2013/2/22

長かったよぅな、短かったよぅな。  

今の6年生が、4年から5年になった時の事をふと思い出す事が多々あった。
もちろん、いい思い出なんて無かったなぁ。

とにかく、バスケットボールというスポーツにならなかったような始まりから、
この前行われた最後の大会では、見事優勝‼

指導者をしていて、『経験が全て』ではないスポーツということを
痛感した2年でしたので、この最後の優勝は、子供達から最高のプレゼントを
いただいた気分で感無量でした。

よく耳にする『能力バスケ』の真逆な、このチームがどうなって行くのかを
不安に思う日々を過ごしたあの時間が、一瞬にして消え去られた瞬間でもありました。

そんな、感動の瞬間に立ち会えた事にも感謝。
また、最後まで私の思うがままに環境を整えてくれていた保護者さん達にも
感謝です。

とにかく、自己満足かも知れないけど、今年のチームが私の目標でした。
作りたいと願ってたチームが作れ、もぅやり切った感満載です。

そして、今年は本当に地区を越えたところでの絆が強くなった年でもありました。
他府県のチームだからこそできることや、他府県じゃないとできないことも、皆さんで
協力し、切磋琢磨した結果、今に至るわけで、沢山の人に支えられてきたなって
これまた実感しました。

言葉では表せないほどの感謝を胸に、またお礼参りにでも伺えたらと思います。

本当にご協力いただいた指導者の皆様、この場を借りてお礼申し上げます。

感謝。
9



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ