2009/2/1

テレウェイヴ 噂  

当社はもともと、レディース・シューズの底に使うゴム部品や、サンダルやミューズを飾るアクセサリーを製造するメーカーでした。でも3年ほど前のあるとき、シューズ製品になってケース単位で返品されてくる商品を見ながら、ふと、「返品ケースのすべてが不良品ではないし…、良品だけネット・オークションに出品してみよう」と思いついたんです。実際に出品してみると大変好評で、原価も低いことから利益にも繋がりました。それで、「これはネット通販として事業になるのでは?」と考えるようになりました。テレウェイヴリンクスさんからネットショップ開設の提案があったのも同じ時期で、色々とお話を伺った結果、特にホームページデザインの質の高さや周辺機能の充実ぶりに魅力を感じ、『Shop NikoNiko』としてネットショップを開設することになりました。現在のネットショップ支援ツールには、まずは商品管理に期待しています。販売品目はファッション・アイテムですから、同じ種類でもサイズや色ごとに細かい品揃えを実現する必要があります。結果として取り扱う商品は膨大な点数になるのですが、以前は品数に比例して商品管理まで難しくなっていくという事情がありました。その点で、細かい商品設定や登録作業が行える「MyDoショップ」が、適切な商品管理を実現してくれたんです。季節ごとのトレンドが大きい業界なので、ページの更新作業も頻繁に行っています。その点でも「MyDoショップ」は柔軟性が高く、訴求したいアイテムをすばやく簡単に更新できるので、売り上げ増に大きく貢献していると感じます。アクセス数は目に見えて増えました。検索エンジン対策(SEO)でもお力を借りましたね。効果を実感したのは今年の春頃です。“激安”などのキーワードで、検索エンジンの1ページ目に『Shop NikoNiko』が表示されることもあったぐらいです。主に25歳から30歳前後の女性を購買層と捉えて、基本的なシューズ製品の品揃えを確保しつつ、それ以外のアセサリー類も“まとめ買い”したくなるようなサービスの実現を心掛けています。例えば、5,000円以上の注文を頂いた場合は送料を無料にして、“ついで買い”を促すような工夫ですね。そういう点では、ネットショップ独自のカート機能も効果を発揮していると思います。メールマガジンの配信機能などはほんとうに重宝しています。価格、品揃え、サービス…、すべての情報にお客さまは敏感なので。ネットのお付き合いは人間味が希薄になるように感じるかもしれませんが、実際は逆です。従業員ひとりひとりの“顔”が見えるような対応でないとすぐに信用を失ってしまうんです。当サイトは他店舗に比べてリピーターが多いと思いますが、それは今の会社の規模が小さく、従業員がそれぞれ臨機応変に対応できる状況が、良い結果に繋がっているのかもしれません。例えば在庫切れの商品をご注文頂いたら、「代わりにこんな商品はいかがでしょう?」と個別にご連絡したりしていますから。今後に向けて、システム上で期待している点は検索機能を拡張したいということです。色やサイズだけでなく「ヒールの高いもの、低いもの」といった、お客さまが気になる視点で柔軟に検索できる機能を実現できたらと思います。あとは、例えば商品選択の画面で、選択されたシューズに合うようなアクセサリーをサブ画面で表示するとか、現在の注文金額を表示しつつ“あといくら注文すれば送料無料に!”といった案内を表示するとか。これからもテレウェイヴリンクスさんには色々と相談することになりそうです(笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ