I hear and I forget. I see and I remember. I do and I understand. - Confucius

2009/5/3

3の1  ドゥカティ


 こんばんは グォ〜ルデンウィ〜ク 四国に行くんでバイク間に合わせろや! 的な地獄の一週間は結果的に 3勝一敗で試合終了です

 只今 最後の一台を送り出しました 

 もう精も魂も尽き果てました

 

 一日前の朝

 クリックすると元のサイズで表示します

 二日前の朝

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 三日前の朝

 クリックすると元のサイズで表示します
 
 四日前の朝

 クリックすると元のサイズで表示します

 

 ホントの本当に地獄だったのは、三日目でした

 もう明日出発だ!っつうのに

  クリックすると元のサイズで表示します
 この状態・・・


 まぁ この前にエンジンはかけたんだけど・・・
 クリックすると元のサイズで表示します
 この状態・・・


 原因はコレ↓
 クリックすると元のサイズで表示します

 某所(ホントは名前を晒してやりたい・・)で作って貰ったリング

 合口も厚さも合ってるのに、なんでオイル上がってきちゃうんだろ〜 って一時間位睨んでいたら 原因が分りました 


 完全に設計ミス!だろぉ〜が!!

 ろくに考えもせずに組み込んじゃった自分のミスは一旦置いておいて!! 取り合えず連休明けに現物を叩きつけて!! 返金の要求に行ってきます!!


 なんだけど コレに変わるリングが無かったので、コレを作ったんですよ

 んなんで、手持ちで有るのは、同じ車種だけど年式が違うヤツなんです

 まぁ 一番違うのは、鋳鉄用とニカジル用っつう決定的な違いが・・・


 なんだけど コレもしかしたら使えるんじゃね? っつうかどうしても使わないといけないんじゃね?

 という事で こういう事はバイク屋じゃラチが開かないんで

 メーカーさんに直接連絡をとって確認して貰いました

 一社目 「関係無いんじゃね?」

 二社目 「サイドのコーティングとかより 膨張率とかのクリアランス気にしたほうが良いんじゃね?」

 三社目 「無いんだったら使うしかないでしょ? っつうか昔は共通部品だったよ〜」

 という事だったので 急遽組み直しでピストンも変更!!

 そんな事情でひたすらピストンのクリアランスとかスキッシュのクリアランス計って四苦八苦してる時に

 

 突然後輩が現れました 「あぁ〜 連日の死闘が忍ばれますね〜」 とか言って チャキチャキとお使いとかに行ったり、洗い物をしてくれたりしました。

 「もうちょっと早くくれば良かったなぁ〜」なんて言ってたけど・・・充分助かったよ ありがとうなっ! 


 それ以外にも
 クリックすると元のサイズで表示します
 朝っぱらから僕に叩き起こされて 部品を奪い取られたお客様や

 各所に連絡とってくれた方々、急遽メーターケーブル作ってくれた相○先生もありがとうございました

  
 結局3勝1敗の1敗はコノ車両なんだけど・・・現在元気にエンジンかかっております!白煙も出ない!異音も無い! 何でも自分で試してみないと分らないなぁ〜 

 んじゃ 明日っからは、コイツの足回りでもコツコツ仕上げて行こうと思いま〜す!

 なんせ足回りは御本人調達のヤフオク仕様だからね〜



 因みに御本人は代車(お客様が国産を貸してくれました)でツ〜リング中で〜す
6
タグ: DUCATI ducati



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ