2013/5/16

大前研一:国家危機にある日本は、再生可能エネルギー政策を改め、石炭火力を見直せ  

再生可能エネルギー政策の見直しが進んでいる。液化天然ガス(LNG)や石油の価格が高止まりする中、現実的なエネルギー政策を追求しなければならない。石炭火力は有力な解答の一つである。



(1)世界で2番目に最悪な指導者が治めるジンバブエ

アフリカ南部の内陸に、独裁と暴力の国がある。ジンバブエだ。1980年の選挙でジンバブエ共和国が成立し、ロバート・ムガベが初代首相に就任すると、以後、彼は暴力と恐怖によって人々を支配してきた。



(2)和田秀樹:「知識社会」で定説と違うことを習得する意味

今回は、情報を集め、それを知識化していくことの方法論と意味を考えてみたい。ドラッカーブームがあったせいか、人によっては耳にタコができるかもしれないが、「知識社会」という言葉が現代社会を表すキーワードとなりつつある。



(3)いつかはサーベルタイガーも? 復活する絶滅動物

人間が絶滅に追いやった動物はたくさんいる。現在も危機に瀕している種は多く、絶滅種のリストに名を連ねる動物は、今後も増える一方だろう。そんな流れをクローン技術で変えられると信じ、情熱を傾ける研究者が少ないながらも存在する。



(4)竹中平蔵:官業の民間開放「コンセッション」は成長戦略の要

政府などが事業の運営権のみを民間企業に売却する「コンセッション方式」は、官業の民間開放でサービスが向上し、財政健全化にもつながる。成長戦略の要として、これを本格化しなければならない。



(5)大前研一:キプロスの「銀行預金課税」問題は他人事ではない

キプロスの金融危機に端を発した「取り付け騒動」は、私たち日本人が脳裏に焼き付けておくべき問題だ。財政赤字が続く日本でも、将来、銀行預金への課税とか、極端な場合には預金封鎖という「禁じ手」が行われる日が来るかもしれないからである。



(6)大前研一:30代若手の「ポリシーボード」で政策を検証・実現したサッチャー元首相

英国の元首相サッチャー氏は「小さな政府」の理念を実践した偉大な政治家だったが、日本の政治に目をやればまだサッチャー改革の入り口にも立っていない。



(7)大前研一:衰退する日本の製造業、新たな貿易立国モデルが必要だ

日本の製造業は、事業所数も従業員数も減少し続け、その衰退傾向に歯止めがかからない。しかし一方で、高い競争力で世界シェアを独占する日本企業も存在する。日本が長年拠りどころとしてきた従来型加工貿易立国モデルの見直しが必要になっている。



(8)田原総一朗:安倍首相は少し調子に乗りすぎていないか

アベノミクスによる追い風のなか、安倍晋三首相は少し調子に乗りすぎているのではないかと最近感じる。中国や韓国との関係が悪化する中でも、強硬な発言や姿勢を崩さないからだ。



(9)PR: 上野毛駅徒歩6分 新築70平米 4400万円台より


(10)PR: 新型フォーカス、4月13日より発売開始!


(11)ギフトにも使われる、ハレの日にふさわしい桜模様の重箱

季節柄、売り上げを伸ばしているのが、桜の柄をふんだんに散りばめたデザインの重箱。ハレの日の食事を華やかに演出する。なかでも、15センチ角の5.0寸サイズのものは、2〜3人用なので、一般家庭で使いやすい。持ち運びもしやすいサイズとして人気だ。



(12)レトロなデザインが逆に新鮮で人気、懐かしい“黒電話”の形をしたコードレスフォン

携帯電話機やスマートフォンが普及するのと反比例するように、最近、流行っているのが、昔の固定電話のデザインを取り入れた電話機だ。「ePureコードレスフォン」もその1つ。



(13)和田秀樹:人目を気にしすぎたら、サバイバルできない

ここで私が、「サバイバルのための思考法」として言いたいのは、人目を過度に気にしていては、このご時世、サバイバルが困難だということだ。否が応でも社会のシステムがどんどんアメリカ型になってきて、競争に負けると淘汰されるようになってくるだろう。



(14)ミラノサローネで話題になった、海辺の小石にインスピレーションを受けたシンプルなデザインの「いす」いよいよ発売

2012年のミラノサローネで話題になった新製品がいよいよ販売開始となった。デンマーク出身のデザイナー、セシリエ・マンツの手による、北欧を代表する家具ブランド、フリッツハンセン社製のいすだ。



(15)PR: 自動車保険一括見積もりで図書カードプレゼント実施中!


[info]
EMI GB クライスラー・楽曲集 ASD3258
0

2013/4/29

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ