2007/10/18

綾部のヤッコ振り・小畑祭り(3)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」小畑地区には「一之宮神社(現在は鍛冶屋町)、二之宮神社(現在は小畑町で熊野大明神ともいい、神輿を2基も持っているが人手が足りないので祭りには一基のみで出場している。)三之宮神社は現在は小西町でこの三社の祭りを「小畑祭り」と呼び豪華な祭りとして昔から有名であるが、綾部旧町内の綾部八幡宮、若宮神社、二ノ宮神社、笠原神社等8社の祭礼と同日の為かあまり知られていないのが実情である。しかし大名行列にあるいわゆる「ヤッコ振り」の様式は各神社共異なり大した物であるので今年は三神社に分けて掲載することにした。例年10月16日に近い日曜日、平成19年は10月14日(日)の昼頃各神社を出発し、元豊里西小学校(現在は里山ネット)の横の「馬場」に練りこむ。その行列は「シグルマ」と呼ばれ、神木・金弊・木鉾・御旗を持ち、20〜40名で袴の股立をとり、鉢巻を締め、白張に身を身を固め神輿を担ぎ、獅子舞・鉾などが前後して続く。次に祭礼組(屋台の練り込みを行なう仲間)は全員各宮の定紋付き平紬の襦袢を着用し,脚胖・白足袋・草履がけ(先箱2名、立傘・代傘・槍の順序に分かれその中に中・大鳥毛各3名交代で高く、或いは低く掛け声勇ましく振り回す。俗に言うヤッコ振りで様式は三社異なっている。続いて各屋台は鉦を吊るし、横笛・太鼓による古式豊かな合奏が奉納され、一曲終わる毎に笛・太鼓・鉦に合わせて祇園囃子を歌い屋台は前進する。

三之宮神社
クリックすると元のサイズで表示します

三之宮神社の神輿
クリックすると元のサイズで表示します

三社の神輿(中央が一之宮神社の神輿、左右が二之宮・三之宮)、そして三神社の子供太鼓屋台がそろい。打つ。
クリックすると元のサイズで表示します

豪快な三之宮神社のヤッコ振り「木槍が豪快に飛び移る。」1.
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 2.
クリックすると元のサイズで表示します

三之宮神社の屋台の裏の龍の絵は山家藩のお抱え絵師で「本名:長谷川(山家)素后、字名は仲春(ちゅうしゅん)が文久三年(1863)発亥(みずのえとい)その時72歳にて描いて候。と署名・落款が押捺してある。
クリックすると元のサイズで表示します

祭りの祭典が終わり高台から降りる一之宮・三之宮神社の屋台と祇園囃子の囃子方
クリックすると元のサイズで表示します

2007/10/17

綾部のヤッコ振り・小畑祭り(2)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」小畑地区には「一之宮神社(現在は鍛冶屋町)、二之宮神社(現在は小畑町で熊野大明神ともいい、神輿を2基も持っているが人手が足りないので祭りには一基のみで出場している。)三之宮神社は現在は小西町でこの三社の祭りを「小畑祭り」と呼び豪華な祭りとして昔から有名であるが、綾部旧町内の綾部八幡宮、若宮神社、二ノ宮神社、笠原神社等8社の祭礼と同日の為かあまり知られていないのが実情である。しかし大名行列にあるいわゆる「ヤッコ振り」の様式は各神社共異なり大した物であるので今年は三神社に分けて掲載することにした。例年10月16日に近い日曜日、平成19年は10月14日(日)の昼頃各神社を出発し、元豊里西小学校(現在は里山ネット)の横の「馬場」に練りこむ。その行列は「シグルマ」と呼ばれ、神木・金弊・木鉾・御旗を持ち、20〜40名で袴の股立をとり、鉢巻を締め、白張に身を身を固め神輿を担ぎ、獅子舞・鉾などが前後して続く。次に祭礼組(屋台の練り込みを行なう仲間)は全員各宮の定紋付き平紬の襦袢を着用し,脚胖・白足袋・草履がけ(先箱2名、立傘・代傘・槍の順序に分かれその中に中・大鳥毛各3名交代で高く、或いは低く掛け声勇ましく振り回す。俗に言うヤッコ振りで様式は三社異なっている。続いて各屋台は鉦を吊るし、横笛・太鼓による古式豊かな合奏が奉納され、一曲終わる毎に笛・太鼓・鉦に合わせて祇園囃子を歌い屋台は前進する。

二之宮神社(正式名は熊野大明神・小畑町に鎮座)
クリックすると元のサイズで表示します

馬場へ練り込む「二之宮神社の神輿」と「獅子舞」
クリックすると元のサイズで表示します

馬場へ練り込む「二之宮神社の屋台(毎年屋台内の飾りは松茸がにょきにょき)」
クリックすると元のサイズで表示します

揺り動かす屋台
クリックすると元のサイズで表示します

二之宮神社のヤッコ振り(1)
クリックすると元のサイズで表示します

同 上 (2)
クリックすると元のサイズで表示します

2007/10/15

綾部のヤッコ振り・小畑祭り(1)  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」小畑地区には「一之宮神社(現在は鍛冶屋町)、二之宮神社(現在は小畑町で熊野大明神ともいい、神輿を2基も持っているが人手が足りないので祭りには一基のみで出場している。)三之宮神社は現在は小西町でこの三社の祭りを「小畑祭り」と呼び豪華な祭りとして昔から有名であるが、綾部旧町内の綾部八幡宮、若宮神社、二ノ宮神社、笠原神社等8社の祭礼と同日の為かあまり知られていないのが実情である。しかし大名行列にあるいわゆる「ヤッコ振り」の様式は各神社共異なり大した物であるので今年は三神社に分けて掲載することにした。例年10月16日に近い日曜日、平成19年は10月14日(日)の昼頃各神社を出発し、元豊里西小学校(現在は里山ネット)の横の「馬場」に練りこむ。その行列は「シグルマ」と呼ばれ、神木・金弊・木鉾・御旗を持ち、20〜40名で袴の股立をとり、鉢巻を締め、白張に身を身を固め神輿を担ぎ、獅子舞・鉾などが前後して続く。次に祭礼組(屋台の練り込みを行なう仲間)は全員各宮の定紋付き平紬の襦袢を着用し,脚胖・白足袋・草履がけ(先箱2名、立傘・代傘・槍の順序に分かれその中に中・大鳥毛各3名交代で高く、或いは低く掛け声勇ましく振り回す。俗に言うヤッコ振りで様式は三社異なっている。続いて各屋台は鉦を吊るし、横笛・太鼓による古式豊かな合奏が奉納され、一曲終わる毎に笛・太鼓・鉦に合わせて祇園囃子を歌い屋台は前進する。

一之宮神社(鍛治屋町)
クリックすると元のサイズで表示します

一之宮神社の神輿(この神輿は元京都の南禅寺が所有していたと云う由緒ある神輿)
クリックすると元のサイズで表示します

一之宮神社の「シグルマ」行列
クリックすると元のサイズで表示します

練り込み集合の「馬場」前の一之宮神社行列
クリックすると元のサイズで表示します

一之宮神社のヤッコ振り
クリックすると元のサイズで表示します

一之宮神社の屋台と祇園囃子のメンバー(野菜で作る屋台の中味は毎年変わる)
クリックすると元のサイズで表示します

土手の高台に登る一之宮神社の屋台(昔は神輿も登ったと云う)
クリックすると元のサイズで表示します

二之宮・三之宮神社については順次掲載します。

2007/10/14

信州一ノ宮から来た「諏訪神社」の秋祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」物部町(ものべちょう)には諏訪神社がある。古代は名の如く物部(もののべ)氏族の領地であったと云われている。源頼朝が鎌倉幕府を開き、信州上田の城主・上原右エ門丞景正を丹波国何鹿郡(いかるがぐん)の地頭職に任命し、上原氏は6万石にて建久四年(1193)に着任し、物部の高尾に城郭を築き、故郷信州一ノ宮の諏訪大明神の分霊を此処に祀り「諏訪神社」とした。又此処を流れる川を「犀川」となずけたという。この神社の祭礼は例年10月16・17日に近い土・日曜日を宵宮、本祭りとした。今年は宵宮は10月13日(土)夜7時から9時まで青竹を切り、中に油壷をいれ、万燈の如く照らし、社頭で宵宮の祭典を行い、屋台は宮川町のお旅所まで巡行した。本祭の時には宵宮でお旅所で屋台は夜を過ごし、14日(日)午前8時子供太鼓を先頭に宮川町のお旅所へ行きそこで勢揃いし、物部町を巡行した。諏訪神社の行列は先頭が子供太鼓、鉾車、小屋台、ついで大名行列の「やっこさん」は小学校一年生2名が「挟箱」、小学六年生2人ずつで「立傘」「台傘」奴姿の若衆が「毛槍」振り回しながら進み最後は「大屋台」でその後は「囃子方」で「締め太鼓」「鉦」4名、笛8〜10名が続き、優雅な曲が屋台が留まる要所で毎に奉される。下市の街を練り込み諏訪神社へ午前中に還幸され終わる。午後は獅子舞が氏子の各子を廻る。

祭りの準備が出来た「諏訪神社」
クリックすると元のサイズで表示します

大変重い「挟箱」「立傘・台傘」「大鳥毛・中鳥毛」
クリックすると元のサイズで表示します

午前8時子供太鼓を先頭に諏訪神社を出発
クリックすると元のサイズで表示します

宮川町の「お旅所」で勢揃い(1)前が鉾台・中が小屋台・後ろが屋台
クリックすると元のサイズで表示します

宮川町の「お旅所」で生勢揃い(2)
クリックすると元のサイズで表示します

奴さん
クリックすると元のサイズで表示します

犀川の上で休憩の「屋台」
クリックすると元のサイズで表示します

平成18年の祭は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/184.html

2007/10/7

式内社・赤国大明神の秋祭り  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」舘町(たちちょう)には何鹿郡内12式内社の一つ「正一位赤国大明神」がある。10月10日前後の日曜日か秋の祭礼日で今年は10月7日(日)が祭礼日となった。この日は多くの神社の祭礼日が重なり、例えば何鹿郡12式内社のうち、嶋万神社、高倉神社、高津八幡宮、御手槻神社等も祭礼日であったが今回は赤倉大明神の秋の祭礼をとりあげた。午前9時30分に子供太鼓の奉納が始り、屋台の展示、清跋式、鉾・神輿の巡行が始り、大畠口より大畠町の公民館(丹波三瑠璃寺)の裏山の大神宮社へと巡行した。

子供太鼓奉納
クリックすると元のサイズで表示します

自治会長・氏子総代清跋式1.
クリックすると元のサイズで表示します

清跋式2.
クリックすると元のサイズで表示します

見事な屋台とその彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

見事な屋台の彫刻と装飾文字
クリックすると元のサイズで表示します

舞台をくぐり巡行を始める神輿
クリックすると元のサイズで表示します

石の鳥居をくぐる獅子舞と神輿
クリックすると元のサイズで表示します

式内社・赤国大明神についての詳細は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/akakuni/akakuni.htm



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ