冬の虹

「いつかみた青い空」のえみ丸です
 山が好き、絵が好きです

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:えみ丸
>ケンちゃん
秋篠寺いらしたのですか・・
お勧めしたので、気にいっていただけて嬉しいです

奈良ってナンだかおおらかでいいですよね、私もまた行きたいな・・・
中野美術館って?
投稿者:ケンちゃん
えみ丸さん、こんにちは。
やっと秋篠寺に行ってきました。
連休でも参観者はぱらぱらでしたが、良いところを
教えていただき有難うございました。
奈良は半日で行けるので妻と二人で出かけるのは、京都より増えそうな予感です。
次は中野美術館に行きたいと思っています。


http://kenchan.livedoor.biz/
投稿者:えみ丸
夜間飛行さん、また来てくださりありがとう
奈良は素敵でした
秋篠寺のあの苔は思いがけない嬉しさでした
また行きたいお寺ですね
立原道造が、日光・月光菩薩のこと書いていたのは覚えているのですが、浄瑠璃寺にも行っていましたか・・ 
また奈良に行きたくなります(^^)
投稿者:夜間飛行
ようこそ 奈良にお越し下さいました。
2ヶ月前に秋篠寺を訪れましたが、門から受付までの苔のアプローチ素敵でしたね。
今度奈良に来られるときは、立原道造も訪れた3月堂の日光・月光菩薩、浄瑠璃寺の古き仏達にも会いに来て下さい。
投稿者:えみ丸
ケンちゃん
ご自宅は関西でしたか・・
奈良でも、秋篠寺まで足を伸ばす人はぐっと減るようで静かな散策が楽しめます
お近くならぜひいらして、また別の季節のお話聞かせて下さい
投稿者:ケンちゃん
奈良にまで来られてたんですね。

福岡なので直ぐにはいけませんが、帰ったときに
でも母も連れて行ってみたいお寺ですね。
自宅は奈良まで1時間もあれば行ける所ですし。

http://kenchan.livedoor.biz/
投稿者:えみ丸
junさん
立原さんの文は昔新聞小説でよく読みました
凛としたところが怖いようで魅力でした

それにしても、秋篠寺の描写は本当にそのままです

素人には読めばその通りと思っても表現が出来ないの
彼に苔のお庭のことも書いてみて欲しかったな

私も痴呆になったような幸福感で歩くなんていうお寺巡りしたいものです(笑)
投稿者:jun
私の好きな作家に立原正秋さんがいます。
立原さんの作品の中に「春の鐘」がありますが、その中で、

『二人は秋篠寺まで歩いた。西大寺町を出はずれると古い民家が散見できる。陽はあたたかく風もなかった。多恵は鳴海の少し後をついて歩きながら、痴呆になったような幸福感に浸っていた。・・・・・堂内はうす暗かった。前面の戸はあかりをいれる程度にしか開いていない。薬師三尊と地蔵菩薩立像があり、技芸天は西側の入り口をはいってすぐのところにあった。
「美しいほとけさまだこと」
「色っぽいだろう」
「そうですわね」
「目もとが涼しい。色っぽいが、しかしよく見ると、天平末期の幽愁を秘めている。若い頃、僕はこおほとけさまに恋をしたことがあった」
「まあ・・・・」
「その頃、このほとけさまは僕より年上だった。ところがいまは僕よりはるかに若い。・・・・・」』

秋篠寺は瀬戸内寂聴さん、和辻哲郎さん、堀辰雄さんらが書いています。
人を惹きつける何かがあるのでしょうね。
私は地蔵菩薩像が好きです。
投稿者:えみ丸
つぐみさん、秋篠寺良かったですよ
新緑の季節どの位きれいでしょう
是非機会を作ってお出かけになって下さいね
空いていたら良いですね
投稿者:つぐみ
秋篠寺は行ったことがありません。
いいお寺ですね。
また機会があれば行ってみます。

http://blog.so-net.ne.jp/arabesque/

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

RSS取り込み1

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ