2007/8/8

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO.3  文化財研修記

世界文化遺産オルホン渓谷の最も重要なエルデニ・ゾーは16世紀末、アルタン・ハーンが没すると、地方の遊牧民族君主(ハン)達が群雄割拠しだした。東西のハンはどちらもチベット仏教の力を借りて人々の信頼を受けようとしていた。西のハンのアブタイ・ハーンと弟のトムン・ハンが中国の青海高原にてダライラマ3世(チベット仏教ゲルク派の活仏)に拝謁し、その5年後にエルデ二・ゾーの最初のチベット仏教寺院をサキャ派のラマ僧の指導の下に建立した。モンゴルはゲルグ派のチベット仏教でエルドニ・ゾーはこのゲルグ派のために建てられたもので、最初はモンゴル風の建物が多かったが、やがて、ダライラマ4世がモンゴル人のアルタンハーンの孫に転生すると、モンゴル人は全てゲルグ派チベット仏教に帰依するようになった。1917年には400X400メートルの外壁に囲まれた境内に、62棟の寺院と500の建物が有り1万人を越す僧が修行していたと云う。しかし、1930年ソ連の政治的圧力(共産主義)により弾圧され、当時のモンゴル総人口約40万の内、3万157人が粛清された。その内
僧侶が1万7000人であった。1938年にはエルデ二・ゾーは一旦閉鎖されたが、その後、博物館として1943年まで存続し、1944年には国家の保護を受けるようになった唯一の宗教的建造物である。

モンゴル国旗に描かれた文様のある石碑
クリックすると元のサイズで表示します

五体当地で修行する若い僧侶
クリックすると元のサイズで表示します

ソボルガン塔をバックに「モンゴル式の武装した親子」
クリックすると元のサイズで表示します

中央寺院の最高神「(右手のもの、国宝)左手は写真パーでこれはスキャナーです。
特別にお供えし、撮影許可を取っていたのに残念です。」
クリックすると元のサイズで表示します

メインの重要仏像2.
クリックすると元のサイズで表示します

メインの重要仏像(お釈迦様のお供)3.
クリックすると元のサイズで表示します

エルデニ・ゾー北東500メートルのところにある「亀石」(後方の白いの卒塔婆で城壁を兼ねている。)
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/7

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO。2   文化財研修記

前回から始めた「モンゴルの大自然と歴史を訪ねて」でデジカメの写真を失敗でパーにしましたが,同行の良いメンバーからEメールで一部写真が送られて来ましたので、多少加工し入録しました。初めは8月1月夜、夕食後、8時〜9時30分の間,牛車で川を渡り、遊牧民の家庭訪問と手造りの菓子を試食した。子供や山羊の大群のボス親父の写真等をいれました。そして、世界文化遺産登録のカラコルムの最大のメイン「エルデ・ニゾ−」です。ジンギスハーンの第2代目のオゴタイハーンの首都・カラコルムの位置は此処と違い北東数十キロの所にあり、現在発掘中で見れませんが、先般7月中旬の日本国皇太子殿下は此処とカラコルムの最大のナーダム(お祭り)を見られたようでした。小さなナーダムは後日、大変な峡谷美を誇るテレルジで紹介します。エルデ・ニゾーは世界文化遺産登録のオルホン峡谷の中でも最大で重要な建造物です。108個の巨大な卒塔婆(スト−パ)の塔に囲まれ400X400メートルの境内に建つ大仏教寺院群で最古の固定寺院です。これ等を順次紹介しますが、一対のゴンゴブールと言われる神の像は最高で、中央寺院の左右にあり、モンゴルの国宝です。内一つのみ紹介します。8月4日の夜・首都ウランバートルの劇場でこの二つの神や他の神々の踊が演劇され、最後に出演者の写真を撮らせてもらったので後日紹介します。寺院内部の写真は次回で。

牛車に乗ってオルホン川を渡り遊牧民のゲルを訪問した。
クリックすると元のサイズで表示します

ゲルの中の子供達
クリックすると元のサイズで表示します

数十頭の山羊のボス親父、食べ物をねだる。後ろに光っているのが山羊の大群の目。
クリックすると元のサイズで表示します

エルデニ・ゾーの西の城門(8月2日午前中)
クリックすると元のサイズで表示します

内部の寺院群(後方の白い塔は108個の巨大な卒塔婆で城壁を兼ねている。)
クリックすると元のサイズで表示します

ソボルガン塔(モンゴル名アルタン・ソボルガ)
クリックすると元のサイズで表示します

中央寺院(モンゴル名ゴル・ゾーと呼ばれ最初の寺院、1585〜87にアブタイ・ハーン建立・15世紀モンゴルは再統一される。)
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/6

モンゴルの大自然と歴史を訪ねて・MONGOLIA’S GREAT NATURE & CULTURE 1.   文化財研修記

For the begininng,I appologize the people ,supposed to be on my blog. I made mistake & lost pictures.
今回、初めて、海外の文化財を紹介すること決めました。それは広大な大自然と歴史をもち、世界最大の帝国を築き上げたジンギスハーンの国、現在のモンゴル共和国です。国土は広大で、日本が37万5千平方キロ(沖縄等の島々を含める)だが、約5倍の156万6500平方キロで、人口は公式統計では2005年で96万5千3百人、現在の2007年では150万を越しているだろうとの女性日本語ガイドさんの話。大陸性気候で日中は7・8月で30度にもなるが、夜は5度でゲル(TOURIST CAMP)ではストーブを夜中中焚く。大草原・大平原・山脈・河川と渓谷美が素晴らしかった。7月31日JALのチャアター便で関空を午後5時05分B−777−200の新型機で飛び立ち、ソウル・大連・北京上空を通過、時差1時間日本より遅く、午後8時30分ジンギスハーン国際空港到着(所要4時間30分)。大学の日本語学科卒業の女性ガイドさん(白鵬の妹にそっくり、色白美人で後日登場です。お楽しみに。)パレスホテルは空港に近く、30分で到着。我々のグループは自称中年男3名とうら若き女性3名で女性ガイド、モンゴル語しか話せないが、誠意ある男の運転手が空港出迎えから出発まで同行案内してもらった。ちなみに、大学生は女性上位で四分の三が女性です。

パレスホテル(改築され、バスタブも新しかったがシャワーのみ)
クリックすると元のサイズで表示します

8月1日首都のウランバートルからカラコルムまで400キロ、大草原を走るのみ、道路工事中で、朝食7時出発8時でカラコルムへ到着は夜7時。
クリックすると元のサイズで表示します

大山脈も見える大草原2.
クリックすると元のサイズで表示します

ゲル(中国ではパオ・Tourist Camp)
クリックすると元のサイズで表示します

ゲルの内部「真ん中が真木用のストーブ、生木は良く持つが、乾いた木は1時間位でパー、夜中ドアーを開けておくと2回目にストーブを熾してくれます。一度鍵を書け2回目の火付け無しで、朝4時くしゃみで目が覚め、火を熾すのに疾駆八苦、2人がかりで、持っていた週刊誌・新聞全て使ってストーブに火をつけた。」
クリックすると元のサイズで表示します

ゲルの天井の素晴らしい装飾
クリックすると元のサイズで表示します

雄のモンゴル犬「夜は遊牧民の家庭訪問したが、写真パーでEメール待ちです。」
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ