地球と人類の行く末  その他


時代の潮流は自律社会から進展した「自然社会」の訪れは宇宙の摂理や秩序に従い、魂の貪欲と穢れは禊・浄化排毒により霊性の気付きと覚醒が起り、人類と自然との調和・適合と共生を前提にした創造の動きが活発になります。
自然社会への訪れは利己的で偏狭と邪悪な精神想念と言動を続けている人にとっては極めて厳しい生活の時代になります。
皆さんが真理を学ばれ意識を高尚に保たれ人間の本質である霊性の開発向上を目指される様に皆様の生活に微力でも良い指針を享受されて、一時の苦しみを紛らわすのでなく、よりよく生きるための希望と生き甲斐を与え、安心と幸福が訪れるための一石を投じるお手伝いができれば幸いかと存じます。
この機会にあなたも有意義に暮らせるよう正しく認識と有益な人生観を学びませんか。

社会
クリックすると元のサイズで表示します
科学
クリックすると元のサイズで表示します
技術
クリックすると元のサイズで表示します
念じて脳波で義手などを動かすBMIを応用した装置とか、人工知能(AI)の分野は精神生体技術に相当します。

岐阜市の広報 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)
http://ukaimuseum.jp
クリックすると元のサイズで表示します
24

 

神仕組みの大転換期  世の中の動向

新しい地球文明創造に向けた宇宙経綸(神仕組み)が始まっており、未曾有の大転換期を迎えつつ大変化・大変貌の最中に在ります。それは地球自身に何かの意志系統が存在するからです。
新しい時代の潮流が渦巻き始め、誤った価値観の欺瞞・虚構社会は崩壊し、新しい地球文明の創造と破壊が同時に交差して真実が芽を出して行く時を迎えているのです。
新しい時代のうねりと共に、精神世界にも革新的な動きが随所で見られる様になり、良くも悪くも新しい社会現象の動きとなります。
それは今までの既成概念や社会通念が根底から崩され、従来の価値観や認識では通用せず社会経験から蓄積された事業手法や既成概念は通用しないということです。
何時の時代でも柔軟な思考で既存の知識や常識にとらわれず、己の直感やインスピレーションに素直に従った勇気あるパイオニアたちによって新発見や大発明がなされ、その後の新時代が切り開かれてきた経緯があります。
霊性が幼稚で下劣な思考と心の偏狭な人類の多くは試練を受けながら自戒反省し乗り越えて、誤った人間の意識のカルマが創り出した心身・魂の穢れは禊による浄化排毒・清算と共に、霊的な高揚が伴い精神的な進化から急速な覚醒を遂げる様になるのであり、犠牲・教訓を無駄にしないことを心掛ける必要があります。
人類は生存本能を中心とした過度の競争・略奪と対立抗争によって、幾度も文明を崩壊させて来た歴史的な経緯があります。
アセンションとは、肉体を伴いながら霊性を次元上昇することであり、肉体が昇天する事ではありません。
17

2016/11/28

11月26日の夢、新幹線にミサイルがニアミスした  不思議な夢

11月26日の夢、新幹線に乗っていました。
外の景色を何となく眺めていると、北の方からミサイルが何発も飛んで来るのが目に入りました。
その内の1発は此方の方へ真正面に向かって飛んで来るのを、2〜3百メートリ先に見つけましました。
私が乗っていたのは折良く最後尾の車両で、しかも、後ろの方に座っていましたから、列車が通り過ぎた直後に10〜20メートル離れた、同じ高さの位置を掠める様にニアミスして飛び去りました。
私は呆気に取られて呆然としてその光景を眺めているだけでした。

夢から覚めて考えてみると、これは、北朝鮮による軍事行動で日本列島の方面へ向けたミサイルの発射実験とか、何らかの挑発行為があるのかもしれません。
或は、経済的な面に於いて何かの危機的な状況に、直面することになる可能性もあります。
その他として、何らかの脅威が起きて来る事も考えられます。
新幹線は平和的な技術でありますが、一方のミサイルは軍事的な技術で戦争を意味しています。
自衛隊の他国への平和維持の名目に因る派遣と言っても、某の軍事的なトラブルに巻き込まれる恐れも充分にあるでしょう。
1

2016/11/27

人は痛み・悲しみ・苦悩・辛さの体験を遠して教訓を学ぶか  感じたこと

特別寄稿
日本人の働き過ぎる傾向は強く、仕事に「根を詰める」人が多くて過労死とか、長時間労働からうつ病になり自殺する人も後を絶ちません。
もっと気軽に生きて自分を見失わない様に、適度に気分転換を図り気を抜きながら心の余裕を取り戻し、心身共にリフレッシュして何事にも取り組む必要がありそうです。
電通の高橋まつりさんの自殺は、長時間労働による過労から心身共に疲労して自らを見失い、精神的なバランスを崩したことが要因であると言えます。
痛み・悲しみ・苦悩・辛さなどを遠して、漸くと労働基準局が動き出しました。
まつりさんの「まつり」の言葉は「真釣」とも言え、天秤のバランスであり、是正でもあり、電通に於ける人材・労働に対するカルマの浄化・清算が始まったとも言えます。

子供たちの世界でも虐めによる原因で、苦悩により窮して自殺する子供が後を絶ちません。
世の中は金品を尊重して成果主義や競争社会でありますから、心の時代だと叫ばれて久しくなりますが等閑にされている様で、抜本的な解決法は見出されていないのが現実です。
人は単なる物質的な人間だと見たり考えている様では、本当の才能や価値を見誤ります。
心の奥に魂があり霊が存在することを認識し理解しない様では、虐めの問題についても対策法にしても何ら見つけられません。
ここでも観の転換が必要であり、真の人間は生き通しだと気付くことが大切です。(追記)

後期高齢者が運転する自動車で交通事故を起こして、何人もの人々が亡くなりました。
警察は交通法規の規制を検討し罰則とか認知症などの検査を強化する様です。
高齢になると身体的な老化から運動神経や機能が衰えて低下しますから、適度な運動として早い歩行とか自転車に乗って足腰を始め、日々の全身的な軽いトレーニングが欠かせません。
アクセルとブレーキのペダルを踏み間違えるのは、認知症だけでなく足腰の運動神経や機能が衰えている場合もあります。
巷では後期高齢者になれば運転免許証の返納を勧めておりますが、気軽や気晴らしで自動車に乗れなくなると外出する機会も少なくなり急速に運動機能が衰えたり、認知症を始め様々な病気にもなり易くなります。(部分追記)
NHK教育テレビの放送番組の時空を超えて「運命か 自由意志か」に於いて、心理的なアンケートによると人々は人生に於いて、何事にも良い方に見たり考えたりする傾向にあり、事故に遭う確率でも自分は実際の平均値より少ないと答える人が多いとありました。
この様な観点から原発の運転・運用でも、公害を発生する未熟な科学技術を妄信して、「安全神話」なる考えが生まれて通用していた様です。
事故にしても災害にしても病気にしても、自らの運命・カルマと深い関係があることを知らないと何ら解決はしないでしょう。

自動車を運転中にゲーム「ポケモン・GO」をプレーしていて、交通事故を起こして若者が亡くなりました。
これは、これまでにも自動車を運転中にスマホ操作をしていて、交通事故を起こして怪我をさせた例は後を絶たず、ゲームのプレーでも同様に、容易に「〜ながら運転」で交通事故を起こすことは予見出来た筈です。
誰でも、頭では分かっていても潜在意識・魂にまで浸透して、理解していないと効果が現れません。
自動車の運転中は真剣な面持ち眼差しと意識を集中して、気を抜かないで沈着冷静で的確な判断が出来る様に心構えを整えましょう。
諺に「二頭を追うものは一頭をも得ず」と言われる様に、人は同時に他の事を考える事や行動は無理があります。
人の思考はコンピュータの様に時分割とか分散処理で、同時に複数のことは出来ません。
それで人々は痛み・悲しみ・苦悩・辛さをなどを通してしか、人生体験は本当に肝に銘じる・教訓を学べない様で嘆かわしいものです。
この様に尊い命の代償を以て人々の共有意識として、悲惨・苦悩な出来事が繰り返さない様に犠牲になった人の冥福を祈りつつ、皆さんの幸せを祈りより良き世界が到来することを希求する次第です。
と言っても、この現世では物理的な制限・制約もあり、未熟・不完全・不調和・不良な世界の次元領域でもありますから、皆さんは意識を高尚にされて上位の階層領域へ進み、さらに次元上昇により五次元世界へと移行しない事には、何事にも無理があり目標も願望も成就しないと思われます。

29日、追記
若い人が早くに亡くなるのは惜しく悲しむべき出来事ですが、人は過去生から某の因縁(宿業)を引き摺って生まれて来ていますから、今世に於いてその「因縁を果たす」と言う役割もあります。
子供は「神からの贈りモノとか授かりモノとか」と言われる様に、親から見た子供は所有物ではありませんから、誰某の所為で亡くなったと言って相手を無闇に責めるのではなく、これも深い因縁に因るのだと考えて「罪を憎んで人を憎まず」の心得が大切です。
亡くなった子供の事を不憫だと思う余り強く悲しんだり遣る瀬ないと執着すると、この世に引き止めることで成仏が遅れる事があり、双方共に魂として体験学習に於ける進化向上にも支障が出るのです。
事故にしても事件にしても対処療法の様に、只、法律的に罰則を強化すれば犠牲者は少なくなるかと言えばNOと言わざるを得ません。

死ぬべき運命の人はその時が来れば、阻止を試みても何らかの方法で死が訪れるものです。
但し、霊界通信の情報によれば人は本来の寿命よりも長生きする人は少なく、殆どの人々はそれよりもずっと短い寿命で亡くなっていると言われます。
それは正しい生き方をしない場合が多く、「自己処罰」の働きが潜在意識にあるからだと言われます。
加害者にしても自身の思考・想念や情緒・感情の様々な罪悪感から、ネガティブなエネルギーが「己に背く」如くに知らない内に自己に向けて発し、自らの意識・言動を裁き人生を破壊・破滅する方向に自己処罰をしていると言えるのです。
ですから人の罪を裁き報復するのではなく、因果応報の理を知りその重大性を自覚して己の意識・思考と言動に責任を持つべきなのです。
この「因縁を果たす」と言うのはカルマの浄化に伴う「自壊作用」であり、ネガティブなモノが表面に現れて解脱・解消して行く症状なのです。
人間は未熟であり体験学習の過程にあり、自己の御霊・魂を悔い改めて浄化し進化向上することにあります。
1

2016/11/9

思考停止の実践より観や視点の転換を謀る方策がベスト  感じたこと

近頃はメッセージの感受も不識な夢を見る事もありません。
パソコンの使用は眼精疲労が大きくて暫く休んでおりました。
引き続き当分の間、パソコンの使用は休みますから、ブログの更新は当分の間は休止することになります。

先日から思い浮かぶのは、白光真宏会の五井昌久氏が「思考停止」の実践をして、3日間の連続に成功したと著書に書かれていた事を思い出したことでした。
思考停止を続けるには難しい面もありますが、短い間であれば、多くの人は経験している様です。
近年の未曾有な大災害や大事故に見舞われて、政治家とか財界・企業のトツプなども余りのショックから想定外だと繰り返し、思考停止の状態に陥っていた時期もありました。
一般の人々も大きなショッキングな出来事に遭うと、頭の中が真っ白になり何も考えられなかったと言って、思考停止の状態に陥ることもあります。
私が思うには、思考停止と言うよりは、ネガティブな意識・感情が沸き上がって来たら、観の転換・視点の転換を謀る方がベストだと感じます。
人と言うのは、意識をそう易々と、ころころと変化させることは少ないと思います。
何かに驚いた場合でも、身体は反射的に動いても心の働きは直には変わらなく、1〜2秒間程は過ぎているでしよう。
人の心・意識・心遣いと言うのは、惰性・習慣とかの傾向があり、直には変えられない性質があります。

今の時としては唯、思考停止をしているだけでは進歩向上しなくて、これから目指す「五次元世界への移行」は叶わないと言えますし、より上位の階層領域へ移行さえも困難になります。
それは、心の働き・作用を成就に向けて目標・願望・祈りに合わせる必要があるからです。
ポジティブな思考・意識を保ち、心を何か(目標など)に確り見据えて支配することが重要であり、物事を実現させるには具体的で確りした目標・ビジョンや目的を持ち、意識(想い)力と、意志(決断)力と、表現(イメージ)力との各要素を、潜在意識で目的とする一つの方向に統合させることで相乗効果が現れてこそ成り立つ(実現する)のです。
途中で不安になって懐疑心や否定心などで心をふらふらと変化させると、心の力は分散して互いに打ち消し合うように作用して物事は成就しないことになる訳です。
ですから「創化の法則」を活用しましょう。
そうすれば移行の準備に必要な諸々な知識や生き方とか、意識・思考・想念・祈りの活用法などが自然に集まり来るのです。

この世界は仏典にあるように「唯心所現の世界」なのであります。
それだからこそ自らの潜在する「意識・心」によって、それを支配することを学び、「心」によってそれを支配することを実証しなければならないのです。
私たちは生き方に主体性を持つと共に、日常に起こる様々な問題を自ら思考判断し解決して行こうとする前向きの意志が大切なのです。
私たちの心で想念したり創造する自由は、善い方向にも悪い方向にも同じように想いの行為が可能であり、どちらの方へも向けられるということを再認識しなければならないでしょう。
つまり人間の自由意志と自由判断や選択と、行動の自由という権利は「諸刃の剣」でもあるのです。
あなたの生き方を決めて行くものは基本的には「意識・思考」なのです。
それは正しい考えこそが正しい想いと正しい知恵と正しい判断や選択が湧くようになり、そして正しい行動も出来るからです。

追記、
8月20日の夢について別の意味は、一部に於いて光りの担い手側の失敗にあった様です。
あるサイトの話しによると、闇側の者たちは生き残りを賭けて命懸けで猛烈な反撃を開始した事から、一部の地域・領域に於いて光りの担い手側はある程度の撤退を余儀なくされたそうです。
その時期は、丁度、ブログの2016/4/30「五次元世界へ準備」で紹介しました様に、その言葉が頭を過っていた頃でした。
これは光りの担い手たちに今以上に意識を高尚にして上位の階層領域へ移行する事により、霊的なステップアップを起こして光の勢力をさらに強化して、闇側の反撃をそれ以上に進まない様に阻み食い止めて守備する事にあった様です。
その後、高次元世界から大量に流入する光明波動は、さらに8月末から始まった新たな3つの波動が追加されて、地球と人類にアセンションを加速させる様に増強されたことで、光の勢力は優勢になり闇側のさらなる反撃は中止に追い込まれて後退・撤退し、元の位置に戻ったそうです。
闇側の者たちは小さな集団に成り下がり弱体したと言っても、未だ未だ油断も隙も見せる事は出来ない状況だとも言えます。
望む世界が早く実現して欲しいと願っても、物理的な世界では、何事にも年月を要しますので急激な変化を期待するのは無理があります。
1

2016/10/21

理想的で幸福な結婚と魂の伴侶の見つけ方---婚活への誘い  感じたこと

人と言うのは一人で生きて行くのには寂しく辛く苦難が多いものです。
辛さ・苦しみ・悲しみ・楽しさ・喜び・嬉しさなど、喜怒哀楽をパートナーや仲間と分かち合い、助け合い・補い合い・励まし合いながら共に生きて行くことで、力強くなり互いに信頼し安心と生き甲斐も生まれてくるのです。
社会現象になっている社会孤立や孤独について、人は独り身で暮らしていても人間関係がなければ、精神的に何の刺激もなく何も感じることもなく魂は進歩向上がありません。
家庭というのは社会の縮図とも言われて、夫婦でお互いの人格を高めるために魂を磨き合い、真の自由を得るための絶好な練成道場とすることが出来ます。家庭とは国家や社会や組織の最小単位でもあり、団体生活の基本となる適者生存の営みでもあります。
未婚の若い男女の皆さんは誰でも良縁の成就と幸福な結婚を望んでいます。人生の大きな節目とか転換期でもある結婚。人は結婚によって運命も境遇も大きく変わります。
あなたは自分に相応しい、素晴らしい半身(伴侶・ソウルメイト)に巡り合って幸福な結婚が出来ると信じていますか。人の運命は自ら信じる通りに造られて行くと言うのが、心の創造法則であり運命の法則です。

私たちが宇宙の秩序や摂理の恩寵によって、地上に肉体人間として生み出されて来ているという事は、その人の魂の伴侶(ソウルメイト)も既に用意されているということです。
但し、誤った人間観・恋愛観・結婚観や夫婦生活とか不信感が良縁の邪魔をします。
人間は高次元から観れば神聖受胎であり本当の結婚生活は、神の子(日子)と神の子(日女)が、霊的にも肉体的にも身も心も1つになって、神の天地創造の御業を縮小された家庭生活で営む神聖行事であります。
若い男女がお互いに魅かれ合う場合には、魂の伴侶(ソウルメイト)として魂の魅力で引き合っている場合と、生命現象の根本となる生命遺伝子(DNA)に拠って、継続という種族保存の本能に動かされて、盲目的に性的な魅力に引かれていく場合があります。
幸福な結婚のために伴侶の決め方は、勿論、魂の魅力や人格の魅力と相手の全体から立ち昇る、霊的な雰囲気(オーラ)の魅力にポイントをおいて選ぶことです。
世間一般では、玉の輿や逆玉を狙い、家柄とか・名声とか・地位とか・実業家とか・資産家とか・高学歴とか・高収入とか、美貌の容姿とかなどで結婚の条件や願望を決めている人も居りますが、ここで少し洞察力を高めてよく考えて見れば、それらは何ら私たちを幸せにする確固たる保障はありません。

それらは確かに幸せな結婚生活を保証するだろうと推定される、1つの手段であり要素(ファクター)ではありますが、あくまでも1つの手段であり要素にしか過ぎず、手段と目的を取り間違えないようにしましょう。
本来、結婚とは陰と陽との反対の原理と働きが、お互いに補足の原理で合わせ合って行くことです。あなたが結婚したくなり良縁に巡り合った時が適齢期・機会であると言えるのです。
結婚をカップルの自由意志的な嗜好の問題であるなどと考えてはなりません。中には結婚に踏み切れず同棲を何時までも続けているカップルもいます。
一方では、性格が合わないとか、条件の誤算からこんな筈ではなかったとか、仕事の都合ですれ違いの生活が続いて耐えられないと、離婚するカップルの人々が増えています。
他に気楽そうや良さそうや豊かそうに見える恋人のカップルや夫婦を見て、自分もその様になろうと想い描いて真似たり、その様な両親の家庭へ移って同居しても肩身の狭い思いをしたり、居心地が悪く気苦労が絶えず辛く気が休まらなく、そこは決して幸せでも楽でも自由な世界でも無いことがやがて分かるでしょう。
人には夫々に個性や魂の段階(レベル)がある様に人の生き方にも応じて相違があり、体験学習やカルマを果たす内容により、境遇は異なり比較は出来なく単に真似をしても意味がありません。要は高望みをして無理をしない事です。

男性と女性という二つの対極的な性的エネルギーのバランスした状態を学ぶのに、それが統合された処よりいい方法があるでしょうか。
巷には“あの人に会ったのが運の尽き”という言い回しがあります。私たちがよく使う沢山の他の言い回しの様に、それは本当のことを言っています。でもその言葉の本当の意味を理解する人は殆どいないでしょう。
ここでは、そのような関係のどのパートナーが悪いとかを言っているのではありません。殆どの場合は生前のカルマの合意に従って、カルマが成就(因縁果たし)されているに過ぎないのです。
性的エネルギーは人間の精神性の内で尤も本質的なものなので、男性と女性エネルギーのバランスを取ることが恐らく最も望まれることでしょう。この宇宙空間(霊界)にはその様な男女のエネルギーの融合が性的傾向や感性や感覚としてあるのです。
殺人は性エネルギーが大きく逸脱したものだとも言えるのです。
お互いに誰がどの相手に惹かれようと全く問題になる様なことはありません。ここではあらゆるレベルでの経験=体験学習が、魂のスピリチュアルな進化のために準備されているのです。
人類に残された少ない年月を皆さんは悔いの無い様に、愛する者や家族と共に有意義に楽しく嬉しく有り難く生きましょう。

参照 : 縁結びスポット
料理教室合コン体験レポート:キッチンは婚活の戦場であった
http://blogos.com/article/61314/
結婚は勢いと直感 歴史書『古事記』が教える現代流結婚のコツ
http://www.news-postseven.com/archives/20130430_185969.html
付き合う前に「体を許してはいけない」本当の理由
http://www.skincare-univ.com/article/007253/
声の良い男性=生殖能力が高いバロメーター!? 意外と知られていない「夜這い」の歴史 昔のカリスマ的美女が選んだ男性とは
http://news.livedoor.com/article/detail/9322521/
顔じゃなかった!「すぐオトコからプロポーズされる女性」特徴3つ
http://www.news-postseven.com/archives/20150713_335994.html
1

2016/10/17

10月17日の夢、皮膚がクリスタル・ボディーに変容  不思議な夢

10月17日の夢、夜中の2時過ぎに目が覚めると皮膚に不思議な感覚が少し残っていましたが、不快感は全くありませんでした。そして直に消えました。
それは身体全体を何か正体の分からない物質が取り巻き覆われていました。
それは一見して天女の羽衣の様なスカーフかストール風でもあり、或は食品ラップやセロハンの様でもあり、それが数十〜何百枚も重なって数ミリもあって無色の不透明な、樹脂の様でもありました。
その表面に触ってみると寒天のジェル様でもありましたが、滑らかで柔軟性と弾力性に富んでいました。

夢から覚めて考えてみると、これは次元上昇に伴い肉体を伴ってアセンドすることから、身体の状態が半霊・反物質へと、徐々に変容・変身して行く有様を意味していると感じました。
身体に覆われた無色の不透明な樹脂の様な物質は、変容・移行しつつあるクリスタル・ライト・ボディーの表面的な一部を指していると感じました。
現在、次元上昇に伴い身体を構成している遺伝子情報の螺旋DNA構造は、2本・条(束)から活性化して解除させストリングの再結合が始まっており、12本鎖・条(束)のDNAストランドの活性化が遂げられる途中の時期にあると言われます。
参照: 当ブログ2013/3/25「12本鎖(束)螺旋構造のDNA活性化を促す」
http://star.ap.teacup.com/psitact/54.html
同/4/13「4月13日の夢、蚕が半透明に変化はクリスタル・ボディー」
http://star.ap.teacup.com/psitact/82.html
同/4/23「4月22日の夢 DNA4条に向けた動き」
http://star.ap.teacup.com/psitact/98.html

皆さんの遺伝子の中に地球の遺伝子学者が‘、ジャンクまたは非コード化DNAと呼ばれる働きの不明なコードは、大量に存在して本来有していたコードが抜けて、今までは殆ど休眠中で活性化されていませんが、今の時期は、修復プログラムを起動済みで再構築に向けて整合されつつ、再統合・再結合させるアップグレードのステップに入っているのです。
しかし、本来有していたDNA12束(核)の螺旋状の鎖が変容を始めると言っても、物理的な身体ではなく高次元のエーテル的・アストラル体ですから、DNA解析をしても分かりません。
人間の身体は炭素基盤細胞構造がクリスタル型基盤細胞へと徐々に移行しており、従って物質的により結晶構造質に変化して、肉体が第四密度の様な高い振動波あるいは波動の中でも生存できるようになるのです。

各条(束)はチューブのようなもので内部に、本来は夫々が完全な3000本の紐DNAで構成されます。
当面に目標とするべきエーテルレべルではDNA4条と1024本の紐DNAです。
これから愈々とDNAの生物学的な変容が本格的に具現化すると思われ、エーテルレべルで1800本の紐DNAを達成してからになります。
人間の場合は少なくともDNA6条と3000本の紐DNAで無数の階梯の中で、より高い目標として7500本の紐DNAの別称で節目の1つがあります。
但し、この様なDNAの螺旋状の鎖が変容を始めると言っても、上位の階層領域の一定レベルへ移行しない事には修復プログラムが起動して再構築は起こらないでしょう。
1

2016/10/15

バシャール/アシュタール情報 クモの糸が導く未来 体罰⇒瞑想 白隠禅師 ホログラム図書館  これからの動向

【バシャール2016】 感情の惑星 / 磁石 / ハンドル 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=wdrVwzTMBVY

【バシャール2016】 2016年〜2020年/新しい社会/進路変更 【未来予測】
https://www.youtube.com/watch?v=-gcpAsX-5KI

【バシャール2016】自分のトーン / ニュートラル域 / 受け取る 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=p6wVTOmQvO4

【アシュタール】地球の脱皮 / ムー大陸 日本 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=0WLzjKk-dxY

【バシャール2016】 ジャンクDNA / 遺伝子 / ガイア 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=fnIC-1g3_cE

【バシャール2016】警戒態勢 / 気がつく / 光の種 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=V6Zv8vQudR8

【バシャール2016】ヒーリングメッセージ 【最新】 いいとこ取り 全開パワー エッセンス
https://www.youtube.com/watch?v=PsBpdLC27t8

【アシュタール】ヒーリングメッセージ  【最新】 笑い アセンションとは リーダー
https://www.youtube.com/watch?v=xJYPGmd0d08

【バシャール2016】 ヒーリングメッセージ 【最新】 ダイナミック センサー 生に通ずる

シェルダン・ナイドル10/11,2016; 新アメリカ共和国設立に向かう世界の動き
https://www.youtube.com/watch?v=zrXcv-1FS1U

クモの糸が導く未来<1> 再生医療に新たな可能性
http://www.cnn.co.jp/fringe/35089954.html

クモの糸が導く未来<2> 傷口の治療に効果
http://www.cnn.co.jp/fringe/35089955.html?tag=cbox;fringe

クモの糸が導く未来<3> 航空機材など新たな分野へ
http://www.cnn.co.jp/fringe/35089956.html?tag=cbox;fringe

体罰を瞑想に変えたら 子どもたちはいたずらをしなくなった
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26204.html

念を変えれば、人生が変わる
http://www.epochtimes.jp/2015/08/24372.html

修行の極み 心が動じない白隠禅師
http://www.epochtimes.jp/2016/10/26234.html

地球史の9割方が嘘であることが発覚!ルーマニアの山内部で宇宙人製のホログラフィック図書館を発見!
https://www.youtube.com/watch?v=odGsTzYRiJA
1

2016/10/3

五次元世界へと移行する準備の追記---後項3/3  感じたこと

五次元世界へと移行する準備の追記---後項2/3の続き
彼らは拝金主義とか市場制覇とか至上主義と言う煩悩で目が眩み、一種の病魔に侵されて狂気に満ちて精神も身体も退廃・堕落していると言えますが、何時の日にか崩れたバランスを立て直す作用として、浄化排毒による清算に伴う粛清・粛正の受難が待ち受けています。
会社経営者は社会に役立ち品質の良い商品を提供するは勿論の事、社員や従業員を始め取引先や下請けなどに対しても、関係各社の従業員の『家族生活の安定を供与する』という、任務や義務を忘れています。
そこで皆さんは今こそ虚構なイリュージョンのトリックや暴露に気付き、勇気を出して仮想・偽りの世界と催眠や眠りや陶酔した偽りの自己から目覚め、「本当の自分」を知り発見することで古い自己の拘束と呪縛と暗示から解放して、真の自分を取り戻し「自己実現」を目指すと言う自ら変革することであります。
皆さんは気付きと覚醒から意識レベルは急速に変化して向上し、人類は急激な集団覚醒に移行して、やがて古いシステムを潔く手放さざる状況に余儀無くされ、人類を闇の勢力が永年に渡って続けて来た束縛・奴隷状態から解き放たれます。
そして、闇の支配は終息宣言がされます。これからも引き続き暫くの間は平穏無事の生活は無理な話になります。

皆さんは光のネットワークに繋がっているから大丈夫と思われていませんか。人は真理を学び実践を行って体得しなければ何事も自己の変革はありません。真理に基づく生き方からのみ意識を高尚に保ち高揚する感覚から人格・品性の向上が始まるのです。
私たち人間には、何にも(何事も)起りようが無い様な安易な人生はなく、安心や安定や幸せや豊かさだけで過ごせるような人生もなく、実に様々な事象が起って多くの人々は利己心から世間体とか、自分の欲望や怒りや嫉妬などにより生き方を誤るものです。
つまり、皆さんのこれから進むべき運命や未来の姿とか、行く先で属する階層領域帯は何を学びどの様に思考して、自己責任型の人生プログラムである、フローチャートで何方を判断し選択するかにより異なるのです。
参照:ブログ2014/8/18「人生と運命の流れはフローチャートと知るカルマの行方」
http://star.ap.teacup.com/psitact/453.html
日々の慌ただしい生活に追われて思考が不安定になり、様々な事象を無造作に受け止め深く考えずに対処し処理してしまい勝ちで、始めの内は小さな判断の見誤りでも何回も続けると大きく道が逸れて、何時か「何か変だ」と気づいた時にはすでに遅いものです。

だからこそ、人生としての生き方である正しい基準となるべき、正しく有益な人生観の思想や思考を身に付けるべきであり、様々な事象に対する観方・視点から把握し冷静に正しく分析して、判断するという基準を確りさせる必要があります。
但し、人格・品性を完成させる準(准)聖人並みの一寸手前で、努力の甲斐も無く不幸にして今世の寿命が尽きて死に至る事があろうとも、決して元の木阿弥に戻ることはありませんから、狼狽えたり恐れたり落胆したり残念がったり諦める必要は全くありません。
死後の世界でも現世と同様に霊格・霊性を高めて完成させて準(准)聖人並みに至れます。
さらに准聖人のほんの一寸手前であれば、アセンドマスターたちが手助けしてくれます。
この手助けのことは「ヒマラヤ聖者の生活探究」にも触れており、マスターたちの仲間だと言う見るからによぼよぼの老人も居ましたが、暫くしたら亡くなりマスターたちは集まり復活の祈りを捧げると生き返り、アセンドマスターとして見る見る内に若返ったと書かれています。
巷では終活が静かなブームになっている様ですが、私たちがこの現象界から次元上昇して五次元世界へ移行する準備には、この現世に於ける終活も含まれています。

キリスト教で言う原罪とは、リラ星人は母星を失い宇宙を漂流の末に地球に辿り着いた、アヌンナキらの一部(ヤハウェ)により自ら種の存続を賭けて、人類は遺伝子操作されて彼らの遺伝子を加えた事で、人類は彼らが持つ過去の核戦争なる負のカルマを背負うと共に、核を扱う文明に発展して浄化・清算し解消する迄、永い年を待つ必要があり輪廻転生も生まれました。
リラ星の爆発はやがて火星と木星の間に在ったマルデク星の爆発へと繋、地球でも超古代に核戦争があった痕跡も見つかったり、危機は続き広島と長崎の原爆とか原発事故の続発に至り、それらの縮図として展開しています。
私たちは核・戦争・テロのカルマを速やかに浄化・解消させるには、自らの精神を鎮めて安静とさせて「平和の祈り」がベストであります。
不和・対立・怒り・憎しみなどの心から相手を慈しみ育てる気持ちで、許すという寛容な心に向上する勇気と決意が大切で必要な時です。

この項目(五次元世界へと移行する準備)を紹介する記事の、作成と編集の作業はやっとこさ一段落したと感じます。

丁度、妻の後見事務の報告をする様にと、家庭裁判所より知らせが9月末に届きました。
さらに、事務報告をする書類の書式が変更になったとの旨があり目録などの作り直しと、しかも、今までは1ヶ月半でしたが今回の提出期日は1ヶ月を切っていて実質3週間と短く、暫くは報告書の作成に専念します。
前前回や前回では作成した複数の書類を始め、関係資料や通知書や領収書や証書などのコピーも含めて、A4用紙で合計50枚にもなりました。
書類の作成はアプリの使用に慣れていない上に、思った様な出来映えにならずブログより色々と気を使いますし、何回もコピーに出掛ける必要もあり、けっこう忙しくなります。
2

2016/9/29

9月29日の夢---上位の階層領域帯へシフト  不思議な夢

9月29日の夢、廃棄して切断した金属資源の山と積まれた場所の上に居ました。
前に進んで行くと不安定で今にも崩れて落ちそうな手前に来ていて、それらを触って動かすと大きく揺れました。
この場所の周囲を見渡すと空中にあり後ろに在る高い建物か何かの建造物から、何メートルか突き出た鉄骨製の腕の様な構造の部分だと分かりました。
先に前を進んでいた人は何処へ行ったのか急に姿は見えなくなり、私は前に進む事も出来なくて思案して辺りを調べると下側へ回り込んで、ロック-クライミングの様に細いパイプや鉄筋を手で掴んでぶら下がり、突き出た先の方へ進んだと感じて、私もその様にしました。
私は下側へ回り込んで突き出て細くなった先端まで何とかぶら下がり辿り着くと、その先には軽量の鉄骨製で出来た橋梁の枠の様な構造体が真っ直ぐに伸びていて、数十メートル離れた別の高い建物へと繋がっていました。

橋梁の枠と繋がった先端部分の下には、Uの字の様な細いパイプが付いている事に気付き掴んで下に引っ張ると、橋梁の枠にある中央の部分が手前にスライドする様に少し動き、真下まで引っ張るとブザーが鳴りました。
すると向こう側に在る高い建物で下の階にある窓には人影があって、此方を見ているのが確認されました。
やがて、男性が橋梁の枠にある可動装置から吊る下げられた器具に身体を固定して、スライドする様に近づいて来ました。
直ぐ前まで来ると「ようこそ、お待ちしていました」と挨拶されました。
私はUの字の様な細いパイプを掴んで下に引っ張りながら、どの様に使うのですかと尋ねました。
男性は「私に任せて下さい」と言い、クライミング用のハーネスに高所作業用の安全ベルトを組み合わせた、胸にも固定具がある一体型の用具に吊り下げる金具が左右に付いており、橋梁の枠にある中央の部分がスライドする四角い金具から吊り下った2本のワイヤーと、接続金具に左右を繋いで「これで完了です」と、さらに続けて「私に追て来て下さい」と言うと向こう側へ動き出しました。

夢から覚めて考えてみると、これは高い建物から別の高い建物へ移ることから、階層領域帯のスライド・シフトを意味しており、次のステップに前進する時期に差し掛かり、上位へ進化して行く状況を指していると感じます。
つまり、別の上位パラレルワールドへ移行する準備が整ったか、或はその準備へ既に入っているという意味あいもある様です。
高い建物から突き出た腕の様な構造とか、不安定で今にも崩れて落ちそうな状態は上位の階層領域帯へ進むに従い、ネガティブな誘惑への作用も強くなり意識的な揺らぎや傾向から、魂的な堕落の危険が伴うことを指している様です。
つまり、上位へ行くに連れて高い精神的な想念のバランスを保つ必要から、自らの意志とか信念をより確りして強くし高尚に持ち続けないと、一寸した気持ちの油断や心の隙から煩悩と言う甘い誘惑に負けて転落する可能性があるのです。
下側へ回り込んでぶら下がり先の方へ進むことは、上側を大手を振って得意げや自慢して進むのではなく、縁の下の力持ちの如く地道に平身低頭の心構えで前進するという意味があります。

この夢はブログ2014「8月12日の夢---次の段階へ移行」で、紹介した内容に類似していると思われますが、当時とは属していた階層領域帯が異なり、今回はより上位に居ることです。
高次元世界から大量に流入する光明波動は、さらに8月末から始まった新たな波動の増加と増強されて、地球と人類にアセンションを加速させています。
それで私は全身に強いエネルギーを感じていましたが、2週間もすると感覚は順応したのか徐々に感じは弱くなるに連れて、一方では、身体へも2010年の次元上昇が始まった後の様な症状(疲労レベル=痛みの変化)が現れて、今回は部分的で小さな変化が起きて来て、身体の健康回復は少しずつ進んでいる様です。
参照:ブログ2013/6/27「眼精疲労と白内障の根源 4月3日の夢の件」
http://star.ap.teacup.com/psitact/177.html
あらゆる分野や方面にもカルマの浄化排毒作用に伴い様々な事象が現れて来ます。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ