自己表現  

★自己表現が自然にできる人とできない人

 では、人生に大きな差が出てくると思いませんか?


 間違いなく差が出てきます。
 歴然とした差が出てきます。
 まるで生きている世界が違うと思えるくらい差が出てきます。


 ところで中村さんはこんなことはありませんか?


・いい人だと思われるためなら、自己主張をしない

・人と考えが違う場合、ハッキリと自分の意見を言えない

・好きな人だったり、年長者だったり、経験者だったりすると
 言いたいことの 10分の1も言えない

・自分の考えを求められてもよくわからない、
 うまく表現できない

・人が意見を言うまで自分の意見は言わない傾向がある

・自分の主張を通そうとすると自分勝手だと思ってしまう

・議論している人たちを見ていると喧嘩しているように見えてしまう

・議論している人たちの目の前にいるとドキドキしてしまう、
 思わず仲裁に入りたくなる


もしいくつか、思い当たる人がいたら、、、、、

自己表現の仕方を学ぶと共に
【自己表現してもよいのだ】とメンタル面で変えていくと

人生がさらに楽しく、豊かに、そして輝かしくなりますよ。


 その最初のステップは

【自己表現することで人が嫌な感情を感じても、私の責任ではない】

と知ることです。


まずはこの宣言を10回くらい、言ってみましょう。


言ってみて、どうでしたか?
クリックすると元のサイズで表示します
0

エッチの女性の行動!  

女性のエッチ度数がすぐに知られてしまう、そんな「わかりやすい」行動とは!?


1. 「場違い」「浮いている」あの子は遊び目的!?
カジュアルな場所なのにセクシーにキメている「場違い」な女子は遊び目的がほとんどと、恋愛カウンセラーのトレイシーさんは言う。
「遊びの恋」ではなくて「本気」を求めている男性はこのタイプの女子を「避ける」ので、本気の恋をしたい女子はその場に応じた格好をすべきかも。


2. 赤ワインを飲んでいる女子はエッチ好き!?
単純に赤ワインが好きなだけかもしれないが、1日に赤ワインを数杯飲む女性はエッチへの欲求が強いということが、イタリアの研究結果でわかったそう。
男性でもこの事実を知っている人が多いのか、男性が赤ワインを飲んでいる女性に声をかける割合は、他のアルコールを飲んでいる女性よりも多いそうだ。


3. 目を見開く女性はエッチにオープン!?
フロリダ州大学の研究によると、男性と面した際にまゆ毛を上げたり、目を大きく見開いたりする女性はエッチにオープンな傾向にあるそうだ。
好意を抱くと人間は瞳孔が開くそうなので、目元から多くを読まれているのかもしれない。


4. スポーツ系女子は外見重視しない!?
ポーランドの研究員らが行った実験によると、体形などをしっかりメンテナンスしているスポーツ系女子は男性の容姿を気にしていそうだが、
実際はあまりこだわりを見せない傾向にあるということがわかった。


5. サバサバ女子は「恋人」タイプではない!?
恋愛心理学者によると、サバサバしている「冷たい」印象を受ける女子の9割が「恋人は要らない」というタイプなのだそう。
サバサバしている女子が恋人を求めている場合だってあるのに、男性雑誌でこう書かれてしまうとサバサバ女子に「恋人タイプ」の男性は寄って来にくくなってしまう。
男性に合う時にはサバサバせずに、温かい雰囲気を出すようにした方が良いのかも?


ソース:マイナビウーマン
http://woman.mynavi.jp/article/130623-009/クリックすると元のサイズで表示します
0

今日の地球  

0

人生をよりよく生きる秘訣  

1. 美しいものに感謝をする
私たちは一日に幾度も色々な形や姿の美しいものに出くわしています。残念なことに見慣れてしまうと、それがありがたいことだとさえ気づかなくなります。今一度自分の周りの人々、植物、モノ、建物を見直して、それがどう特別なのかを考え、感謝をしてみる時間を持ってみましょう。

2. 自然とのコンタクト
自然というものは、現代社会のストレスや緊張をほぐす治癒力というものを持っています。公園でランチや、簡単な家庭菜園をしたり、夕日を眺めるような、外でできるような日々の簡単なアイデアでいいのです。

3. 笑う
有名なアメリカの詩人カミングス(E.E. Cummings)はこう言いました。「最も無為に過ごした日は、笑わなかった日だ」 全くもってその通り。笑うのに忙しすぎるとか、笑うにはシリアスすぎるなんてことはありません。愉快な人を周りにたくさん集めて、自分だけの価値観に溺れてしまわないようにしましょう。

4. シンプルな楽しみを持つ
朝起きるとおいしい一杯のコーヒー。 小さな8ヶ月の息子と過ごす時間。おいしい夕食作り。これらのことは、大きく興奮する程のことでもないけれど、小さなな喜びを与えてくれます。少しの時間を割いてこれら日常の出来事に感謝することで、毎日がすぐに楽しくなりはじめます。

5. 人と接する
人間関係、人とつながりを持つことは、様々な形で幸福感を与えてくれます。もしかすると、仕事を一番楽しむ方法は、給料のアップや昇進ではなく、同僚との関係をしっかりと築いていくことかもしれません。

6. 学習する
学習と幸せは強く関係しています。脳を刺激したり日々新しい何かを学ばない為の言い訳なんてありません。仕事先までの交通時間でもかなりの勉強ができます。

7. 朝と晩について考え直そう
朝、大急ぎで慌てて外に飛び出したりしていませんか?夜はテレビを消してまっすぐ布団に入っていますか?朝晩の生活習慣にリズムをつけることはかなり大きな恩恵があるのです。例えば朝は1時間早く起きてその時間を読書や書き物、あるいはエキササイズをするなど、夜は寝る前に一日にしたことを振り返るなど、自分のために時間を使うのです。

8. 成功を祝おう
毎日の日常で、必ず小さな成功というのがあるにちがいありません。それは難しい顧客との商談が上手くいったとか、売り上げにつながったとか、賞賛の言葉をもらったなどです。これらのことは祝賀パーティをひらくほどの成功ではありませんが、自分で祝う時間を少し持ってみるというのはどうでしょうか。誰かと小さな成功を分かち合ったり、ちょっと豪華な昼食で自分に報いてみたり、時には心の中で自分の背中をぽんぽんと叩いて励ますのもいいかもしれません。

なるほどと思える点が多いです。ひとつでも実践することで、毎日の生活に潤いが持てれば幸いです。クリックすると元のサイズで表示します
0

国際自由人という生き方!  

「もっと人生を楽しくしたい」、「海外で自分だけの夢を見つけたい」、

「月収19万円でも大富豪生活がしたい」 「ストレス社会の日本から脱出して、海外で生活してみたい」、

「子どもの語学教育のために家族で海外移住したい」「海外でビジネスをして世界を相手に稼ぎたい」、

「海外で資産運用して、貯金をドンドン貯ためたい」
このような理想をぼんやりと描いているのではないでしょうか。

今の日本は、しっかりした夢や希望を持っている人が少なくなっているように感じます。

自分の人生とはこんなものだとあきらめ、日々のルーティンを繰り返すだけ。
でも、あなたも子どものころは「こうなりたい」、「あれがやりたい」といろいろな目標を持っていたはずです。

それを「現実を知る」という言葉を理由にあきらめ、既存の枠組みでの生き方
を選ぶことを「大人になる」と思っている人がなんと多いことでしょう。

20代や30代、まして50代、60代になって海外に移住することは、
本当に「いい年をしてバカなことを考えている」のでしょうか?
 
私は決してそうは思いません。

日本が経済的に目覚ましい成長を遂げ、世界中から注目を集めた時代も残念ながら過去のもの。
今は地球上の人々全員が、国境を越えて自分にふさわしい土地で何かを成し遂げる時代になっています。

この本を読めば、あなたも理想のライフスタイル、夢や希望を見つけることができ、そして、一度きりの
人生という旅において、本当の自分を出し切り、すべてにチャレンジしていくことができるようになるはずです。
クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ