2007/11/21

全国安国寺の筆頭・綾部安国寺の地獄絵・掛け軸初公開2.  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」安国寺町には全国安国寺の筆頭の綾部・安国寺がある。綾部で有名なもみじの紅葉の名所で、例年11月下旬の日曜日には「安国寺紅葉祭り」が開催される。平成19年度は11月18日(日)に開催された。それに伴い、11月17日(土)から19日(月)の3日間、国重要文化財の木造釈迦如来両脇侍坐像と木造地蔵半跏(はんか)像や初公開の「地獄絵」掛け軸11幅が無料公開されたので、初公開の地獄絵を2回に分けてて掲載します。是で終わりです。

地獄絵の掛軸6.(必ず上部に天上の神さまが描かれ、下では閻魔大王がと地獄が描かれています。)
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵の掛軸7.(この掛け軸は他と少し変っていますね。地蔵菩薩様が大きく描かれその足下に地獄いる人を救う図です。)
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵掛軸8.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵掛軸9.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵掛軸10.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵掛軸11.
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/20

07あやべ産業祭り大盛況!  あやべの街

日曜日の朝、地元自治会で組別の防災訓練があり、終了後に葉牡丹の苗を買いに出かけ、「あやべ産業祭り」に行った。開催は綾部工業団地の交流ブラザがある広場、トステム綾部工場の広大な工場用地(増設予定地)が臨時の駐車場になっている。
すでに沢山の車が止められており、市職員の交通整理に従って半周以上回って奥の遠隔地に駐車した。

クリックすると元のサイズで表示します
歩いて会場に向かう道にも屋台が出ていた
クリックすると元のサイズで表示します
産業祭りの会長は、交通整理で渡った交差点の向こう側の工業団地交流ブラザ広場
クリックすると元のサイズで表示します
テントが張られ種々のイベント、模擬店、フリーマーケットで賑わう
クリックすると元のサイズで表示します
広場を取り巻くようにテントが立ち並び、人が詰め掛けている
クリックすると元のサイズで表示します
色とりどりのイベント・テントが並ぶ
クリックすると元のサイズで表示します
並ぶテントに人が詰め掛けている
クリックすると元のサイズで表示します
様々な趣向の内容でテントが立ち並ぶ
クリックすると元のサイズで表示します
イベント広場ではフラメンコ・ダンスを見せている
クリックすると元のサイズで表示します
フラメンコ・ダンス
クリックすると元のサイズで表示します
綾部市環境市民会議がコーナーを出している。子供たちが画を描いて「買い物手提げ袋」にアイロンで焼き付けている
クリックすると元のサイズで表示します
環境アンケートを記入している
クリックすると元のサイズで表示します
みんなで作ろう きれいな環境。廃食油回収中 捨てない、埋めない、流さない
クリックすると元のサイズで表示します
こどもたちが丸太切りに挑戦中
クリックすると元のサイズで表示します
こどもたちが丸太切りに挑戦中
クリックすると元のサイズで表示します
こどもたちが丸太切りに挑戦中
クリックすると元のサイズで表示します
子牛の赤ちゃんが2頭、子供たちの人気を集めていた
クリックすると元のサイズで表示します
哺乳瓶から乳を飲ませている。可愛い!
クリックすると元のサイズで表示します
9月19日に生まれた「ウーちゃん」です。やさしくしてね!
船場吉兆による但馬牛の偽装問題が話題になっている最中!
クリックすると元のサイズで表示します
大勢の観客に囲まれて子供たちがリボンフラワーを持って演技をしている
クリックすると元のサイズで表示します
LOVE BERRYS のロゴを胸に入れている
クリックすると元のサイズで表示します
年齢の違うグループの子供たちが出演中で待機
クリックすると元のサイズで表示します
ふれあいマーケットが賑わっている
クリックすると元のサイズで表示します
ふれあいマーケット
クリックすると元のサイズで表示します
様々な商品が並ぶ ふれあいマーケット
クリックすると元のサイズで表示します
ふれあいマーケット
クリックすると元のサイズで表示します
様々な商品が並ぶ ふれあいマーケット
クリックすると元のサイズで表示します
様々な商品が並ぶ ふれあいマーケット
クリックすると元のサイズで表示します
市内の婦人会等の団体が開いている模擬店が並んでいる
クリックすると元のサイズで表示します
地元模擬店エリア
クリックすると元のサイズで表示します
赤い羽根募金の旗、綾部シルバーセンターの旗、へしこ寿司を売っている
クリックすると元のサイズで表示します
人で一杯の団体模擬店エリア
クリックすると元のサイズで表示します
手作りアイスクリーム、小畑みそ、はちみつ等の旗が立つ地産品の販売コーナー
クリックすると元のサイズで表示します
有岡グループ うどんの接待
クリックすると元のサイズで表示します
海の幸、イカのげそ焼きなど販売
クリックすると元のサイズで表示します
交通遮断された道路の向かいにも広場があり、地元企業、店舗の出店エリアになっている
クリックすると元のサイズで表示します
こちらも賑わっている地元企業出展エリア
クリックすると元のサイズで表示します
地元企業出展エリア
クリックすると元のサイズで表示します
地元企業出展エリア


2007/11/19

全国安国寺の筆頭・綾部安国寺の地獄絵・掛け軸初公開1.  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」安国寺町には全国安国寺の筆頭の綾部・安国寺がある。綾部で有名なもみじの紅葉の名所で、例年11月下旬の日曜日には「安国寺紅葉祭り」が開催される。平成19年度は11月18日(日)に開催された。それに伴い、11月17日(土)から19日(月)の3日間、国重要文化財の木造釈迦如来両脇侍坐像と木造地蔵半跏(はんか)像や初公開の「地獄絵」掛け軸11幅が無料公開されたので、初公開の地獄絵を2回に分けてて掲載します。

木造釈迦如来両脇待坐像
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵・掛軸1.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵・掛軸2.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵・掛軸3.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵・掛軸4.
クリックすると元のサイズで表示します

地獄絵・掛軸5.
クリックすると元のサイズで表示します

その他:全国安国寺の筆頭・綾部安国寺については下記をクリックして見てください。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/ankoku/ankokuji.htm
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takauji700/takauji700.html
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/213.html

2007/11/17

総本山大徳寺特別展「黄梅院」  文化財研修記

京都市北区紫野大徳寺町の臨済宗大徳寺派総本山・大徳寺では秋の特別展が開催されています。
大徳寺には塔頭寺院が21もあり、一般公開は4つの塔頭のみですが、今回は「黄梅院」が公開されましたので紹介します。黄梅院(おうばいいん)は黄梅庵(春林宗淑創建)が前身で開基は小早川隆景(毛利元就の三男:こばやかわたかかげ)で(法名:黄梅院)、開祖は春林宗淑であるが、弟子の二世の玉仲宗 (ぎょくちゅうそうしゅう)が勧請したものです。本堂や唐門は隆景が建立したものです。天正11年、16年に改築していますが、隆景とその甥で本家の毛利輝元の二公が亡くなった後、毛利家の菩提寺となって現代に至ります。方丈、玄関は創建当時のもので桃山時代の代表建築であり、正面扉の彫刻も有名である。また庭園は枯山水様式をとりいれた千利休の直中庭(なおちゅうてい)のほか、破頭(はとう)作佛(さくぶつ)の各庭がある。茶室「自休軒」は伏見城の遺構を移したものといわれ「作夢軒」は茶頭であった武野紹鴎(たけのじょうおう)好みのもので名高い。

黄梅院玄関口(国重文)
クリックすると元のサイズで表示します

庭園・作佛(さくぶつ)
クリックすると元のサイズで表示します

茶室・作夢軒(さくむけん)
クリックすると元のサイズで表示します

茶室(自休軒への入り口)
クリックすると元のサイズで表示します

茶室・自休軒と庭
クリックすると元のサイズで表示します

千利休作庭の「直中庭(なおなかてい)」
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/14

大徳寺秋の特別展「芳春院」  文化財研修記

臨済宗総本山・大徳寺には21院もの塔頭(たっちゅう)があるが、一般に公開している塔頭は「枯れ山水の庭で有名な大仙院、十字架の石組みで有名な瑞峰院、洛北の苔寺と云われている竜源院、そして千利休邸を移した高桐院」のみであるが、秋には特別に前田利家の妻・松の戒名「芳春院」なお名前を付けた前田家の菩提寺が公開されたので撮影に行った。大徳寺山内の北側に位置し、広い境内をもち、門を入ると紅葉やさつきの木々に囲まれた長い石畳が続き,唐門に至る。慶長13年(1608)に加賀藩三代藩主・前田利常の母(芳春院尼、初代藩主・利家の妻)の創建で、開祖は玉室宗伯である。寛政8年(1796)の火事で創建当時の建物は失われたが13代治脩1798年に再建されました。明治維新の混乱期には廃仏毀釈の嵐に巻き込まれ,堂宇の全てを失う悲運にもあいましたが、明治8年に復興されました。武人茶人片桐石州の墓もあり、「茶禅一昧」と呼ばれる心が生かされています。

芳春院正面
クリックすると元のサイズで表示します

芳春院玄関入口
クリックすると元のサイズで表示します

内庭の手水と千両が良く合う
クリックすると元のサイズで表示します

京都四閣の一つ「呑湖閣」。小堀遠州作の楼閣山水の庭の中心をなす。玉室和尚の師春屋和尚の木像をはじめ、近衛、醍醐、青山、建部等の檀家の霊牌画が祀れれている。呑湖閣への橋は「打月橋」池は「飽雲池」とめいめいされています。
クリックすると元のサイズで表示します

呑湖閣から見た内庭
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/12

臨済宗総本山・大徳寺秋の特別展1.  文化財研修記

平成19年臨済宗総本山・大徳寺の秋の特別展が開催されており、塔頭(たっちゅう)寺院がこのときのみ公開されるので見に行ってきました。今回は加賀前田(松平)藩の前田利家の夫人・松(芳春院)の芳春院と毛利家の黄梅院(おうばいいん)が中心ですが、大徳寺には境内に21もの塔頭寺院がありそれぞれ素晴らしい禅庭や襖絵があります。襖絵はストロボを付けると絵画に影響がありどうしても撮影させてもらえませんが禅庭は何とか撮影させてもらいましたので此処に掲載します。大徳寺は鎌倉時代末、大燈国師(宗峰)が赤松則村より寄進をうけ、嘉歴元年(1326)に大徳庵を開創したのが始まりであるが応仁の乱で焼失。15世紀後小松天皇の皇子であり、大徳寺の住職となった一休禅師が復興した。一休禅師は京田辺市に酬恩庵を創建しここで、亡くなり、自分自身の毛髪を植えた木像(国重文)がある。枯れ山水で有名な「大仙院」は下記でクルックして見てください。

山門(国重文・金毛閣とも呼ばれている)千利休の木像を掲げ、豊臣秀吉の激怒を受け切腹したことで有名。
クリックすると元のサイズで表示します

仏堂(国重文)と大イブキ(ビャクシン・三人で漸く抱え込める、1665こ頃の植樹)
クリックすると元のサイズで表示します

仏殿の釈迦如来坐像(徳川家綱の寄進のもの)
クリックすると元のサイズで表示します

法堂(国重文)
クリックすると元のサイズで表示します

枯山水の庭へ有名な「大仙院」への道
クリックすると元のサイズで表示します

次回掲載の塔頭「芳春院」の入り口
クリックすると元のサイズで表示します

枯山水で有名な「大仙院」は下記をクリックして見てください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/259.html

2007/11/9

国史跡・平泉寺白山神社  文化財研修記

福井県勝山市平泉寺町平泉寺に鎮座する「白山神社及び境内」は国指定史跡である。白山は承知の通り、古来から富士山、立山と共に信仰のお山であり、現在も多数の人々が参拝する。御祭神は本社は伊佐那岐命(いざにぎのみこと)、両脇には越南知社「祭神は大己貴尊(大国主命)が左手に、別山社「祭神は天忍穂耳尊(あまおしほみみのみこと)が右手に祀られている。当社は白山の開祖・泰澄大師(たいちょうだいし)の創建で大師が白山登拝の途中林泉(今の御手洗池)を発見され、そこで白山の神の神託により当地が聖地と知り、社を建て白山の神を奉斎されたのがはじまりである。古くは白山平泉寺と称されていたので寺のようであるが本来は神社である。平安時代以降白山登山の拠点の三馬場の一つとして隆盛を極めた。鎌倉時代の始め兄・源頼朝に追われた義経がこの白山神社を詣でて奥州平泉を目指したことが「義経記」に見え、又鎌倉時代末期には後醍醐天皇の鎌倉幕府打倒に呼応してこの神社の僧兵が大野郡の地頭を攻めた記録が「太平記」に見られる。中世の最盛期には社領9万石、48社、36堂、6,000坊もあったといわれていたが、戦国時代のの天正2年(1574)一向一揆との係争のた全山を焼き尽くした。その後、豊臣秀吉や江戸時代には越前の前田松平家の篤い崇拝をうけたが、明治の神仏分離令により、長年の神仏混合を止め、本来の白山神社となり現在に至る。

平泉寺白山神社入口
クリックすると元のサイズで表示します

第一の鳥居と奥に拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

京都の苔寺と比較されるが、それ以上に見事な「苔」覆われた境内
クリックすると元のサイズで表示します

第2の鳥居と拝殿
クリックすると元のサイズで表示します

見事な彫刻の本殿の一部
クリックすると元のサイズで表示します

拝殿に向かって左の「越南知社(大国主命)」
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/6

白山国立公園の紅葉は今が見頃です  文化財研修記

11月4日(日)1泊2日で福井・岐阜・富山・石川の4県に渡り、昭和37年11月12日に47,700haの広大面積を持つ「白山国立公園」が指定されました。本公園の特徴は白山、別山、三ノ峰等の2,000メートル以上の連峰からなる山岳地帯でブナの天然原生林、ニッコウキスゲの大群落、ハイマツ等の高山植物や日本カモシカ、ツキノワグマ等の大型の野生動物が多数生息しています。中部・関東方面では白山は古来から富士山、立山とともに信仰の山として知られ、福井県勝山市平泉町の「国名勝の白山神社」も後ほど紹介します。取りあえず今見頃の「白山スーパー林道、33.3キロ」を福井県から岐阜県へドライブしましたので見所4ヶ紹介します。

先ず雄大な渓谷美
クリックすると元のサイズで表示します

古木と渓谷美
クリックすると元のサイズで表示します

ふくべ(瓢箪)の大滝(86メートルの落差は圧巻)
クリックすると元のサイズで表示します

岩石を積み上げた「ロック式ダム」
クリックすると元のサイズで表示します

2007/11/3

国重文・私市円山古墳の第14回目古墳公園祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」私市町(きさいちちょう)に平成6年3月23日に国の重要文化財・史跡に指定された私市円山古墳(きさいちまるやまこふん)がある。例年11月3日(祭)を古墳祭りとし、今年平成19年11月3日(祭・土)には「第14回私市円山古墳祭り」盛大にが催行された。回を重ねるごとににぎやかになり、模擬店も盛大になり、祭りの内容も大変良くなってきたので此処に紹介することにした。下記以外にも若千会・弥生会の詩舞もありました。

正面の丸い山が国重文・史跡「私市円山古墳」その下に大駐車場と広場があり山を含めた全体が古墳公園である。祭りのた車は田園の道路にも多数駐車した。
クリックすると元のサイズで表示します

広場で勇壮なのSAGA太鼓「戦後の市町村合併まではこの地区を(大字佐賀おおあざさが)」とよばれていた。
クリックすると元のサイズで表示します

京都府立工業高校の「MANBOU・JAZZ BAND」クラブが秋の野外で素晴らしいいオリジナル曲「ワン ツー スリー」を演奏する。
クリックすると元のサイズで表示します

キミレンジャー&子供達ト円山ゲーム
クリックすると元のサイズで表示します下記

国の重要文化財・史跡の私市円山古墳については下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/173.html
HP:あやべの文化財・私市円山古墳



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ