2008/5/30

シャローム&サラーム from 綾部  図書紹介

平成15年度中東和平プロジェクトで制作され、啓発冊子にも掲載した「シャローム&サラーム From 綾部」は、平和を願う素晴らしい曲であるので、市民に普及するよう啓発冊子の付録としてCDを作製した。
クリックすると元のサイズで表示します
<「シャローム&サラーム From 綾部CD作製>
 ・作製部数 − 1、000部
 ・3曲入り(うち2曲はカラオケ)
 ・啓発冊子の付録として、20年度販売分から付ける。
クリックすると元のサイズで表示します
1.この空は どこへ 続くの 憧れを乗せて
  この空は どこへ続くの あなたの心へ
  悲しい時にもルルルルル 苦しい時も
  言葉に代えてルルルルル 私は唄う
  シヤローム サラーム 心から
  シヤロームサラーム いまあなたに
2.あの星は どこから 来だの 悦びを包み
  あの星はどこから来だの 願いをかけよう
  淋しい時にもルルルルル 泣きたい時も
  あなたとともにルルルルル 私は唄う
  シヤローム サラーム 心から
  シヤローム サラーム 声合せて
3.かけがえのない この星を みなで守ろうよ
  かけがえのない この星が 平和になるよう
  夢と希望に輝いて 未来を照らす
  肩を寄せ合いルルルルル みんなで唄おう
  シヤローム サラーム フロム綾部
  シヤローム サラーム フロム綾部

2008/5/30

世界連邦への道  図書紹介

○ 世界連邦啓発冊子「世界連邦への道」の作製と活用
  平成18年度からの継続事業。 10月13日発行。
  市民に世界連邦をより深く理解してもらうため、協会として独自の啓発冊子を作製、中学生程度からでも理解できる内容で、世界連邦について体系的にまとめた冊子で、企画委員会を中心に編集、印刷に取り組んだ。
クリックすると元のサイズで表示します
<冊子の作製>
 ・規  格 − B5判、104ページ
         表紙:4色刷り、裏表紙:1色刷り、本文:両面1色刷り
 ・作製部数 − 2、000部
 ・販売金額 − 1冊500円
 ・対  象 一 中学生以上
 ・冊子の構成
第1章 みんなの幸せと世界連邦
     世界連邦運動の基本について語りかける
第2章 平和のまち綾部での足跡
     世運宣言以来の半世紀にわたる綾部市の運動を紹介
第3章 世界連邦の実現に向けて
     これまでの人類史の中で模索されてきた世界連邦へのステップを学ぶ
 「綾部世界連邦市民講座」から
     講師四方綾部市長と鹿子木会長の平成18年度の講座の要旨
私たちの思い
     小・中学生ポスター作文コンクール入賞作品を紹介
資 料 平和関連モニュメント、平和のまち綾部の足跡(略年表)など
<冊子の活用>
 ・冊子を教材にして世界連邦市民学習会を開催した。
 ・啓発冊子の頒布に努めた。
 ・各関係機関へ無料配布した(世界連邦運動協会各支部、世界連邦宣言自治体全国協議会加盟自治体など)。

2008/5/30

綾部世界連邦運動協会  あやべの街

唱和25年に日本で最初に世界連邦都市宣言を行った綾部市の平成20年度総会が行われました。
クリックすると元のサイズで表示します
ミャンマーのサイクロン災害、中国四川省の大地震、戦争の犠牲者を悼み黙祷のあと、鹿子木会長の挨拶
クリックすると元のサイズで表示します
世界連邦実現こそ人類社会の未来だと熱く語られる四方八洲男綾部市長
クリックすると元のサイズで表示します
創立六九周年を迎えた世界連邦全国大会において功労者表彰を受けられた山崎巌先生(綾部市談会会長)伝達式
クリックすると元のサイズで表示します
平成19年度事業報告
1 主催事業
○ 世界連邦啓発冊子「世界連邦への道」の作製と活用
  平成18年度からの継続事業。 10月13日発行。
  市民に世界連邦をより深く理解してもらうため、協会として独自の啓発冊子を作製、中学生程度からでも理解できる内容で、世界連邦について体系的にまとめた冊子で、企画委員会を中心に編集、印刷に取り組んだ。
  また、平成15年度中東和平プロジェクトで制作され、啓発冊子にも掲載した「シャローム&サラーム From 綾部」は、平和を願う素晴らしい曲であるので、市民に普及するよう啓発冊子の付録としてCDを作製した。
○ 世界連邦市民学習会の開催‥
  ・趣  旨:市民に身近なところで「世界連邦」に関する学習機会を提供し、理解を深めてもらった。19年度は、完成した世界連邦啓発冊子「世界連邦への道」を使用した。
   ・開催回数:3回(11月17目、12月7目、1月26目)
   ・受講者数:第1回目 35人、2回目 26人、3回目 21人(定員は50人)
   ・場  所:市民センター多目的ホール
   ・講  師:第1回目:出口三平理事、2回目:高木明彦理事、第3回目:山崎巌相談役
○ 綾部世界連邦運動協会ホームページの構築
  ・18年度継続事業。 19年度総会で会員に報告。現在稼働中。
  ・ホームページアドレス http://www.623ikaruga.sakura.ne.jp/
  ・主なコンテンツ
    世界連邦運動の歴史/綾部の運動の歴史/世界連邦の思想/ニュース(新しい動きの紹介)/宗教者、市民等の思い(エッセイ、インタビュー等)/関連書籍紹介/コミュニケーションサイト

2 地球市民の集い実行委員会へ参画して実施した事業
地球市民の集い実行委員会参画団体-
綾部市市民憲章推進協議会、綾部世界連邦運動協会、(社)綾部青年会議所、綾部市議会、綾部市
○ 第16回世界連邦推進小・中学生ポスター作文コンクール
  ・時 期:応募依頼一平成19年6月中句、表彰−10月13目(アスパホール)
  ・対 象:市内小・中学校児童・生徒
  ・応 募:ポスター144点、作文41点 合計1 8 5点
  ・入 選:20点(ポスター10点、作文10点)
○ 綾部市民平和祈願の集い
  ・実施日:平成19年8月15日
  ・場 所:藤山山頂
  ・対 象:綾部市民、関係団体
  ・参加者:約320人
○ 平和4と環境の日記念「地球市民の集い」
  ・内 容:世界連邦ポスター作文コンクール表彰式。
 る記念講演会「世界情勢と平和への取組」
  ・実施日:平成19年10月13日
  ・場 所:アスパホール
  ・参加者:約100人
3.他団体主催事業への参加活動
○ 寺山元旦国旗掲揚式参加
  ・日時:平成20年1月1日
  ・場所:藤山山頂
  ・主催:日本ボーイスカウト綾部第2団主催

2008/5/29

曲水の宴で有名な京都の城南宮とその6ヶ所の庭3(最終).  文化財研修記

京都市伏見区には「曲水の宴」で有名な城南宮があるが、以外に知られていないのが6ヶ所の庭園である。内、3ヶ所は紹介したので残りの、「室町の庭」「桃山の庭」「城南離宮の庭」を紹介します。駐車場は無料で入園料は個人で500円のみです。是非共参観をお薦め致します。
平安の庭から道路を隔て「室町の庭」へ拝観券を見せ移動します。

室町の庭その1.池泉回遊式庭園
クリックすると元のサイズで表示します

室町の庭その2.つつじが美しい
クリックすると元のサイズで表示します

室町の庭その3.池泉
クリックすると元のサイズで表示します

室町の庭その4.
クリックすると元のサイズで表示します

桃山の庭
クリックすると元のサイズで表示します

城南離宮の庭その1.
クリックすると元のサイズで表示します

城南離宮の庭その2.
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/28

曲水の宴で有名な京都の城南宮とその6ヶ所の庭2..  文化財研修記

京都伏見区の城南宮についての説明はNO。1でしました。6ヶ所の庭のうち「源氏物語花の庭」と「春の山」は前回で簡単に済ませましたが、今日の「平安の庭」は平安貴族の寝殿造の邸宅の庭園に倣い、社殿を背景に広がる池に,段落ちの滝と遺水(やりみず)がそそいでいます。池の汀(みぎわ)の野筋(のすじ)にはオミナエシ、ハギ、リンドウが咲き、秋野を彩ります。この庭園の遺水で「曲水の宴(うたげ)」が行なわれます。

平安の庭その1.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その2.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その3.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その4.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その5.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その6.
クリックすると元のサイズで表示します

平安の庭その7.
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/27

曲水の宴で有名な京都の城南宮とその6ヶ所の庭1.  文化財研修記

京都市伏見区中島宮の後には「曲水の宴」で有名な城南宮がある。祭神は息長帯日売命(おきながたらしひめのみこと)、八千丈神(やちほこかみ)、国常立命(くにところだちのみこと)の三神である。草創には諸説があるが、平安京遷都の時、王城南の鎮護の社とした。叉、当時は城南寺が有名でその鎮護社であったとも云われている。歴史上での登場は延長三年(925)城南寺の鎮護社としてである。応徳三年(1086)鳥羽殿造営の際城南寺と共に離宮内にその鎮守として祀られたという。往時は城南寺が有名でその祭礼は「城南明神御霊会」と呼ばれ、競馬(くらべうま)、流鏑馬(やぶさめ)が盛大に行われた。応仁の乱後、城南寺は荒廃したが、鎮守社のみは残って明治三年城南離宮皇神と称し、いすしか城南宮と呼ばれるようになった。この神社には平安時代の優雅な「曲水の宴」が「平安の庭」で4月29日と11月3日に催よをされるが、例大祭は10月中旬の日曜日に行なわれ、三基の神輿もでる。

城南宮正面の鳥居
クリックすると元のサイズで表示します

城南宮正面
クリックすると元のサイズで表示します

城南宮の舞台
クリックすると元のサイズで表示します

城南宮拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

鳥羽伏見の戦いの薩摩・長州・土佐藩の戦跡(御香宮神社も同様)
クリックすると元のサイズで表示します

源氏物語花の庭「源氏物語」
クリックすると元のサイズで表示します

「源氏物語の庭」登場する植物が100余種植えられている。
クリックすると元のサイズで表示します

庭園「春の山」
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/26

アンネ・フランク像  あやべの街

この像は、2000年2月、綾部市とイスラエル国エルサレム市との間で締結した友好都市宣言を記念し、永遠の平和を願い、聖イエス会様からご寄贈いただいたものです。
 制作は、東京芸術大学助教授:本郷寛氏、またアンネのバラは、市民の皆様の寄贈によるものです。
 ナチス・ドイツの迫害の下で書き綴った「アンネの日記」は、全世界で読まれ、今も平和の尊さを語り続けています。
 そのアンネの平和への願いが込められた「アンネのバラ」は、その父オット−・フランク氏より日本に届けられ、私達の町 綾部で根付き、全国に広まりました。
 上の銅販に書かれている言葉は、オット−氏の手による「アンネの日記」の一部で、「私は世界と人類のために働きます」と記されています。
2001年10月 綾部市
クリックすると元のサイズで表示します
JR綾部駅 北口ロ−タリ−にある案内碑
クリックすると元のサイズで表示します
アンネ・フランク像の周りに植えられた「アンネのバラ」
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/20

宇治市の県(あがた)神社とその奇祭について  文化財研修記

京都府宇治市の平等院の南方100メートルのところに「県神社(あがたじんじゃ)」がある。祭神は天孫・天津彦彦火瓊瓊杵尊(あまつひこひおににぎのみこと)と妃・木花咲弥姫命(このはなさくやひめ・別名は吾田津姫あがたつひめ)である。「あがた」の名は上古の県(あがた)の守護神であった事を示し,神代以来当地の地主神であった。後冷泉天皇の永承七年(1052)の時、関白藤原頼道の平等院建立にあたり、同院総鎮守となり、藤原氏の繁栄を祈請したのである。明治維新までは大津市の三井寺の管理下にあったが、之は平等院が三井門主の開眼にかかわり、天台宗に属していたためである。維新後、神仏分離令により、自立した。当社の大祭は6月5日から6日の未明にかけて行なわれる「宇治の県(あがた)祭」、叉は「暗闇祭」とも云う。午前10時に朝御饌(あさみけ・食事をお供えする)、午後5時から夕御饌の儀式がり、6日午前1時にお旅所である宇治神社から触太鼓(ふれたいこ)を先頭に雌雄の獅子頭、梵天などの祭列が県神社へ向かう。梵天(ぼんてん)は奉書紙1600枚を束ねた3メートル、八尺八節の竹につける。重さ60キロの御幣神輿である。行列は宇治橋西詰で梵天回をし、県神社本殿で梵天の神霊移しの儀式を行いお旅所に遷幸する。この間2時間。梵天は悪魔退散の動きを表すと共に、生殖の神事とも云われている。

鳥居と県神社
クリックすると元のサイズで表示します

県神社本殿
クリックすると元のサイズで表示します

県神社本殿2.
クリックすると元のサイズで表示します

県神社境内の宇治市古・名木200選の一つ「銀杏の木」
クリックすると元のサイズで表示します

県神社境内の宇治市古・名木200選の一つ「むくの木」
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/19

親鸞聖人御誕生地・日野家菩提寺の国宝・法界寺  文化財研修記

京都市伏見区日野には国宝の本堂と国宝の阿弥陀如来坐像を持つ「法界寺(ほうかいじ)」がある。この寺は藤原氏の北家(藤原内麻呂)にあたる日野家の菩提寺で,弘仁十三年(822)、藤原家宗が慈覚大師円仁より贈られた伝教大師最澄自刻の薬師如来の小像をお祀りし、その後永承六年(1051)、日野資業が薬師如来像を造って、その小像を胎内仏として収めて薬師堂を建立して寺とした。当時は観音堂、五大堂等多くの堂宇があったが、今では本堂の「薬師堂(国重文)」と「阿弥陀堂(国宝)」を残すのみとなった。しかしながら、この阿弥陀堂は藤原時代の浄土宗の流行や、末法思想の影響で、極楽浄土の具象化として各地に建てられた典型的な阿弥陀堂建築の一つで宇治の平等院鳳凰堂と相前後して建立された。五間五面の桧皮葺、宝形造(方形造)りで、周囲一間の廂(ひさし)を付し、一見七間の重曹建築の感がある。屋根には宝珠露盤(ほうじゅろばん、屋根が四方から真ん中に集まる上に、露盤を置き丸い宝珠を取り付けている。)を置き屋根の勾配もゆるやかで外観は軽妙湿雅である、内部中央にはには一間四方内陣があり、その須弥壇上には宇治の鳳凰堂の阿弥陀如来坐像とそっくりで、阿弥陀定印(上品上生印)を結んだ見事な阿弥陀如来坐像(国宝)である。叉、向背の透彫りの飛天女や外壁には弥陀の坐像や四天柱には金剛界曼荼羅の初尊六十四像などが描かれている。天井は化粧屋根裏天井(天井を張らず屋根裏の垂木が見える、吹き抜け)で大変美しい。撮影禁止で残念であるが、国宝の外観のみも素晴らしい。薬師堂(国重文・秘仏)には内陣厨子の中に安置されている高さ80センチメートルの中には伝今教大師最澄作と伝えられた胎内仏が蔵められている。厨子両脇に祀られている十二神将像(国重文・秘仏)で見れれなかったのは残念だった。浄土真宗の開祖・親鸞聖人はこの法界寺を創った日野資業から四代目後、皇太后宮大進正正五位日野有範を父とし、吉光女(むしめ)母として、此処、法界寺でお生まれになり、母上に抱かれこの阿弥陀如来を初めてお参りなられたのです。叉「法界寺裸踊(京都市登録民俗無形文化財)」は有名で、元旦から十四日間本堂薬師堂において、五穀豊穣、万民快楽,所願成就を祈る修正法会が厳修され、結願日の一月十四日の夜、精進潔斎した少年、青壮年の信徒が二組に分かれて褌(ふんどし)一つの裸形になり、水垢離をとったのち、阿弥陀堂広縁にて裸体をもみ合い、すり合い、両手を頭上高く打ち合わせ「頂礼(ちょうらい)「頂礼}と連呼して踊りつつ祈願する荘重な祭典が繰り広げられます。更に、安藤先生の話ではこの寺・住職が云われた国宝の堂と国宝の仏像を持つのは、京都府では6ヶ寺のみとのとです。調べてみましたら、1.法界寺、2.宇治の平等院鳳凰堂と阿弥如来、3.上醍醐の醍醐寺の薬師堂と薬師如来、4.仁和寺の金堂と阿弥陀如来、5.三十三間堂、6.相楽郡の浄瑠璃寺本堂と阿弥陀如来でした。話の種にして下さい。

山門と正面に阿弥陀堂が見える。
クリックすると元のサイズで表示します

国宝・阿弥陀堂正面
クリックすると元のサイズで表示します

国宝・阿弥陀堂を東側から見る。全体が良く判る。
クリックすると元のサイズで表示します

国重文・薬師堂
クリックすると元のサイズで表示します

薬師堂正面(秘仏)で入口のみ。
クリックすると元のサイズで表示します

鐘楼(かなり古いものだが銘が読めない。)
クリックすると元のサイズで表示します

阿弥陀堂の裏側に高さ1.5メートル位の「宝筐印塔(ほうきょういんとう)」がある
この形では鎌倉時代後期作か!!
クリックすると元のサイズで表示します

2008/5/18

勧修寺氷池園と呼ばれる回遊式名園を持つ勧修寺  文化財研修記

京都市山科区勧修寺仁王堂町には真言宗の勧修寺(かんしゅうじ叉はかんじゅじとも呼ばれる。)がある。「今昔物語」によると山科の豪族・宮道弥益(みやじいやます)がおり、藤原良房の甥・高藤が狩に来て雨にあい弥益の家に雨宿りして、弥益の女(むすめ)列子(れっし)と結ばれた。のち高藤が弥益家を再訪した時,少女がいて、これが自分の子と知って、列子を夫人とした。この少女が藤原胤子(いんし)であり、長じて宇多天皇の女御となり、醍醐天皇の生母となった。叉、高藤は累進し、没後には正一位太政大臣を贈られた。醍醐天皇は母・胤子の菩提を弔う為に昌秦三年(西暦900年)弥益邸跡を寺とし、弥益の字(あざな)をとり勧修寺としたと云う。特にこの寺の庭園は有名であり、庭園は「勧修寺氷池園」と呼ばれ、「氷室(ひむろ)の池」を中心に造園されていて、叉、周囲の山を借景し、庭の中に前方の山を取り込んで庭の風景が造られ、広大な自然美を楽しむ「池泉回遊式庭園(京都府指定名勝庭園)」であります。古くは平安時代には、毎年一月二日にこの池の氷を宮中に献上し、その氷の厚さによってその年の五穀豊凶を占ったといわれて、京都でも屈指の古池となっています。

勧修寺山門
クリックすると元のサイズで表示します

山門から入ると直ぐ右手に「寝殿(明正殿)」名の如く明正天皇の寄進にようもの。江戸時代。
クリックすると元のサイズで表示します

杜若(かきつばた)と睡蓮が満開の庭園
クリックすると元のサイズで表示します

庭園その2.山を借景
クリックすると元のサイズで表示します

池泉回遊先から庭園と本堂を見る。
クリックすると元のサイズで表示します

本堂
クリックすると元のサイズで表示します

書院(国重文)は入母屋式杮葺(いりもやしき・こけらぶき)
クリックすると元のサイズで表示します

主幹が落雷で二分された樹齢350年の山桃の古木
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ