コーヒーは体に良い飲み物?  

おはようさんです。皆様お元気ですか?皆さんはコーヒーを飲んだりしませんか?コーヒーはかつて、「体にダメだから、子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)には飲ませていけない」などといわれていました。しかし、昨今は、コーヒー(漢字では「珈琲」とも表記されますが、これは当て字です)はむしろ体に良い飲み物という認識が強くなっているものです。コーヒーの成分は、たんぱく質、油分、粗繊維、カフェイン(覚醒作用や利尿作用があり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ちます)、タンニン、有機酸、カフェ酸、クロロゲン酸、ポリフェノール、褐色色素、ニコチン(ポルトガル大使だったジャン・ニコにちなんで、ニコチンという名前がついたのだとか)酸(ナイアシン)、トリゴネリンなどで、数ある薬効成分が含まれています。この中のカフェイン(覚醒作用や利尿作用があり、寝る前に飲んでしまうと睡眠の質が落ちます)に、興奮作用があり、胃を荒らしたり、発ガン性があることから、コーヒー(漢字では「珈琲」とも表記されますが、これは当て字です)は体に悪いとされたかもしれませんよね。でも、それは飲みすぎた場合のことだったんですね。といったところで、今日はそろそろこのあたりに、まったね??♪

この記事の関連ワードの種類 予防 新種 に良い食事 の原因 


0

アルコールが肝臓に良いわけないですね  

コンニチワー今日も来てくれてうれしいです。アルコールの取り過ぎが肝臓に負担を掛けると言うのは、よく言われていることです。とはいえ、アルコールの取り過ぎは肝臓だけでなく、いろんな臓器に負担をかけてしまいますので、必ず「取り過ぎは駄目だ」といわれることが多いです。しかし、肝臓はもろにアルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)の影響を受けてしまうので、本当に気を付けなければならない臓器と言われていますね。その上、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれており、手遅れになるまで痛みもなく、気がつきにくいといわれている臓器ですから尚更です。みなさんは肝臓の働きに関してご存知でしょうか?肝臓にはいろんな働きがあるのですが、その中でも特に解毒を行なっているという点を是非覚えておいて欲しいと思います。身体の中でできたアンモニアを尿として排泄したり、アルコール(お酒はエチルアルコールが主成分で、依存症になってしまうことも少なくありません)や毒物を分解する働きを毎日行なっています。摂取した食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)の中での合成成分や、農薬なんかの有害成分の分解無毒化なんかも、肝臓が行ないます。また、それだけではなくて、消化した栄養素をカロリーに代謝する働きもしているため、肝臓は大変負担の大きい臓器になるものです。ですから、肝臓の働きが鈍ってしまうと、体内に毒素(一般的には、食品添加物やヒ素、鉛などの有害なミネラルを指すことが多いでしょう)がたまってしまって、大変深刻な症状が起きてしまいますよね。アルコール(単にアルコールという場合、お酒を指すことがほとんどでしょう)の摂取は、摂取したアルコール分を全て分解して無毒化し、体内から排出しなければなりませんので、肝臓に多大な負担をかけます。翌日に二日酔いが残っていると言う物は、肝臓がアルコール(メチルアルコール、エチルアルコールなどの種類があります)を分解しきれていない状態といったことになるのです。こちらはいかが!?肝臓と3つの検査二日酔いに効果がある薬のご紹介あとここ。といったところで、今日のところはこのへんに、ありがとう!

この記事の関連ワード透析 学会 に良い食事 新種 病院 


0




AutoPage最新お知らせ