2008/2/25

合気道開祖「植芝盛平翁ゆかりの4市町による友好都市提携調印式」とゆかりの地  綾部の文化財

合気道創始者「植芝盛平翁ゆかりの4市町による友好都市提携調印式」が2月23日(土)生誕の地和歌山県田辺市にて三代道主・植芝守央(うえしばもりてる)氏の立合の元で調印された。植芝盛平(うえしばもりへい)翁は明治16年(1883)に田辺市の富裕な農家に生まれ、幼少の時から武道にに励み、起倒流柔術(きとうりゅうじゅうじゅつ)・後藤派柳生心眼流柔術(やぎょうしんがんりゅうじゅうじゅつ)を修めた後、明治45年には開拓農民として、現在の北海道遠軽町へ移住した。叉、大東流合氣柔術総本部長・武田惣角を招き入門、1922年教授代理を許された。一方、大正8年父危篤の報を受けて帰郷の途中、現在の綾部市で大本教の出口王仁三郎聖師と出会い自ら生きる道を見出したといわれる。大正9年一家で綾部に移住し、植芝塾を開いた。大正11年、自らの武術を「合気道」と名付け国内外への普及をはじめた。エピソードとしては、大正13年世界統一宗教を確立するための聖地を探そうとする出口王仁三郎聖師に従い、蒙古(モンゴル)へ旅立ました。候補地の要衝パインタラを目前ににして、当時の中国中央政府に企てを知られ追われる身となった。このとき植芝翁は相手が撃ってくる弾丸を「ヒラリヒラリ」とかわしたといわれています。命からがら日本へ逃げ帰った植芝翁はこの時の経験を基に「相手の氣を心眼でかわし、戦わずしてかつ合気道の原点を体得したといわれています。叉、その後、大本弾圧により、叉、王仁三郎聖師の勧めで中央でこの「合気道」を普及すべく東京に出て1940年財団法人皇武館(後の財団法人合気会)を設立。晩年には現在の茨城県笠間市に合気神社を建立した。植芝翁設立の財団法人合気会は二代道主・植芝吉祥丸師を経て、現在は三代道主・植芝守央師です。綾部は「合気道の発祥地」とされ、今世界85ヶ国、150万以上の修行者がおられるとの事です。

植芝盛平翁ゆかりの4市町による友好都市提携調印式後、握手される4市町の市長・町長、中央が立会人の三代道主・植芝守央師。(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

植芝盛平翁の生誕地(写真提供:綾部市,財団法人合気会承認)
クリックすると元のサイズで表示します

植芝盛平翁のお墓のある田辺市の「高山寺」(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

植芝盛平翁の墓(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

田辺市の植芝盛平翁頌徳碑(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

JR綾部駅南口にある「植芝盛平翁の合気道碑」平成14年11月建立
クリックすると元のサイズで表示します

平成14年11月碑建立後、合気道三代道主・植芝守央(うえしばもりてる)師がこの綾部市武道館で出口紅大本教々主様や四方八洲男綾部市長の前で模範演技をされた。
クリックすると元のサイズで表示します

綾部市武道館での合気会・三代道主・植芝守央師の模範演技1(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

同 上2(写真提供:綾部市)
クリックすると元のサイズで表示します

財団法人・合気会のホームページは下記をクリック願います。
http://www.aikikai.or.jp/

2008/2/24

遠州から来た秋葉神社を祭る「丹波丹後秋葉神社万年講」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」上杉町には八坂神社(祭神:素茰鳴尊)の境内には正一位秋葉神社がある。この秋葉神社は明治20年代に火災が相次いだ上杉町等で不安が広まり、東八田・西八田地区や舞鶴などの30余ヶ村々が「丹波丹後秋葉神社万年講」を結成し遠州(今の静岡県)の秋葉神社の分霊を受け明治25年に第一回の大祭を催行したといわれている。明治16年5月3日付けの京都府何鹿郡(いかるがぐん)神社明細長にはこの八坂神社の項では祭神:素茰鳴尊、境内社は天照大御神社のみと祠掌:山室喜左エ門、氏子総代:塩尻卯八郎以下2名の名前で記録されている。この「万年講」が2月24日(日)午前10時から催行された。

八坂神社正面(鳥居を含む。)
クリックすると元のサイズで表示します

見事な彫刻の本殿
クリックすると元のサイズで表示します

境内社「正一位秋葉神社」
クリックすると元のサイズで表示します

2月24日(日)丹波丹後秋葉神社万年講の幟
クリックすると元のサイズで表示します

主たる祭りは社務所・舞台に特別に設定された祭壇で実施される。
クリックすると元のサイズで表示します

午前10時から稲葉達夫宮司様祭主祝詞
クリックすると元のサイズで表示します

引き続き、玉串奉典
クリックすると元のサイズで表示します

一旦休憩後、午前11時「開扉の儀」参列者は入れ替わる。
クリックすると元のサイズで表示します

猛烈な吹雪の中での「火伏の儀」
クリックすると元のサイズで表示します

猛烈な吹雪の中での「庭火焱の儀」の後、再び舞台・祭壇に戻り「閉扉の儀」等で午前12時前無事終了
クリックすると元のサイズで表示します

2008/2/18

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)でもっとも古い「上谷厄除神社大祭」  綾部の文化財

都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」下八田町上谷(かみたに)には綾部市(もといかるがぐん)でもっとも古い「厄神々社」通称上谷(かみたに)の厄神さんがある。祭神は竹内宿弥(たけのうちすくね)であり、300年前の記録もあり、明治16年5月4日付の京都府何鹿郡(いかるがぐん)神社明細帳には当時の内田宥宮司、信徒代表齋藤大二郎以下三名の名前で登記されている。2月18日(月)午前10時には厄除大祭が催行された。お参りされた方には恒例の無料の「幸運の軍手」が無料でもらえた。しかし、この上谷地区は過疎化のため、たった四戸でお祀りされている諭旨。

上谷の厄神さんの森
クリックすると元のサイズで表示します

厄神々社の石段
クリックすると元のサイズで表示します

手水者で清める宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

境内社を参拝される四方充宮司様
クリックすると元のサイズで表示します

神社総代玉串奉尊
クリックすると元のサイズで表示します

宮司様の祝詞
クリックすると元のサイズで表示します

2008/2/18

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)で一番賑う「綾部厄除神社祭」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」上野町には若宮神社(仁徳天皇を祀る)と厄除神社(祭神:猿田彦命を祀る)がある。例年2月17日は宵宮で午後1時から9時まで、18日が本宮で朝7時から午後9時まで、交通安全等の厄除けに参る人々で大繁盛であった。特にこの厄除神社は綾部市では一番多くの人々が参拝する事で有名である。

2月17日(日)宵宮午後5時30分頃の厄除神社前の賑わい1.
クリックすると元のサイズで表示します

宵宮(石段前の賑わい)
クリックすると元のサイズで表示します

厄除の門(正面は若宮神社、正面左上が厄除神社」
クリックすると元のサイズで表示します

厄除神社
クリックすると元のサイズで表示します

2月18日(月)本宮 午前11時頃福娘から「縁起物」を求める人々
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社と厄除神社全景
クリックすると元のサイズで表示します

若宮神社のHPは下記をクリック願います。
http://www.ayabe-wakamiya.ecnet.jp/

2008/2/12

全国4万社以上ある稲荷社の総社「伏見稲荷大社」の分霊を祀る綾部稲荷社初午大祭  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」西町1丁目には、平成19年10月末に綾部商工会議所内から、京都の全国4万社以上ある伏見稲荷大社の分霊を祀る綾部稲荷社はここに新たに社を造営し、ご神体が遷座された。2月12(火)午前11時に綾部稲荷社奉賛会により「綾部稲荷社初午大祭」が実施された。

開会の儀(司会:綾部商工会議所滋野副会長)
クリックすると元のサイズで表示します

修祓の儀(若宮神社四方(しかた)義規宮司様)
クリックすると元のサイズで表示します

御祓いの儀
クリックすると元のサイズで表示します

祝詞奉上儀
クリックすると元のサイズで表示します

玉串奉尊の儀(綾部稲荷社奉賛会々長松田安弘前綾部商工会議所会頭)
クリックすると元のサイズで表示します

御礼の挨拶(松田奉賛会々長)
クリックすると元のサイズで表示します

2008/2/10

金峯山修験本宗・総本山金峯山寺の宗務総長兼執行長の綾部の自坊・林南院の「林南院節分大祭」  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」渕垣町には金峯山修験本宗・総本山金峯山寺(奈良県吉野山)の宗務総長兼執行長の田中利典(りてん)師の綾部の自坊、大容山・林南院(りんなんいん)がある。この寺で「林南院節分大祭」が2月10日(日)午前10時30分より「日数心経法要」や「今年の運気の解説」の法話があった。無料の昼食を頂き、午後1時より「大峯秘法採灯壇護摩供」が行なわれ一人一人に「特別霊杖加持」が行なわれた。叉、午後3時からは「古札梵焼供養」、そして3時過ぎに「特製甘酒の無料接待」があった。昭和30年お生まれの田中利典師は40台にして総本山の宗務総長兼執行長になられ、そのご活躍により世界文化遺産ユネスコの金峯山寺等が「熊野古道」の指定を受けるに至った。綾部の文化財を守る会ではその指定記念に平成17年6月8日(水)に貸切バス2台79名が特別参拝をした。著者「修験道っておもしろい!」「吉野薫風抄」が面白いです。

中央:金剛蔵王権現、左側:役の行者(小角)、右側:不動明王を祀る。
クリックすると元のサイズで表示します

10時30分:日数心経法要(一年の厄除け開運の祈り)
クリックすると元のサイズで表示します

同伴の若手僧侶のご紹介(覚えていた大坂の方も一人おいでであった。)
クリックすると元のサイズで表示します

住職法話「今年の運気解説」
クリックすると元のサイズで表示します

豆まきで特別賞にあたった方
クリックすると元のサイズで表示します

大峯秘法採灯壇護摩供(法螺貝と太鼓でのすごい迫力の法要であった。)
クリックすると元のサイズで表示します

同 上(一人一人に特別霊杖加持がおこなわれた。)
クリックすると元のサイズで表示します

平成17年6月8日「綾部の文化財を守る会」で金峯山寺訪問感想
http://www.ayabun.net/kensyu/yosino/yosinok.html

研修旅行実施写真集
http://www.ayabun.net/kensyu/yosino2/yosino.html

2008/2/9

世界の大本節分大祭の神事を特別掲載  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)本宮町には世界の「大本」の発祥地である、綾部本部がある。例年,大変重要な「大本節分大祭」が2月3日(日)から4日(月)にかけて実施されてきた。特に綾部大橋からの人型・型代流しは、来年以降は場所が変わる事も予想されるので今回、特に大本本部にお願いし、中々綾部在住の人でも見る事の出来ない神事の写真を提供頂いたので此処に順次掲載していきます。叉、最後に駐日イスラエル大使のご挨拶もありました。

2月3日午後5時30分から「金の達磨等」の福引(みろく殿前)
クリックすると元のサイズで表示します

2月3日午後5時30分から甘酒無料接待(長生殿前)
クリックすると元のサイズで表示します

あやべ太鼓奉納午後5時30分から(長生殿前)
クリックすると元のサイズで表示します

大本神論拝読により節分大祭人型大祓が始る(以下長生殿にて)
クリックすると元のサイズで表示します

神火を献ずるの儀
クリックすると元のサイズで表示します

祭員入殿
クリックすると元のサイズで表示します

瀬織津姫入殿
クリックすると元のサイズで表示します

献饌
クリックすると元のサイズで表示します

斎主節分大祭祝詞奉上
クリックすると元のサイズで表示します

海外代表による玉串奉尊
クリックすると元のサイズで表示します

感謝祈願奉上
クリックすると元のサイズで表示します

大潔斎神事
クリックすると元のサイズで表示します

中潔斎神事
クリックすると元のサイズで表示します

小潔斎神事・人型大祓行事
クリックすると元のサイズで表示します

小潔斎神事・人型大祓行事
クリックすると元のサイズで表示します

長生殿を松明を先頭に出発
クリックすると元のサイズで表示します

素焼き壷を持ちて、和知川(由良川)向かう瀬織津姫行事 3日夜11時前
クリックすると元のサイズで表示します

綾部大橋の上から「神言が上される中、祭員」にて人型・型代が流される。3日夜
11時及び4日午2時30分
クリックすると元のサイズで表示します

綾部大橋にて「神言奉上」
クリックすると元のサイズで表示します

夜景の綾部大橋(国指定文化財トラス橋)
クリックすると元のサイズで表示します

4日午前3時頃、出口紅教主様の豆まき(於:長生殿)
クリックすると元のサイズで表示します

豆まき2.
クリックすると元のサイズで表示します

4日朝4時30分、教主様他全員で「基本宣伝歌斉唱」にて無事終了
クリックすると元のサイズで表示します

2008/2/4

京都府指定文化財の本殿をもつ篠田神社の筍の神事  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」篠田町には京都府指定文化財の本殿を持つ、志賀郷地区の七不思議の一つ「篠田神社」あるがある。例年2月4日(旧暦の正月4日)午前11時から「筍」の神事がおこなわれた。前年の12月4日のお籤とりで当番にあたった禰宜(ねぎ)と呼ばれる里人の4名が前日より社務所に泊まり、夜中に下の川で身を清め、寒中の日の出前の暗がりの中を本殿裏の御宝田に入り、凍りついた雪を掻き分け筍をさがします。一番最初に見つかったのを早稲、次のを中稲、最後に探し当てたのを晩稲と定めて、目印の白紙を立てておきます。午前11時、社殿にて神事が始り二人の禰宜が御宝田に入り、早稲、中稲、晩稲と丁寧に根をつけて堀上、筍は小祠に供えられます。参拝者は筍の出た場所、地形の高低、長さ太さ、色合い、曲直などをみて、今年の稲の出来ばえ、病害虫、風水害などを自分で判断し、稲の植え付け時期、植え付け品種を考えます。この篠田神社の本殿は五間流造りで府下でも2つしかない珍しい造りであり、室町時代の様式を持ち山家藩の記録では永禄9年(1566)再建の棟札があるとされており、叉大正11年(1922)に現拝殿の場所に全体の形状を損なう事もなく移築されている。

篠田神社の鳥居と石段
クリックすると元のサイズで表示します

篠田神社の拝殿と本殿
クリックすると元のサイズで表示します

京都府指定文化財の本殿(珍しい五間流造)
クリックすると元のサイズで表示します

一般参拝者へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

御宝田へ入る禰宜2人へのお祓い
クリックすると元のサイズで表示します

御宝田へ入る禰宜2人
クリックすると元のサイズで表示します

御宝田で筍を掘る禰宜2人
クリックすると元のサイズで表示します

篠田神社のより精しくは下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/sinoda/takenoko.htm

2008/2/1

あやべ西国観音霊場23番札所で秘仏・聖観世音菩薩坐像(806年製作)を持つ長福寺の舞台背景画の調査  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」向田町にはあやべ西国観音霊場大23番札所8月17日のみ御開扉される秘仏「聖観音坐像「通称、向田観音(むこだかん)」を持つ曹洞宗永平寺派・長福寺がある。この秘仏は山城国浄土宗・揚谷寺にある柳谷漢音(806年製作)と同木から彫られたという。この寺の舞台(ぶたい)の背景画の調査を2月1日、川北自治会長の立会いもと、郷土史家・綾部市談会々員の真宮均氏、郷土史家・竹内繁氏、そして小生・綾部史談会々員、綾部の文化財を守る会事務局長4名で調査した。その結果は次の通りです。1.千畳敷7枚ものだが残念な事に一枚欠落の6枚(一枚縦174センチ、横71センチメートル)2.その裏は鳳凰と思われる鳥、3.これは新発見である、古い裏地の物の間に鮮やかな梅の花が見えたので表紙を取り除いていくと6枚で(一枚縦171センチ、横64センチメートル)で見事な梅の図画が現れてきた。4.南無阿弥陀仏の掛け軸を持つもの2枚(縦174センチ、横71センチメートル)5.曲芸者の襖絵2枚(縦171、横64)6、裏地に江戸末期の志賀郷(しがさと)の大庄屋・遠藤三郎兵衛氏あて2畝の田の年貢米二斗四升七合を納める岡井繁右ェ門の文、7.本堂正面屋根下に明治五年「俳句奉納四十四名」の遠方から例えば宮津から等の参加者の氏名・年齢・俳句・絵姿(板で縦約28センチ、横21センチメートル)を調査できた。

千畳敷(7枚の内6枚)
クリックすると元のサイズで表示します

上記の裏絵で同じく7枚の内6枚「鳳凰」
クリックすると元のサイズで表示します

新発見の梅の図6枚もの
クリックすると元のサイズで表示します

南無阿弥陀仏の掛け軸のもの2枚
クリックすると元のサイズで表示します

曲芸師達2枚
クリックすると元のサイズで表示します

江戸末期の裏地の文章発見
クリックすると元のサイズで表示します

本堂正面屋根裏の明治五年の「俳句会」四十四名奉納
クリックすると元のサイズで表示します

当寺院の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/340.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/341.html



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ