teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0

髪の乾かし方  

髪の乾かし方で知っておきたいポイントと言われています。

ちょっとしたことで、自分のヘアーがグッとよくなりますかも・・ ^^



自然乾燥は×

ドライヤー シャンプーの後に長時間髪が濡れたままでいたり、このまま寝てしまったりしていると・・・



髪が膨潤してキューティクル成分が反り返るように開いてくるでしょう。していると、ヘアトリートメントで骨折って髪のなかに補った栄養分が外に出てしまう。



キューティクル成分自体も水分を多く吸収してしまいますと、ちょっとしたことで傷つきやすくなってしまう。 ヘアーのツヤも失われて、纏まりも悪くなります。



と言われていますから、自然乾燥は絶対やめませんか! 濡れたままのヘアーで寝るのも駄目と言われています!



タオルでドライ

シャンプーでヘアーやスカルプの汚れ、不要な皮脂を落として ⇒ ヘアトリートメントで栄養を補給 ⇒ コンディショナーで表面を守ったり ⇒ この後は髪を乾かしていくでしょう。



まずは「タオルでドライ」。 乾いたタオルで優しくヘアーを包み、軽く押さえるように余分な水分をタオルで吸収していくでしょう。 擦ったり叩いたりということは、ただでさえ軟らかく傷つき易いコンディションの髪にヘアダメージを与えてしまうのでやめませんか。



ヘアトリートメント

傷んだヘアーの方は、出来ればこちらで洗い流さないのような人のヘアトリートメント剤をつけませんか!

毛の先端中心につけると、ヘアーに栄養を補給できるとともにドライヤーの熱や摩擦からヘアーを守ったりしている利き目があるのはご存知ですか。



ドライヤー

ドライヤー タオルでドライのコンディションではキューティクル成分が開いているので、隙間から水分がじゃんじゃん逃げて行ってしまう。こうしたコンディションでいると、カサカサ、パサパサヘアの理由になってしまう。タオルでドライの後はキューティクル成分を閉めて水分が逃げないよう、必ずドライヤーを使いませんか。



抜け毛対策に




ドライヤーは近すぎるところからあてるとオーバードライになってしまう。髪の根元を中心に遠くからまんべんなくあてていくるでしょう。8割くらい乾いたら、あとは余熱で毛の先端も乾きまますので、あまり熱の加えすぎには気をつけることが必要と言われていますね。



8割ほど乾かすことを続けると、ツヤツヤ・ピカピカヘアへ近づいていきます♪
0




AutoPage最新お知らせ