映画『本能寺ホテル』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

この映画、「再び『プリンセス・トヨトミ』のスタッフ・キャストが集結」
と書いてあるので、
万城目学の原作だと思ったら、
そうではなく、
脚本の段階で万城目は下ろされたらしい。
で、監督の鈴木雅之と脚本の相沢友子
主演の綾瀬はるか堤真一らが集結、ということに。
ホテルのエレベーターが本能寺とつながっていた、
というのは、万城目的アイデアに見えるが、
どういうことになっているのか。

倉本繭子は、会社の倒産を機に
恋人の吉岡のプロポーズを受け、
吉岡の両親に挨拶するために、京都に向かう。
ホテルの予約の手違いで、
泊まるところを探さねばならなくなった繭子は、
路地裏にある『本能寺ホテル』という
変わった名前のホテルに宿泊する。

(京都の中京区には、「ホテル本能寺」というホテルが実際にある)

クリックすると元のサイズで表示します

エレベーターに乗った繭子がエレベーターを下りると、
そこは大きな寺で、戦国時代の人々がいた。
やがて、そこが1582年の本能寺で、
その日は信長が暗殺された本能寺の変の前日だと分かる。

というわけで、信長の時代のオルゴールと
フロントの呼びリンの音が合図となって、
戦国時代と現代の間を繭子が行き来することになるのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

アイデアはまあまあだし、
タイムスリップした場所が
日本史最大のミステリーとされる本能寺というのも
妥当な選択。
(しかし、類似作品に「信長協奏曲」(2016)あり)
信長に明智光秀の謀叛のことをいつ知らせるのか、
謀叛を知った信長が一体どうするのか、
歴史は変わるのか変わらないのか、
それと現代との関連はどうなるのか、
といった興味深い内容なのだが・・・

クリックすると元のサイズで表示します

結論としては、
歴史は変わらない(変えようがない)し、
新説が発表されるわけでもない。
信長こそ戦さのない、平和な世の中を望んでいた、
などというのは、新説でも何でもなく、
現代の価値観の押しつけでしかない。
(というか、「信長協奏曲」で既にやっている)
目新しいのは、
秀吉の中国大返し(どうしてあんなに迅速に京都に戻れたか)の謎くらいか。

クリックすると元のサイズで表示します

京都観光の一枚のパンフレットを信長が見て、
「平和な戦さのない太平の京が実現するのなら」
と、歴史を変えない道を選ぶ、
というのは、面白くもなんともない。
繭子の「自分探し」の結論も大甘過ぎて、白ける。
冒頭の信長の進軍の様子と、
繭子のホテル探しのカットバックで
少しだけ期待させたが、
終わってみれば、
合議制の委員会方式の悪いところが出た感じだ。
プレバト風に言えば「凡人」の作った映画。

クリックすると元のサイズで表示します

わざわざお金をかけて映画にするのなら、
万人をうならせるような「ひねり」がほしい。
まだ「信長協奏曲」の方が、
信長は未来人の高校生が入れ代わり、
明智光秀は実は信長本人で、
真の悪役は信長に恨みのある秀吉だった、
という「ひねり」があった。

ただ、綾瀬はるかの天然ぶりが、
全体の不自然さを見えにくくしているし、
堤真一の信長は、なかなかいい。
濱田岳近藤正臣らの演技が映画を支える。
それにしても、八嶋智人扮するマッサージ師の
思わせぶりな描写は何だったんだろう。

つっこみ所は満載だが、
「信長協奏曲」のレビューに、
「そもそもタイムスリップなんて
ありえないことが起きてる話なんだから、
深く考えてはダメ。
軽い気持ちで見たらそれなりに楽しめる」
とあって、納得した。

そこそこ観ていられたので、
5段階評価の「3」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/mJW305CadBg

TOHOシネマズ他で上映中。


                                    
タグ: 映画

23区所得ランキング  耳より情報

同じ都市でも、
地域によって貧富の差はあるもの。
たとえば山の手と下町では、
その住民の構成から、当然収入の差は生ずる。
それは、良い悪いではなく、
歴然たる現実だ。

このたび、
総務省統計局のデータを活用して
東京23区の年収ランキングが掲載されたので、
紹介しよう。

2013年度の各区の課税対象所得を
納税義務者数で割って計算。
分子が所得だから、
この数字より実際の年収はもっと多い。
「年収ランキング」より「所得ランキング」の方が正しい。

まず、ワースト5から。

第19位
江戸川区・・・所得平均346万円

クリックすると元のサイズで表示します

東京都の東の端。
東は千葉県と接しており、
北は小岩、南は葛西臨海公園までが区域。
総武本線、都営新宿線、東京メトロ東西線、京葉線と
各線が都心からつながっており、
交通の便は比較的良い。
区の平均年齢は42.83歳と
都内で3番目に若い。

第20位
荒川区・・・所得平均345万円

クリックすると元のサイズで表示します

都電荒川線が横切る古くからの住宅エリア。
区の面積も小さく人口も少なく、
目立った観光スポットもない地味な区。
港区や中央区とは反対に
昼間の人口が極端に少なく
夜になると人が帰ってくるエリアだ。
つまり事業所など働く場所の数が少ないことをあらわしている。
その中で目立つのが製造業の多さ。
ただ、小規模な企業が多く
周囲の平均年収を下げることにつながっている。

第21位
北区・・・平均所得344万円

クリックすると元のサイズで表示します

京浜東北線の赤羽駅と王子駅を中心とした区域で、
荒川を挟んで埼玉県と接している。
飛鳥山公園、清水坂公園、赤羽自然観察公園など公園が多い。
区内の単身者向け物件の家賃相場は8万円程度。
長いアーケードを持つ十条銀座商店街や
赤羽スズラン通り商店街、霜降銀座商店街など
新旧入り交じる商店街が並び
物価も比較的安いため、
中流層の住みやすさにつながっている。

第22位
葛飾区・・・平均所得333万円

クリックすると元のサイズで表示します

「男はつらいよ」でおなじみの区。
劇中のイメージそのままの人情味が残る下町エリアで、
住み慣れた人には居心地の良い街だ。
人気は京成押上線・立石駅周辺や北部の水元エリア。
治安の良さが若い女性などに支持されている。
都心部に出るには日暮里駅や押上駅で乗り換える必要があり、
若干不便な交通事情が
単身者用世帯で6万8千円という家賃相場に反映。

第23位
足立区・・・平均所得324万円

クリックすると元のサイズで表示します

23区最北の区。
以前は治安が悪いイメージがついて回っていたが、
最新の犯罪発生率は1.626%と、
新宿区(3.319%)や中央区(2.750%)と比べて低くなっている。
単身者用世帯の家賃は平均で6万9千円ほど。

11位〜18位は、次のとおり。

第11位
豊島区・・・平均所得412万円

第12位
大田区・・・平均所得395万円

第13位
練馬区・・・平均所得395万円

第14位
江東区・・・平均所得389万円

第15位
中野区・・・平均所得387万円

第16位
台東区・・・平均所得385万円

第17位
墨田区・・・平均所得350万円

第18位
板橋区・・・平均所得350万円

6位〜10位は、次のとおり。

第6位
目黒区・・・平均所得537万円

第7位
世田谷区・・・平均所得506万円

第8位
新宿区・・・平均所得477万円

第9位
杉並区・・・平均所得436万円

第10位
品川区・・・平均所得427万円

それでは、トップ5を下から順に。

第5位
文京区・・・平均所得544万円

クリックすると元のサイズで表示します

山手線の内側にすっぽりと収まる文教地区で、
犯罪発生率が約0.9%と治安がいい。
六義園や小石川後楽園、東大植物園など緑も多く
住環境の良いエリアだ。
ゆったりとした造りの戸建て住宅が並び、
学生向けに貸し出しを行っている家主も多い。
しかし港区や中央区のタワーマンションのように、
「飛び抜けたお金持ち」が少ないことが
この順位に収まっている理由。
あまり時代のあおりを受けない、落ち着いたエリア。

第4位
中央区・・・平均所得556万円

クリックすると元のサイズで表示します

銀座や日本橋など由緒ある名所が多いエリアではあるが、
下町の風景を残す月島や
工業地域である晴海まで範囲であることから、
この順位になったと考えられる。
しかしベイエリアの一端をなす月島は街の再整備も進み、
高層マンションも多く建設されている。
豊洲・有明エリアと並んで
2020年の東京オリンピックに向けての注目エリアでもあり、
数字は今後上昇していくかもしれない。
区の平均年齢が42.24歳と都内で一番若いことからも、
「これからのエリア」であることがうかがえる。

第3位
渋谷区・・・平均所得703万円

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷や原宿といった若者の街のイメージが強いが、
広尾や恵比寿といった「大人の街」が数字を押し上げ、
4位との差を大きくつけた。
この2つのエリアをはじめ
東京メトロ日比谷線沿線は、
六本木や霞ヶ関、日比谷や銀座まで1本で行けるため
ビジネスマンに人気の土地だ。
恵比寿駅周辺は恵比寿ガーデンプレイスや駅ビルアトレのほか、
商店街もあり買い物に困らないことなどから、
特に女性の人気が高い。

第2位
千代田区・・・平均所得784万円

クリックすると元のサイズで表示します

真ん中に皇居があり、
東京駅から永田町、飯田橋まで
中央省庁などが集中している。
住む街というよりは「働く街」のイメージが強く、
夜間人口が極端に少ない地域でもある。
それでも公務員宿舎や丸の内に住む「エリート」たちや、
近年の都心回帰志向の高まりを受けて
移住してきたビジネスマンたちが数字を押し上げた。
一方で神田や九段下など
古くから住んでいる世帯が多く残っているエリアも多いことが
港区との差につながったと考えられる。

第1位
港区・・・平均所得902万円

クリックすると元のサイズで表示します

六本木や赤坂、品川やお台場までを区域におさめており、
大手の情報通信企業など
羽振りの良い会社が集まっている。
それらの企業に勤める裕福な層が
麻布、白金、青山といったエリアに住んでいるとみられる。
古くからの町並みも残していた
品川から田町にかけてのベイエリアにも
ここ数年で多くの高層マンションが建設されている。
家賃50万円を超える物件も普通で、
高収入の人しか住めないような物件が多くあることからも
この順位は必然といえる。


1位の港区と23位の足立区のは、578万円
この差を、どう見ますか?


小説『ダレカガナカニイル・・・』  書籍関係

[書籍紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

共作作家・岡嶋二人(井上泉・徳山諄一。
「おかしなふたり」をもじったペンネーム)を解散して、
井上夢人として「ソロデビュー」した最初の作品。
1992年刊行。
                                        
警備会社に勤める西岡悟郎は、
不祥事を起こし、山梨に左遷される。
新しい任地は、
小淵沢から車で行った山中にある
新興宗教「解放の家」の警備だった。
解放の家は、近隣住民とトラブルを起こしていたのだ。
初出勤の日、施設内で火事が起こり、
教祖の吉野桃江が焼死する。
その時、悟郎の体に異変が起こる。
何かの衝撃を受けてはね飛ばされ、
その後、悟郎の中に奇妙な声が聞こえるようになったのだ。
悟郎はその声と対話し、自分が狂ったのだと思い込む。
精神科医の診断も受け、催眠療法もやってみる。

やがて、その声は、焼死した吉野桃江のものらしく、
死後、離脱した桃江の「意識」が、
悟郎の中に住み着いたようなのだ。

ということが判明するのは、172ページあたり。
読んでいて当然なことを
そんなにもていねいに描いているのだ。

催眠療法の経緯もごくていねいに描く。
ていねい過ぎて退屈するくらい。
なかなか悟郎が「声」の現実を認められず、
いつまでも「声」と言い争っているのが、
しつこく感じる。

そうこうしているうちに、
頭の中の「声」は力を発揮するようになり、
悟郎が眠っている間に
悟郎の体を支配するようになる。

教団は離散し、
その一人である葉山晶子が悟郎のアパートにいつくようになる。
晶子は実は亡くなった教祖の娘なのだった。
悟郎は晶子を通じて、教団の教えと、
ポワという精神離脱の事実を知る。

と同時に、異変以来、
寝るたびに襲って来るも悟郎を苦しめる。
火事の中、自分の体が燃えてしまう夢だ。

その夢の謎と、
火事の真相を究明するために、
悟郎は警備会社から監視カメラの映像を取り寄せ、解析する。
火事の現場に出入りした人がいないことを証明する映像だが、
その映像は加工されたものであることが分かる。
と同時に晶子が行方知れずになる。

真相を確かめるために、
廃墟と貸した教団施設を訪れた悟郎が見たものは・・・

という、                                    
超常現象を扱ったSFサスペンス。
いかにも井上夢人らしい、と思わせる内容で、
この人の作品の特徴である、
描写は精緻を究める。

教団の施設が高い壁に囲まれたものだったり、
その中に修行をする宿舎があって
信徒たちが共同生活をしていたり、で、
オウム真理教のサティアンを思わせるが、
この作品が刊行されたのは、1992年。
オウム真理教が地下鉄サリン事件を起こし、
上九一色村の教団施設が注目されるより3年前だから、
その後の事件を予見したと言えるかもしれない。
「ポワ」というオウム真理教が用いた言葉も出て来る。

後半のある時点で、
物語の構造ががらりと変化する仕掛けがあり、
それはなかなかのものだ。
SFとミステリー、それに恋愛小説を融合したような内容で、
いつも新しいことに挑戦する井上夢人らしさがあふれている。

文庫本で683ページに渡る大作だが、
中途はすこし省略して、
展開を早くした方がいいのではないかと思われた。
だが、分かりきったことを
登場人物と共に納得していくのが
井上夢人らしいとも言えるが・・・。


映画『アイヒマンを追え!』  映画関係

[映画紹介]

クリックすると元のサイズで表示します

題名にある「アイヒマン」とは、
アドルフ・オットー・アイヒマン(1906〜1962)のこと。

クリックすると元のサイズで表示します

ドイツのナチス親衛隊の中佐で、
数百万のユダヤ人らを絶滅収容所へ移送するにあたって
指揮的役割を担った人物。
戦後はアルゼンチンで逃亡生活を送ったが、
1960年、イスラエル諜報特務庁(モサド)によって
イスラエルに連行されて裁判にかけられ、
死刑判決が下された結果、
1962年5月に絞首刑に処された。
                                        1942年1月20日に、
ベルリン高級住宅地ヴァンゼーに集まった
いわゆる「ヴァンゼー会議」に
アイヒマンは議事録作成担当として出席し、
ユダヤ人を絶滅収容所へ移送して絶滅させる
「ユダヤ人問題の最終解決」(= 虐殺)政策の決定に関与した。
この会議で絶滅政策が決定されたことを認めているが、
アイヒマン自身は会議の席上で一言も発言しておらず、
ただタイピストとともにテーブルの隅っこに座っていただけだと
証言している。

この会議後、アイヒマンは、
ゲシュタポ・ユダヤ人課課長として
ヨーロッパ各地からユダヤ人を
ポーランドの絶滅収容所へ列車輸送する最高責任者となる。
1942年3月から絶滅収容所への移送が始まったが、
その移送プロジェクトの中枢となり、
総力戦体制が強まり、
一台でも多くの車両を戦線に動員したい状況の中でも
交通省と折衝して輸送列車を確保し、
ユダヤ人の移送に努めた。
続く2年間に「500万人ものユダヤ人を列車で運んだ」
と自慢するように、任務を着実に遂行した。

アイヒマンの実績は注目され、
1944年3月には
計画のはかどらないハンガリーに派遣される。
彼は直ちにユダヤ人の移送に着手し、
40万人ものユダヤ系ハンガリー人を列車輸送して
アウシュヴィッツのガス室に送った。

1945年にドイツの敗色が濃くなると、
親衛隊全国指導者のハインリヒ・ヒムラーは
ユダヤ人虐殺の停止を命令したが、
アイヒマンはそれに従わず、ハンガリーで任務を続けた。
彼は更に武装親衛隊の予備役として委任させられていたため、
戦闘命令を回避するために自らの任務を継続していた。

このナチス戦犯アイヒマンを、
1960年に潜伏先で拘束するまでの
極秘作戦の裏側に迫る実録サスペンスがこの映画。
ドイツの検事長フリッツ・バウアーに焦点を絞り、
いかにしてアイヒマンの消息をつかみ、
追い詰めたかを描く。

クリックすると元のサイズで表示します

1950年代後半のフランクフルト。
ナチスによる戦争犯罪告発に執念を燃やす
検事長フリッツ・バウアーのもとに
アルゼンチンから
逃亡中のナチス親衛隊中佐・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。
アイヒマンの罪をドイツの法廷で裁こうと
バウアーは追及していくが、
当時のドイツは、
ナチスの過去を持ちながら
戦後ドイツで指導的立場についている人々が多く、
連邦刑事庁も情報機関も、
アイヒマンを裁きの場に引き出すことを喜ばなかった。
秘かに捜査を進めるバウアーは、
身近からの激しい抵抗に直面する。
当時司法に関わっていたほとんどの法律家は、
ナチス政権に仕えていた過去を持っており、
自らの名声に傷がつくことを恐れていたのだ。
「執務室を一歩出れば、そこはもう敵国だ」とバウアーは言う。

クリックすると元のサイズで表示します

当時のドイツは、国全体が敗戦からの経済復興に向かい、
戦争の記憶の風化が進みつつある時代だった。
強制収容所の事実さえ明確に認識されていなかった。
ホロコーストの首謀者たちは、
世界各国に逃亡したり、
国内の政財界で平然と高い地位を得たりしていた。
ユダヤ人でもあるバウアーは、
一人ナチスの残党を追い続けるが、
もみ消したい過去をもつ人々が
彼を失脚させようと圧力をかけ妨害をする。
アイヒマンがリカルド・クレメントという名前で
アルゼンチンに潜伏している証拠をつかんだバウアーは、
ドイツ政府に期待できないことを悟り、
国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、
その極秘情報をモサドに提供する。
しかしそれも政府の監視網の中にあった。

ナチスの戦争犯罪の徹底追及に人生を捧げた
バウアーの孤高の闘いを、
モサドや敵対勢力との息づまる駆け引きを絡めて描いた映画。
周囲の妨害に耐えながら、
真実を究明していくバウアーの姿は、
ミステリー映画のようなおもむき。

一旦辞任する思いになったバウアーは、
部下が犠牲的精神で秘密を守ったことを知ると、
猛然と闘いの決意をする。
この同性愛者の部下、カール・アンゲルマンの罠のくだりは、
完全に創作だが、
当時ドイツ刑法では、
男性間の性交渉は犯罪行為とされていた。
ただ、この架空の人物の話はなくもがなの印象。

クリックすると元のサイズで表示します

実はバウアーの功績は、
ホロコーストをドイツの司法で裁き、
アウシュビッツの真実を究明したことにあるのだが、
その前の部分で映画は終わる。
その点は不満といえば不満だが、
すでに映画「顔のないヒトラーたち」(2014)で描いているから
やめたのかもしれない。

フリッツ・バウアーを演じるのは、名優ブルクハルト・クラウスナー
歴史を変えた信念の人を重厚に演ずる。

クリックすると元のサイズで表示します

ただ一人信頼できる部下、アンゲルマンを
ロナルト・ツェアフェルトが演じている。

クリックすると元のサイズで表示します

監督は、ラース・クラウメ

ドイツ映画賞で作品賞、監督賞、脚本賞、
助演男優賞、美術賞、衣装賞の6部門で受賞。

5段階評価の「4」

予告編は↓をクリック。

https://youtu.be/Ywg4UJ2bd8U

渋谷のル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町で上映中。

クリックすると元のサイズで表示します


ところで、戦後のアイヒマンの逃走だが、
Wikipedia を参考にまとめてみた。

第二次世界大戦終結後、
アイヒマンは進駐してきたアメリカ軍によって拘束されたが、
偽名を用いて正体を隠すことに成功し、捕虜収容所から脱出。
ドイツ国内で逃亡生活を送り、
その後、難民を装いイタリアに到着。
反共産主義の立場から
元ドイツ軍人やナチス党員の戦犯容疑者の逃亡に力を貸していた
フランシスコ会の修道士の助力を得、
リカルド・クレメント名義で国際赤十字委員会から
渡航証(難民に対して人道上発行されるパスポートに代わる文書)↓の発給を受け、

クリックすると元のサイズで表示します

1950年7月15日、
親ナチスのファン・ペロン政権の下、
元ナチス党員を中心としたドイツ人の
主な逃亡先となっていた
アルゼンチンのブエノスアイレスに船で上陸した。
その後約10年にわたって
工員からウサギ飼育農家まで様々な職に就き、
家族を呼び寄せ新生活を送った。

1957年、フリッツ・バウアーから
アイヒマンがアルゼンチンに潜伏しているという情報を提供された
モサドは、ブエノスアイレスに工作員を派遣したが、
アイヒマンの消息をつかむことは容易ではなかった。
しかし、アイヒマンの息子がユダヤ人女性と交際しており、
彼女に度々父親の素性について話していたことから、
モサドは息子の行動確認をして
アイヒマンの足取りをつかもうとした。
2年にわたる入念な捜索の末、
モサドはついにリカルド・クレメントを見つけ出した。

モサドのイサル・ハルエル長官は
作業班を結成させ、長官自らブエノスアイレスへ飛んだ。
作業班はリカルド・クレメントに「E」とコードネームを付け
行動確認した。
クレメントも慎重に行動していたが、
最終的に作業班が彼をアイヒマンであると断定したのは、
アイヒマンの結婚記念日に、
クレメントが花屋で妻へ贈る花束を買ったことであった。

1960年5月11日、
クレメントがバス停から自宅へ帰る道中、
路肩に止めた窓のないバンから数人の男がいきなり飛び出し、
彼を車の中に引きずりこんだ。
車中で男たちはナチスの帽子を出して彼にかぶせ、
写真と見比べて「お前はアイヒマンだな?」と言った。
彼は当初否定したが、少し経つとあっさり認めたという。

その後アイヒマンは、
ブエノスアイレス市内のモサドのセーフハウスに置かれた後、
アルゼンチン独立記念日の式典へ参加した
イスラエル政府関係者を帰国させる
エル・アル航空(イスラエルの国営航空会社)の飛行機で、
5月21日にイスラエルへ連れ去られた。
出国の際に彼は、
酒をしみこませた客室乗務員の制服を着させられた上に
薬で寝かされ、
「酒に酔って寝込んだ非番の客室乗務員」として
アルゼンチンの税関職員の目を誤魔化した。

さらに同機は当初ブラジルのサンパウロ市郊外にある
ヴィラコッポス国際空港を経由して給油する予定だったが、
アイヒマンが搭乗していることが知られた場合、
ブラジル政府により離陸が差し止められる危険性があることから、
ヴィラコッポス国際空港での給油を行わずに
セネガルのダカールまで無給油飛行を行うなど、
移送には細心の注意が図られた。

イスラエルのダヴィド・ベン=グリオン首相は
1960年5月25日にアイヒマンの身柄確保を発表し
世界的なニュースとなった。
(私の記憶にある)
この逮捕および強制的な出国については、
イスラエル政府がアルゼンチン政府に対して
正式な犯罪人引き渡し手続きを行ったものではなかったため、
アルゼンチンはイスラエルに対して主権侵害だとして抗議した。

獄中のアイヒマンは神経質で、
部屋や便所をまめに掃除したりするなど
至って普通の生活↓を送っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

獄中のアイヒマンを知る人物は
「普通の、どこにもいるような人物」と評した。

アイヒマンの裁判は1961年4月11日に
イスラエルのエルサレムで始まった。

裁判のテレビ中継に至る顛末は、
映画「アイヒマン・ショー」(2015)に描かれている。

アイヒマンは、「人道に対する罪」、
「ユダヤ人に対する犯罪」および
「違法組織に所属していた犯罪」などの
15の犯罪で起訴され、
その裁判は国際的センセーションと同様に
巨大な国際的な論争も引き起こした。
裁判の中でヒトラーの「我が闘争」は
読んだことはないと述べている。
(そんなはずはない)

クリックすると元のサイズで表示します

裁判を通じてアイヒマンはドイツ政府によるユダヤ人迫害について
「大変遺憾に思う」と述べたものの、
自身の行為については「命令に従っただけ」だと主張した。

この公判時にアイヒマンは
「一人の死は悲劇だが、集団の死は統計上の数字に過ぎない」
という言葉を残した。
その他、イスラエル警察の尋問で、次のような主張をしている。
「あの当時は『お前の父親は裏切り者だ』と言われれば、
実の父親であっても殺したでしょう。
私は当時、命令に忠実に従い、
それを忠実に実行することに、
何というべきか、精神的な満足感を見出していたのです。
命令された内容はなんであれ、です」
「連合軍がドイツの都市を空爆して
女子供や老人を虐殺したのと同じです。
部下は(一般市民虐殺の命令でも)命令を実行します。
もちろん、それを拒んで自殺する自由はありますが」
「戦争中には、たった一つしか責任は問われません。
命令に従う責任ということです。
もし命令に背けば軍法会議にかけられます。
そういう中で命令に従う以外には何もできなかったし、
自らの誓いによっても縛られていたのです」
「私の罪は従順だったことだ」

1961年12月15日、
すべての訴因で有罪が認められた結果、
アイヒマンに対し死刑の判決が下された。
アイヒマンは死刑の判決を下されてもなお自らを無罪と抗議した。
翌1962年6月1日未明に
ラムラ刑務所で絞首刑が行われた。

処刑前に「最後に何か望みが無いか」と言われ、
「ユダヤ教徒になる」と答えた。
何故かとたずねると
「これでまた一人ユダヤ人を殺せる」
と返答をしたという。
しかし、この発言は、
ネガティブな戦犯としての印象を与えるための
創作ではないかとの指摘もある。

絞首刑になる直前のアイヒマンの言葉。
「ドイツ万歳。アルゼンチン万歳。オーストリア万歳。
この3つの国は
私が最も親しく結びついていた国々です。
これからも忘れることはありません。
妻、家族、そして友人たちに挨拶を送ります。
私は戦争と軍旗の掟に従わなくてはならなかった。
覚悟はできています」

タグ: 映画

釜山の慰安婦像・三たび  政治関係

たびたび慰安婦問題で恐縮ですが、
毎日新聞記者で前ソウル局長だった
澤田克己という人が書いた一文が、
大変よくまとまっているので、
拡散します。

クリックすると元のサイズで表示します

釜山の少女像設置、日本の厳しい世論を知らない韓国
日韓合意について改めて考える


韓国南東部・釜山にある日本総領事館前の歩道に
昨年末、慰安婦を象徴する新たな少女像が設置された。
日本政府は年が明けてから、
長嶺安政駐韓大使と森本康敬釜山総領事を
一時帰国させる対抗措置を発表した。
大使と総領事を呼び戻すのは外交的にかなり強い措置であり、
韓国側には戸惑いも感じられる。
この問題を契機に改めて、
慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について
考えてみたい。

今回、外交問題に発展した契機が
釜山の少女像設置にあるのは明白だろう。
韓国ではそれまでも合意に対する反対論が主張されていたが、
日韓両国の政府はそうした主張から距離を置いていたので
外交問題になりようがなかった。
もっとも、日本が対抗措置を取った後でも
「合意堅持」という点においては
日韓両政府とも見解が一致している。
だから、新たな少女像の設置や
それに対する対抗措置発動をもって
「合意が壊れた」というのは正しくない。

問題になるのは「合意の精神」

日韓合意に入っているのは
ソウルの日本大使館前に建つ少女像についてである。
韓国政府は合意で、
「公館の安寧・威厳の維持の観点から
(日本政府が)懸念していることを認知」したうえで、
「適切に解決されるよう努力する」と表明した。
日本が10億円を拠出する条件でもないし、
韓国が解決を約束したわけでもない。
ましてや、釜山の日本総領事館前に
少女像が建てられないようにするなどとは言っていない。

ただし、大使館前の少女像に対する日本側の「懸念」を
解消するよう努力すると表明しているのだから、
新たな懸念材料を生じさせないようにするのは当然である。

ところが、総領事館の建つ釜山市東区は
世論の反発を理由に
「設置を許可しない」という方針を覆して黙認に転じ、
韓国政府も事実上これを放置した。
設置後に撤去されるべきだという
政府による明確な意見表明も行われていない。
朴槿恵大統領に対する弾劾訴追で
国政が混乱しているというのは、
対外的な理由にはなりえない。
                                        
もちろん民間団体が私有地に建てるのなら、
政府はこれを止められない。
合意は民間を縛るものではないから、
そういった行為を問題視するのは難しい。
米国やオーストラリアに住む
韓国系住民の団体が建てる少女像についても
同じことを言える。
日本では、少女像と聞くと
なんでもかんでも日韓合意と結びつける人もいるが、
これは解釈の幅を広げ過ぎだ。

しかし、国際条約によって保護される
大使館や総領事館といった外交公館前の公道への設置を
黙認するという行為は、
明らかにアウトである。
本来なら合意があろうと、なかろうと問題があるのだが、
わざわざソウルの少女像に言及した合意がある中での黙認だ。
「他の公館前には少女像設置を許さない」
と明示されているわけではなくても、
「合意の精神」もしくは「趣旨」に反するとしか言えない。

だからこそ日本側で強い反発を呼んだのである。
特に、大使館前の少女像撤去は簡単ではないと考えていた
日本の専門家や政府関係者が受けたショックは
大きかったように見える。
韓国側の対応を見守るべきで、
性急な要求をするのは逆効果にしかならないと説明する
論拠を失ってしまったからだ。
正直に言えば私も、
釜山の少女像が結局建てられたというニュースを見た時には、
失望というより強い脱力感を覚えた。

日本側の対抗措置に韓国メディアが驚いた理由

日本側の対抗措置は、大使らの一時帰国だけではない。
日本政府は、金融危機時に通貨を融通しあう
「通貨スワップ協定」再開に向けた協議の中断など、
経済面での措置にも踏み込んだ。
経済協力にまで影響を及ぼすことが適切かどうかは議論の分かれるところだが、
韓国側に「日本の本気度」を伝える効果はあったように見える。

私見では、ソウルの少女像に対する
日本国内の反感の強さは
韓国側にきちんと認識されていない。
私は昨年秋、
来日した韓国メディアの記者たち(主として政治・外交担当)との意見交換会で、
日本の世論は少女像問題に極めて強い関心を持っていることを
認識しておいた方がいいと伝えたのだが、
韓国人記者たちはピンとこないようだった。

日本側の対抗措置に韓国メディアが驚いた理由の一端は、
ここにありそうだ。
日本側の関心をきちんとフォローしていないから、
「なんでこんなに激しい反発が出るんだ?」と驚いた。
だから、
「(対露外交など)安倍首相の相次ぐ外交失敗に失望した
右翼保守層を結集させ、
国内の支持基盤を固めようという意図が見える」(聯合ニュース)、
「トランプ政権の発足前に
韓国が外交合意に違反しているという主張をして、
韓米関係を引き離そうとする動き」(ニュース専門テレビ・YTN )、
「韓国の国政空白と米国の政権交代という
時期をにらんだ日本の奇襲」(朝鮮日報)
などという解釈が堂々と語られるのである。

もちろん安倍政権の
支持層に向けたアピールという面はあるだろう。
だが、それは最初から日韓合意に不満を持っている人たちに
「韓国のやりたい放題にさせるわけではない」
というポーズを見せるためと考える方が自然だ。

いたいけな少女をモチーフにした像は感情に強く訴える力を持つ。
それは韓国世論に対してだけではない。
日本世論を考えても、全く逆のベクトルではあるものの
極めて強いインパクトを持つようになっている。
韓国側がそのことをもっときちんと認識していれば
別の展開があったろうと思われるが、
現実はそうならなかった。
非常に強い日本の対抗措置が、
そのことを韓国側に考えてもらう契機になってくれればと思う。

合意は日韓双方の歩み寄り

日韓両国の外相が2015年12月28日に
ソウルの韓国外務省で発表した合意内容は次のようなものである。

すべての前提となる認識は、
▽当時の軍の関与の下に
 多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、
 日本政府は責任を痛感している
▽安倍首相は、日本国内閣総理大臣として
 心からおわびと反省の気持ちを表明する
というものだ。

さらに両国の約束として、
▽韓国政府が元慰安婦を支援するための財団を設立する
▽日本政府が財団に10億円を拠出する
▽国連など国際社会において相互非難をしない
▽合意がきちんと履行されることを前提に、
 慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する
ことが明示された。

日本は、慰安所の管理・運営に
旧日本軍が関与していたことは認めている。
そして、日韓両国間の請求権問題は
1965年の国交正常化時に締結された請求権協定で
法的には解決済みだが、
女性の性的尊厳にかかわる慰安婦問題には
「道義的責任」を免れないという立場を取ってきた。
これに対して韓国側は、
「日本政府や軍などの国家権力が関与した反人道的な不法行為」である慰安婦問題は
協定で解決されたとはいえないと主張し、
日本政府に「法的責任」を認めるよう要求してきた。

日韓合意で
「日本政府は責任を痛感している」という表現になったのは、
両国が一歩ずつ歩み寄った結果だ。
日本にとっては、どうしても日本の立場が弱くなる
国際社会での非難合戦を止められるというメリットも大きかった。

当事者の7 割が「合意に基づく事業」を受け入れ

日韓合意に基づいて韓国政府が設立した「和解・癒やし財団」は、
元慰安婦の名誉と尊厳を回復し、
心の傷を癒やす事業を行うとされた。
具体的には、合意時点で生存していた元慰安婦46人に対して
1億ウォン(約970万円)ずつ、
死亡していた元慰安婦199人については
遺族に2000万ウォン(約193万円)ずつの支給を進めている。

生存者は、7 割を超える34人が受け取りの意思を表明した。
昨年中に30人前後への支給が終わった。
今年は、遺族への支給が行われることになっている。

合意に反対する人々は
「日本の謝罪は心からのものではないし、
当事者の意思を無視した」
と批判している。
韓国では
「カネを受け取ったハルモニ(元慰安婦)はだまされたのだ」
という主張まであるようだが、
ここまで多くの対象者がだまされたと断じるのは無理がある。
                                        
一方で安倍首相に対しては、
合意発表時に自らの口で謝罪の言葉を公にしなかったことや、
おわびの手紙を書かないのかと国会で質問された際に
「毛頭考えていない」という
強い表現で否定したことへの批判がある。
岸田外相が読み上げた
「日本国内閣総理大臣としてのおわびと反省」を
首相自らがテレビカメラの前で口にしていれば、
韓国世論に対してだけでなく、
米国をはじめとする国際社会への力強い発信になっていただろう。
手紙についても前例を踏襲するかどうかという話なので、
少なくともそれほど強い表現で拒絶する必要があったかは疑問だ。
橋本龍太郎氏から小泉純一郎氏までの自民党の首相4人は、
アジア女性基金を通じて元慰安婦たちに
「おわびの手紙」を送っている。
今回も、想定されたのは同じレベルの手紙だった。

「当事者の納得する措置」を求めていた韓国

なるべく多くの元慰安婦が
存命のうちに問題解決を図りたいというのが
日韓合意の出発点だったはずだ。
いまや韓国では全否定の対象ではあるものの、
朴大統領が「当事者の納得する措置が誠意ある措置だ」と
繰り返していた時に異論をはさんだ
運動団体や韓国メディアはなかった。
それなのに、生存者の7割超が
合意に基づく事業を受け入れたことを全く評価せず、
ほとんど報道もしないというのは、どうしたことだろうか。

こうした事実をきちんと踏まえた上で、
なお残る問題点について指摘するのが筋ではないか。
日韓合意に否定的な韓国の有力政治家も同じことだ。
当事者の多くが受け入れたことへの評価を明確にしないまま、
再協議や破棄を主張するのは無理がある。

日韓合意は、1990年代初めに
慰安婦問題が外交問題となってから
初めての政府間合意だ。
日本による一方的な措置だった河野談話発表や
アジア女性基金が
国際社会に広く知られることなく終わったのと違い、
日韓合意は国際社会に広く発信され、
米国や欧州諸国、国連など
多くのアクターから歓迎された。
それだけに両国とも現実には破棄など簡単ではないし、
そんなことをしても得るものはない。
破棄しようとしたり、蒸し返したりしようとすれば、
かえって外交的なマイナス点を重ねるだけになりかねないだろう。
                                        
   
この記事の中で重要なのは、
日本が合意に基づき支払った10億円のうち、
元慰安婦に対する1億ウォン(約970万円)の支給を
34人の元慰安婦が受け取りの意思を表明している、
という事実だ。
生存者46人中34人
74パーセント。
つまり、4人に3人が受け取る、と言っている。
合意に反対する人は、
「当事者の意思を無視した合意だ」
と批判しているが、
4分の3が受け入れている事実をどう受け止めるのか。

マスコミも報道しない
不思議な話だ。


ところで、                                   
在日本大韓民国民団(民団)が12日、
都内のホテルで新年会を開き、
呉公太(オ・ゴンテ)団長が
釜山の総領事館前に設置された慰安婦像について
「撤去すべきだというのが、
 私たち在日同胞の共通した切実な思いだ」
と述べ、その上で、
一昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意の堅持を訴えたという。

呉氏は日韓合意を
「両国政府が苦渋の末に選択した結果で、
関係発展のための英断と評価している」
と言い、会場の拍手を浴びた。
その上で
「今回設置された慰安婦少女像は
なくさなければならないというのが在日同胞の共通の考えだ」

と述べ、
「誠実な態度で履行されなければ問題は永遠に解決されない
と強調。
「合意が履行されずに再び両国関係が冷え込み、
私たち同胞はまたも息を殺して生きなければならないのか」
と切々と述べ、
「(韓国)国民の冷静かつ賢明な判断と、
日本政府の冷静な対処」
を求めたという。
自民党の額賀福志郎・日韓議員連盟会長は
「政治がこの期待を裏切って失望させてはならない」と応じた。

民団は在日韓国人の最大組織で、
新年会には日韓の国会議員ら約800人が出席。
日韓議員連盟会長を務める額賀福志郎元財務相(自民)は、
日本政府が駐韓大使らを一時帰国させたことを
「(日韓合意による)国と国との約束を守っていくため、
初心に帰ってがんばろうというメッセージだ」
と語った。
一方、共産党の小池晃書記局長は慰安婦像設置には言及せず、
「日本政府は過去に元慰安婦の人権を著しく侵害したことへの
誠実な謝罪が必要だ」
と主張。
永住外国人地方参政権付与について
「超党派で力を合わせ、実現に向けた努力を続ける」
と語った。
社民党の福島瑞穂副党首も参政権付与に関して
「一歩進められるよう国会議員や民団の皆さんとやっていく」
と挨拶。

共産党、社民党は、どこの国の政党なのか。

呉氏は新年会後、記者団に対し、
「韓国政治にはできるだけ関与しないというのが民団の立場。
ただ、この問題で一番の被害者は在日同胞だ」
と強調し、
韓国政府に撤去を求めるなどの活動に取り組むとした。
駐韓大使らの一時帰国や通貨スワップ再締結協議の中断といった
日本政府の対抗措置については
「大変厳しいが、早く問題を解決してほしいという
日本側の思いも理解できる」

と述べたという。

意外にまとも。
韓国国内におらず、外側から
「世界の中の韓国」を見ているからだろうか。
それにしても、民団の人たちが、
「息を殺して生きている」
とは、知らなかった。


韓国次期大統領選の有力候補の一人とされる
京畿道城南市の李在明(イ・ジェミョン)市長が
「日本は大韓民国を武力侵攻・占拠した侵略国家」と批判、
「日本は敵対国。何度謝罪しようと許さない」と言明したという。
 
ソウル市内の韓国プレスセンターで行われた
外信記者クラブ懇談会で述べたもの。

李在明市長は
「はっきり言っておくが、
日本は(1950年に)北朝鮮が韓国を侵攻する5年前まで
(つまり、1945年日本の敗戦までのこと)
大韓民国を武力侵攻・占拠していた侵略国家だ。
侵略の事実をきちんと認め、
反省していないだけでなく、
独島(日本名:竹島)挑発を通じて
侵略の意思を一部あらわにしていると思う」
と言い、
「(慰安婦)被害者の意思に反する合意は
全面的に見直さなければならない」
と、日韓慰安婦合意と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)にも強硬な見解を示した。

その上で、
「日本は外交・経済・文化のあらゆる面では友好国だが、
歴史的事実や現在のさまざまな態度を見れば
軍事的側面での敵対性が完全に解消されたとは言いがたい」
と発言。

その場にいた東京新聞の記者が
「非常に残念だ。
日本の首相は金大中(キム・デジュン)大統領(当時)に会った時、
植民体制を認めて反省した。
その後の小泉首相も村山首相も反省して丁重に謝罪したが、
なぜそう考えるのか」

と質問したところ、
李在明市長は
「政権が変わるたびに言葉が変わったり、
ある時は否定したりしており、
閣僚の発言を見ると
『必要だから反省すると言ってやるよ』という感じだ。
本気で申し訳なく思っているかどうか疑念を抱かざるを得ない」
と答えたという。

おやおや、まだ戦争前のことを持ち出すか。
その上「敵対国家」ですと。
敵対関係を言明しながら、
外交・経済・文化では友好国になろうなんて
そんな虫のいい話は通用しないだろう。
東京新聞の記者に対する回答も笑える。
これを聞けば、
何度謝罪しようと許さない、
つまり、何度謝罪しようと無駄だと
さすがの日本国民にも分かるだろう。

そもそも敵対国家を宣言した人と
日米韓の同盟など出来っこない。

バク・クネの後の大統領候補はこんなのばっかりだ。

日本も本気になって、
韓国と謝絶する時期が来ていると思う。

そのことを思うと、
賢人・曽野綾子さんの次の言葉を思い出す。

「ある人と袂を分かつなら、
言いたいことをぶつけあうことはやめなさい。
ただ、さりげなく遠ざかって、
後はその人の幸福を祈ってあげたらいい」

そうです。
特に主張することなく、
韓国とはさりげなく遠ざかっていくのが
一番いいのです。





AutoPage最新お知らせ