2017/3/25

小石原焼  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

 すべてが小石原焼の棚にしてみました。飛びカンナのカップは多くありますが、刷毛目のカップは少ないです。
0

2017/3/23

サランネット  オーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

サランネットの取り換えをしました。スピーカーの大きさが小さいことがよく分かります。小さくても迫力ある低音がでます。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーカは4種あって、ジャズを聴く際には切り替えて聴いています。不思議なことに一番多く聴くスピーカーは青いサランネットの小さなマークオーディオ製です。お値段も一番安かったのですが、良い音が出ます。
0

2017/3/20

豊後竹田 スロービート  カフェ巡り

クリックすると元のサイズで表示します

豊後竹田にあるスロービートへ初めて行きました。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の隣にはギャラリーがあり陶芸などの作品が展示即売されています。

クリックすると元のサイズで表示します

店内にあるテーブルはすべて重厚な天然木の削りだしで造られており落ち着けます。

クリックすると元のサイズで表示します

棚も自然な木の曲線を生かしさりげなく機能面に溶け込ませています。

クリックすると元のサイズで表示します

二階には演奏ホールがありジャズライブなども行われているようです。

クリックすると元のサイズで表示します

無動作に置かれた珈琲豆の麻袋が店内の雰囲気をワイルドな感じに仕上げてました。

クリックすると元のサイズで表示します

部屋の中央には薪ストーブが金枠の周囲に投げ出されています。まだ肌寒い日が続くので、薪は貴重なエネルギーです。

クリックすると元のサイズで表示します

竹田在住の陶芸作家が営む梁塵窯のカップなどが並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄さびを思わせる素朴な一輪挿しです。白のしのぎも良いです。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼にほうれん草とベーコンのトマトソースパスタをいただきました。奥に写っているのはお肉と野菜がたっぷり詰まったホットサンド。

クリックすると元のサイズで表示します

珈琲カップのほうに思わず目が行きます。なかなか良い器を使っています。

http://www.oct-net.ne.jp/~slowbeat/ HPです。

クリックすると元のサイズで表示します

友人宅に帰り星野焼のカップで珈琲をいただきました。
1

2017/3/19

秋月 ハーブとドライフラワーの店  お店

クリックすると元のサイズで表示します

秋月から朝倉へ向かう途中にあったハーブのお店。

クリックすると元のサイズで表示します

ハーブの香りに包まれたリース飾りが壁一面を埋めていました。

クリックすると元のサイズで表示します

ドライフラワーや香り関係の小物が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

オーナはもう20年近くもやっている年配の方でした。
1

2017/3/19

小石原焼 翁明窯  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

小石原に再度行きました。これで今年になって3回目です。

クリックすると元のサイズで表示します

目的の窯元は翁明窯でした。

クリックすると元のサイズで表示します

おしゃれであかぬけた食器が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

ドットの飛びカンナカップを探してみました。

クリックすると元のサイズで表示します

本当はつやなしのドットが欲しかったのですがありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

今回のお買い物です。

クリックすると元のサイズで表示します

光の当たり具合で大きく変化します。よく見ておかないと後で後悔することにもなります。

スターバックスとのコラボで翁明窯が売り出していた福岡スタバ地域限定のマグカップ。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/3/19

秋月 レトロ市  レトロ

クリックすると元のサイズで表示します

奥のほうにレトロ村がありました。

クリックすると元のサイズで表示します

隣ではフォークソングの歌声も聞こえて異色な雰囲気の漂う場所でした。

クリックすると元のサイズで表示します

古いものがたくさんありそうなので少し覗いてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

がらくたのようなものが沢山ありましたが、目にとまるものはありませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します

めぼしいものもなく結局見るだけで店を出ました。
0

2017/3/19

秋月城址  プチ旅行

クリックすると元のサイズで表示します

2年ぶりに秋月を訪れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

草木染の夢細工に行くことがメインでした。

クリックすると元のサイズで表示します

お店は日田の豆田にも由布院にもありますが、ここが本家です。

クリックすると元のサイズで表示します

桜並木にある店舗です。

クリックすると元のサイズで表示します

桜はまだつぼみで4月の初めくらいになるとここもピンク一色になるでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

工房の展示場があったので入ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

秋月製の木工品や陶器が並んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します

つくしのデザインがよく出来ています。苔玉に刺しているのが最初の画像にあります。

クリックすると元のサイズで表示します

どれも軽そうな食器です。

クリックすると元のサイズで表示します

スピーカーのついた木工品です。どんな音が出るんだろう。
1

2017/3/7

ミツマタ  植物

クリックすると元のサイズで表示します

古閑の滝を見に行って購入したミツマタが花を咲かせました。色も白から黄に変わり新芽が先端にちらり見えます。
1

2017/3/4

東峰村 鉄道めがね橋  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

小石原の帰りに宝珠山から添田の方向に行き日田英彦山線にかかるめがね橋を探しました。この山は釈迦岳でしょう。日田彦山線に乗ると一番長いトンネルにこの釈迦岳の名前がついています。降水量の多い地域でも有名です。

クリックすると元のサイズで表示します

道路の右側に鉄道が走っていて最初に見えためがね橋です。宝珠山橋梁といいます。橋の下を道路が通り真下から見上げることもできそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

その奥にあっためがね橋です。こちらは少し長い多連アーチ橋の栗木野橋梁です。撮影スポットになるよう橋側の道路の幅を広げて車が止められるようにしてありました。

クリックすると元のサイズで表示します

鉄道を待つ時間が無かったのでめがね橋だけ撮影して日田インターまで帰ることにしました。途中、山を越えて行けばインターまでは近いようです。

1

2017/3/4

小石原焼 太田実窯  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

小石原焼のさいごに訪れた太田実窯です。おちょこで可愛いものがありましたので。立ち寄りました。

クリックすると元のサイズで表示します

飛びカンナに刷毛目が目立ちます。この景色が気に入ってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します

右の下のほうにおちょこがあります。

0

2017/3/4

太田熊雄窯元再訪  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

今回の目的のひとつでもある太田熊雄窯元です。

クリックすると元のサイズで表示します

刷毛目と飛びカンナのカップをもう一度みて購入を考えようと思い来てしまいました。刷毛目にしようかと思っていましたが、陶主が飛びカンナが良いというので飛びカンナにしましたが、彼は日用品ばかりが売れるので袋物(壺など)を作る技術が停滞していることを気にしているようでした。

クリックすると元のサイズで表示します

太田熊雄窯元は親子三代にわたって数々の陶芸家としての賞を受けており現在も意欲的な作陶を続けている窯元でした。

クリックすると元のサイズで表示します

小石原焼でにぎやかになりました。飛びカンナも刷毛目も揃いました。

クリックすると元のサイズで表示します

飛びカンナの模様のあるすり鉢です。小さいのでゴマをすったまま小皿として使えます。
1

2017/3/4

木の工房  木の家・木工工芸

クリックすると元のサイズで表示します

玄関にタヌキのいる木の工房へ再度訪れてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

大きな木のこぶがあります。前の時と店内のレイアウトをかなり変えています。木の椅子が目立つように置き換えられていました。

クリックすると元のサイズで表示します

アウトレットでブビンガが28万のところ??となっています。それでも手が出せませんが随分安くなっているそうです。この値段からさらに値引きするそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

テーブル板も色んな材質のものが並べられています。

クリックすると元のサイズで表示します

こぶ柱とスピーカーです。

クリックすると元のサイズで表示します

何度見ても大きなスピーカーです。おかみさんが世界一と言っておりました。

クリックすると元のサイズで表示します

藤島部屋と二子山部屋の看板も作ったそうです。

クリックすると元のサイズで表示します

相撲部屋とのつながりも聞かせて頂きました。

1

2017/3/4

小石原「道の駅」周辺  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

小石原「道の駅」に再び行ってきました。今回は連れの誕生日だったので同行してきました。

クリックすると元のサイズで表示します

近所に共同展示場があります。「道の駅」よりこちらのほうがお手ごろ価格だったのですが、お客は少なかったなぁ。どうしてでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

「道の駅」の向かいにあった窯元。太田哲三窯、太田さんという名も多かったですね。

クリックすると元のサイズで表示します

入り口にお皿や壺が展示されています。

クリックすると元のサイズで表示します

お店の中です。展示コーナに所狭しと作品が積まれています。

クリックすると元のサイズで表示します

欲しいものが沢山ありましたが、忍の一文字でとおりました。

クリックすると元のサイズで表示します

小鹿田焼に似ていると思ってしまうのですが、小石原のほうが古くからあったんですね。でも刷毛目と飛びカンナはこの地方一帯で伝授されて受け継がれた技法として定着してきたのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します

小石原の土より小鹿田の土のほうが刷毛目の模様が目立つから良いのだとこちらの方は言っておりました。ただ、小鹿田は伝統を守るように指定を受けたので大変だそうです。その点、小石原焼にはピカピカとつやがあり発想も自由裁量が許されており面白いものが沢山あります。

クリックすると元のサイズで表示します

お昼は道の駅近くの「小石原イカ天うどん」で定食を取りました。

クリックすると元のサイズで表示します

うどんの出汁がとてもおいしくて評判のお店です。これだけあって850円です。とってもボリュームあり大満足しました。
0

2017/3/4

小石原焼のオブジェ  陶芸の里巡り

クリックすると元のサイズで表示します

 小石原焼の窯元も多種多様な創作を試みており、中にはこのような庭のオブジェを沢山作ってきた窯元もありました。

クリックすると元のサイズで表示します

こちらでは普通のお皿がリーズナブルな価格に設定されていました。とても苦心されてこのような価格設定と創作のかたちに落ち着いたと語ってくれました。

クリックすると元のサイズで表示します

 賛否は色々とあるのでしょうが、競争の中で生きていくには様々なかたちが生まれるものだと思います。皆と同じものを作っては生き残っていけないならば、自分に合ったかたちのものを無理をせず造り続けていくほうがよいと言ってました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

沢山のお話を聞かせてもらったので、ふくろうの巣のオブジェを購入しました。随分とおまけしていただいたうえにお米まで分けてもらいました。感謝至極でございます。
0

2017/2/28

測定器  オーディオ

クリックすると元のサイズで表示します

 オーディオアナライザーなるものですが、スピーカーから出すピンクノイズをサンプリングして平均値を出しスピーカーの周波数特性をグラフ化する機器です。ひとつ前のものなのでソフトがXP対応でパソコンとの接続に難がありますが、液晶画面でのリアルな測定ができます。眠りについている古いパソコンを起そうか考えています。

クリックすると元のサイズで表示します

B&W CDM1SEが加わり最終段階です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ