2006/7/10

河牟奈備神社と文化財  綾部の文化財

綾部市十倉名畑町(とくらなばたちょう)古気良10(口上林地区)には綾部市(何鹿郡いかるがぐん)には12の延喜式内社があり、その一つ「河牟奈備神社(かむなみじんじゃ、明治9年に指定)がある。口上林地区内の忠町(ただまち)、井根町と念道の一部が氏子である。「大宮一休大明神又は単に大宮」と呼ばれる場合もある。本殿は宝暦3年(1753)の建立の石碑が境内社「河上社」に明記されている。又、変わっているのは向かって右手の境内社「阿上社」に梵字で「妙法蓮華経安置所・永久二(1114)年八月十四日僧院暹記之と明記された石碑は綾部市最古の金石文である。」は神仏習合を表すよい例である。この神社の名前はいろいろ書かれていますが、今回は明治9年の「神社考証」からとりました。

神社前景
クリックすると元のサイズで表示します

綾部市観光協会と当会で作成した「駒札」
クリックすると元のサイズで表示します

神社全景
クリックすると元のサイズで表示します

見事な彫刻
クリックすると元のサイズで表示します

阿上社と下の石碑
クリックすると元のサイズで表示します

阿上社下の綾部最古の金石文の石碑(綾部市指定文化財)
クリックすると元のサイズで表示します

より詳しくは、下記をクリック願います。
http://www.ayabun.net/bunkazai/annai/kamunabi/kamunabi.htm



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ