2009/7/17

広汎性発達障害の改善法とは?  障害

広汎性発達障害の改善法とは、一体どのようなものでしょうか?
先日見つけたのが、「リスニング・フィットネスプログラム」や「臨床動作法」という方法で、これはカナダで研究開発された手法のようです。
発達障害の原因として、リスニング(聴き取り)力に着目し、トレーニングによって集中力、分析力、理解力などをアップさせるというものです。
聴覚訓練と脳の働きのつながり?と不思議に思うかもしれませんね。
聴覚を訓練することによって、脳へ送られる情報や刺激をコントロール可能となり、脳の働きが良くなったという実験結果、事例が多くあるそうです。
広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、学習障害の改善に効果があるとされています。



>>詳しい障害の改善法についての情報はココにありますよ。

0

2009/7/17

汎性発達障害について  障害

汎性発達障害の改善法について、調べてみました。
広汎性発達障害って、ご存知ですか?
広汎性発達障害とは、自閉性障害や自閉症、特定不能広汎性発達差障害、アスペルガー障害といった症状を含み、
対人的な相互反応や社会性、言語などによるコミュニケーション、想像力が元になった行動などが発達しないことより生ずる障害をいいます。

広汎性発達障害は発達障害でありながら、知能指数が限られず高い場合と低い場合の両パターンが見受けらますが、
かつてから認知度が高かったのは、知能指数が低い場合でした。
広汎性発達障害は、障害の程度や本人の環境によって、障害と認められない場合も多いようです。
0

2009/7/17

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ