2007/12/1

運命の12月  外為証拠金取引FX

 11月終わりましたね。理想的な終値です。危機は脱した、という声があちらこちらで聞こえてくるかのようです。

 さて、12月相場をもう一度考えようと思います。少し前の日記に書きましたように、12月の月足とその年の年足が一致しなかった年はここ15年間ありません。それを大前提に考えてみます。
 シカゴの日経先物の11月終値から想像すると、12月の初値は15750円前後でスタートするものと思われます。今年の初値が17322円です。つまり12月は1500円程度上昇しないと今年は陽線にならない事になります。勢いのあった05年でさえ、12月は1200円の上昇で終わってます。ましてや今年の今の状況でそれだけの上昇があるでしょうか?むしろ下を試しに行く方が自然だと思うのですが。

 ちまたには12月上旬の暴落説があるようです。なんでも週刊誌に載っていたらしく、29年の世界恐慌、そしてブラックマンデーともに高値から55日後に大暴落があり、今年は12月第一週がそれにあたるとか。週刊誌に載る時点で眉唾ですけどね。私はこの件は最近まで知りませんでしたが、自分の見立てと一致しているので少しだけ気にかけてます。
 どちらにしても12月は面白そうです。大けがのないようにがんばりましょう!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ