2012/1/5

それは泥沼  天国と地獄

 今日の新聞に載っていた詐欺事件、換金が困難な外貨を売り、その後両替に応じないという手口が増えているそうです。そしてその対象は、和牛投資などで損失を出した高齢の資産家。一度騙された人が再び騙されるというお約束のパターンです。こういう人達はなぜ相談しないで同じ過ちを繰り返すのでしょうか?

 その一つが「損失を取り戻そう」という心の動きであると思います。こういう考えは一番悪い心情ですね。麻雀でもなんでも、この考えに取り付かれたらもう負けです。言わば泥沼。

 しかしその通貨というのがアフガニスタンのアフガニとかスーダンポンドとか聞いたことがない通貨ばかり。そりゃ普通に両替出来ないだろうと思うんですが。。。
タグ: 詐欺 悪徳



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ