2013/11/25

戦国時代の遠見番所・釈丈ケ岳城跡 錦秋の山家を歩く5  綾部自然の会現地学習

戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された。福知山まで由良川河岸段丘(福知山盆地)が見渡せる。自宅も見えた。

クリックすると元のサイズで表示します
正光神社(西原町)でバスを降り左の登山道へ向かう

クリックすると元のサイズで表示します
すぐに落ち葉の積もる山道の登り

クリックすると元のサイズで表示します
早くも杖を差し伸べてもらう女性も

クリックすると元のサイズで表示します
間もなく釈丈ケ岳頂上(274m)に着く
西原と対岸の展望

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳頂上(274m)から西原と対岸を展望する人々

クリックすると元のサイズで表示します
頂上のお堂

クリックすると元のサイズで表示します
頂上から西端まで長い尾根道を歩く
少し起伏もある散策路

クリックすると元のサイズで表示します
空掘の立札

クリックすると元のサイズで表示します
これが「空掘」

クリックすると元のサイズで表示します
急な上りで釈丈ケ岳城跡へ

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳城跡の案内
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

クリックすると元のサイズで表示します
帯曲輪

クリックすると元のサイズで表示します
曲輪

クリックすると元のサイズで表示します
福知山まで由良川河岸段丘(福知山盆地)が見渡せる
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市街地中心部(手前)
綾部八幡宮の森(黄色い銀杏)や左の綾部中学校校舎2連が目立つ(中央部)

クリックすると元のサイズで表示します
由良川が手前から右〜左へ迂回して流れるのがよく見える

クリックすると元のサイズで表示します
足元の西原町と由良川の対岸

クリックすると元のサイズで表示します
ここで展望景色を見ながら持参のお弁当を食べる

クリックすると元のサイズで表示します
綾部工業団地、京セラ、オムロンなど工場群が各所に遠望できる

クリックすると元のサイズで表示します
広域農道と国道27号線の交差陸橋付近

クリックすると元のサイズで表示します
左端からは新丹波大橋の吊り下げ構造が見える

クリックすると元のサイズで表示します
綾部市民センター(下部)、紅葉の千手院(上部)

クリックすると元のサイズで表示します
釈丈ケ岳城跡の案内
戦国時代の遠見番所。主曲輪、帯曲輪、三の曲輪が所在する三段構えの「遠見の砦跡」と確認された

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ