多汗症の原因について調べてみた!  多汗症





多汗症の原因は、大きく分けると7つに分けられます。

・身体異常
・疾患
・ストレスや緊張
・ホルモンバランス(これの乱れが、生理痛がひどい、生理が不規則、生理前にPMSになる、更年期障害の症状がつらいなどの場合の原因だとされています)の乱れ
・食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)
・遺伝
・肥満

多汗症の原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)で最も多いのが、身体異常によるものです。

生まれつき汗が出る「汗腺」に異常がある場合、大量の汗をかいてしまいます。

また、何かしらの病気によって、多汗症(心身療法や薬物療法などで症状が軽減できることもあるでしょう)を引き起こしているケースもあります。

その場合は、限られた部位にだけ汗をかくのではなく、全身から大量の汗をかくことが多いです。

そして、過度のストレスや緊張といった精神的原因で、多汗症になる場合もあります。

これはストレスなどによって、自律神経の働きが乱れるために起こると思ってください。

更年期障害などによって、ホルモンバランス(女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌の調整のことをいいます)が乱れることで、多汗症になることもあります。

それから、味覚が過度に敏感な人に多く見られるのが、味覚性多汗症という病気です。

熱い物や辛い物を食べた時に異常なほど汗が出る人は、味覚性多汗症の疑いがあります。

それに、性格や体質の遺伝によって多汗症になる人や、肥満が原因で多汗症になる人もいます。

手 多汗症 改善


0




AutoPage最新お知らせ