麻原の三女と四女  様々な話題

今日は地下鉄サリン事件から20年

その前日、
日本テレビの「NEWS ZERO」で、
麻原彰晃の三女に対するインタビューが放送された。

今回実名で顔を出してインタビューに応じたのは、
「止まった時計」という本を

クリックすると元のサイズで表示します

地下鉄サリン事件20周年の本日、
発行することになったためだ。
実名は松本麗華(まつもと・りか)さんという。
31歳

クリックすると元のサイズで表示します

三女と言えば、
当時、教団では「アーチャリー」と呼ばれて、

クリックすると元のサイズで表示します

麻原彰晃の寵愛を受け、
逮捕後、
麻原から教団トップに指名されたことで知られる。

クリックすると元のサイズで表示します

当時、マスコミのインタビューに
小生意気な態度で応じていたのを覚えている。

クリックすると元のサイズで表示します

インタビューの冒頭、
「どうして今回、取材に応じようと思ったのですか?」

クリックすると元のサイズで表示します

との問いに、次のように答えている。

クリックすると元のサイズで表示します

「びくびくおびえながら、
隠れながら生きるのではなく、
自分の父親として
麻原彰晃を受け入れて、
麻原彰晃の娘として生きていこうかなと
そういう気持ちになったからです。
家族もばらばらだし、
自分の心もぼろぼろだし、
今までの生き方じゃだめだと思って、
こうやって応じさせていただくことにしました」

クリックすると元のサイズで表示します

当時の教団内部の様子や
強制捜査の日のことや
14歳の時の心境などを述べ、
中には自殺未遂をしたことも。

クリックすると元のサイズで表示します

麻原彰晃に面会に行った時のことも語った。

「父と会って、
何があったのか、
父が本当に事件に関わったのか、
聞こうって。
父と会えば
全て変わるんじゃないかって
また生きる目的を見つけられるんじゃないかって
思っていたのは・・・」

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、麻原は意味不明なことを言い、
意思の疎通は出来なかったという。
今でも毎月一度拘置所に面会を求めて行くが、
「呼びかけても部屋から出ない」として
面会できない状態が続いている。

そして、今回の出版のことについて触れる。

クリックすると元のサイズで表示します

「オウムも事件も父も飲み込みきれなくて、
ぐちゃぐちゃになったまま、
私の中にあった。
それが書いていくうちに、
時間がだんだん動き始めて、
今までごちゃごちゃだったものも整理されていって、
それぐらいにいろいろなことがあったんだなって」

現在の教団との関係について聞かれると、

「関係ないです。
属してもいないですし、
場所にも行かないですし、
アレフの教義を広めようなどとは
到底思いませんし、っていう状態ですね」

教団からいまお金を受け取っていないか、と聞かれると、

「ないですね」

ときっぱり。

父親についての質問は、次のようなやりとりだった。

「あなたの父親が事件を指示したことについて、
どう思いますか?」

クリックすると元のサイズで表示します

「指示をしたと裁判で言われていることは
分かっています。
もう裁判も終わってしまって、
指示を出したんだろうと、
おそらく日本中の方が
そう思っていると思うんですけど、
父が語るまでは
父の関与については
保留し続けようって思っています」

クリックすると元のサイズで表示します

「保留というのは?」
「『分からない』。
指示を出したかもしれないし、
出してないかもしれない」
「事件で苦しんでいる方々にとっては、
(あなたの主張は)受け入れられないと思いますけどねえ」
「・・・被害者の方々のことを考えると、
何と申し上げていいのか分からないんですけども・・・」
「一般的には受け入れられない話で」
「はい」
「あなたは事件に向き合っていないんじゃないか」
「はい」
「と思われると思いますね」

クリックすると元のサイズで表示します

「そうですね・・・そう思われると思っています」
「オウム事件の被害者のことを
考えることがありますか」

クリックすると元のサイズで表示します

「それは・・・考え・・・考えない方が難しいですよね。
被害者の・・・方が・・・
大変な思いをされてて・・・
こんなこと、なんでしたんだろうって・・・
分からないですよ。
それが・・・(歯を食いしばり、涙を流す)
私のことを大切にしてくれた人たちが起したんですから・・・」

ナレーションが続く。
「麗華さんは、
教団幹部が事件を起したことは認めながらも、
父の指示については、
あくまでも『分からない』と話した。
しかし、裁判では、
多くの教団幹部が
事件は松本死刑囚の指示だったと詳細に証言。
松本死刑囚の死刑判決は確定している」

ここからは、
紀藤正樹弁護士下川美奈日本テレビ社会部デスクが解説。

クリックすると元のサイズで表示します

紀藤弁護士:
「20年経って、実名と顔を出して、
自分の言葉で語りだしたというのは、
一歩だと思うんですけど、
彼女の言っていることというのは、
結局、自分の父親である松本智津夫死刑囚が
事件に関与したかどうか分からないところで止まっているんですね。
それというのは、
いわばアレフの言っていることを代弁しているような形になってまして、
自分の持っている言葉の影響力をもっと真剣に考えていただきたいなと思いますね」

下川デスク:
「彼女に9年ほど前にインタビューした時には、
顔を写すのも駄目で、
話す内容というのも、限られていたんですね。
今回、自ら顔や実名を出して、
何でも聞いて下さい、
というスタンスで取材に応じたということは、
一歩踏み出したのかな、という風な印象は受けました。
ただ、一方で、
彼女の妹が、
まあ、別に暮らしている妹ですけど、
今日、父親の罪の重みですとか、
被害者への謝罪をつづったFAXをメディア宛に送って来ているんですね。
そういうことと比べても、
麗華さんはまだ現実を見ていないところがあるというか、
特に父親の罪については
直視していないような印象は持ちました」

紀藤弁護士:
「被害者、遺族の方々の中には、
事件をずっと傍聴し続けている方もいらっしゃるんですね。
そういう方から見ると、
松本死刑囚の事件関与は裁判でも認定されているといい、
裁判官が13人も死刑囚を出してそこで認定している事実から見ると、
客観的にも動かしようがない事実なんですね。
そこについて、彼女が『分からない』といい続けている限りは、
やはり、もう少し遺族に対して、
『分からない』ではなくて、
少なくとも謝罪であるとか、
申し訳ない気持ちというものを
もう少し出していただきたいな、と思うし、
そうでない限りは、
今のアレフ、あるいは光の環とそれほど違いがない、
というか一種の分派活動のようにも見えてしまうんですよね。
だから、もう少し踏み出してもらいたいな、と思いますね」

下川デスク:
「彼女の話を聞いていると、
今回取材に応じたり、本を書いたりというのも、
結局、自分のためなんだな、
という感じがするんですね。
彼女は自分がどう思おうと、
当時あるいは今の信者たちにとっては、
麻原彰晃の寵愛を受けた特別な子どもという意味合いがどうしてもあるわけです。
だからこそ、逆に、彼女が
事件は父親の指示だったという現実を受け止めて、
被害者への償いの気持ちをはっきり示すことで、
信者にも影響を与える可能性もあるわけで、
是非、自分のため、以上のことを考えてほしいな、と思いました」

クリックすると元のサイズで表示します

最後にキャスターの一言:
「松本麗華さん。
確かに自分自身が事件に関わったわけではありませんけれども、
被害者の方へのお詫びの言葉がなかったのは、
残念に感じました」

本人が
「麻原彰晃を受け入れて、
麻原彰晃の娘として生きていこうかなと
そういう気持ちになったからです」
と言っているということは、
父親の罪も受けて立つということだろう。
実名と顔を出した以上、
非難にさらされることも覚悟の上だろう。
しかし、その覚悟の割には、
父親の確定した罪に対して
「父が語るまでは」
などと逃げを打っている。
父親がまともに口もきけない状態であることを知りながら。
これでは彼女の被害者への謝罪は永遠にあり得ない。

本にした動機も
「自分のため」
どうかメディアも周辺も
彼女を持ち上げたりしないでもらいたい。


そしたら、
地下鉄サリン事件20年の今日、
フジテレビのニュース番組に
松本死刑囚の四女が出演し、
松本聡香さんという仮名で、
すりガラスごしに話をした。
内容は下記のとおり。

(20日は、
地下鉄サリン事件の発生から、
ちょうど20年。
きょう、聡香さんが一番言いたいことは?)

ただ、被害者の方々、ご遺族の方々に
申し訳ないっていう気持ちで、
謝罪させていただきたいという気持ちです。

(きょうという日にあたって、
あらためて松本 智津夫死刑囚、
お父さんに、どんなことを言いたいか?)

本当は、被害者の方に、
父の声で、
ちゃんと謝罪をしてほしいなと思っています。

(謝罪というレベル以前に、
いったい、なぜあの事件を引き起こしたのか。
何をやろうとしていたのか。
一切、法廷で語っていないが、
それについて、どう思うか?)

自分がやったことから目をそらして、
情けない父親だなと思います。

(自分の父親が、
聡香さんが生きるにあたって、
相当、聡香さんの人生を苦しめているという側面もあると思うが、
それについて、どう感じるか?)

憎んだことがないといったら、
うそになりますけど、
わたしの分は、今は憎んではいません。
普段から、いろんなことを学ばせていただいたので、
ありがたいとも思っていますけど、
さすがに、人殺し、テロリストの娘という立場は、
つらいものです。

(何度か自殺も図ろうとしたようだが?)

100回以上自殺行為をしました。

(そうした中、聡香さんにとっては、
お姉さんにあたる三女のアーチャリーが、
本を出したり、
それからテレビに出演したりしているが、
それについてどう思うか?)

姉はまだ、被害者の方に対して謝罪をしていないですし、
本も少し読みましたけど、
よくここまで、うそがつけるなっていうぐらい、
でたらめというか、
わたしが知っている事実とは違うものでした。

(本の内容が、でたらめ。
真実は語られていない?)

はい。

(オウム真理教の跡を継いでいる
アレフという存在がありますね。
聡香さんは、アレフは危険だと思うか?)

はい。
オウム事件が起きるまでは、
オウムがテロ集団とはわからずに、
信者は、ポア、殺人という概念が、
本当に現実に行われているということは、
知らないでいた信者さんがほとんどだったわけですけど、
現在は、殺人を肯定した教義を、
そのまま変えずにやっているので、
すごく危険だと思います。

(次男を後継者にしようという動きがある。
これは、絶対にそうさせてはならないと思っているようだが?)

はい。

(どう働きかけていこうと思っているか?)

弟に限らず、ほかの信者もそうですけど、
何か、伝えようとしても、
自分たちに都合のいい情報以外には、
耳を傾けないので、
なかなかアプローチは難しいなと思っています。





2018/7/7  21:02

投稿者:通りすがりの名無しさん

四女さんはお姉さんより現実的な人だと思った。彼女の生きる茨の人生を思うと涙が出た。子供は親を選べない。そういう意味で可哀想だと思った。お姉さんもどうしたらいいのかわからないのだと思う。でも子供は親の罪を相続しない。世間の人間たちはお姉さんを非難しているがそれは間違った正義感だ。過剰な正義感も悪だと思う。

2018/7/7  20:36

投稿者:ちむぽにけがはえた

ぽこちん

2018/4/10  18:52

投稿者:いつの時代の話だろ

中学時代の修学旅行が九州一周だった。

日本でもそんなことあるんだなと、今となっては思うことだが、福岡のある神社の境内で、朝鮮人に対する謝罪をさせられそうになったことがある。

謝罪しなければいけない理由が「日本人だから」

当時はねっ返りだった俺は、当然、担任の教師を怒鳴りつけて、その場から勝手に離れたわけだが

今仮にそんな要求をされても、俺は同じことを言うだろう。

知るかばーか

2017/9/9  12:03

投稿者:虚数

子供は親を選べないからね…

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ