2013/10/30

紀州の文化財・史址を見る!36.北条政子が3代将軍源実朝の横死を傷み創建した興国寺!  文化財研修記

 興国寺(こうこくじ)は、和歌山県日高郡由良町にある臨済宗妙心寺派の寺院で山号は鷲峰山(じゅぶざん)。安貞元年(1227)、高野山金剛三昧院の願生(俗名・葛山景倫)が主君であった源実朝の菩提を弔うために創建したもので、創建時は真言宗寺院で西方寺と称していた。葛山景倫は承久元年(1219)、実朝の暗殺を機に出家。実朝の生母・北条政子は願生の忠誠心に報い、願生を西方寺のある由良荘の地頭に任命した]。
 願生は親交のあった心地覚心(法燈国師)が宋から帰国すると、正嘉2年(1258)に西方寺の住職に迎えて開山とした。その後、後醍醐天皇より寺号の興国寺を賜ったという。覚心は、普化尺八を奏する居士4名を宋から連れ帰り、興国寺に住まわせたので、以後当寺は普化尺八の本山的な役割を持つようになった。その弟子の一人、虚竹禅師(寄竹)が尺八の元祖といわれている。又、熊野・伊勢地方への布教を積極的に行った。宋で習得した金山寺味噌の製法が弟子から人々に伝わり、やがて醤油が誕生するきっかけとなった。
 天正13年(1585)、羽柴秀吉の紀州征伐によって伽藍の大部分を焼失したが、慶長6年(1601)に紀州藩主・浅野幸長によって再興された。

1.興国禅寺標柱
クリックすると元のサイズで表示します

2.駒札
クリックすると元のサイズで表示します

3.龍王社駒札
クリックすると元のサイズで表示します

4.龍王社
クリックすると元のサイズで表示します

5.石段参道と駒札
クリックすると元のサイズで表示します

6.見事な山門
クリックすると元のサイズで表示します

7.見事な鐘楼
クリックすると元のサイズで表示します

8.本堂
クリックすると元のサイズで表示します

9.本堂内
クリックすると元のサイズで表示します

10・成人の日に行われる天狗祭の「天狗堂」
クリックすると元のサイズで表示します

11.天狗堂内
クリックすると元のサイズで表示します

12.興国寺を裏山から見る!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ