新稲葉山群雄伝  経済的独立へのブログ

クリックすると元のサイズで表示します当HPへの記載事項は私個人の見解であり、それに伴う一切の損害等におきましては全く関知いたしませんのでよろしくお願いいたします。投資は自己責任で


ブログ移転しました  その他

 teacupブログが終了するという事でgooブログの方に引っ越しました

「続稲葉山群雄伝」です↓

https://blog.goo.ne.jp/hinatasakurano

あと1回くらい、こちらで更新したいな〜とは思っています

ついにteacupが終了するようです  その他

 今更ですが、明けましておめでとうございます。

 表題の通り、teacupが8月に終了するとの発表がありました。1年に一度更新するかどうかのブログになっていますが、gooblogに引っ越しするつもりです。その時にまた書き込みますのでよろしくお願いします!

2021年お疲れ様です  その他

 ついに日記ならぬ年記になってしまいました。生存確認で書いております。

 未だに世の中はコロナの事が話題になってます。発生から2年やっと薬が出来るようで、来年こそは少しはマシになるのでしょうか。帰省も出来ていません。21年の秋くらいに帰る予定だったのですが、、、

 私自身は特に大きな変化はありませんが、周辺で色々ありました。歳を取っていくとやはり健康面で色々ありますよね〜それをみるにつけて、自分自身気をつけようと思ってます。一日30分程度の散歩と少しの運動を欠かさないように行ってます。

 皆様もお気をつけ下さい。そうそう、ウサ子は二羽とも元気です。上の子は来年9歳の高齢おばあちゃんです。ただただ、健康で長生きして欲しいと思ってます。

 それではまた〜

2020年、お疲れ様でした  その他

 少し早いですが、書いておかないと年を越しそうなので。

 今年は何と言っても世界中がコロナに踊らされた一年でした。というか、今もってそうですね。来年度オリンピック強行されそうですが、どうなる事でしょうか。

 トレードの方は毎年食べる分くらいはなんとかなっています。コロナ前よりも株価が高いというのが理解できませんが、一応ある程度はついて行ってます。

 ウサ子達は二羽とも元気です。上の子はもうすぐ8歳でかなりの高齢になってますので色々注意して過ごしたいですね。
 それでは皆さん、よいお年をお迎えください。また来年お目にかかりましょう〜

明けましておめでとうございます(遅い  その他

 全くもって今更ですが、明けましておめでとうございます。生存報告も兼ねて書いておきます。
 去年の年末にはこんな事になるとは思っていなかったコロナ災害、やっと39地域が緊急事態制限が解除されたわけですが、日常に戻るのはまだまだ遠そうです。オリンピックも延期、春夏の甲子園も中止で酷いものです。来年2021年の今頃、オリンピックは開催されるのか予断を許しません。

 私はと言うと、4月にPCのグラボの差し込み口とHDDに不具合があるという事で修理をした以外は特に大きな事もなく日々過ごしております。FF14もまだやってます。そんな日々の報告でした。
タグ: コロナ

令和元年も終わります  その他

 前回の記事は3月でしたか。今年はなんと言ってもまさかのライライの逝去がありました。流石に落ち着いたとは言え、今でも思い出したり写真を見ると涙が出てしまいます。彼は特別でしたから。
 その後小福というロップの子をお迎えすることになりました。遺されたヒナが急に元気がなくなり、危ないと思ったからです。若いだけあって、くーちゃんは元気いっぱいです。ヒナも健康にやってます。

 思ったのは特別な事はいらない、みんな健康で元気であればいいという事です。

 今年もあと一ヶ月ありません。みなさん、よいお年を

ライライその3  追憶

 うちにきて1,2年経った頃、急に鼻水のような物を出すようになりました。病院に行ったりもして色々調べたのですが、なかなか原因がわかりません。レントゲンを撮ってみると、上顎の骨の並びが歪んでいるとの事。おそらく、出産時に圧力がかかったのではないかという話でした。どうもしれが原因のようです。内科的なことではどうのもなりませんし、手術でどうこうもできないでしょう、ですのでこれに付き合っていくことにしました。

 恐らくこのせいでしょうが、色々なトラブルがありました。
 元々ウサギは目から口に抜けている涙の管が詰まりやすいのですが、ライライは歪みのせいで特に詰まりやすかったようです。目薬をさすとすぐ直ったのですが、5歳くらいの時に半年ほど続いたことがあり、苦労した記憶があります。もう毎時間涙を拭いてあげました。ある日突然治って喜んだことを覚えてます。

 あと、ライライは水をたくさん飲んだのですが、その飲んだ水が鼻から出たりもしてましたね。
タグ: ライライ

ライライその2  追憶

 うちにきた最初の1年はとにかく元気!まだ若いだけあって部屋を走りまくる、ジャンプしまくるでしたね。足の間をグルグル8時に走ってました。これはうさぎの「大好き〜」ってアピールの行動のようです。

 そしてライライが来て1年三ヶ月後、メスのヒナタが新しい家族としてやってきます。最初はライライの子供がいたらいいなという思いでお迎えしましたが、うさぎは多産で5,6羽普通に生むとのこと。さすがにその世話は出来ないという事で、子供は諦めました。

 ヒナが来てからは行動がお兄ちゃんになりました。不思議なものですね。落ち着きがあるというか。写真はヒナです
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: ライライ

ライライ、月に還る  追憶

 2019年2月25日未明、ウサギの来夢が月に還りました。7歳と7ヶ月でした。

 出会いは何気に立ち寄ったペットショップからでした。そこのペットショップは半年前にオープンしたお店でした。その中の動物触れ合いコーナーにぽつんと一羽いたのがライライでした。既に生後半年、まだ若いとは言え売れ残っているのは明らかでした。店員さんに話を伺うと、一度飼い主が決まっていたものの、子ウサギがいいという事でキャンセルされたようでした。抱っこもされて、大人しい子だなという印象でした。一度店を出たのですが引き返し、ライライをお迎えすることにしました。
 店員さんが「(営業)部長売れたよ〜」「ウソ、あたし挨拶する」と言ってたのが印象的でした。みんなに好かれていたのでしょう。
 当時はハムスターを飼っていましたので、ウサギを飼うつもりはありませんでした。けど、なぜか縁を感じました。今考えると、自分の人生でも1,2を争うくらいのいい判断だったと今でも思います。

 うちにお迎えして二日目、体調を悪くして寝ていると、そっと寄り添うように布団の隣に居てくれたのを覚えています。
 備忘録を兼ねて、ライライの事をポツリポツリ書こうと思います。
クリックすると元のサイズで表示します
タグ: ライライ




AutoPage最新お知らせ