2007/11/23

12月相場を予見する  相場一般

 株式市場がお休みだと本当に動きませんね。本来外為市場の方が遙かにボリュームがあるので振り回されるのも変なんですが。

 さて、今日は日経平均から12月相場を予見しましょう。
年足 初値 終値
1991年 23827 22983 -844
1992年 23030 16924 -6106
1993年 16980 17417 437
1994年 17421 19723 2302
1995年 19724 19868 144
1996年 19945 19361 -584
1997年 19364 15258 -4106
1998年 15268 13842 -1426
1999年 13799 18934 5135
2000年 18937 13785 -5152
2001年 13898 10542 -3356
2002年 10631 8578 -2053
2003年 8669 10676 2007
2004年 10787 11488 701
2005年 11458 16111 4653
2006年 16294 17225 931
2007年 17322 14888 -2434 11月22日時点

 これは91年以降の年足です。ポイントは陰線の次の時は必ず陰線であるという事。そして今年は陰線で終わる可能性が非常に高いという事です。

 そして次に12月相場
12月単月 初値 終値
1991年 22645 22983 338
1992年 17675 16924 -751
1993年 16449 17417 968
1994年 19061 19723 662
1995年 18752 19868 1116
1996年 21034 19361 -1673
1997年 16593 15258 -1335
1998年 14821 13842 -979
1999年 18563 18934 371
2000年 14600 13785 -815
2001年 10694 10542 -152
2002年 9208 8578 -630
2003年 10006 10676 670
2004年 10790 11488 698
2005年 14914 16111 1197
2006年 16313 17225 912

 共通点、わかりますか?91年は違いますが、それ以降15年間
「年足と12月の月足の陰線陽線が一致する」

 という事です。偶然見つけた一致ですが、15回一致するのはもう偶然でなくて必然でしょう。12月ですから(終値決定なので)そうなりやすいのもわかりますが、これはその年の流れをそのまま受け継ぐ月であるという結論です。
 今年の初値は17322円。ここから一ヶ月でそこまで駆け上がれるかどうか、まずないでしょう。日銀が利下げをするという超ウルトラCでもあれば別ですが^^;
 というわけで、11月の終値が待たれます。せめて15500円程度には戻してほしい所です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ