天然記念物】君尾山のトチノキ(睦寄町)
君王山光明寺より約2キロ分け入ると、幹の周囲約10.4メートル、樹高約23メートルの栃の木の大木がある.樹齢2000年と推定されているから弥生時代中期に発芽している。私市円山古墳の主や、源平の戦、太平記の世界などつぶさに知っている大木である。主幹は空洞となっているが葉量はなお豊かである。
クリックすると元のサイズで表示します
右下に子供が立っている。
クリックすると元のサイズで表示します
巨樹の空洞の前でポ−ズ
クリックすると元のサイズで表示します
空洞の中に入って
クリックすると元のサイズで表示します
こどもの日、男の孫4人連れて上林川の河原でバ−ベキュ。食後の運動に君王山の「オオトチ」見学。君王山林道の大栃口に駐車。かなりの歩きではある。
クリックすると元のサイズで表示します
君王山光明寺の国宝「二王門」(鎌倉時代)
クリックすると元のサイズで表示します
君王山光明寺本堂(京都府指定文化財・江戸時代)
クリックすると元のサイズで表示します
見学後子供達は「あやべ温泉:二王の湯」まで歩いた。

2008/5/7

金谷峠(丹波・丹後歴史街道)  山・峠道・滝

小畑の本庄奥を西に進むと金谷峠がある。綾部市の西に張り出した最先端、福知山市との市境である。近くに三角点「宗谷(285.9m)」がある。地元の有志の方の努力で峠道が整備され散策コ−スとして蘇った。このGWに登ってきたので紹介する。
金谷峠(推定標高200m)分岐路の標石(右:おくやま 左:山の口)
クリックすると元のサイズで表示します
丹波、丹後歴史街道について
この古道(金谷峠道)は、江戸時代から昭和中期以前の乗り物が発達、普及していない時代に、当時、加佐郡大江町の奥山、奈良原、広畑、尾藤、室尾谷、何鹿郡佐賀村の山野口地区等の親戚、縁者が往来。丹後から海産物、また小畑から生産物の物流の道として盛んに利用されていました。
 また室尾谷の観音寺に八十八ケ所のお大師が祀られ多くの参拝者もあり、古道が大師道とも呼ばれていました。小畑の子供達は、この大師道を通り、観音寺、鬼ケ城へ行くことが遠足の慣例コ−スでもありました。
 更に小畑地区以外の人々も大師詣り、山草採り、福知山への最短距離の道として、買い物、散策等に通行されていました。
 今回2007年(平成19年)11月12日に小畑地区住民の有志が、古道の復旧を願い、繁茂した雑草木を伐採、山道の一部(明治以後大水害で崩壊し新設の作業)、整地、道しるべの設置等を行い、多くの人々に丹波、丹後歴史街道を楽しく散策していただくことにいたしました。
2008(平成20)年2月吉日 丹波、丹後歴史街道保存会
歩いたGPSマップ:金谷とある分岐路を左に山の口に向かい尾根まで登った
クリックすると元のサイズで表示します
1 室尾谷の歴史・言い伝え
  江戸時代の藩制が敷かれた時代の室尾谷南山地区(旧加佐郡河東村)は田辺藩(舞鶴城主)で、巡検師の一行は福知山藩から田辺藩に入る時は鬼ケ城峠を通り(鬼ケ城峠は江戸時代福知山藩から田辺藩へ通じる主要道であった)観音寺で休憩されたと思われる。
  観音寺から金谷峠を通り、小畑〜鍛治量〜新庄〜須波岐〜白道路〜上八田〜七百石〜上杉〜於与岐まで一直線上(金谷峠入口から弥仙山が真直ぐに見える)で、弥仙山から丹後峠を越せば最短距離で田辺城(舞鶴城)へ入城出来たと思われる。
  巡検師が陸路の場合は、大きな川もなく、峠も少ない道で入城されたと思われる。
  室尾谷観音寺は行基菩薩が奈良時代、元明天皇の和銅7年(西暦714年)に開山されたと伝えられています。歴代の田辺藩主は毎年必ず1回参拝されたと記帳されています。
  歴史街道の境界は福知山藩、田辺藩、綾部藩が交わる唯一の地域で、山野口は鉱山の関係で、天領(幕府の直轄地域)であった様です。今思う時、約3kmの範囲内にこの様な重要な地帯があったのかとロマンを感じます。
2 丹波・丹後歴史街道
(1)金谷峠 金谷峠道は江戸時代から多くの人々の往来があり、峠道を越え下った終点に室尾谷観音寺があり、四国八十八ヵ所の霊場(大師)が祀られ、参拝者が多く大師道とも呼びました。又、由良川を利用して船で由良から有路まで魚、塩、海産物等を運び、有路から陸路で金谷峠越えで運び込まれた。丹波・丹後の境界には金谷、山野口、室尾谷の三ケ所に、鉱山が有り、茶店・女郎屋が有り、その名残で通称名で女郎が谷の地名が残っています。
  峠道は尾根より右に奥山・奈良原、左に山野口、真直ぐに室尾谷の四集落に出る事が出来ました。小学校の遠足時はお寺参りや鬼ケ域登りは山野口経由で、また由良川遊びは奥山越しと別れて行きました。
  明治41年の大水害で草折峠の山崩れで、金谷から室尾谷までの一部区間の山道が無くなっていました。丹波・丹後の境界線にある歴史街道を約100年振りに2007年(平成19年)12月に地域住民の25名の作業で無事開通する事が出来ました。この歴史街道は、両入口付近は登坂道で、大半は尾根伝いの起伏が少ない約3kmの道中で新緑、紅葉の時期には、森林浴を楽しむ絶好の散歩道です。是非散歩して下さい。
(2)薬師如来堂(最終民家の右隣) 立派な薬師如来像が祀られ、金谷の薬師さんと呼ぱれ、鼻、耳、母乳の仏様として、穴の通った小石をお供えすると願いが通じると言われ、親しまれ、多くの人達のお参りが有りました。横にはお地蔵(石像)も祀られています。是非お参り下さい。
(3)不動明王(最終民家の右上の谷)不動明王が大きな岩の上に2対祀られ、奈良県の大嶺山に参拝する前に身を清め、道中の安泰を祈願された。又願い事をすれば必ず通じると多くの人達が参拝されました。
(4)宗谷峠 この峠は河守に出る一番の近道ですが、現在は雑草本の繁茂で通行不能です。
(5)河守地区(現在の大江町)は、真中を由良川が流れ大雨の度に水害に遭い、水稲が壊滅状態となった事で、小畑地区は肥沃な土地柄で見た目より多くの米が収穫され、余剰米を夜、人目を忍んで牛の背中に俵を乗せて売りに行ったと古老の方に間きました。
   [丹波良い所、米所、嫁にやりたや、婿ほしや]のことわざがあります。

2008/5/5

秋葉三尺坊大権現奉祀「味方の火祭り」が5月5日開催  綾部の文化財

都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)味方町の味方紫水ヶ丘公園には「秋葉三尺坊大権現」がある。主催は味方町自治会で例年5月5日(子供の日の祭日)に午前10時30分より「秋葉三尺坊大権現奉祀・味方の火祭り」が今年も執り行われた。遠州静岡県秋葉山上に古代より秋葉寺があって、同寺に千数百年前より秋葉三尺大権現が奉祀されており、霊験あらたかな「火防の守り神」として、関東を中心に全国にわたり多数の信者(講中)があり信仰の中心になっていました。明治の神仏分離令により、三尺坊大権現の御神体と物件一式は前期の秋葉寺から可睡斎に遷され、それ以来、秋葉三尺坊は此処でお祀りされるようになった。秋葉総本殿三尺大権現の称号はこの時、起きたものです。叉、別に秋葉山中には秋葉神社があり,これは叉、別途にお祭り行なわれています。一方、この丹波国何鹿郡(いかるがぐん)の綾部九鬼藩では文化年間に多数の火災が起こり、文化三年(1806)味方村(みかたむら)が発起し、京都府何鹿郡を中心に、天田郡東部(福知山市の東部)、船井郡(今の京丹波町、京丹波市)、丹後地方などを纏めて「味方村秋葉百人講」を結成し、この秋葉三尺坊の分霊を祀ったのです。

5月5日(祭)の秋葉三尺大権現
クリックすると元のサイズで表示します

同上の堂内
クリックすると元のサイズで表示します

法螺貝の音と共に「味方の火祭り」が始る。午前10時30分
クリックすると元のサイズで表示します

三光教会々長参拝
クリックすると元のサイズで表示します

特別招待者の参拝・消防署関係者を見守る四方諭味方町自治会長
クリックすると元のサイズで表示します

第二場面(湯立ての行事等)その1.
クリックすると元のサイズで表示します

その2.
クリックすると元のサイズで表示します

その3.
クリックすると元のサイズで表示します

その4.
クリックすると元のサイズで表示します

その5.
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/4

福知山市三和町の大原神社の「大原練り込み行列」が復活  文化財研修記

京都府福知山市大原には境内全てが京都府環境保護区である「大原神社」(京都府指定文化財で伊邪那岐命・大日霊貴命・月読命を祭る)がある。毎年5月3日(祭)は春の大祭で今年6年振りにかの有名な「大原練り込み行列」(参列人員約90名)が復活したので撮影に行ってきた。社伝によると仁寿二年(852)に美山町に創建され、弘安二年(1279)に現在地に移ったという。応永四年(1397)に当地の城主・大原雅楽頭が社殿を造営した。江戸時代は綾部藩九鬼家の領地であり、川合組と言っていた。その7代藩主九鬼隆郷(くきたかさと)公が寛政八年(1796)この神社の本殿を再建されたのを祝ってこの「大原練り込み行列」が始ったという。

大原神社(京都府指定文化財)全景
クリックすると元のサイズで表示します

大原神社への石段
クリックすると元のサイズで表示します

境内社の火の神を祀る「火之神神社」(京都府指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

景品付餅巻き(三和町商工会)12時
クリックすると元のサイズで表示します

絵馬堂(舞台)での福知山御霊太鼓奉納演奏 午後1時30分
クリックすると元のサイズで表示します

午後2時から練り込み行列始る。その1 子供のヤッコ振り
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その2.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その3.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その4.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 その5.2基の神輿
クリックすると元のサイズで表示します

その他の「大原神社」や「綾部九鬼藩」については下記をクリックして見てください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/377.html

2008/5/3

五穀豊穣・家内安全・交通安全・無病息災を願い恒例の「岩根山行者堂」春の大祭  綾部の文化財

都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」上原町には安永六年(1777)山家藩七代藩主の谷衛秀が「或る日、南の空を見られた時、後光が射し、霊験のあらたかさに身もふるえ吉野の大峰山の角の坊住職権大僧都盛永法印に頼みこの山を開き貝留地蔵と共に「役の行者(二尺八寸の像)」を建立した。恒例のこの「岩根山行者堂春の大祭」が5月3日(祭)午前10時から催された。叉、神変行者菩薩像(堂内右手の蔵王権現)は吉野の本覚本尊と同木を彫刻したもので,行基菩薩の作と伝えられている。天明元年三月堂宇を焼失したが谷鶴太郎公(八代谷永量(もりかず)が再建した。百三十年後の明治三十九年瓦屋根に吹き替え現在に至る。

京都府道・綾部広野線を山家地区上原町に至ると左手に大きな「行者堂大祭」の案内板があり、そこを左折し、山家運動公園の駐車場(無料)に止める。
クリックすると元のサイズで表示します

高さはわずか500メートル足らずだが中々厳しい登山であるが道は良い。鍋師HP委員長の話では耕運機が上がっているとのことだが、之はキャタビラー付の運搬車であった。途中の休憩所より、絶景の京都縦貫道山家城址方面を見る。絶景かな!!!
クリックすると元のサイズで表示します

此処から岩根堂まで200メートルだが、大変厳しい!!!
クリックすると元のサイズで表示します

漸く鳥居と山門に辿り着く
クリックすると元のサイズで表示します

岩根山行者堂
クリックすると元のサイズで表示します

堂内右手には「変化菩薩像(すなわち蔵王権現)
クリックすると元のサイズで表示します

待ち時間があったので「のぞき岩」へ行く。この日は新しいロープが張られ万全。
クリックすると元のサイズで表示します

此処にも「役の行者」の石仏があり、弘化「」年未(1844年代)5名の村名と氏名が彫られている。綾部市吉美地区の有岡村の関 某氏の氏名もある。
クリックすると元のサイズで表示します

「のぞき岩」から和知方面の絶景を見る!!!
クリックすると元のサイズで表示します

午前10時堂内にて「護摩修業」が始る
クリックすると元のサイズで表示します

法螺貝吹き大会の見本を見せてもらう。
クリックすると元のサイズで表示します

ハイキング等山の好きな方は下記をクリック願います。
http://www.nbcayabe.com/sout/mikori/mikori.htm

2008/5/2

5月2日(金)より恒例の第25回綾部市美術展が始った(5月6日まで)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」並松町の綾部市民センターにて5月2日(金)午前10時から5月6日(火)まで夕方5時まで「第25回綾部市美術展」が開催された。作品の総出展数は290点にもなり、綾部市民の出展は約6割で、4割は福知山市、舞鶴市、遠方からでは宇治市の方も「特選」で入賞されていた。書が72点、洋画33点、日本画36点で一番多かったのが写真で146点、立体造形工芸は3点であった。各部門の4点「支展賞」は掲載と立体造形の東大寺の四天王(増長天)は掲載しますが、ガラスケースの場合は斜め撮りで醜い所はご勘弁願います。勿論無料です。

第25回綾部市美術展始る。
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・洋画・三國滋子さん(舞鶴市)「干網」
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・書・四方美澤さん(綾部市)「凌歒臺」
クリックすると元のサイズで表示します
文章:宋祖凌歒楽未回・三千歌舞宿層臺・行潭雲畫暮山出・巴蜀雪消春水来
行殿有基荒薺合・寝園無主野棠開・百年便作萬年計・巌畔古碑空緑苔

市展賞・日本画・上柿明美さん(綾部市)「あの頃」
クリックすると元のサイズで表示します

市展賞・写真・荻野健次郎さん(福知山市)「おねがり(青鷺の親子)
クリックすると元のサイズで表示します

特別出展:立体造形・東大寺四天王(増長天)四方和之さん(綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/1

恒例の4月29日(昭和の日)より盛大な催し物が続く。その3.お稚児さんの花祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」井倉町には臨済宗妙心寺派の雲耕山・心田禅院がある。4月29日(昭和の日)恒例の「お稚児さんの花祭り」が午後2時から開催された。三歳以上の男女で、貸衣装(冠、狩衣、袴、じゅばん、花、数珠)が一人2,500円で借りれる。この花祭りは旧綾部町内の10ヶ寺院が参加し、実施して来たもので、今年は男の稚児2名、女の稚児6名の8名であった。導師は正暦寺(高野山真言宗)の玉川正信住職、司会進行は隆興寺(臨済宗妙心寺派)兼務の姫坂祥仁住職で旧綾部町の全ての寺の住職・寺総代が出席して催行された。堂経の中、本堂に設けられた釈迦像に花を飾り、甘茶をかけお釈迦様の誕生を祝った。

臨済宗妙心寺派の心田禅院入口
クリックすると元のサイズで表示します

心田院正面
クリックすると元のサイズで表示します

花祭りの像とお釈迦様とお稚児さん(後の堂には鎌倉時代の有名な毘沙門天像が安置されている。
クリックすると元のサイズで表示します

姉妹のお稚児さん記念写真
クリックすると元のサイズで表示します

導師の正暦寺住職玉川正信師と司会・進行役の隆興寺の姫坂祥仁住職の指導で、「お稚児さんの花祭り法要」始る。
クリックすると元のサイズで表示します

お稚児さんは順次花を供えたり、甘茶をお釈迦様にかけて誕生を祝った。
クリックすると元のサイズで表示します

花祭り法要を無事終えてほっとしたお稚児さん達。(この後、甘茶を頂き、腹話術やマジックショーを愉しんだ。)
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ