2006/10/31

綾部市(何鹿郡)吉美地区の道標・石碑  綾部の文化財

京都府綾部市(何鹿郡いかるがぐん)有岡町田坂16に吉美(きみ)小学校がある。6年生全員で女子15、男子4名の19名に「郊外学習・吉美の歴史探訪」の一環として綾部史談会副会長の川端二三三郎先生に「吉美地区の道標・石碑」の案内の要請があり、小生が吉美在住の唯一会員なので大変未熟であるが案内を引き受けた。特に満志里(ましり)の回国石は全然読めず、川端先生に二度にわたり事前に読んで頂き、昭和59年発行の「吉美村誌第2巻」の説明が間違っていることが判明した。内容は、「奉納 天下泰平大乗妙典六十六部 覚法智心禅(者?埋もれて読めず。) 日月清明 寛政八辰五月十日(1796年)播州三木郡行野原(村?埋もれて読めず。) (側面に施主 木下清二郎(里町のひと)」であったが「村誌」は寛永戌辰五月吉日(1630年)と書いてあった。見学順序09:40小学校出発すぐ下の三叉路に1.「右高倉神社、左小呂(おろ)星原(ほしばら)間に道」之は明治又は大正時代と思慮する、ここから里町に向かっていくすぐ途中の右手に旧道があったと、同行の吉美ロール隊々長で吉美老人会連合会長の四方安夫氏が説明2.里町「かのこばし」とひらかな表示の橋、小生は「鹿の子橋」と聞いた事があるが、会長は漢字は知らんとのこと、ここの道標は「真ん中上に奉納、右に梅迫・舞鶴、左に高倉神社、更に左に明治四十二年七月辰四十二歳男」の表示。
3.吉美農協JA前、4.吉美JA前横、5.満志利(ましり)6.里宮高倉神社(休憩)7.追加で平和記念碑をまわり、12時に小学校に戻る

1.吉美小学校下の三叉路の道標
クリックすると元のサイズで表示します

2.里町の「かのこばし」前の道標
クリックすると元のサイズで表示します

3.吉美JA前の道標「右宇免ざこ(現在の梅迫)、真ん中下に「道」の崩し文字が入っている、左志かむかふた(現在の志賀郷・向田町しがさと・むこうだちょうのこと)男の大人は吉美ロール隊員
クリックすると元のサイズで表示します

4.吉美JA前の道、左側に「塞之神神社」現社殿は1929年四方律蔵氏(現、吉美郵便局長・四方正和・吉美っ子応援団長のお祖父さん)の寄進・建立のもので、2005年元吉美地区連合自治会長・瀬崎祐次氏の寄進の石碑がある。4回目の移転のものです。昔は村の災いを防ぐ為、村の道の辻に祀られ「道祖神(さいのかみ)」とも呼ばれている。
クリックすると元のサイズで表示します

5.満志利(ましり)の回国記念碑は上記にて説明済み。白髪頭の大人が小生
クリックすると元のサイズで表示します

6.里宮高倉神社(正面で祭神は以仁王)左、日吉神社(祭神は大山命)、源頼政は高倉宮以仁王を担ぎ、平家打倒の戦いを挑み、宇治の平等院で死んだのは確実だが、高倉宮以仁王は鎧兜を他の人がつ付け、宇治にて死亡。綾部に領地をもつ、十二士達がこの里町へつれて逃げてきたが、矢傷で高倉宮以仁王ここでは死亡。一時ここに埋葬されていたが今の高倉町に移動・鎮座された。そこで年に一度秋祭りにここへ、お旅されるのが秋祭り。
クリックすると元のサイズで表示します
祭りの詳細は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/takakura/takakura.htm

7.平和記念碑・忠魂碑・淨圓坊新種傳播紀功碑(じょうえんぼうしんしゅでんぱんきこうひ)
明治四十五年六月京都府知事正三位勲三等 大森鐘一 能勢正敏謹書の有岡村の淨圓坊が一人で全国を回り、土佐国から多収穫種の米の種を持ち帰り、それを広め収穫量を増やした功績を讃える碑の説明をされる吉美老人会連合会長・吉美ロール隊々長と背中を向けておられるのが担任の先生。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/30

歴代天皇事典  図書紹介

四方續夫事務局長より、投稿の某八幡宮の祭神について応仁天皇とあるのは誤字で八幡大菩薩=応神天皇、母:神功皇后であるとの指摘があった。
歴代天皇について文庫本「歴代天皇事典:高森明勅著:PHP文庫が出版されたので紹介する。なお綾部=漢部に関係の深い漢氏(あやし)、秦氏(はたし)の来歴についても記述があり、応神天皇の項を引用する。
クリックすると元のサイズで表示します
第十五代 応神天皇
御名・異名:譽田別尊(ほむたわけのみこと)生没年:?(?〜394?)(?歳)、在位:41年?、父:仲哀天皇、母:気長足姫尊(神功皇后)、皇后:仲姫命(五百城入彦皇子の孫)
 仲哀天皇の死後、皇太后(神功皇后)が朝鮮に出兵し、新羅を服属させた。そして、筑紫に帰り、皇子を産んだ。こうして誕生したのが譽田別尊だが、出産のとき、この皇子の腕には肉が盛り上がっていた。それが、皇太后が雄々しく男装して鞆(ほむた:弓の弦が左臂に当たるのを防ぐためにつける革製の道具)をつけたのに似ていた。そこで、それをたたえて譽田天皇といった。
 譽田別尊は幼いときから聡明で、ものごとを深く遠くまで見通した。立ち居振舞いにも不思議と聖帝のきざしがあったという。三歳で皇太子となり、摂政として政事を行っていた皇太后が崩御すると、即位した(応神天皇)。
 応神天皇は四世紀後半から五世紀前半にかけて活躍したと考えられる天皇で、皇太后のあとを受けて、積極的な外交を行った。高句麗、百済、新羅から入貢があり、それに伴いたくさんの文化や技術も伝えられた。たとえば、応神十六年に百済から王仁が来朝し、皇太子の菟道稚郎子(うじのわきいらっこ)に諸々の典籍を教えた。この王仁の来朝により、日本に儒学が伝来されたといわれている。
 かっては、文字が日本に伝わったのも王仁の来朝によるものといわれてきたが、文字の伝来はずっと古く、一世紀には入っていたと考えられる。
 技術についても、応神20年に漢人の阿知使主(あちのおみ)が大勢の人々を率いて日本に渡来し、漢氏(あやし)となって大陸の新技術を伝えた。
 また、秦の始皇帝の子孫という秦氏が日本に渡来したのも天皇の時代といわれ、秦氏は各地に分散して養蚕、機織の技術を広めた。こうして日本は、政治、外交だけでなく、文化や学問においても国家としてより一層発展していった。
 応神二十二年、天皇が難波の大隅宮で高台に登って遠くを眺めていると、妃の兄緩(えひめ)が大いに歎いた。そこで天皇が理由を問くと、「父母が恋しく悲しくなったのです」と答え、「しばらく親元へ帰して欲しい」と願った。すると天皇は、兄緩か何年も両親と会っていないのを思い、ただちに願いを聞いたという。
 天皇は『古事記』によると百三十歳(『日本書紀』では百十歳)で崩御した。応神天皇陵といわれる誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(大阪府羽曳野市)は、国内第二位の大規模な古墳として知られている。

2006/10/28

綾部市資料館第14回特別展示始まる  綾部の文化財

10月28日(土)午前9時「綾部市資料館第14回特別展示」==歴史は蔵の中==が始まった。綾部藩綾部組大庄屋であった羽室家は、綾部一の豪商として藩財政を支え、近代においても綾部の経済界の一翼を担ってきた名家です。その羽室本家を今に引き継ぐ広小路羽室家の蔵に収蔵されてきた資料は、各種道具類・軸物・屏風・古文書など数千点にもなり、この質・量ともに豊かな資料はまさに綾部の近世〜近代の町の歩みを物語るものです。今回、羽室家の協力を得て、初めて蔵の封印が解かれ、綾部市資料館で展示されました。午前9時、近澤資料館々長と羽室功一さんが扉を開かれました。小生が好きな、軸屏風では与謝蕪村、長谷川素后、塩川文隣、海北友松の「牧牛図」等、又多数の「染付大鉢」は圧巻です。宣徳年製の火鉢「中国の明(みん)代」のものが目立った。
開催機関は10月28日(土)〜11月26日(木)午前9時〜午後5時まで
入館料大人200円のみ。(中学生以下無料です。)
関連文章は下記をクリックしてください。
http://star.ap.teacup.com/ayabebunnkazai/186.html
綾部市資料館の扉を開かれる近澤館長と羽室功一氏
クリックすると元のサイズで表示します
羽室功一氏に展示の案内をされる近澤館長(1)
クリックすると元のサイズで表示します
その(2)
クリックすると元のサイズで表示します
その(3)
クリックすると元のサイズで表示します
江戸時代の何鹿郡(綾部市)の地図
クリックすると元のサイズで表示します
これらの大鉢等保存箱にはまだまだ入っていますので、壷等の展示は変更されますので、後半にはもう一度、見てもらいたいものです。
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/27

多田立華保存会  綾部の文化財

「花と綾部の文化財シリーズ第51回」目の久し振りの投稿です。京都府綾部市(何鹿郡いかるがぐん)の吉美地区の多田町には百十数年の伝統を誇る「多田立華保存会」がある。当初は「綾部市立華保存会」次いで「吉美立華保存会」と呼んでいた感謝状があるが、この伝統技法は多田町のみでしか続いていないので、今は「多田立華保存会」とした諭旨である。今年は10月26日(木)夜7時から毎2時間、3日間かけて28日(土)の夜に四基の立華が出来上る。当初、初代保存会会長は坂口栄治郎氏、そして、池坊千賀流「立華」の技法を伝えているのだが、故・第四代目会長坂口俊二氏(現・多田町自治会長坂口俊夫氏の父上)が平成4年4月吉日にこの技法の初代初代師匠生誕135年にあたり、先代各「師匠」のご影像並びに「立華」造形写真を自費で修復し、記念に造られたこの巨大な「立華」の写真である。第5代目会長坂口忠夫氏も高齢だが、手伝いながら、指導されている。第6代目現会長堀本義照氏の承認を得て、3日間取材し、出来上がる様子を順次掲載するので期待願いたい。この4基の立華は出来上がれば、浄土真宗西本願寺派に属する綾部市中筋町の「教願寺」へ28日夜出来上がり次第に「教願寺報恩講・供立華」として供えられる。12月には本山の「報恩講」関係もあり、実際のお参りは平成19年1月6日から1月15日の間に参詣される。之は親鸞聖人の死去の日の前後10日間をも意味している諭旨である。ただ、この立華を造るのには大量の緑の松の葉が使われるので、ご承知の通り日本では松枯れが酷く、多田町も同じであり、この点を心配されている。27・28日と取材し、入力します。

池坊千賀流「立華」創設初代師匠生誕135年記念に、第4代目保存会長達が平成4年4月吉日に特別作られた「巨大な立華」
クリックすると元のサイズで表示します

大勢で集めた大量の松の葉を使い、立華を作りかける。第一日目夜7時〜9時
クリックすると元のサイズで表示します

指導する五代目会長坂口忠夫氏と現会長堀本義照氏達第一日目
クリックすると元のサイズで表示します

立華が大分出来上がった第2日目
クリックすると元のサイズで表示します

同じく第2日目のメンバー達
クリックすると元のサイズで表示します

28日(土)第3日目、昼も数時間頑張り、ほぼ作られた「立華」
クリックすると元のサイズで表示します

同、四基の「立華」が出来上がり記念写真(会員はもっと多くこの夜出席者のみ)
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/22

小畑のヤッコ振り資料調査  綾部の文化財

旧村部で一番賑やかな祭りと聞く「小畑のヤッコ振り」の資料を求めて綾部市図書館へ行った2冊の小冊子があった。
昭和52年3月発刊「ふるさち綾部の祭り」観光協会
一の宮神社(鍛冶屋町):祭りは10月10日、以前には有名な小畑祭の中心のお宮として盛大なお祭り行事が行われていたが、現在は神前に神輿をまつるだけになっている。
小畑祭は神輿、屋台の行列に大名行列、ヤッコ振り等その盛大さはまことに立派なものであったが、今全くそれが中止されていることは残念である。しかし道具や衣装などは大切に保存されているので、いつの日にかそれが復活されればうれしいことである。2冊とも同じように「ヤッコ振り」断絶を記録している内容であった。
クリックすると元のサイズで表示します
2000.3発行で現在、綾部観光案内所で配布の「ふるさと・あやべのまつり:綾部市観光協会」にも歳時記一覧表に「小畑ヤッコ振り」はない
クリックすると元のサイズで表示します
実際は昭和46年9月発刊の丹の国・綾部:綾部青年会議所に写真家の撮られた「ヤッコ振り」が掲載されているので、随分早くから復活していたことを地元の人から確認できた。
クリックすると元のサイズで表示します
小畑のやっこ振り:古来当地方で有名な祭りである。そのにぎやかさは、近郊の祭礼中、最も人出の多いのは、吉美高倉神社の祭、最も盛んなのは小畑の馬場といわれた。

2006/10/21

奈良県の国宝「法起寺」  文化財研修記

奈良県生駒郡斑鳩町岡本1873には国宝の「法起寺(ほうきじ)がある。日本中では1、054の国宝の絵画・彫刻・細工物・絵巻・建造物等があるが、都道府県別では、京都府が日本一で254件、第二位奈良県212件、さすが首都東京は第3位で207件、第4位は滋賀県56件、第五位は大阪府で48件、北海道には国宝は無い。
奈良の国宝「法起寺」は聖徳宗・法起寺で聖徳太子が法華経を購読された岡本宮(おかもとのみや)に長男の山背大兄王(やましろのおおえおう)が聖徳太子の遺命で造営したと云う。法隆寺、四天王寺、中宮寺、この法起寺、播州加古川の鶴林寺、そして京都府綾部市(元何鹿郡いかるがぐんと読む。)の君尾山・光明寺は明智光秀の丹波攻めの時消失したが、京都府北部で唯一の国宝建造物・二王門をもつ等、聖徳太子建立7ヶ寺の一つである。この法起寺は法隆寺の伽藍配置とは逆に配置されていることでも有名である。特に、国宝の日本最古・最大の三重塔は一重の基壇の上に立ち高さ23.09メートル。塔はエンタシスの柱や雲斗肘木(くもとひじき)、深く勾配のゆるやかな屋根などは法隆寺五重塔と良く似ており飛鳥時代の様式を残している。他に国重文の高さ3.3メートルの素晴らしい「木造十一面漢音立像」が見れたが写真は撮れなかった。
他に、国重文「銅造菩薩立像」があるが奈良国立博物官に陳列中。

案内板
クリックすると元のサイズで表示します

講堂
クリックすると元のサイズで表示します

薬師如来堂
クリックすると元のサイズで表示します

日本最古・最大の国宝「三重塔」
クリックすると元のサイズで表示します

遠方からの国宝・三重塔
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/21

大和郡山市「稗田の環濠集落」  文化財研修記

奈良県大和郡山市には有名な「稗田(ひえだ)の環濠集落」がある。JR大和郡山駅下車徒歩1キロでいける。ここは古代の「下ツ道」に沿っており、この集落の南側は「古事記」の口述者の稗田阿礼(ひえだのあれい)の出身地でもあり、阿礼をお祀りしている「売太神社(めたじんじゃ)」もある。この環濠集落は中世の平城に起源をもつものと考えられ、集落の周囲に幅4〜14メートル、深さ2〜3メートルにおよぶ濠(ほり)をめぐらし、夜には道の門を閉ざし村を守ったと云う。郡山市では他に、南北朝時代の形態を残す珍しい「若槻の環濠集落」も有名である。奈良盆地全体では約200余の環濠集落があったと云う。貸切バス駐車場は村から約100メートル離れたところにある。小生の靴先あたりです。

環濠集落案内図
クリックすると元のサイズで表示します

小生達が歩いた所(赤色が環濠)
クリックすると元のサイズで表示します

売太橋から
クリックすると元のサイズで表示します

売太神社(めたじんじゃ)入口
クリックすると元のサイズで表示します

NO.3の深い濠
クリックすると元のサイズで表示します

稗田堀橋から
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/17

羽室家収蔵品と綾部の文化  綾部の文化財

綾部藩綾部組大庄屋であった羽室家は、綾部一の豪商として藩財政を支え、近代においても綾部の経済界の一翼を担ってきた名家です。その羽室本家を今に引き継ぐ広小路羽室家の蔵に収蔵されてきた資料は、各種道具類・軸物・屏風・古文書など数千点にもなり、これらはまさに綾部の近世〜近代の町の歩みを物語るものです。今回、羽室家のご協力を得て、初めて蔵の封印が解かれ、綾部市資料館で展示公開されることとなりました。追加案内資料はここをクリックください
クリックすると元のサイズで表示します
歴史は蔵の中
ひとつの蔵にひとつの歴史、蔵の数だけ歴史がある

綾部市資料館第14回特別展示
会期:平成18年10月28日(土)〜11月26日(日)展観料200円(中学生以下は無料)

2006/10/17

古刹・佛南寺と文化財  綾部の文化財

京都府綾部市(何鹿郡いかるがぐんの吉美地区きみちく)里町白屋敷103番地には臨済宗妙心寺派の古刹・阿日山「佛南寺(ぶつなんじ)」がある。この寺は綾部市でも極めて古い歴史を誇る寺院です。平安時代の初期の歴史書である三代実録(858〜887)には日本の有名な社寺・貞婦・名族が記載されています。その貞観5年(863)にはこの佛南寺の事が記載されています。佛南寺は国による真言宗であり護国法会等を行なう官寺として七堂伽藍の地方屈指の寺でした。足利時代末期には荒廃していましたが、万治年間(1658〜1660)に宗讃禅師が臨済宗として堂宇を建設、元禄の初め火災で焼失、元禄8年(1695)に再建。ご本尊は一尺二寸の木造釈迦如来坐像ですが、運慶作と伝えられる三尺七寸の大日如来座像、五尺五寸三分の木造虚空菩薩立像はいずれも綾部市指定文化財です。又、一時独立していた尼寺・禅住寺は聖観音菩薩像を祀る綾部西国観音霊場第七番札所としてお参りされています。
その他の写真は下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/butunanji/butunanji.htm

佛南寺の桜
クリックすると元のサイズで表示します

小さいが見事な庭園「素心庭と古木・どんぐりの木」
クリックすると元のサイズで表示します

ご本尊木造釈迦如来像
クリックすると元のサイズで表示します

木造大日如来座像(綾部市指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

木造虚空菩薩立像(綾部市指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

元禅住寺(尼寺)で綾部西国観音霊場第七番観音堂の「聖観世音菩薩」母乳湧出願いが叶うと多くのお参り有り。
クリックすると元のサイズで表示します

地蔵菩薩堂の「地蔵菩薩」様、夜尿症を止めるための願いでのお参りが多い諭旨。
クリックすると元のサイズで表示します

お寺を守護する「韋駄天」様
クリックすると元のサイズで表示します

2006/10/16

諏訪神社祭り(物部町)  綾部の文化財

8時前に諏訪神社に着くと祭列出発の準備が整えられていた。南田物部地区連合自治会長さまから「物部城上原氏について」の資料をいただく。考証として片山家文書が引用されており、綾部史談会の片山会員がご研究なので差し上げることを南田会長に了解していただいた。先に掲載した「諏訪神社」の更に詳しい資料もいただいたので、これらはHPに掲載する予定
クリックすると元のサイズで表示します
8時に諏訪神社を出発、宵宮で宮遷した下市の御旅所まで列を揃え、鉦・笛・太鼓を鳴らして巡行
クリックすると元のサイズで表示します
9時に練込祭列が下市御旅所から出発。中鳥毛、大鳥毛を回して演技し交替に受け渡していく。試しに持ち上げてみたが凄く重い!
クリックすると元のサイズで表示します
先導を務める子供太鼓。途中の休憩所ごとに太鼓を据え大人の太鼓も交え、祭り気分を盛り上げる
クリックすると元のサイズで表示します
屋台の後に続く囃子方。締め太鼓、鉦、笛の囃子を演奏
クリックすると元のサイズで表示します
立て道具(挟箱、立傘台傘、大鳥毛、中鳥毛)屋台の巡行
クリックすると元のサイズで表示します
犀川にかかる橋を渡る屋台(下り坂)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ