2007/8/23

花ノ木地蔵大祭  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」綾中町には花ノ木地蔵尊様のお堂と日限地蔵菩薩様のお堂が接してあります。お地蔵様はお釈迦様が御入滅後、弥勒菩薩が御出世になるまでその中間の導師として一切衆生の慈父となり佛のみ教えをお導きになる佛様であります。地蔵菩薩様では良く見かけるのが「六地蔵」で人間が死ぬと、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上の六道のいずれかに行くと云われております。8月23日午後3時からこの花ノ木地蔵大祭が催されました。堂内には真ん中に「花ノ木地蔵尊」右手に「脇侍をもつ善光寺如来」そして、左手に「粟嶋大明神」が祀られております。頂いたお札には右側に「延命地蔵願王菩薩」左側に「花ノ木日限り地蔵尊」と書かれ、真ん中には右手に錫杖を持つお姿がかかれ、上部には「地蔵菩薩十福」が書かれています。十福の進学祈願、安産祈願、結婚祈願、病気快癒祈願、家運繁栄祈願が有名とのことです。午後3時前には御詠歌奉詠の方々がそろい、読経は臨済宗妙心寺派の「宝積寺」のご住職様で始りました。尚、打ち鐘には天保13年(1842)の銘があり、堂の入り口の石には奉納慶応3年(1867)、明治元年は慶応4年ですから、このときお堂が改修されたと思われます。

準備の出来た「花ノ木地蔵大祭」のお堂(打ち鐘は天保13年の銘有り)
クリックすると元のサイズで表示します

右手の「石造りの善光寺如来」様
クリックすると元のサイズで表示します

真ん中の「木造り花ノ木地蔵尊」様
クリックすると元のサイズで表示します

左手側は「石造りの粟嶋大明神」様
クリックすると元のサイズで表示します

隣のお堂の「日限地蔵菩薩」様
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよ「花ノ木地蔵大祭」が読経・御詠歌奉詠で始る。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/19

あやべ西国観音霊場第23番「長福」寺」「向田観音様の秘仏のご開帳」NO2.  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」向田町(むこだちょう)には曹洞宗の滝本山・長福寺がある。8月17日が例年「向田観音大祭」が夜、7時30分「田園の土手に「向田観音さま」等の火が燈下された。「京都の五山の送り火」を見ている小生にとっては大したことではないと思っていたが、見事な火文字が浮かび上がり幻想的であった。ただ大型バスでは駐車場に問題ありで、今後の課題である。旧綾部町内からは貸切マイクロバスで女性郡の参加も有ったが、7時30分の点灯、そして福知山音頭による盆踊り、9寺30分の秘仏「聖観音様」ご開帳行事まで待てず、帰られたのは残念であった。小生とHP委員長の鍋師理事は「あつあつのたこ焼き200円」を購入し、食べたが大変美味で、あつあつで舌が腫上がったが、満足。午後9時から綾部音頭調の「向田踊」が地元有志により、奉納が始まり、9時15分松本綾部市副市長の挨拶により、ご開帳諸行事が始まった。小生達「綾部の文化財を守る会」2名にみに撮影が特に許可され、来賓席には、松本綾部市副市長、河北哲朗自治会長、そして小生、鍋師理事で反対側は、筆頭寺総代達5名の特別参列であった。夜10時前に諸行事は無事終了。

夜9時特別奉納「向田踊」始る。9時15分松本副市長挨拶。
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳前の曹洞宗僧侶5名の儀式(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

いよいよご開帳(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

見事な「聖観音様」(合掌)
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳中の僧侶5名による大般若心経の同時転読
クリックすると元のサイズで表示します

扉は閉まり、山伏による護摩供養の開始
クリックすると元のサイズで表示します

護摩供養(猛烈な煙)合掌
クリックすると元のサイズで表示します

滝本山・長福寺の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/306.html

2007/8/18

あやべ西国観音霊場33ヶ寺23番札所・長福寺の「向田の観音の祭礼」秘仏ご開帳NO.1  綾部の文化財

京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」向田町(むこだちょう)には有名な「向田観音さん」がある。あやべ西国観音霊場第23番札所で、曹洞宗滝本山・長福寺が正式な名前である。過去1回紹介したが、8月17日の夜は古くから眼病に霊験あらたかと云われ、多くの参拝者が訪れる「向田の観音祭り」が夜、7時30分、田圃の土手に鮮やかな「向田の観音さん」等の火文字が点灯された。誠に自分自身は「京都の大文字妙高舟形等を見ているので。」大した事では無いと思っていたが見事なもので2回渡り掲載します。7時45分からはお盆の踊が福知山音頭で開始された。当会の会員も多数参加されている。9時15分には綾部市の松本副市長の挨拶でいよいよ年一度の「秘仏」ご開帳行事が始まった。是まで待ず、綾部旧町内の方は帰られ、勿体ないの一言である。此処で地元の人々による綾部音頭の「向田踊」も始まった。先ずは「秘仏」ご開帳は般若心経と大般若経を5名の僧侶による読経から、ご開帳時間は約45分位のみであったが、護摩供養もあり素晴らし行事であった。長福寺の詳細は下記をクリック願います。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/306.html

8月17日(金)夜7時撮影
クリックすると元のサイズで表示します

普段は御開帳しない「お地蔵様」
クリックすると元のサイズで表示します

普段は御開帳されない左「文殊菩薩」真ん中「善光寺如来」右手は「庚申神」
クリックすると元のサイズで表示します

ご開帳前の秘仏「聖観音堂」
クリックすると元のサイズで表示します

観音堂(あやべ西国観音霊場めぐりは6月、11月でこちらの聖観音様に拝する。)
クリックすると元のサイズで表示します

午後7時30分「向田の観音さま」等の火文字が点灯される。
クリックすると元のサイズで表示します

午後7時45分から「盆踊り」が始まる。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/16

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO.10(最終回)  文化財研修記

8月4日(土)ウランバートルの市内見学後、ノミンデパートへショッピングに出かけました。日本のデパートと同じように、1階は世界中の化粧品、特に資生堂が目につきました。スーパーマーケットではチョコレートは売り切れ、5回の民芸品売り場で孫5人に冬室内で履くフエルトスリッパ5足と小生用に1足購入する。勿論その前に、少々値が張ったが名産のカシミアセーター嫁3人と家内に購入。その間、チョコレートは他の場所へ購入に案内してもらっていた。同じ5階のNomin Entertaiment Center(ノミン演芸場)で午後6時から7時15分まで「モンゴルの民族芸能」を観賞、最初にオルテイン・ドー(追分の調子の歌で、日本の追分などはこのモンゴルから入ったのではないかと言われている。日本の天皇陛下の天皇宣下の儀式などは昔の満州の「金」の時代に大変良く似ていると言われている。)又、ひとり二役のホーミー(個人が歌う歌、是には日本の歌も、ロシアの歌も取り込まれていると言われているように、日本の歌のメロデーが確かに入っていた。)最後の仮面の神さまの踊はカラコルムでの最高神二人を含んだ踊であった。終了後、出演者の見送りがあったので撮影した。その後、最後の夕食は日本料理店「石庭」で内容は写真の通り、日本のビールで無事全員ここまで来たので「乾杯」する。最後の写真は早朝で暗いが「ジンギスカーン国際空港」です。8月5日(日)空港を朝6時出発所要、偏西風にのり、3時間30分で関西空港に到着。

ノミンデパ−ト(旧国営デパート)
クリックすると元のサイズで表示します

5階の劇場前で待ってくれているガイドの「あずさん」
クリックすると元のサイズで表示します

演劇終了後、見送りの出演者達
クリックすると元のサイズで表示します

日本料理店「石庭」
クリックすると元のサイズで表示します

室内に貼ってあった日本相撲の番付表
クリックすると元のサイズで表示します

出された日本食、食べかけたが、あわてて記念撮影、こんなもんだな!!!
クリックすると元のサイズで表示します

8月5日(日)早朝のジンギスカーン国際空港。さよなら(バイタルエ)モンゴル
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/14

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO.9  綾部の文化財

いよいよ最終回に近ずいてきました。次回の第10回が最終編です。今日は引き続きガンダン寺のメインの観音堂ですが、この観音堂は第8代活仏(在位1911〜1924)が建立したものでジャラジン・ダトサン(即ち観音堂を意味し)には開眼観音・高さ何と26.5メートルの立像(因みに、奈良の東大寺の大仏は座高14.87メートルでいかに巨大かご理解頂けると思う。)小生の感から35メートル位と思いフラッシュが届かないと思慮し、ガイドのあずさんに聞くと26.5メートルの諭旨。何とかなると思い、根っころがっての特別許可を受けての撮影です。やはりフラッシュが届かなくガンマー処理で入力しました。今更ながらカラコルムのエルデニ・ゾーの失敗した仏像写真約50枚が惜しまれた。先輩から海外旅行ではカメラは2台は必用、充電器や予備のチップも必用と叱られた。その通りでした!!!!!

観音堂のマニ車を廻して祈る人々
クリックすると元のサイズで表示します

像高26.5メートルの開眼観音様
クリックすると元のサイズで表示します

開眼観音の霊験を得るため、周囲のマニ車を順次廻す人々
クリックすると元のサイズで表示します

開眼観音様に供物を供える人々(写真を撮ったら許可証の提示を要求された。)
クリックすると元のサイズで表示します

観音堂から山門方面の写真
クリックすると元のサイズで表示します

ザイサン・トルゴイ(ザンサイの丘)を仰ぎ見る。ソ連・モンゴルの協同協力を意味する丘。
クリックすると元のサイズで表示します

ザイサンの丘から首都ウランバートルを撮る。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/13

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO。8   文化財研修記

首都、ウランバートルの中心地スフとバール広場での「国会議事堂をバックに新婚さんの記念写真」を前回最後に掲載した。スフトバールは1921年のモンゴルの偉大な革命者の一人で1923年30歳の若さで夭折。モンゴルの紙幣2万、1万、五千、1千、5百Tg(トウグリク札)はジンギすハーンが表紙だが、その下の100TG、50、20、10,5Tg=約0.6日本円であるが、このスフとバールが表紙である。
台座の横には「我が人民が一つの方向、一つの意志に団結するならば、我々が獲得できないものはのは世に一つもない。(後略)、横綱の白鵬はこのウランバトル出身である。青朝龍はカラコルム出身。この後、自然史博物館でモンゴルの大自然を影像・写真・南ゴビ砂漠は恐竜の宝庫と言われ、この恐竜の骨格見本の多さには驚かされる。
次に、カラコルムのエルデニ・ゾーについで期待していた「ガンダン寺院」であるが、
メインの仏像は26.5メートルもあり、小生のカメラではとどかない、木戸さんのアドバイスで根っころがって撮影する。ガンマーをかけた写真は次回をお楽しに!!!!

スフトバール広場の巨大な「スフトバールの騎馬像」
クリックすると元のサイズで表示します

銀行に掲げられた横綱「白鵬」の大宣伝写真
クリックすると元のサイズで表示します

自然史博物館(全館見学所要1時間30分、腹ぺこ)
クリックすると元のサイズで表示します

昼食は有名なモンゴル料理店「見越した様に、肉入りボ−ズ(ギョウザ)やホショール(山羊肉の大きな衣包みの揚げ餃子風)とても食べ切れず、1枚残す。もったいない思想の小生としては誠に残念至極)
クリックすると元のサイズで表示します

ガンダン寺院(1838年、第5代活仏によって建立されたチペット寺院)山門
クリックすると元のサイズで表示します

ガンダン寺院の頭塔(たっちゅう)寺院、思わず禁止線を越えて「五体投地」してしまった。
クリックすると元のサイズで表示します

中央寺院の観音堂(この中に26・5メートルの巨大な観音立像がある。)
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/13

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO。7   文化財研修記

8月3日の日本人経営のテレルジ・ヒロタ・ツーリスト・キャンプは大きく満員であり、シャワーは夕食後、運転手の案内で近くのホテル・ウランバートル2へ行く。先生は酒は駄目だが、この夜は一杯のジンギスカン生ビール「5・5度もある世界でも最も強いビール」を飲みダウンでシャワー行き中止。小生は毎夜モンゴルのウオッカ38・5度をジュース割りでナイトキャプ変わりに飲んだ。結局、参加者はガイドのあずさん、若い女性1名、木戸さんと小生のみ。通常トイレ・シャワーのゲルには英語でSAUNAと表示してあるが、シャワーの事であり、このホテルのシャワーには仕切りが無く日本人男性4人素っ裸で熱湯のシャワーを満喫。木戸さんは毎夜中1時天体観測、先生は早寝早起で8月4日は5時から1時間の散歩に付き合う。腹ペコ。食堂のゲルは最も気に入ったホスタイ郊外のゲルを入力した。食事もモンゴル式洋食を見てください。
8時朝食、9時出発で最後の首都ウランバートルへは80キロで2時間弱で到着した。
初めて、運転手横の最前席に座ったが光線がきつく、30数年前買った石原裕次郎先輩と同じ、世界に1,000余しか無い、自慢のサングラスを着用するも、座席が上手く倒せず腰が痛く、ガイドさんに交代を頼む。

食堂のゲル、ガイドのあずさんが待っている。(注:ホスタイ近郊)
クリックすると元のサイズで表示します

食堂ゲルの中、運転手とガイドさんと食事内容
クリックすると元のサイズで表示します

テレルジのシンボルの高さ15メートルの「亀石」
クリックすると元のサイズで表示します

亀石から谷間を越えたところにあるミラージュ・ツーリスト・キャンプ
クリックすると元のサイズで表示します

大草原を走る列車
クリックすると元のサイズで表示します

首都ウランバートル入口(入域料が必要)
クリックすると元のサイズで表示します

首都ウランバートルの中心地「スフトバール広場」で早速「新婚さん」に出会う。後方の建物は「国会議事堂」で真ん中に「ジンギすカーン」と両脇に将軍の騎馬像がある。
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/12

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO.6  文化財研修記

8月3日午後6時30分から1時間の乗馬を、宿泊地のテレルジ・ヒロタ・ツーリスト キャンプで体験。小生の隣の先生は、酒は全然駄目だが、乗馬・弓道・ダーツなどの遊びは経験豊かで、乗馬のスタイル見て下さい。胸をはり、乗馬では足で確り、馬腹を完璧に挟んでおられる。小生がヘルメットと乗馬タイツを付けたのは30年ぶり、グランドキャニオン「3泊4日の旅でおけつずるむけ」以来です。いよいよモンゴル大学日本語学科卒業の女性ガイドMiss.「あずさん」が登場します。日本語は大学で勉強、日本にも短期3ヶ月留学の諭旨。何しろモンゴルの大学生の四分の三が女性である。乗馬も大したもの!!われわれを河川・山腹自由に案内してくれた。色白で日本の」横綱「白鵬」の妹で通じますよ。!!茶めっきたっぷりのポーズをお楽しみください。日本での乗馬は高すぎるし、決まったコースで面白くない。海外では安く、いろいろなコースがあるので良く乗るが、ヘルメットと乗馬タイツを着けたので安全面が万全であった。

小生と先生(確り、馬腹を挟む足は本格的)
クリックすると元のサイズで表示します

茶めっきたっぷりのガイドさん
クリックすると元のサイズで表示します

河川・山腹を自由に案内してくれるガイドさん
クリックすると元のサイズで表示します

同上2
クリックすると元のサイズで表示します

同上、中年男性にも親切です。
クリックすると元のサイズで表示します

馬上から撮影したテッルジ・ヒロタ・ツーリスト キャンプ
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/11

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO。5   文化財研修記

8月3日(金)早朝のサンライズハイキングを終え、朝食は8時で腹ペコ、出発9時で首都ウランバートル経由、大峡谷テレルジヘ向かう。距離145キロなるも、道路は相変わらず工事中。所要4時間で午後1時日本人経営のTOURIST CAMP(テレルジ・ヒロタ・ツーリストキャンプ)へ到着。午後1寺から昼食、ミニナーダム(お祭り・競馬・モンゴル相撲・弓術)は午後2時30分より開始。小山に登り、最初は3キロの競馬見学、一部鐙無しの競争には恐れ入る。そしてモンゴル相撲(日本と違い、足掛け、足取りヒックリ返し等、相撲と云えど日本の相撲とは随分違う、朝青龍のノイローゼが理解できるようだ!!)、弓術も又随分違う、日本は長弓(重藤の弓と云たっか!!)短弓で速射(長弓の5倍位速く打つ)距離75メートル、命中も小的で大したものだ!!日本での弓術競技は短距離25メートル、長距離50メートル、弓で戦えば1対1が1対5となる。それに代え馬3〜4頭で乗り移り長距離を攻める。日本やヨーロッパで甲冑を着けて、名乗りを上げて1対1での勝負とは全然違う集団戦法であり、日本の織田信長以上の長距離戦法である。飼葉は遥か後ろで全然問題ない。大本の出口王仁三郎聖師もおそらく、このようなナーダムを見られた事と想像する。!!!

いよいよテレルジの大峡谷へ入る。
クリックすると元のサイズで表示します

恐竜の谷「デイノザウルス・ツーリスト・キャンプ」
クリックすると元のサイズで表示します

テレルジのヒロタ・ツーリスト・キヤンプでやっとモンゴル料理の羊肉料理を味わう。
クリックすると元のサイズで表示します

ミニナーダム3キロ競馬(先頭は飛びぬけ、この裸馬騎乗者は2位)
クリックすると元のサイズで表示します

モンゴル相撲(最初は同時に、何組も戦い準決勝がら2組、決勝1組となる。)
クリックすると元のサイズで表示します

準決勝以上のモンゴル相撲の勝者と記念撮影
クリックすると元のサイズで表示します

弓術の競技
クリックすると元のサイズで表示します

2007/8/9

モンゴルの大自然と歴史を訪ねてNO。4   文化財研修記

8月2日(木)午前、カラコルム見学、昼食は、同じTOURIST CAMP(ゲル)のKHAAN TAIJ(王と将軍の意味)で取り、此処から280キロメートル東方のウランバートル方面のホスタイ国立公園へ、午後1時15分出発、到着はなんと午後7時25分、今までで最も親しみ深いゲルで夕食を取る。この日の夕日も素晴らしく、2日間朝雨であったので、8月3日は好天が予想され、朝5時起きで、サンライズハイキングの予定である。夕食後、野生馬タヒ(モンゴル馬より大きく首も太い、200頭いる諭旨)を見に行く、現地の若い女性ガイドに案内され、見に行くも、道路から2山越えて、歩いて登り見に行く、山登りの下手な小生、必死に付いて行くも、野生馬は期待はずれ。見れたが暗視モードでも撮影できない。赤外線写真機が必要。で、パンフレットをスキャンし、入力した。8月3日午後はテレルジ大峡谷で、こうご期待!!

大平原をただマイクロバスに揺られて走るのみ。
クリックすると元のサイズで表示します

途中のTOURIST CAMP(ゲル)
クリックすると元のサイズで表示します

ゲルに落ちる夕日は壮観(デジカメでは無理)
クリックすると元のサイズで表示します

今回最も気に入ったゲルの内部
クリックすると元のサイズで表示します

野生馬タヒ(暗視モードでも撮れないのでスキャンで入力)
クリックすると元のサイズで表示します

8月3日サンライズハイキング(モンゴル犬も同行してくれたが、ジーパンがずぶぬれ)
クリックすると元のサイズで表示します

ゲルの周りは野生の花で一杯
クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ