2015/2/6

イメージで理解・記憶する  勉強全般

テキスト・参考書などの教材は文章によって解説されており、文字を読んで理解します。音声教材も文章を音声化したものなので、やはり文字によって理解するものです。


しかし、文章でない情報、つまり絵や図やグラフなどのイメージの方が理解しやすいことは非常に多いです。イメージを見れば一発でわかることも、文字で説明すると煩雑になったりします。それを理解するためには、文章を読みながら頭の中でイメージ化しなければならなかったりするので、初めからイメージを直接見た方がわかりやすいのです。


イメージであれば、全体像を直感的に把握することにも断然効果があります。複数の項目の関係を図に描いておけば、一瞬で全体像がわかります。


また、イメージは記憶に残りやすいので、その点でも有利です。記憶術には、イメージと結びつけて覚えるテクニックもあるくらいです。


テキスト・参考書に図がグラフなどのイメージがある場合にはそれを利用して理解&記憶してもよいですが、特に描かれていない部分も、自分で図などを描いてまとめるとよいでしょう。


0
タグ: 資格 入試 語学

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ