2018/4/19

木星  惑星・彗星

4月19日 0時40分頃の木星

クリックすると元のサイズで表示します

C8 TeleVue 2.0 Adc ZWO ASI290MC

Sharp Cap 3.0

Expose 13.0m

Frame Rate Max

Gamma 15

Brightness 165

White bal(R) 57

White bal(B) 82

ステライメージ7処理で思い切り強調するもうまく撮れず。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2018/4/16

顕微鏡の錆取り  工作・修理

クリックすると元のサイズで表示します

 顕微鏡が初めて発明されたのは17世紀と言われています。オランダの眼鏡職人ヤンセンやレーウェン・フックにより発明され高度なものに発展していきます。イタリアではガリレオが望遠鏡を発明した時期でもあり、この時代は社会が安定し色んな機器が発明されたようです。レーウェン・フックはレンズ磨きの好きなアマチュアでありながら、高性能の顕微鏡をつくり、口内細菌などを発見しています。私が最初に手にした光学製品は小学生低学年の頃でした。ダウエル社の顕微鏡で、付属の説明書に顕微鏡の歴史がまとめられており、ヤンセン親子やロバート・フックやレーウェン・フックなどの伝記が図入りで紹介されていて、興味深く読んだ記憶があります。ライツ・ウェッツラーの顕微鏡はレトロな雰囲気があり当時の懐かしさも手伝いながら愛着を感じています。

クリックすると元のサイズで表示します

 ライツの顕微鏡は年季が入っていて黒ずみと錆らしきものが見えます。ラックピニオンの摺動部も少し動きが悪いところがあり、暇を見つけて分解掃除をしてみたいと思っていたところです。鏡筒と本体は取り外すことができました。

クリックすると元のサイズで表示します

鏡筒を触っていたら望遠鏡の筒のように伸縮することが分かりました。

クリックすると元のサイズで表示します

さび落としにはこのようなものを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します

ここまで綺麗になりました。もう今後こんなに磨かれることはないのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

 小学校の頃に図書館の本で見つけた顕微鏡の絞りと同じカメラのしぼりがついています。

クリックすると元のサイズで表示します

 かなりブラッシュアップできました。問題はスライドグラスを抑える板バネがないことです。どこかで見つけないと。ラックピニオンは完全にはなりませんでしたが、グリスをつけておきました。
1

2018/4/16

マグネットの利用  工作・修理

クリックすると元のサイズで表示します

百均で購入していたマグネットを三脚の台に取り付けます。

クリックすると元のサイズで表示します

ボンドを使って取り付けました。もう1個取り付けたいのですが完全に固まった後でないと引きあう力がすごく強いので後で取り付けます。ここに六角レンチを付けておこうと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

合計6個を取り付けました。ここにレンチなどを載せておくことができます。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/4/16

ファインダー  工作・修理


工作というほどのものではありませんが、ペンタックスの専用ファインダーが手に入らないので、現状で所有しているファインダーを改造し親亀子亀方式のファインダーにしました。鏡筒バンドの上部についているカメラネジの穴を大きくしてファインダーの脚と結合しています。暗視照明もついた31.7mmアイピースが使えるのでガイド撮影鏡に転用ができます。

クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/4/15

GPD赤道儀のオーバーホール2  工作・修理

クリックすると元のサイズで表示します

今回使用したクリーナーとグリスです。アトラクス赤道儀の修理で購入していたものが役立ちました。

クリックすると元のサイズで表示します

バラバラに分解されたGPD赤道儀。黄ばんだグリスが固化した証拠でもあります。

クリックすると元のサイズで表示します

パーツクリーナーを吹きかけグリスを溶かしウェスで取り除きます。

クリックすると元のサイズで表示します

ウェスで拭き取りったら、真鍮製の全周ギヤが綺麗になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

仕上げにモリブデン入りのグリスとモリペーストを注入して組み立てます。

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯体を組み立てました。

クリックすると元のサイズで表示します

本体を組み立てます。極望十字線照明装置が青さびでやられていたので綺麗にそぎ落とし修理しました。何とかオーバーホールが完了しました。フリーにしても鏡筒が下に傾かないほどの粘りも取れて以前より格段に軽くなっています。重症だったGPD赤道儀は完全復活できそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/4/15

GPD赤道儀のオーバーホール1  工作・修理

クリックすると元のサイズで表示します

 フォトン経緯儀台の三脚に載せた赤道儀GPDですが、経年変化のためにグリスが固まり動きがにぶくなっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

 思い切って分解掃除をします。つまりは赤道儀のオーバーホールを試みることにしました。まずはウエイト軸を外し極軸望遠鏡を回して抜き取ります。

クリックすると元のサイズで表示します

 極軸の中は錆が来ている様子です。極軸望遠鏡もレンズを磨き小さなカビを拭き取りました。極軸の目盛環を固定しているネジを外し小さな六角レンチを差し込み3つのイモネジを緩めます。

クリックすると元のサイズで表示します

 3つのイモネジを緩めたあとはカニ目レンチを使ってリングを回し取り外します。カニ目レンチがなければラジオペンチの先を2つの凹みに差し込み回せば取り外せます。今回はラジオペンチを使いました。

クリックすると元のサイズで表示します

次に六角レンチで2本のボルトを外し赤緯体を赤道儀から取り外します。

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯体を取り外したGDP赤道儀です。

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯体を分解してバラバラにしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ウォームギヤも緑色のグリスがべっとりと固まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯体の芯棒を取り外しました。極望の穴が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

赤緯体の内側です。グリスが固まり黄色い松ヤニのようになっていました。

クリックすると元のサイズで表示します

オイルパンに移しGSのパーツクリーナーを吹きかけグリスをウェスで拭き取ります。




0

2018/4/12

仕事帰り帰宅途中にて  野鳥

クリックすると元のサイズで表示します

林の中にコゲラがいます。なかなか姿を見せず、頭が葉の陰に隠れた画像しか写せませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

川の向こう岸にアオサギの集団がいました。枝を組み合わせてコロニーを作っているようです。
1

2018/4/9

ライツ・ウェッツラー顕微鏡  レトロ

クリックすると元のサイズで表示します

 以前からたびたび紹介していた顕微鏡はライカの前身であるライツ・ウェッツラーの顕微鏡でした。真鍮の鏡筒がまぶしいです。当時の望遠鏡も真鍮製が多かったですね。エルンスト・ライツはライカカメラを開発した創業者です。ウェッツラーはドイツの都市の名前でライカ発祥の地とされています。ツァイスはヘンゾルトという名が頭に浮かびますが、ライカはウェッツラーなんですね。エルマックスとかカメラのレンズが有名です。顕微鏡もシャープな像を見せていたでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

 ライツ・ウェッツラー顕微鏡のレンズです。製造も相当古いはずです。ですが、現在の技術をもってしてもこのレベルのものはなかなか作れないと思います。筒やケースの装飾も芸術性の高さを感じます。百均で購入した石盤にのせてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

0

2018/4/9

ななせ街道  お店

クリックすると元のサイズで表示します

特製ローストビーフセット

クリックすると元のサイズで表示します

パンナコッタと飲み物(珈琲・紅茶・オレンジジュース)が付いています。
0

2018/4/7

らぁ麺  お店

クリックすると元のサイズで表示します

飲み会のしめにラーメンを食べに・・・・・4月21日で閉店するようです。

クリックすると元のサイズで表示します

白まるらぁ麺です。ちょっとこってりしすぎていました。血中脂質が高くなりそう。
1

2018/4/6

後藤家住宅  木の家・木工工芸

クリックすると元のサイズで表示します

珍しくなったむっから屋根の家。

クリックすると元のサイズで表示します

江戸時代の農家です。
0

2018/4/3

アオサギのコロニー  野鳥

クリックすると元のサイズで表示します

こちらは逆光ですが住宅のすぐそばのようです。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらにも巣があります。

クリックすると元のサイズで表示します

鳴き声がしたのでズームアップしてみるといました。
1

2018/4/3

レトロ顕微鏡  顕微鏡下の世界

クリックすると元のサイズで表示します

レトロな顕微鏡2台です。

クリックすると元のサイズで表示します

どちらも現在出回っている顕微鏡と比べて随分と重い。
0

2018/4/1

野津原 ななせ街道  カフェ巡り

クリックすると元のサイズで表示します

また、行ってみました「ななせ街道」

クリックすると元のサイズで表示します

2階のお座敷部屋に通されました。すでに予約で埋まっています。

クリックすると元のサイズで表示します

窓から川向こうの桜並木が見えます。

クリックすると元のサイズで表示します

ローストビーフ丼です。温泉卵を上からかけて食べます。珈琲はついていません。
1

2018/4/1

野津原 ななせ街道  お店

クリックすると元のサイズで表示します

お昼ご飯を食べに「ななせ街道」へ行ってみました。古民家風のおうちです。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口は吹き抜けになっていて思った以上に広い空間がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

天ぷら定食を頂きました。エビ、キノコ、タラノメ、白身魚、エリンギ、イモ、味も一流です。パンナコッタと飲み物が付いています。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ