2015/8/29

今回の暴落を振り返る  相場一般

 今回の暴落は一部投資家から「掘北ショック」と言われてます(笑)。まあ、なんという名称がつくかは置いておいて、皆さん息してますか?

 値幅は2007年のサブプライムショック級だったと思いますが、「率」で考えるとまだまだでした。2007−2008年の大暴落を生き残った人にはまだ余裕があったのではないでしょうか。ただ、最近株式投資を始めた方々にはいい機会だったと思います。単なる暴落怖いではなく、振り返って自分の損失許容度がどの程度なのかを知るチャンスです。今後に活かして下さい。

 私はというと、前のエントリーに書いたとおり下値を17000円から18000円と思ってました。珍しくピッタリ的中したわけですが、相当余裕で相場を見てました。サブプライムショックの時と比べると何が違ってたのか。

1.含み損と「含み益の減少」の違い
2.レバレッジがかかる取引(FX)をやっていたのと、今回はしてなかったとの違い(要所で日経先物は取引しました)

 これが大きな要因なのかなと。
タグ: 暴落



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ