エリック・カルメン  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


今日はトートツにエリック・カルメン。
ALL BY MYSELF あるいは HUNGRY EYES で
おなじみのというほうがわかりやすいのか?

1999年頃のVH1 WHERE ARE THEY NOW? からの映像だが、日本でいうところの「あの人は今」にあたるのだろうか。失礼な、エリックは寡作ながら、ずっと現役だったはずだ。過去の人扱いなんて。

1998年の「WINTER DREAMS」アルバムからもう11年もたったんだね。
もうアルバム出さないんだろうか?

RASPBERRIES は再結成して嬉しいけどさ、
あんたの新曲聴きたいよ、
エリック。




クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
4

 

エリック・カルメン ERIC CARMEN ゴールド・ディスク  




http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/premierrecord

エリック・カルメンのファーストソロアルバム「ERIC CARMEN」の売上50万枚突破を記念して、レコード会社からエリックが当時所属していた音楽制作会社CAMに贈られたゴールドディスク。









1

 

TY TABOR 「NAOMI'S SOLAR PUMPKIN」  

伝説ともなっているKING'S Xのギタリスト、タイ・テイバーの幻のアイテム「NAOMI'S SOLAR PUMKIN 」の未開封新品です!!
オークション等では高値で取り引きされる対象となっており、現在はアメリカでもなかなか手に入れるのは難しい状況です。
タイ・テイバーの曲作りのうまさ、凄さが味わえる、ファンには宝物級のアルバム。
KING'S Xのポップな面が好きな方を満足させるようなクオリティです。
中古市場でも見かけない1枚。とにかくこれは必携なのは言うまでもありません。
掛け値なしに素晴らしいアルバム。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/premierrecord


0

 

ピーター・セテラはレコード会社につぶされた?!  




レコードコレクターズ2011年3月号に掲載のピーター・セテラのインタビューによると、元CHICAGOの名ヴォーカリストのソロキャリアがけっして順風満帆でなかったことがわかる。

「前もこの話はしたかもしれないが、最初のソロ作「Peter Cetera」から“Livin' Into The Limelight”がAOR(Album Oriented Rock) で3位とか4位くらいまで昇るヒットとなった。しかし、アルバム自体はまるで鳴かず飛ばず。そこでワーナー・ブラザーズの悪名高き社長、モー・オースティンに詰め寄ると、作品として魅力が足りない、とか何とか、いい加減な対応でのらりくらりと45分もかわされた末、ようやくプロモーションに熱心でなかった事実を認めた。理由が馬鹿げていて、下手にソロで成功してシカゴを辞められては困るときた(笑)。やがて僕が正式にシカゴを脱退し、次のソロ作「Solitude/ Solitaire」から“Glory Of Love”と“Next Time I Fall”とが連続No.1ひっとに輝いてもなお、ワーナー側の非協力的な態度に変わりはなかった。今度の理由は、そろそろソロは諦め、シカゴに戻ってバンドを続けてはどうかと(笑)そんな訳の解らない行き違いから始まり、僕のソロとしてのセールス最盛期は訳の解らないまま終わってしまったんだ。」

ちなみに2ndソロアルバム「Solitude/ Solitaire」はビルボードアルバムチャート最高23位まで上昇。
リリースから半年後に出荷50万枚を突破し、ゆっくりと売れ続け2001年になって100万枚を超えるロングセラーとなっているが、その後のソロアルバムはいずれもゴールドに達していない。

http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/premierrecord

0

 

RINGO STARR and his all-SRARR band 2000  

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


ビデオはプロモーション用に配られたもので記者会見の模様のみ。
リンゴの他にエリック・カルメン、ジャック・ブルース、サイモン・カークらが登場。

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d123434047
1

 

ラズベリーズ LIVE ON SUNSET STRIP Special Edition CD/ DVD  






http://web.me.com/arista_brilliant/premier/top/エントリー/2011/8/21_RASPBERRIES_LIVE_ON_SUNSET_STRIP_Special_Edition_CD__DVD.html

エリック・カルメン率いるラズベリーズのリユニオンがついに実現し’05年のロスアンジェルス SUNSET STRIPのHOUSE OF BLUESでの公演の模様を収録したCD/DVD。
一般発売されたものはDVDにはわずか5曲しか収録されませんでしたが、
こちらは21曲収録の完全版。
DVD特典として
・リハーサルの模様
・再結成しての最初のクリーブランドHOUSE OF BLUESでの公演のバックステージの模様、さらに”I WANNA BE WITH YOU”のライヴ映像。
・各メンバーへのインタビュー
・未発表の“RASPBERRY JAM!”にのせてのバンド秘蔵のホームムービー
・“IT’S COLD OUTSIDE”のライブ音源
・未発表デモ”PLEASE LET ME COME BACK HOME”、”OH TONIGHT”

そのほかダウンロードにてVH1 Classic “Hangin’ With”出演時の映像を手に入れることができます。
・Tシャツつき

CD Disc: 1
1. I Wanna Be With You
2. I Can't Explain
3. Play On
4. Tonight
5. Should I Wait
6. Nobody Knows
7. Makin' It Easy
8. Come Around And See Me
9. If You Change Your Mind
10. Let's Pretend
11. Last Dance
12. Needles And Pins
13. I Can Remember
14. Party's Over
15. Don't Want To Say Goodbye

CD Disc: 2
1. Overnight Sensation (Hit Record)
2. Hard To Get Over A Heartbreak
3. I Don't Know What I Want
4. Ecstasy
5. I'm A Rocker
6. Go All The Way

DVD Disc: 2
Full 21 song concert DVD PLUS Bonus material.
1. I Wanna Be With You
2. I Can't Explain
3. Play On
4. Tonight
5. Should I Wait
6. Nobody Knows
7. Makin' It Easy
8. Come Around And See Me
9. If You Change Your Mind
10. Let's Pretend
11. Last Dance
12. Needles And Pins
13. I Can Remember
14. Party's Over
15. Don't Want To Say Goodbye
16. Overnight Sensation (Hit Record)
17. Hard To Get Over A Heartbreak
18. I Don't Know What I Want
19. Ecstasy
20. I'm A Rocker
21. Go All The Way






1

 

EZOの1987年の1stアルバム「E・Z・O」バンドスコア 激レア!  

EZOの1987年の1stアルバムのバンドスコア。

HOUSE OF 1000 PLEASURESに始まり、全曲好きだといってもいいくらい好きなこのアルバム。
ジーン・シモンズがプロデュースしてましたね。ビルボードアルバムチャートでは最高120位前後だったはず。
同じ年にリリースされたLOUDNESSの「HURRICANE EYES」が190位だったから、まずまずのチャートアクションだったのでは?

たしかビッグになる前のGUNS N' ROSESと一緒にツアーしてたような記憶が。


山田雅樹の声がまた聴きたいですね。
でももう歌ってないんですよね?残念。

http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n97858953











0

 

エリック・カルメン本 MARATHON MAN ハードカバー  




オークションに出品中。
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f106832333

◎Bernie Hogya, Ken Sharp著の「MARATHON MAN」ハードカバーです。エリック・カルメン生写真つき。限定250部のうちの1冊。

◎2004年出版。英語版。

◎ ericcarmen.comでのみ販売されていたもので、一般売りはされていないはずです。激レアです。次にいつ入手し、ご提供できるかは、まったく見通しがありません。

◎ ラズベリーズ以前からソロ時代に至るまでエリック・カルメンの2004年までの全キャリアについて詳細な記述とレアな写真が多数掲載。

◎目次
List Of Illustrations
Acknowledgements
Foreword
Chapter One: Lyndhurst
Chapter Two: Cyrus Erie
Chapter Three: Get The Message
Chapter Four: Raspberries
Chapter Five: Studio B
Chapter Six: Go All The Way
Chapter Seven: Fresh
Chapter Eight: Side 3
Chapter Nine: Starting Over
Chapter Ten: No Hard Feelings
Chapter Eleven: All By Myself
Chapter Twelve: The Great Gatsby
Chapter Thirteen: Change Of Heart
Chapter Fourteen: Land Of the Rising Sun
Chapter Fifteen: The Bubble Bursts
Chapter Sixteen: Ricky And the Tooth
Chapter Seventeen: Winter Dreams
Chapter Eighteen: Raspberries Reunion
Chapter Nineteen: Cleveland Rocks
Chapter Twenty: Yeah, Yeah, Yeah
Chapter Twenty-One: Heroes and Hope
Musical Rorschach
Discography
Appendix
Index



1

 

エリック・カルメン "Never Say Die"  

◎1991年にエリック・カルメンとデズモンド・チャイルドによって作られた曲のプロモ盤というか試作品です。
当時レコーディングに着手したものの完成に至らず、そのままになっていたマスターテープが、
2004年になってとあるスタジオで発見され、ericcamen.comの管理人Bernie Hogya氏のもとに送られてきたそうです。
(Bernie Hogya氏は「ERIC CARMEN: MARATHON MAN」の著者の一人でもあります。)

エリックの許可を得てHogya氏らが新たにバッキングパートを録音して完成させた"Never Say Die"は
その後HP上で公開されましたが、その記念としてHogya氏が制作した世界でたった1枚のプロモシングルです。

"Never Say Die"はいまだ正式発売とはなっておりませんので、非常にめずらしい貴重なアイテムといえるのではないでしょうか?

http://page4.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d120797494



クリックすると元のサイズで表示します
1

 

ピーター・セテラ「SOLITUDE/ SOLITAIRE」ゴールドディスク  




信じられないことに、、


当時のワーナーブラザーズの社長モー・オースティンは
ピーター・セテラのソロ2作目「SOLITUDE/ SOLITAIRE」のプロモーションに
非協力的だったそうです。


理由は、

ピーターにソロをあきらめてもらって、
CHICAGOに戻ってほしかったから(!)

だそうです。

・・なんとまぁ、めちゃくちゃな話です。


そのせいか、デヴィッド・フォスターとピーターによって書かれた"Glory Of Love", ボビー・コールドウェル作曲でエイミー・グラントとのデュエットによる"The Next Time I Fall"という2曲の No.1ヒットがありながら、アルバムは最高23位にとどまりました。

リリースから約半年後の1986年11月18日にゴールドアルバム(50万枚の出荷)に認定されますが、ピーターのレコード会社に対する不信感はかなりのもので、両者の関係が悪化していったことは次のアルバム「ONE MORE STORY」が最高59位、さらに「WORLD FALLING DOWN」が最高163位におわったことからも窺えます。



とはいえ、ピーター自身もプロデューサーとしてクレジットされているこれらのアルバムの内容が悪いわけがなく、この「SOLITUDE/ SOLITAIRE」には前述の2曲のほか、美しくも力強いバラード"Only Love Knows Why"など魅力的な曲が収められており、発売から15年経った2001年にプラチナディスク(100万枚以上の出荷)に認定されるなど、ロングセラーとなっています。



◎ ピーター・セテラのソロキャリアにおいて、50万枚以上のセールスを記録しているアルバムは現在のところ同アルバムだけですのでかなり貴重です。



http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/premierrecord

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ