teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

賃貸住宅情報研究会  

はじめに

 日常生活の中で大きな支出になるのは、家賃または、住宅ローンの返済ではないでしょうか?家や部屋を他の人から借りている場合は月々家賃として支払い、また住宅を購入した人は月々住宅ローンとして支払う。住宅を一括で支払いできる人はごくごく一部の人で、大半の人間は月々家賃や住宅ローンという形で支払っています。
 私は現在、部屋を借りて生活をしていますが、過去に2度家賃の値下げ交渉を実施し、成功させました。最初の家賃の値下げ交渉では、38,000円からから33,000円に値下げに成功しました。不動産屋さんとの短い時間のやりとりで5,000円の値下げです。
2つ目の物件の家賃交渉は、38,000円から34,000円の家賃の値下げに成功しました。年間いくら節約できたかというと最初に家賃の値下げ交渉をした物件は年間60,000円もの節約です。 2つ目の物件は年間48,000円もの節約になります。賃貸住宅でここまで値下げできることは非常に大きなことではないでしょうか?
2つの物件の家賃の値下げ交渉を成功させましたが、ふっと私は思いました。
現役の不動産屋さんに話を聞けば、もっと家賃の値下げ交渉がうまくいったのではないか・・・・・・
 そこで地域密着の老舗不動産屋さんにお願いしまして、うまくいく家賃の値下げ交渉について話し合いました。
すると・・・私には知らなかった家賃の値下げ交渉のやり方が次から次からと、でてきました!!
 また、地域密着の老舗の不動産屋さんとの話し合いで、気になることがありました。
それは、一人暮らしの人ほど家賃の値下げ交渉をしないことを知りました。不動産屋さんで働いている方とお話しした所一人暮らしで部屋を借りる人の約7割の人が家賃の値下げ交渉をしないのです。
 現在、日本の住宅は家を造りすぎて、空き家が増えています!!これは、部屋や家を借りて住む人にとっては、たくさんの物件から選択ということです。
一方の部屋を貸す大家さんにとっては自分が所有する部屋や家に住んでもらいたいが、なかなか決まらないのが実情です。(人気物件は除きます。)
そんな賃貸の住宅事情の中で家賃の値下げ交渉を行わない人がたくさんいることに驚きました。この不況の中で、日常生活の中で大きな割合を占める家賃の値下げ交渉をしないことは非常にモッタイナイことだと思います。
私と一緒に想像してみてください!!家賃の値下げ交渉をして、払うはずお金が、払わずに自分の元に残るわけです!!もし、家賃38,000円の物件が33,000円に値下げできたら、凄く嬉しくないですか?
もし、家賃を値下げした分が貯金にまわせることが出来たら嬉しくないですか?
もし、家賃の値下げに成功して浮いたお金で、焼肉やお寿司を外食で食べに行けるようになったら嬉しくないですか?
もし、家賃の値下げに成功して浮いたお金で、海外旅行に行けるようになったら嬉しくないですか?

私は実際に家賃の値下げ交渉に成功し、浮いたお金で違うことにお金が使えると考えたら、家賃の値下げ交渉をしてホントによかったと思いました。
ぜひ、入居前の入居申し込み前に私と同じように家賃交渉を実施してみてください!!空き部屋が出たら、すぐ決まってしまうような駅近物件や新築物件などの人気物件以外、家賃の値下げは成功することができます!!
 また、地域密着の不動産屋さんが実際に体験した、お客さんの巧みな契約更新時の家賃の値下げ交渉術を特典として掲載致しました。この契約更新時の家賃の値下げ交渉のやり方を地域密着の不動産屋さんから聞き、「こんな契約交渉の家賃の値下げ交渉もあるんだ!!。」とびっくりしました。
これを知ってしまえば高確率で契約更新時に家賃を値下げすることができます。

ぜひ、期待してください!!
http://www.yachin-1.com/
0




AutoPage最新お知らせ