日常生活での出来事や趣味のことなど気儘に書いております。
鉄道と食べ物ネタの多いサイトですが、時間つぶしにでもご覧ください。


なお、当ブログ内の画像ならびに文章の他サイトへの引用はお断り致します。

2017/5/6

新緑の三江線撮影行  鐵道部

この連休、ウチは前半の土日と3-7日の5連休。
前半の日曜は好天が期待できたので、恒例?の三江線へ。
狙うは田圃の水鏡、鯉のぼり、新緑を。
朝は無風、水鏡が期待できます。
香淀の田圃脇でカメラを構えます。
クリックすると元のサイズで表示します
422Dをイイ感じで。

口羽停車中に追い越して、宇都井へ。
クリックすると元のサイズで表示します
17mmレンズで駅全景を。

水鏡をイイ感じで撮れたんで、続いては鯉のぼりを。
伊賀和志駅そばの鯉のぼりと423Dを。
クリックすると元のサイズで表示します
ほぼ無風なので仕方ないですね。

さらに追っかけて、香淀の手前で。
クリックすると元のサイズで表示します

折り返しの424Dは潮の第二俯瞰で。
クリックすると元のサイズで表示します
新緑と絡めて。ちょっと霞んだ感じが惜しい。逆光だから仕方ないか。

降りたあとは、鹿賀の麦畑と絡めて・・・
と思ったら、飼料用?なのか、色づく前に刈り取りが始まってました。
クリックすると元のサイズで表示します
麦秋とはなりませんでした。

続いては川戸の鯉のぼりと絡めて、
クリックすると元のサイズで表示します
桜江大橋から狙いますが、ちょっと厳しいアングル。

鯉のぼりの袂まで行って、429Dを待ちます。
クリックすると元のサイズで表示します
17mmレンズで狙ってみました。列車が小さくなりすぎたかも。

429Dを追っかけます。乙原で鯉のぼりを見つけましたが、撮影には不向き。県道の旧道を走ってカメラを構え・・・
クリックすると元のサイズで表示します
見頃の藤の花と絡めて1ショット。

江ノ川と三瓶山を絡めての新たなアングルを探しますが見つからず、代わり?に廃バスが1台見つかりました。
結局、新緑と絡めて430Dを。
クリックすると元のサイズで表示します

この日最後の撮影ポイントは再びの潮駅第二俯瞰。
クリックすると元のサイズで表示します
432Dを200mmで。

433Dの潮駅発時刻は19:13、ブルーモーメントを期待して待ちましたが・・・
クリックすると元のサイズで表示します
残念ながら列車は暮色には10分ほど早い時刻に行ってしまいました・・・

帰って300mmの画像を確認したところ、ファインダー合焦表示と実際の焦点が合っていないことが判明。
チップのデータ修正を行いました。
2
タグ: 三江線

2017/4/19

春の三江線撮影行Part2 -4終-  鐵道部

お昼をまわると、雲行きが妖しくなってきました。
時間があるので、乙原駅前で軽くお昼寝。
一瞬、パラパラと雨が降ってきましたが、本降りにならず一安心。
425Dを駅近で。
クリックすると元のサイズで表示します

さらに追っかけて、浜原駅で桜と絡めて。
クリックすると元のサイズで表示します

沿線の桜が見頃ということもあって、あちこちに撮影者が結構居ます。
動くのも面倒なので、今回の撮影行は潮駅で締めることに。
2時間近く前から、ホームの端っこに三脚を立てて・・・
クリックすると元のサイズで表示します
300mmで429Dを。
日差しがあれば逆光で桜が引き立ったのに・・・

見送ったあと、第一俯瞰ポイントへ。
三脚をセットして列車を待っていたら、かっぱさまが登ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
暮色には早い時刻にやってきた432D。

暮れてくると、ぼんぼりの灯りが夜桜を引き立てます。
クリックすると元のサイズで表示します
433Dの光跡。

ライトアップは21時までということなので、最終の436Dは駅近で狙うことにしました。
クリックすると元のサイズで表示します
ライトアップされた桜と列車、超広角17mmで収めてみました。

2日間の撮影行、まずまずの成果となりました。
次は鯉のぼり、田圃の水鏡、新緑と列車の組み合わせかな。
1
タグ: 三江線

2017/4/16

春の三江線撮影行Part2 -3-  鐵道部

翌朝は5時前に起床。廻りを見渡せば濃い霧。
晴れが期待できそうですが、朝方の撮影は辛そうです。
まずは田津駅へ。
クリックすると元のサイズで表示します
霧の中、駅へ進入する423Dを300mmで狙います。

続いては420Dを鹿賀で。
クリックすると元のサイズで表示します
ココは撮影者が多かったのですが、このアングルはワタシ一人。

続いて、簗瀬方面へ走って422Dを狙います。
クリックすると元のサイズで表示します
朝の光の中、桜をくぐって到着する列車と待つ乗客を。

クリックすると元のサイズで表示します
発車してからアップで。
更にレンズ交換して・・・
クリックすると元のサイズで表示します
後追いでワンカット。
この時間では、霧は未だ晴れません・・・

潮へ行こうか迷いましたが、霧が晴れてくると三瓶山が姿を現しました。
というわけで、三瓶山と絡めて撮れるポイントで424Dを待つことにします。
クリックすると元のサイズで表示します
その前に腹ごしらえ。

お昼が近づくと、曇ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します
曇り空の向こうに微かに三瓶山が見える構図に。

クリックすると元のサイズで表示します
山桜と絡めての後追い。
同業者が居ないアングルでの撮影が続き、まずまずの成果です。
2
タグ: 三江線

2017/4/14

春の三江線撮影行Part2 -2-  鐵道部

さて、午後の撮影行へ。
川の駅常清で軽くお昼を食べてから、口羽駅へ。
駅の三次方のオーバークロスでカメラを構えます。桜は五分咲きといったところ。
クリックすると元のサイズで表示します
桜をくぐる428D

10分ほどで427Dとして折り返すので、近くの踏切脇でカメラで撮影。
クリックすると元のサイズで表示します


その前に・・・都賀のカーブで稼働中のマルタイを発見!
クリックすると元のサイズで表示します
桜と絡めて撮影しました。

続いては沢谷駅方面へ。
クリックすると元のサイズで表示します
時折小雨が降る中、ホームへ進入する429Dを流し撮りで。

この日最後の撮影地は潮駅俯瞰。
クリックすると元のサイズで表示します
気合いを入れて機材を担ぎ上げました。

432Dを撮影後、暮色が濃くなり・・・
クリックすると元のサイズで表示します
川面から霧が立ち上る幻想的な風景が展開されました。
このタイミングで列車が来ないのが実に惜しい!

夕闇迫る中、この日最後のショットは433Dの後追い。
クリックすると元のサイズで表示します
真っ暗な山道を下って、本日の撮影は終了。

しっかり汗をかきました。美郷のAコープで晩ご飯を仕入れてから・・・
クリックすると元のサイズで表示します
三瓶山麓の共同湯で汗を流し、道の駅滞泊で明日の撮影に備えました。
1
タグ: 三江線

2017/4/11

春の三江線撮影行Part2 -1-  鐵道部

さぁて、桜の季節がやってきました。
満を持して?の撮影行です。ただ、土日では沿線でゆったりした撮影は難しそう。
というわけで、お仕事の調整をして、なんとか金曜日から撮影できることに。
自宅を3時に出発。小雨降る山越えしての最初のポイントは川戸駅。
回復傾向ですが、時折パラパラと降ってきます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
桜のゲートを通る423Dを撮影。

これを追っかけて・・・ 田津で一度追いつきましたがイマイチで・・・
鹿賀へ。
クリックすると元のサイズで表示します
再び423Dをサイドで。
雨降るなか、420Dを
クリックすると元のサイズで表示します
これまた中途半端な構図で。雨降りだとテンション下がりますね。

気を取りなおして、再び田津へ。422Dを築堤脇から。
クリックすると元のサイズで表示します
これで晴天だったらなぁ。

天気はずっと曇り。時折小雨が降ってきます。
午前の最後は、潮駅の俯瞰ポイントへ。このときの桜は七分咲きといったところ。
汗だくになって、機材を担ぎ上げて424Dを待ちます。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
小雨模様でしたが、まずまずのカットとなりました。

桜の開花状況をみると、ちょっと物足りない感じです。
尾関山まで足を伸ばすのは止めて、口羽で撮影することにしました。

たっぷり時間があるので、潮駅のホームに降り立ち、廻りを見渡すと・・・
「お、駅を俯瞰できそうなところが未だある!」
再び山の中へ分け入り、踏み跡薄い山道を進みます。
30分ほど歩き回って、ポイントへのルートを発見したのでした・・・
2
タグ: 三江線



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ