楽天市場  

楽天市場


オススメうなぎ蒲焼

0

2010/3/21

ブログデザイン  ブログ

久々に変えてみました!!!
0

2005/8/16

子連れ帰省  育児

今日は、誕生後初(里帰り出産以来)の、子連れでの奥さん実家への帰省の日(実家は福島県です)。

朝、雨が降っていたので、普段はベビーカー使用するところを抱っこ紐で移動。
東海道線に乗り、品川駅停車中に地震発生。15分ぐらい停車したかな?
で、その後徐行運転で東京駅に着きましたが、東北新幹線は復旧の目処たたず。
昼食を兼ね、2時間ほど待ちましたが、構内アナウンスで「東北方面は旅行を中止してください(!)」という配慮も何もないお知らせがあったので、あきらめて帰ることに。
切符払い戻しのために、新幹線乗り場の横の窓口に並んで30分待ち、やっと順番が来たら、係のおっちゃんから「これは、乗車券が使用されているので、いったん外に出て払い戻ししてください」と言われました( ̄▽ ̄;)!!。その後、改札を出てみどりの窓口に再度並びましたが、順番が来るまで余裕で一時間以上・・・(ちなみに、ここまでずっと息子の「まぁ坊@8.5キロ@6ヶ月」をだっこしたままです)。で、順番が来たのですが・・・「これは、特急券はここで払い戻し出来ますけど、乗車券は乗車した横浜で払い戻ししてください」と・・・。
疲れ果てていたので怒る気力も失せましたが・・・。

最初の窓口で「横浜で払い戻ししてください」って言ってくれりゃあ、1時間余計に並ばなくて良かったじゃん!
もしくは、どこの窓口でも払い戻し可能にしろ!
って感じです・・・。

・・・結局、16日は往復6時間かけて(&8.5キロのまぁ坊を抱えたまま)、東京駅まで昼食食べにいっただけでした・・・。

もちろん、横浜でもみどりの窓口に並びましたよ・・・!o(”>_<)っ★(#’3’)!

でも、もし1〜2時間早い新幹線だったら、車内に8時間閉じ込められて線路を何キロも歩く羽目になっていたと思うので、それよりはマシだったかな?
まぁ坊抱えて、サウナ状態の車内に閉じこめられ&線路を数キロ歩いていたら、と思うとぞっとします・・・(ーー;)
0

2005/2/22

イ・ウンジュ  ニュース

2作品しか見ていませんが、つい先月立て続けに出演作品を見たばかりだったんで・・・。

Yahoo News
0

2005/1/27

第一子誕生!  育児

2005年1月27日22時26分、3088グラムの男の子が生まれました。
母子ともに元気です。
私もついにパパになりました。
ちょくちょくここでも近況報告していきますね。
0

2005/1/22

永遠の片想い  映画

クリックすると元のサイズで表示します

自分自身では、世間の韓流ブームとは関係なく「猟奇的な彼女」「チョン・ジヒョン」が気に入ってるだけ、というつもりだったのですが、最近借りるDVDがすっかり韓国映画ばかりになってきてます(^^;)。で、今回は「猟奇的な彼女」「ラブストーリー」つながりでチャ・テヒョン、ソン・イェジンが出演している「永遠の片想い」を借りてきました。
え〜、字幕版を1回、吹替版を1回、そしてもう1回字幕版を見ました(^^;)。はまっちゃいました・・・。このところ韓国映画を見まくっていますが、その中でもベスト3に入る出来だと思いますね。チャ・テヒョン、ソン・イェジン、イ・ウンジュ、それぞれがハマリ役で…。と言っても他の韓国俳優さんをあまり知らないのですけど…。チャ・テヒョンとソン・イェジンも2回目ですし、イ・ウンジュはこの映画で初めて見ましたし(でも実は一緒に『オーマイDJ』を借りたので、イ・ウンジュも2作見たことにはなるんですけど^^;)。
「泣ける度」はトップかもしれません。事前に情報を入れずに見たからかもしれませんが、後で公式サイトを見たら「おい、これってややネタばれじゃない?」っていう部分もあったんでね。

0

2005/1/19

ブログデザイン  ブログ

おお!
こんなデザインがあったんだねぇ、ここのブログ。
早速変えてしまいました (●^o^●)。
しばらくはこのデザインで行こうかと思います。
でも、このブログのタイトルが「僕の彼女を紹介します」だと勘違いされそうで・・・(笑)
0

2005/1/16

ラブストーリー  映画


クリックすると元のサイズで表示します

「僕の彼女を紹介します」の感想で「『猟奇的な彼女』を見ておかないとね」的なことを書いていたら、「『ラブストーリー』も見ておかないと」といったアドバイスをいただいたので、遅ればせながらDVDを借りて見てしまいました。
え〜、実は、特に今まで韓国映画好きでもなければ、巷の韓流ブームにも無関心だったのですが、「猟奇的な彼女」以来、「猟奇的〜」とチョン・ジヒョンにはまっており、同じ監督の作品ということもあり、見てしまいました。

この監督の作品を3作見て、いろいろ共通点が見えてきましたね。


川とか湖
ピアノ
誰か死んじゃう
偶然
実は出会う前からつながっている
いろんなジャンルの映画を盛り込んである

というところでしょうか。

この作品、純粋に純愛映画として楽しめました。
音楽も素敵ですし(この監督あの曲好きね^^;)。

この手の作品は映画に限らずいつも思うんですけど、「本命じゃなかったけど結婚しちゃった」相手は、かわいそうですよねぇ?(笑)今回は、現代の彼女たちの「もういっぽうの親」でもあるわけですしね。


今更ですが私の中で韓流ブームが始まりそうで怖い今日この頃(笑)。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ