日常生活での出来事や趣味のことなど気儘に書いております。
鉄道と食べ物ネタの多いサイトですが、時間つぶしにでもご覧ください。


なお、弊ブログの内容を行われた際の責任については負いかねますので、ご了承ください(自己責任ってコトです)。

2017/2/18

雪景色の三江線を撮る!-後編-  鐵道部

お昼ご飯を「道の駅かわもと」で摂ってから、次なるポイントは因原の濁川橋梁。
踏切脇からの上り列車撮影がメジャーですが、今回狙うのは下り列車。
クリックすると元のサイズで表示します
堤防に積もった雪を踏み固め、列車を待ちます。

にわかに雪が強くなり始めたころ、列車がやってきました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
望遠側にズームしてアップで。
乗客は見えませんでしたが、コレが三江線の現実。

さて、撤収じゃ。と一脚を雪から抜いたら先端の石突が無い!
雪をほじって探しましたが見つからず・・・
雪が融けたら探しに来ることにしましょう。

続いてのポイントは、まろねふさまが以前撮った江津本町界隈
雪はいつの間にか消えてしまいました。
本町の家並みと江の川を絡めて撮ろうとポイントへ向かうと、江津のシンボル?島ノ星山(470m)の☆マークがハッキリと見えたので、これも絡めて撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
まずまずのカットとなりました。

続いての列車は近所で撮影
クリックすると元のサイズで表示します
バックに日本海・・・と狙いましたが、橋の存在感が大きすぎてイマイチでした。

ここからは帰路。
田津あたりで列車を抜いてしまったので、再び「道の駅かわもと」へ。
因原駅でカメラを構えます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
見送ってこの日の撮影は終了。
結局、3週連続で三江線を撮っちゃいました。

次は春の撮影行ですね。
0
タグ: 三江線

2017/2/17

雪景色の三江線を撮る!-前編-  鐵道部

かっぱさまから三江線を撮りに行かない?とお誘いを受けたのは1月の末。
好天を期待していましたが、撮影予定日前日は大雪に。
アメダスや道路情報を収集し、幾つかのエスケーププランを考えて出発しました。
まずは三次駅で情報収集。
クリックすると元のサイズで表示します
お目当ての列車は運行されるようです。

Webの運行情報によれば30分程度の遅れとのこと。
馬洗川の堤防で、列車をひたすら待ちます。
クリックすると元のサイズで表示します

続いての撮影地は、石見都賀の大俯瞰・・・を考えましたが、林道は雪の中。
里道脇にてカメラを構えます。
クリックすると元のサイズで表示します
一脚が自立する、締まった雪です。
晴れたら眩しく、雪目にならないかと心配しましたが・・・

列車が来る頃には曇りました。
クリックすると元のサイズで表示します
モノトーンの風景に同化したキハ120。これがキハ40だったら朱一点で目立つのに・・・

クリックすると元のサイズで表示します
緩やかなカーブを抜けて

クリックすると元のサイズで表示します
サイド気味に。期待した雪煙は殆ど上がりませんでした。

列車が沢谷を廻っている間に、クルマで先回り。
石見簗瀬手前の道路橋袂で再びカメラを構えて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
往来するクルマを見守るお地蔵さまと絡めて1ショット
これで午前の撮影は終了。
石見簗瀬駅で小休止してから、お昼ご飯を求めて川本方面へ・・・
0
タグ: 三江線

2017/2/7

初春の三江線撮影行Part1-後編-  鐵道部

走れば嬉しい臨時列車、石見川本駅で情報収集・・・と改札へ向かえば無人駅巡回中で無人。
仕方なく、かっぱさまとスジを推理します。
推理したのは・・・
1) 9:40頃に江津出発で、浜原で424Dと交換
2) 10:50頃までに江津出発で、石見川本で424D〜426Dと交換
ツアーの性格から後者の可能性が高いと読みましたが、果たしていつ来るのやら。
腹が減っては撮影できぬ。と、道の駅で昼食を買って、石見川越〜鹿賀の線路際へ。
早めのお昼を食べてから、線路を見下ろす堤防に三脚を据えてひたすら待ちます。
2時間ほど過ぎ、ぽかぽか陽気になってきたころ、踏切の警報機が鳴り始めました。
クリックすると元のサイズで表示します
やった、神楽ッピング車だ。

撮影後、石見川本駅に立ち寄って、神楽の舞と絡めて撮影
クリックすると元のサイズで表示します

撮影ついでに運転席の乗務員用時刻表の時刻をメモります。
宇都井駅へ先回りして・・・
クリックすると元のサイズで表示します
更に1ショット。
5分ほど停車時間、車掌さんと雑談して帰りの時刻も教えて頂きました。当日中に三次から浜原まで回送し、430Dにひっつけて返すとのこと。式敷では427Dと交換するので、コレを撮ることに。

まずは428Dを江の川橋梁で。
クリックすると元のサイズで表示します

式敷駅構内を見下ろす道路脇にカメラを構え、回9438Dと427Dの交換を撮影。
クリックすると元のサイズで表示します
山の陰がちょっと惜しい。

ここで本日の撮影は終了。
晩に荷物整理していたら、グローブの片方をロストしていました(悲)。

今後もこのスジは要注意ですね。
0
タグ: 三江線

2017/2/5

初春の三江線撮影行Part1-前編-  鐵道部

先週に引き続き、三江線の撮影へ。
3:30に広島市内でかっぱさまをピックアップし、凍結した峠道を越えて着いたのは石見簗瀬駅。
川霧が立ちこめる中、420Dを撮影
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
霧が出ているから、今日はいい天気になりそうです。

続いて向かった先は浜原駅
クリックすると元のサイズで表示します
冠雪した三瓶山をバックに423Dを撮って

クリックすると元のサイズで表示します
更に422Dとの交換も。

R375を慎重に走って石見都賀のカーブへ向かい、
クリックすると元のサイズで表示します
422Dを再び

クリックすると元のサイズで表示します
残念ながらこの時季では側面に陽は当たらず。

普通ならこのあと折り返しの424Dを撮るんですが・・・
http://www.kotobus-tour.jp/tour/c/c159.html
の臨時が走ることに賭けて、川本方面へクルマを走らせます。
1
タグ: 三江線

2017/1/30

冬の三江線撮影行-後編-  鐵道部

三瓶山バックの撮影ポイントを求め、クルマを粕淵方面へ走らせます。
竹〜乙原辺りでは線路の先に三瓶山が見えますが、線路際には木々が茂って撮影は難しそう。
石見簗瀬〜明塚は車窓から三瓶山が見えますが、山際にカメラを構える余地がない・・・
う〜ん。
明塚〜粕淵で、対岸から何とか撮れそうなところが。
クリックすると元のサイズで表示します

更にクルマを走らせ、浜原から潮、石見都賀までの撮影地ロケハンを続けます。
何カ所か撮れそうなポイントが見つかりました。
で、午前最後の424Dは、三瓶山バックになりそうなトコロへ。
地図から見えるハズ!と凍結した林道を上がってみたのですが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
ありゃ。三瓶山はどこじゃ?

まぁ、この天気ならしゃぁない。と424Dを待ちます。
通過時刻が近づくと、霞んできました(悲)
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
走り去る424Dを見送ると、雨がポツリ。
早々に引き上げました。

で、土日の三江線、観光ツアーがそこそこ組まれているようで、
臨時スジでの運行がありそうです。
2/26は三次7:59→江津の臨時スジ。日中、式敷での交換風景が見られそう。
ワタシはお仕事で出張ですが・・・
0
タグ: 三江線



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ