2012/3/29

新入社員なら知らないと恥ずかしい株式投資の基礎知識  

1日1万円稼ぐために必要な3つの方法!!!
株式投資方法を今だけ無料公開中!

今だけ無料公開中!



株の運用方針については人それぞれ違っているとおもいます。

そして二つ目の運用の方針としては、株で何か一もうけしたいと思っている人です。

立とえば今の株の値段がとても安いもので、これからせいちょうしていくであろうと考えられている株、話題の株などを購入するというのがおすすめです。

株でひともうけして例えば何百万円単位のおかねを稼ぎたいと思っている人の場合には、それなりの運用方針をたてなければいけません。

これからあがるかのうせいがあって値のうごきがある程度ある株を選ぶ必要があります。

運用方針は人によっていろいろと違っているとおもいますが、立とえば2種類の方法があるとおもいます。

こういった株を選ぶのがいいとおもいます。

まず株とりひきをはじめるにあたっては、自分で運用方針について考えてみるのがいいとおもいます。

あまり景気に値のうごきがさゆうされないような電力株とかガス株などがおすすめです。

貯金する換りに株の投資をするという人で、リスクはあまり背置いたくない人や、老後の資金をつかって株の運用をしたいと思っている人、会社の退職金で株の運用をしたいと思っている人などは、できるだけ株の値段のうごきがない物を選んだり、株主優待がいろいろとうけられる、配当金がおおいようなものを選ぶのがいいとおもいます。

リスクをそれなりに伴うケースもありますので、リスクかんりについてもしっかりと行っておく必要がありますので、ある程度知識をみにつけることも必要になってきます。

立とえばちょうきてきに株を保有していくのか、それとも単発でデイとれード方式で投資していくのか人によっては違っているとおもいます。

投資目的にあわせて運用方針を考えましょう。

株というのはどうしてもリスクを伴いますので、貯金をしているよりはリスクと常に隣りあわせではありますが、長期保有して、もちつづけるということは、リスクが一番低いと行ってもいいとおもいます。

このように、株の運用方針は人それぞれ違っていて、どんな株を選ぶのかということも、その方針によって違ってきますから、自分がこれから先どんな株をえらびたいのか、それをよく考えた上で、投資をしましょう。

しかし長期保有する株を選ぶ場合には、かならず将来性がある投資先を選ぶ必要があります。

値のうごきが少なくて、配当が高い株はディフェンシブ株という名前がつけられています。

こちらの運用方針の場合には、リスクをすごく伴いますので注意しなければいけません。

株の運用方針は人によってちがいますが、とりひき前にある程度考えておくことが必要です
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ