2012/9/13

綾部人の見た鎌倉・横浜の文化財・史址第10回鶴岡八幡宮の大銀杏と上宮拝殿・本殿と竹之内宿禰命神社!  文化財研修記

 鶴岡八幡宮を訪れたのは丁度7月7日で「七夕祭」の飾りつけが太鼓橋にあった。この鶴岡八幡宮は源頼義公「みあもとのよりよし、河内源氏の棟梁」が勧請した由比の若宮を、治承4年(1180)に源頼朝公が現在の地に移したが、建久元年(1190)に火災で焼失したため、裏山(現在の上宮の位置)に改めて、京都の源氏の神社と云われる岩清水八幡宮を勧請し、上下両宮とした。鎌倉幕府2代将軍源頼家公も白旗神社や新宮を造営した。鶴岡八幡宮は、幕府の祈祷(きとう)の中心をはたした。また、源頼朝公が長年待ち望んだ征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)をはじめ、2代将軍源頼家公も、3代将軍源実朝公も叙位任官の祭には、本来なら京都の内裏(だいり)で行われる拝賀の儀式のすべてを、この鶴岡八幡宮ですませていることから、内裏(だいり)としての機能をも併せ持ったと考えられている。また、武家政権を保障する神として、政権担当者により代々修造が行われて来た。三ノ鳥居を潜ると国史跡の境内に入り源平池に至る。今日は手水舎、拝殿まで参拝したで、天然記念物であった大銀杏から見ていきます。

1.舞殿から上宮の石段に向かう右側に「国重文の下宮の若宮神社」がある。ご祭神は仁徳天皇です。
クリックすると元のサイズで表示します

2.上宮の石段の左側には元天然記念物であった大銀杏の木が途中から、保護されています。この銀杏は「隠れ銀杏」の名の鶴岡八幡宮別当公暁(くぎょう)が源実朝を暗殺した謂れがあります。
クリックすると元のサイズで表示します

3.もとの大銀杏の写真と上宮への階段
クリックすると元のサイズで表示します

4.上宮の見事な階段と楼門
クリックすると元のサイズで表示します

5.見事な楼門(国重文)
クリックすると元のサイズで表示します

6.楼門右側の随身
クリックすると元のサイズで表示します

7.楼門左側の随身
クリックすると元のサイズで表示します

8.この楼門から舞殿や第3鳥居を見ます。
クリックすると元のサイズで表示します

9.国重文の拝殿(参拝に人で一杯)
クリックすると元のサイズで表示します

10.見事な拝殿の建築!
クリックすると元のサイズで表示します

11.此処からは有料です!拝殿から本殿への見事な建築!
クリックすると元のサイズで表示します

12.宝物殿の横には国重文で式内社・竹之内宿禰命を祀る竹之内神社があります!
クリックすると元のサイズで表示します

13.宝物館内の一部
クリックすると元のサイズで表示します

14.宝物館横には7基の神輿が祀られています!
クリックすると元のサイズで表示します

綾部の文化財を応援して下さる方は、記事の下にある「FC2ブログ・ランキング」をクリック願います!
fc2歴史ランキング 



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ