地球と人類の行く末  その他


時代の潮流は自律社会から進展した「自然社会」の訪れは宇宙の摂理や秩序に従い、魂の貪欲と穢れは禊・浄化排毒により霊性の気付きと覚醒が起り、人類と自然との調和・適合と共生を前提にした創造の動きが活発になります。
自然社会への訪れは利己的で偏狭と邪悪な精神想念と言動を続けている人にとっては極めて厳しい生活の時代になります。
皆さんが真理を学ばれ意識を高尚に保たれ人間の本質である霊性の開発向上を目指される様に皆様の生活に微力でも良い指針を享受されて、一時の苦しみを紛らわすのでなく、よりよく生きるための希望と生き甲斐を与え、安心と幸福が訪れるための一石を投じるお手伝いができれば幸いかと存じます。
この機会にあなたも有意義に暮らせるよう正しく認識と有益な人生観を学びませんか。

社会
クリックすると元のサイズで表示します
科学
クリックすると元のサイズで表示します
技術
クリックすると元のサイズで表示します
念じて脳波で義手などを動かすBMIを応用した装置とか、人工知能(AI)の分野は精神生体技術に相当します。

「岐阜市信長公450プロジェクト」のホームページ
http://www.nobunaga450.jp
ぎふ信長まつり騎馬武者行列に藤岡弘、さんが信長公役で登場!
http://www.nobunaga450.jp/news/post-2615.html

岐阜市の広報 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)
https://www.ukaimuseum.jp
http://ukaimuseum.jp
クリックすると元のサイズで表示します
24

 

神仕組みの大転換期  世の中の動向

新しい地球文明創造に向けた宇宙経綸(神仕組み)が始まっており、未曾有の大転換期を迎えつつ大変化・大変貌の最中に在ります。それは地球自身に何かの意志系統が存在するからです。
新しい時代の潮流が渦巻き始め、誤った価値観の欺瞞・虚構社会は崩壊し、新しい地球文明の創造と破壊が同時に交差して真実が芽を出して行く時を迎えているのです。
新しい時代のうねりと共に、精神世界にも革新的な動きが随所で見られる様になり、良くも悪くも新しい社会現象の動きとなります。
それは今までの既成概念や社会通念が根底から崩され、従来の価値観や認識では通用せず社会経験から蓄積された事業手法や既成概念は通用しないということです。
何時の時代でも柔軟な思考で既存の知識や常識にとらわれず、己の直感やインスピレーションに素直に従った勇気あるパイオニアたちによって新発見や大発明がなされ、その後の新時代が切り開かれてきた経緯があります。
霊性が幼稚で下劣な思考と心の偏狭な人類の多くは試練を受けながら自戒反省し乗り越えて、誤った人間の意識のカルマが創り出した心身・魂の穢れは禊による浄化排毒・清算と共に、霊的な高揚が伴い精神的な進化から急速な覚醒を遂げる様になるのであり、犠牲・教訓を無駄にしないことを心掛ける必要があります。
人類は生存本能を中心とした過度の競争・略奪と対立抗争によって、幾度も文明を崩壊させて来た歴史的な経緯があります。
アセンションとは、肉体を伴いながら霊性を次元上昇することであり、肉体が昇天する事ではありません。
17

2017/12/13

気候狂い、偽温暖化、太陽表面温度、バシャール、経済格差、大麻商機、宇宙人存在信じる  世の中の動向

オーストラリアのタスマニアが「130年ぶりの熱波の中で夏の大雪が降る」というムチャクチャな気候に見舞われている
https://earthreview.net/unusual-summer-heat-and-snow-in-tasmania/
タスマニアが真夏に入ろうとしている 12月4日、「直前まで熱波が続いていたところに唐突に雪が降り始めた」のでありました。
現地ではクレイジー・ウエザーと呼ばれる。

二酸化炭素(CO2)排出量が過去最高の中で、近年最大の気温の急落を見せる中でもなお拡大する、「人為的な地球温暖化」説の持続性の不思議
https://indeep.jp/global-temperatures-drop-as-the-highest-atmospheric-co2-levels/
二酸化炭素排出量が過去最高になった2016年に地球の気温は急落した。

人類の活動に因る地球温暖化は事実でも論理的でもなく、闇の勢力の策動でありニューワールドオーダー計画のため、国連の下で確立されようとしている詐欺であることは、オーストラリア首相顧問モーリス・ニューマン氏が2015年5月8日付のオーソトラリアンニュースペーパーに投稿しコラムで暴露して反響を集めた。
国連の本当のアジェンダは政治権威を集中させることなのだ。
地球温暖化はそのための罠で、環境破壊による天変地異説を各家庭にまで浸透させる企てだろう。
これは資本主義や自由主義に敵対する制度である。
温暖化が間違っていることを認めたら、炭素税や富の再分配、その他を実施している気候変動の支配体制が崩壊するだろう。

【NASA】太陽は冷たい星 熱くない NASAが表面温度を測定した結果 27度と判明
https://www.youtube.com/watch?v=VN1KEl3g_T4
1998年に入って、太陽表面の温度が低温であることをNASAの宇宙ロケットが実証したとの情報がある。

それは、太陽から放射された極めて高い波動は地球を取り巻く波動圏で波動変換されて地表に届くとも言うのです。
これは、ラジオで言えばスーパーヘテロダインのような方法だそうです。
つまり、虹(可視光線)と赤外線と紫外線などの成分が、別の極めて高い波動に変調されているとも考えられるのです。
それで地球の波動圏で復調されるという仮説です。
因に、地球表面の平均気温は288°K=15℃ですが、上空の対流圏では気温が下がり高さ10kmでは気温は約−50℃で、成層圏では気温が上がり高さ50kmでは気温は約15℃となり、中間圏では気温が再び下がり高さ80kmで気温は約−80℃〜−90℃になっています。
さらに上空の熱圏(電離層E領域)ではダイナモ電流が流れて、高度120Km以上になると上昇して、磁気圏(電離層F領域)の300Km以上では、大気温度は900〜1000°K=626〜726℃にもなり、太陽風プラズマが流れています。
但し、大気の密度は大変に小さくて気温が高いといっても、エネルギーは小さいので熱としては感じられません。

アセンション予報 12月のエネルギー予報【バシャール/スピリチュアル】
https://www.youtube.com/watch?v=pcWl1Chi3CU

2017年アセンション予報 プレアデス人 新年を迎える頃、 新しい夜明けが この惑星にやって来ます【バシャール/スピリチュアル】
https://www.youtube.com/watch?v=lgSjAnbsMfs

コラム:実感なき好況、低賃金と格差拡大は世界共通
https://jp.reuters.com/article/column-wage-gap-world-economy-idJPKBN1E20C8
中銀は世界経済が自律的な成長過程に入ったことに自信を深め、徐々に緩和の規模を縮小している。
米国、英国、ドイツその他の国々で、就業者数は過去最高水準にまで増えているが、賃金が伸びず、豊かになったと感じられていないのだ。

焦点:禁断の大麻ビジネス、膨らむ商機に転身するエリートたち
https://jp.reuters.com/article/us-cannabis-business-idJPKBN1E20MD
米国民の大麻合法化に対する支持は拡大している。
ITや金融セクターの高待遇な会社勤めを辞めて、急成長するマリフアナ業界へと数多くの起業家や投資家が転身している。
米カリフォルニア州が20年前に医療用マリフアナを米国内で初めて合法化して以降、米国では30州が娯楽用または医療用にマリフアナの使用を合法化しているが、連邦法は依然として所有・販売を禁止している。

韓国で極めて精巧な偽100米ドル札発見、北が偽造再開との臆測も
http://www.afpbb.com/articles/-/3155146?cx_part=topstory&cx_position=2
世界で初めて見つかった新種のスーパーノートだった。
「この品質の偽札を製造するには、1億ドル(約110億円)規模の設備が必要になり、偽ドル札を造るのにそこまでの巨費を投じる犯罪集団はない。そのような設備が持てるのは国家レベルの組織しかない」と指摘。

亡くなるってどんな感じ?臨死体験者の言葉は…
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29824.html
臨死体験の研究をしている精神科医は、人の死は「移行すること」と表現しました。

人類の約半分が宇宙人の存在信じる、接触も希望=世界規模調査
https://jp.reuters.com/article/alien-idJPKBN1E50EY
世界24カ国で2万6000人超を対象に実施された調査で、人類の約半分が地球外生命体の存在を信じており、接触したいと考えていることが分かった。
映画「スターウォーズ」が貢献したか。

進化した友好的な地球外文明とのファーストコンタクト・プロジェクトは現在、準備段階の最終局面に入っており、人類の受け入れ態勢が整い次第、公式コンタクトを開始するタイミングを待っています。
0

2017/12/7

幹細胞、AI、電気航空機、家庭教育、猫経済効果、NHK視聴料、所有者不明土地  世の中の動向

若いラットの幹細胞を心臓に直接注入、若返り効果確認
https://www.cnn.co.jp/special/science/35105776.html?tag=top;topSp
心機能が改善しただけでなく、手術のために剃った体毛が予想以上に早く伸び、普通は加齢に伴って短縮する染色体テロメアが長くなる現象が見られた。
「予想外の若さの泉のようなもの」と形容。
人々は昔から不老不死を求めて奔走していました。

AIを使って自殺予防、フェイスブックが取り組み拡大
https://www.cnn.co.jp/tech/35111055.html?tag=cbox;tech
投稿された文章やライブ配信を含む動画から、AIが自殺の兆候を自動的に抽出し、緊急性を判断。

GoogleのAIが自力で「子AIの作成」に成功、しかも人間作より優秀
http://news.livedoor.com/article/detail/13984245/
今後も諸分野で人間が作ったよりも高性能なAIをAIが自ら生み出していくという事例が増えてきますし、まさにそれはシンギュラリティ(技術的特異点)そのもの。

ハイブリッド電気航空機を開発、20年に飛行へ 欧州3社
https://www.cnn.co.jp/business/35111314.html?tag=top;subStory
ハイブリッド電動飛行機のエンジンは4基で、1基には2メガワットの電気モーターを1個採用。
2メガワットは2,719PS(馬力)。自動車とは一桁も大きくなります。

偽造不可能な日本の技術!ついに生まれた唯一無二の奥義『DNAを使った特殊〇〇』こりゃすごいな…【海外が感動する日本の力】
https://www.youtube.com/watch?v=UngsGCtmzuk
契約書、極秘文書、パスポート、紙幣などに活用。

中国、大手ハイテク企業らの「副業」 政府監視の耳目に
http://www.epochtimes.jp/2017/12/29934.html
市民を監視するため、中国政府は防犯カメラ、高度な顔認識技術及びコンピュータネットワークを通じて、世界最強の監視システムを構築。
中国では国家権力にとって不都合な情報は厳しく規制されている。

座間9人殺害事件で再認識 家庭の大切さ
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29761.html
マルクスは「共産党宣言」で「ブルジョアと家族は資本主義の消滅と共に消滅す」と家族の消滅を唱えた。
元航空幕僚長・田母神俊雄氏は「女性が働けば家庭教育が困難になり公教育に頼る、そうなれば子供たちの洗脳教育がやり易い」とTwitterで発言していた。
一億人総活躍で女性の社会進出は家庭の崩壊に繋がりかねなく、程々にする必要があるか。
伝統的な家族概念が破壊された今、人々は安らぎの場を失いつつある。
家庭教育ほど子供の人格形成に寄与する教育はない。
家庭は社会の縮図と言われる様に、最小単位である家庭が崩壊されると、当然に社会も崩壊へ向かうのは道理。

「女は黙って家事に励め」…中国の「女性道徳」教室、批判受け閉鎖
http://www.afpbb.com/articles/-/3154232?cx_part=topstory
女性は口をつぐみ、社会において二次的な役割に甘んじ、家事に専念すべきと教える。
講師はさらに、「女性は社会の中で上昇しようと努めるべきではなく、常に最下層にとどまるべきだ」「自分で料理せず宅配を頼むなら、女性道徳に反していることになる」と諭していた。
今の時代は多様性に中にあり、過去の固定概念や先入観では、もはや通らない時期に来ていると見るべきです。

ネコノミクスの経済効果 ニャンと東京五輪を超える規模
http://www.news-postseven.com/archives/20171207_634519.html
「昨今の猫ブームを受けて“猫がもたらす経済効果”を調べました。
戦前から続く建築雑誌『建築知識』では、今年1月号で「猫のための家づくり」を特集したところ、4万5000部が完売。
企業の都合で単身赴任や転勤の繰り返しが当たり前、さらに非正規雇用の煽りで低賃金により結婚や子作りも侭ならならい社会では核家族が失われて、老若男女共にお一人様や子供の居ない家庭が増えている現在は寂しさを紛らわすのに、犬か猫を飼う人が増えているとも言えます。
犬派か猫派かに大きく分かれる様です。

社説 NHK受信料 強制は時代に合うか
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2017120702000110.html
民放がなかった時代はテレビを設置した時点で、契約義務があるという規定は意味を持っていただろう。
その時代の遺物のような規定をまだ存続させる意義は薄れていまいか。
戦後に国民の娯楽に国策として始まったテレビジョン放送の津々浦々への普及と、テレビ受信設備に伴う受信料、視聴料とは何かを再考する時が来た様です。
新しい時代に相応しい公共放送とは何か、その存在意義について考えていかねばならない。
当初の目的と意義は疾うに達成して今や地デジ放送7局を始め、BS放送も民放の多数局もあってチャンネルの選択を迷う有様の上にCSもあるし、余暇の過ごし方として娯楽や趣味も多様性になり生活自体が変化しているのに、昔ながらの方法・法規が時代に合うのか疑問にも思う。
時代錯誤も甚だしい判決か。
契約者だけに番組受信ができるよう特殊な信号を乗せるスクランブル放送も可能だ。
仮にスクランブル化すると、「どうしても『よく見られる』番組に偏り、内容が画一化していく懸念があると言いますが、この言い方は可笑しいと言えます。
受信料を払わない人は視聴不可能となるのですから、話題性のあるドラマ等や特集とかの番組は視聴不可能でも、公共的な放送としてニュース・天気予想等や災害時には迅速に正確な情報は、スクランブルを解除してあれば視聴が可能であり、目的と役割は達成が出来る筈です。
有料放送の「WOWOW」や「スカパー!」などが採用している方法がベストであり、必要に応じて無料化のスクランブルを解除したPR番組も良いと思います。
今や民放でもそれなりに公共性が高い番組が多くなっている状況で、NHKだけが特定の利益や視聴率に左右されるとも言い切れない場合があります。
NHKの放送法が謳う『健全な民主主義の発達』にそぐわない番組・報道も時折にあると感じます。

数年前から空き家問題が指摘されるようになったり、相続未登記などで所有者がどこの誰だか、分からなく管理のされていない「所有者不明土地」が増えて、災害復旧や耕作放棄地の解消、空き家対策など地域の公益上の支障となる例が各地で報告されている。
価値の少ない市街化調整区域の農地や森林での話しは分かりますが、地価が高い都市にもあるそうで活用へ政府が新たな制度づくりに着手して、道路や公園の整備、再開発事業といった公的な目的であれば、 所有権をそのままにして行政が利用できるようになる見込みだ。
1

2017/12/1

在宅医療、頭部移植、脳死マシーン、簡体字、人工筋肉  世の中の動向

生き地獄だ。老後に3000万円残せない人を待ち受ける残酷な未来
http://news.livedoor.com/article/detail/13958790/
平均寿命世界トップレベルとされる日本ですが、「平均余命」という言葉はご存知でしょうか。

ブログ:自宅で死ぬということ、高齢化日本の在宅医療
https://jp.reuters.com/article/japan-homedying-idJPKBN1DO0F7
自宅での死を選ぶ日本人が増えつつある。
依然として8割の人が設備の整った病院を選ぶ中、あえて自宅を選ぶ人が増えている背景に何があるのか。
日本人の多くは、自宅で死ぬことに消極的だ。
病院の方が安心だと感じるほか、家族に看病の負担をかけたくないと考えるからだ。
国民の4人に1人が65歳以上の高齢化社会を迎え、2030年までに病院のベッドが不足すると予測されるなか、自宅で死を迎えることは現実的な選択肢になりそうだ。
老老介護でなくても大半の介護で、疲れ果ててしまう人々が続出している現状では無理がありそうだ。

ロイターも最近は、ページが乱れて表示され記事タイトルは左側に羅列され、ページの製作者が変わった様です。
前の時では選択をしないと見えない記事がそのまま選択肢分だけ見えたり、各記事ページではカメラマークやTV▶マークとTwitterやFacebookのロゴマークが画面一杯に現れます。
写真特集のスライドショーは何も写らず見られなくなりました。

https://www.jiji.comは、セキュリティ保護された接続を確立出来ないと表示され開けません。
数週間経ってからだとトップページは開けますが、記事へクリックすると同様に開けなくなり戻っても同じです。
ブラウザの環境設定を変えて改善するのかは不明です。

世界で初めてヒト頭部移植に「成功」 中国で手術=伊中医療チーム
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29710.html
脳死の身体提供者2人で試みる世界初の「ヒト頭部移植」。
死体の頭部を別の死体の脊椎・血管・神経と繋げることに成功。
頭部移植については生命倫理の観点から物議を醸している。
中国では臓器移植に飽き足らず頭の挿げ替えへと、臨床実験を進めている様です。

戦慄の「脳死マシーン」再現、中国の移植病院に潜入取材=韓国報道
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29697.html
過去20年間で毎年約1000人、総計2万人が移植目的で韓国から中国へ渡ったという。
これまで移植用臓器は、死刑囚や自主的な提供者からのものと説明してきたが、年間少なくとも6.5万〜10万件といわれる移植手術を賄うには数が合わない。
韓国のテレビ局の取材で初めて「脳死マシーン」という戦慄の機器が利用されていることが明らかになった。
あなたが神を信じようが信じまいが、悪魔と取引をしてはならない。

心のない愛 子を見ない親 簡体字が映すもの
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29657.html
自然の法則や道徳、天・地・人の関係、社会の構築、家庭の構造、生命の原理など様々な意味が含まれている。
古来の漢字は一字一字が一つの生命体であり、それぞれに社会的、文化的な背景や要素がある。
しかし、簡体字はただ一つの符号のようなもので、その奥深い文化の要素は失っている。

紀元前2070年頃にシュメールの影響が濃い、夏(か)の創始者の禹(う)はアヌンナキであり、夏(か)が中国(支那)地域を統一することが出来たのは、漢字(象形文字)を発明したからである。
中華の華(か)は、古代には夏(か)と同じ意で用いられた。
漢字(象形文字)を発明し漢字は表意文字で、文字そのものに意味が備わり読み方が違っても、見れば意味がわかり意思を伝えることができる。
そのことにより、「契約」を交わすことが出来る様になった。
当時の契約は、牛の耳を切って血を垂らし、牛の骨に文字を書いて交わした。
姻戚(いんせき)関係を結ぶ契約にもこの儀式が使われた。
牛の赤い血の契約により結ばれた二人の間に生まれた子供を「赤子(せきし)」と呼び、「赤ん坊」「赤ちゃん」の語源にもなっている。
インドで牛を神の使いと言うのは、この牛の血と骨による契約から、神聖な存在と考えて始まった。

ロボット用人工筋肉を開発、折り紙から着想 自重の1000倍を持ち上げ
http://www.afpbb.com/articles/-/3153210?cx_part=top_block&cx_position=5
ぎくしゃくとした固い動きの従来型ロボットに代わり急速に広がりつつあるソフト・ロボティクスの分野に進歩をもたらすもの、
折り紙という発想は一部の筋肉でも見られるジグザグ構造に由来している。この構造は、操作に応じて真空装置を使った空気圧や水圧によって伸縮する。

カブトムシの蛹から羽化する時に角は予め折り畳み式に収まっていて、空気圧や水圧(体液)によって伸びることが分かった。

AFP国際ニュースも最近は少しページが乱れて表示されて、一時よりは改善しましたが未だ段落のニュースよりAFP記者コラムまでの中間は、右にずれて表示されています。解像度は1600×900にて。
一時は一番上の部分(固定)が縦に表示されてトップニュース等と重なっていました。
一番下も右のSERVICESの部分がAFPと重なっています。
こちらでもページの製作者が変わった様です。

j-castニュースで記事を閲覧していると以前は、ブラウザの戻るが出来なかったり、履歴からトップページが消えていましたが、最近は戻せたり残る様になっています。

スパコンを遥かに凌駕!国産量子コンピューター発表(17/11/20)
https://www.youtube.com/watch?v=cJZnwfIUzvs
NTTは光の粒子を使って難問を解く量子コンピューターを27日からネット上で公開。

アセンション予報 これからやって来る年は、かつて経験したことがないほど素晴らしいものになるでしょう。【バシャール】
https://www.youtube.com/watch?v=JSaVAsQZpaw
世界と世の中は大きく変わり古い遣り方を終わらせて新しい始まりが遣って来る年。
旧態依然とした古い支配体制は行き詰まって終了して、神聖に満ちた新しい体制が登場して始まる時期に入る。

YouTubeも数週間は見てないと、このウェブブラウザは現在サポートされていませんと表示されますが、下の説明にある対応するOSとブラウザのバージョンを見ると合っています。
それで左上のYouTubeをクリックするとトップページが現れて正常に見られます。
0

2017/11/25

砂糖有害性、安楽死医療、賃貸と35年ローン、内職請負  世の中の動向

砂糖の有害性、業界団体が50年隠す? 米研究者が調査
http://news.livedoor.com/article/detail/13928105/
70年の内部報告で、当時の幹部は「研究は業界にとって有益で意義のある情報を引き出すべきだ」と述べ、有害性を示唆した研究の価値は「無」だとしている。

橋田壽賀子さん 「うまく死なせる医療」があってもいい
http://www.news-postseven.com/archives/20171123_630659.html
ベストセラーとなっている著者2人が初対談、『安楽死で死なせて下さい』と『なんとめでたいご臨終』。
「希望死・満足死・納得死」
この高齢化社会、生かす医療だけでなく、「うまく死なせる医療」もあってもいい。
病院は「強制的に生かす医療」が過剰になり過ぎる傾向があります。
不要な手術・薬漬け・何でも入院と医療費の増大で健康保険は慢性的な赤字になっている。

昭和の遺物「35年ローン」がサラリーマンを破滅に追い込む
http://www.news-postseven.com/archives/20170729_599990.html
住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、35年ローン廃止論を唱える。
長きに渡り住宅の資産価値が保てる“土地神話”はとっくに通用しない時代だ。
多くの人が35年返済で住宅ローンの融資を受けている。これは、ある意味で狂気の沙汰と言っていい。
長期返済型の35年ローンというシステムは直ちに廃止すべきだろう。
サラリーマンに融資する場合は銀行が「最終返済時75歳」という、根拠不明のルールを改めるべきで「最終返済時60歳」とすべきだ。
35年ローンが「発明」されたのは1960年代だと言われている。
住宅購入に関する時代遅れなシステムは、もはや35年ローンの役割は完全に終わった。
「家賃くらいの返済額になるから」などという理由で、安易に35年ローンを組んではいけない。
支払いが不能となれば最終的には自己破産に追い込まれてしまう。

なぜ日本人は賃貸自由主義より35年ローン地獄を選ぶのか
http://www.news-postseven.com/archives/20171123_631587.html
「特にこれからの時代は、リスクを背負ってまで買うべきではない」と断言するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。
日本全体で13%余りの住宅が空き家になっていて、それは今後どんどん増えることが確実視されている。
その時々の収入に合わせて賃貸住宅に暮らすライフスタイルは、35年間ローンを返し続ける義務を背負うよりも、かなり自由だ。
日本全国で賃貸住宅の空室は2割も余っているのだ。礼金や敷金がかからず、当初1か月は家賃がタダという公営住宅もたくさんある。

3万円のイラスト仕事を2500円で請け負う主婦 NHK「コストダウン!」との紹介にネットで悲鳴
https://www.j-cast.com/2017/11/22314688.html
イラスト関係者と思われる人たちから「お願い!安請け合いしないで!!」と悲鳴があがる。
本業のプロは「価格破壊が起こる」と気が気ではない。
「こうした仕事の受注が普通に行われるようになれば、これからの仕事の選び方も変わらざるを得ない」。
1

2017/11/19

ロボ宙返り、環境警告、オーラ視覚化、ダイヤ永遠の輝き、ロスチャイルドの金貸しと戦争  世の中の動向

人間型ロボットが背面宙返り ソフトバンクが買収の米社
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2017111701001707.html
動画投稿サイトで公開 体操選手の様な技を披露
高い台から後ろ向きに跳び上がり、回転しながら見事な着地を決めたアトラス。

地球環境めぐり「人類へ警告」 科学者1万6000人が署名
https://www.cnn.co.jp/fringe/35110450.html?tag=cbox;fringe
海や湖、川の生物が酸素欠乏のために生息できない「デッドゾーン(死の領域)」の数は、この25年で75%増加した。
世界の森林面積は1990年から2015年の間に1億2900万ヘクタール縮小した。
明るい兆しが見られるのはオゾン層保護の動きだ。
気候の変動は狂い異常気象は激しさを増している。

2030年までに石炭発電全廃目指す国家連合設立、米2州も参加
https://jp.reuters.com/article/climatechange-accord-coal-idJPKBN1DH0M4
2018年にポーランドのカトビツェで行われる、COP24までに50カ国・地域以上の参加を目指す。
人々の様々な取り組みが社会や技術へ刺激を与え、新しい社会の在り方へ向かい、新しい技術が生み出されて進化する。

病気も感情も分かる? オーラで人体を診断=ロシア科学者
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29575.html
従来のオーラの撮影法(キルリアン写真)を発展させ、1995年頃から「ガス放出視覚化機」(Gas Discharge Visualization)という特殊な技術で人体を撮影してきたKorotkov氏。
喜びやユーモア、愛などのポジティブな感情はオーラを強め、怒りや嫉妬などのネガティブな感情はエネルギ―を減少させると話す。
サイ科学の領域へと入りつつあります。

中国家電大手ハイセンス 東芝TV事業を傘下に、海外シェア拡大を狙う
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29591.html
TVSを傘下に収めた海信電器は、東芝のテレビブランド「レグザ」の開発・販売などを継承していく。
2015年、海信集団は北米地域での「SHARP」ブランドの使用権を獲得し、「SHARP」のテレビ技術、生産能力、販売ルートなどの資源をすべて引き継いだ。
海信電器は東芝のテレビ事業の買収を通じて、「TOSHIBA」ブランドなどのブランド力と影響力を用いて日本市場でのシェア拡大を図っている。
時代の波・流れか日本の家電メーカーは徐々に消滅して行き寂しくなる。
最後に何処かの企業がばばを引く事になるか。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」世紀の名スローガン、今年で70周年
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29580.html
時を超えて輝き続けるダイヤモンドと、ダイヤモンドが象徴する「愛」の永遠性を結びつけ、消費者の感情に訴えかけたこのキャッチコピーは以後34ヶ国語に訳され、70年たった今も色あせることなく、ダイヤモンドの普遍の魅力を伝え続けています。

ダイヤモンドの「デビアス(De Beers)」、金の「アングロ・アメリカン(Anglo American PLC)」、そしてウランなどの非鉄金属を扱う「リオ・ティント(Rio Tinto)」、この三社がロスチャイルドによる鉱物支配の主要企業である。
ロスチャイルド家がダイヤモンド価格や金価格の統制と決定権を持っている。

今日の銀行システムである「通貨」の「紙幣」と、「銀行」の仕組みもロスチャイルドが作った。
1791年 ロスチャイルド家は工作員アレクサンダー・ハミルトンを通じ、アメリカに「第一合衆国銀行」という名の中央銀行を設立して「一国の通貨の管理」をその手に握る。
1815年、ワーテルローの戦いで戦争終結から数日後、イギリスの国債は大暴落。
実際はナポレオンがイギリスに敗北していた。
戦勝国であるイギリスの国債は、大暴落した次の日には、イギリス勝利を伝達する船便の遅い情報とともに暴騰した。
しかし、その時は三男ネイサンがイギリス国債を大量に買い漁った後だったのである。
秘密ルートの無敵ネットワークで誰よりも早く、そして密かにイギリス勝利の確かな情報(同盟者より伝書鳩)を手に入れていたネイサンは、ロンドン取引所の持ち場でイギリス国債を売りまくり、イギリス敗北を偽装する傍ら、秘密の代理店を使って、紙屑同然の値段の国債を買いまくっていた。
多くの投資家と、ほぼ全ての名門の家系が破産した一方で、巨万の富を得たロスチャイルド家に英国の経済の完全な支配権を与えた。

戦争の度に、各国の国王は多額のお金が必要なため、銀行家に借りるようになった。
戦争の度に財産を増やし、力をつけた銀行家は、やがて王族と血縁を結び、何時の間にか貴族になっていった。
紙幣を発行する権利を国王に認めてもらっていた。
1835年、原子力産業の仕組みもロスチャイルドが作った。
1837年、第二合衆国銀行に対して銀行認可の更新を認めず、ロスチャイルド家の中央銀行をアメリカから締め出した。
ジャクソンの英断のお陰で、それから80年間、つまり1913年の連邦準備銀行(FRB)の発足まで、アメリカはロスチャイルド家の中央銀行の支配を受けない時代を経験することになる。
FRBの発足以後アメリカは金貸しの命令するが侭に戦争漬けの国家へとなっていく。
1861年、南北戦争が起こり戦費の調達で、ロスチャイルド家からの貸付(法外な金利を要求)の申し出を断って、債務を負わず連邦政府自らが国家信用の紙幣を発給したことから1865年に南北戦争の最末期、リンカーン大統領はロンドン・タイムズの予言通り、ロスチャイルド家が仕組んだ事件で暗殺されることになる。
0

2017/11/15

パラダイス文書、隣人の家を騙し取った男、強烈寒気  世の中の動向

「パラダイス文書」に中国高官親族と女優の名が、「1ドルで会社を保有」
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29469.html
パラダイス文書に1340万点に及ぶ各国超富裕層らの資産資料が含まれている。
各国の富裕層は約数兆ドル規模の資産隠しや脱税をしようとしている。

隣人の家を騙し取った男
http://www.epochtimes.jp/2017/11/29339.html
現世で持っている富や地位は、前世で徳を積んだから。
ただし、悪事を働いてそれらを得た人には、相応の報いと災難が待っている。

全国的に雪が?今週、「最強寒気」が襲来する恐れ
https://matome.naver.jp/odai/2151064300243610501
気象庁が「異常天候早期警戒情報」を発表
週の後半は12月中旬並みで週末は真冬並みの強烈な寒気が流れ込む。
16日(木)には、西日本でも上空1500m付近マイナス3℃という真冬のような今シーズン一番の寒気が流れ込む。
平地でも、最低気温が5℃以下になる
1

2017/11/9

AI失業、室温環境、EV普及、献体の闇、重税日本、型式認証検査  世の中の動向

AIの「男の子」に住民票交付、渋谷区が日本で初めて
http://www.afpbb.com/articles/-/3149479?cx_part=latest&cx_position=12
AIIキャラクターのチャットボット。

銀行のAI失業 エリートが担う中枢業務こそAIの得意分野
http://www.news-postseven.com/archives/20171107_627123.html
AI(人工知能)などの活用によって人員や業務のスリム化を図るとされていることだ。
総合職のエリート行員が担ってきた“銀行の中枢業務”こそAIの得意分野だとする見方もある。
今年1月、米ゴールドマン・サックスCFO(最高財務責任者)・マーティン・チャベス氏が、「2000年に600人いた株式トレーダーは、2人だけになった」と公表した。
代わってトレーディングを行なっているのは、自動株式売買プログラムだと明かしたのである。

東日本大震災レベルM9でテスト 強耐震コンクリ補強素材を発明=カナダUBC
http://www.epochtimes.jp/2017/10/29250.html
スプレーのように外壁に吹きつけて塗装するだけ。

「温度差あるある」を体感できる「住まいStudio」でわかった! 健康で快適な住まいのカギは「室温環境」にあり
https://www.j-cast.com/2017/10/13311112.html?p=all
「温度差あるある」の原因となるのは「住宅の断熱性能の低さ」だと指摘する。
「昔の家」は1980年の省エネルギー基準で、「今の家」は2016年基準。
「これからの家」は、民間団体や専門家が設立した「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会(HEAT20)」が提案する、より高い性能グレードに基づいている。
完成してしまった住宅では、後から断熱施行をするのは困難。
今は有害なアスベストに代わって様々な性能の高断熱マットなどが出ている。
外壁を始め屋根から天井と室内壁と床にも断熱施行をすると共に、二重窓も高断熱化になる。

アングル:EV普及で需要拡大、ニッケル市場の「勝者と敗者」
http://jp.reuters.com/article/ev-nickel-idJPKBN1D13NJ
リチウム電池市場は高品位ニッケルの生産業者にとっては新たな市場だが、世界で生産されるニッケルのうち半分を占めるフェロニッケル、ないしニッケル銑鉄はリチウム電池には適さない。
つまり、EVはバッテリーの善し悪しが性能や走行距離に左右される訳で、自動車の技術革新はエネルギーを効率良く取り出し、高性能な強力モーターが何時迄、適切に車輪を駆動させるかにあります。
モーターの放熱(冷却)技術が加速や山岳道路で耐久性という、性能や走行距離に左右されます。
モーターの構造や形状すら既存の概念を変えるかもしれません。

特別リポート:米国の死体市場、売られた部位が語るドナーの悲劇
http://jp.reuters.com/article/special-report-us-body-trade-part2-idJPKBN1D00YR
貧しくて埋葬も火葬もできず、両親は息子の遺体を「リストア・ライフUSA」という団体に提供した。
この団体は、献体を丸ごと、あるいは部分的に研究者や大学、医療研修施設などに売っていた。
米国では死体のボディーブローカーには法規制が無い。

特別リポート:米国「死体市場」の闇、貧困層狙う悪徳ブローカー
http://jp.reuters.com/article/special-report-us-body-trade-part1-idJPKBN1D00WM
このようなビジネスモデルの成立は、大量の遺体を無料で確保できるかどうかにかかっている。
貧困層がそのターゲットとされることが多い。
解剖用マネキンやコンピューターシミュレーションでは、人体で得られるような触覚や精神的な体験を再現することはできないと外科医は言う。
救急医療では、呼吸管挿入の訓練で人間の頭部と胴体が使用される。
一部の葬儀会社は、自社ビジネスの一環として献体を受け付けている。
ブローカーに提供された20体以上の遺体が、ドナーや最近親者の同意なく米軍の爆破実験に使われていた。

かつては死者崇拝や来世のために、遺体をその侭の状態で保存するという考えに押されて人体解剖は禁止されて、その間は新たな知識が生まれなかった。
解剖をやることは生命の冒涜だという意見もある。
解剖は人体を主に物理的な個別(部分)から構成する西洋文化に基づいている一方で、東洋では人体を一体的と観る経絡とか経穴(ツボ)という見方の概念が全く異なっている。
経絡(けいらく、Meridian)とは、古代中国の医学において、人体の中の気血栄衛(気や血や水などといった生きるために必要なもの、現代で言う代謝物質)の通り道として考え出されたものである。
中医学、漢方医学的説明では、経穴は「気と血」のエネルギーの通り道であると言われる経絡上にあって、気血が出入りし、経絡が合流したり分枝したりする経絡状の重要なところである。

日本史においてかつては人体解剖の禁止時期があったが、その後に解剖が行われたのは江戸時代になってからのことで刑屍を解剖(腑分)して、これを機に西洋医学書『ターヘル・アナトミア』の翻訳作業を始めることとなり、『解体新書』の完成に繋がったことは『蘭学事始』などに詳しく紹介されている。
幕府の刑罰には、処刑後に遺体を解体するという付加刑は存在していなかった。
現在の日本では学生の教育のために、大学医学部、歯学部、防衛医科大学校の解剖学の教育担当者の指導の下に行われる。
解剖に用いる遺体は、そのほとんどすべてが献体制度により、本人の遺志および遺族の同意に基づいて提供された遺体が用いられている。

日本は未曽有の重税国家へ 全世代で生活ギリギリに 増税ラッシュが国民生活を直撃する
https://www.news-postseven.com/archives/20171107_627080.html
給与所得控除の廃止・縮小や公的年金等控除の引き下げといった政府税調の増税議論が実行に移される。
40歳以上の国民が負担する介護保険料を厚労省は対象を広げて、「20歳以上」の国民全員から保険料を徴収することを検討している。
株価が高くなったと言っても、株式に投資をする人は、さらに期待をして投資を続けるのみで、儲かったからと言っても溜め込むのが関の山で、前よりも贅沢になるとも思えない。
株式は所詮、世界情勢や世論や人的な介入で、時事に変動する株価と言う虚構な評価に過ぎず、高騰があれば暴落も有り得るのです。
実体経済を活性化する秘策を思考することが大切です。

消費増税で前回は6割の品目が値上げ 次回は増税不況到来か
http://www.news-postseven.com/archives/20171108_627230.html
東京五輪に向けた建設特需がちょうど終わるタイミングの消費税増税は、日本経済全体を不況に突き落とします。
預貯金を取り崩して生活している人々で無くなった後に、それからどの様にして暮らすのだろうか。
何時かは明らかになりますが、国家予算の絡繰りや闇の部分を国民が知れば驚くでしょう。

これではあくせく働いても搾取されて豊かになれませんから、意識を高めて税金の掛からない上位の階層領域へ速やかに移行する必要があります。
近未来は重税に苦しむ社会と税金とは無縁の社会へと分離する平行世界が遣って来るでしょう。

スバル 「工場の流儀」への過度な畏怖が無資格検査招いた
http://www.news-postseven.com/archives/20171107_627668.html
不正とされているのは、「型式認証制度」の完成検査を、社内資格を持たない従業員がやっていたことだ。
それは国の“お墨付き”を勝手に発行するようなもので、許される行為ではないのだが、これを品質と混同して語るのは適切ではないのも確かだ。
品質や性能などクルマのハードウェアについてはきっちり仕上げているが、お墨付きに不備があったということで、法令遵守が疎かになっていた。
1

2017/11/3

貯蓄状況、介護業界倒産、消費税論、アイボ復活、保湿剤と美肌  世の中の動向

40歳未満世帯の「貯金300万円未満」が増加 94年と比べ300〜600万円が減少
http://news.livedoor.com/article/detail/13817006/
【消えゆく中流階級】30〜40代2人以上世帯で「貯蓄300万円未満」が増加 一方世帯主60歳以上は「貯蓄3000万円以上」の層が増加。
現在お金が必要な若者や現役世代は、貯金まで手が回らないのが現状。
高齢世代は半数以上が1200万円以上の貯蓄額。
まあ、私の場合は収入が少なく預貯金は僅かで、生活を成る可く切り詰めて旅行も外食も出前も無しで、贅沢はしないで細々と暮らしています。

介護業界で倒産が急増 入居者家族や介護者に大負担と大混乱
http://blogos.com/article/255739/
終の棲家である介護業界では、近年、倒産や休廃業が急増している。
入所時に多額の入所費用を支払う方法は危険が大きく、月々に支払う方法が無難です。

前回増税延期で日経平均3400円上昇 凍結ならそれ以上の効果
http://www.news-postseven.com/archives/20171101_625263.html
消費税10%引き上げの「再々々延期」が必要か5%に引き下げが良策。

ソニー、イヌ型ロボット「アイボ」再び 新型を1月発売
https://www.cnn.co.jp/tech/35109746.html?tag=top;editorSelect
https://www.j-cast.com/kaisha/2017/11/02312924.html
数量限定で予約受付を開始。30分で完売。
「AIBO」から後継モデル「aibo」へ、人と触れ合い成長する3つのAI。
戌年に因んで12年ぶりのイヌ型ロボット「アイボ」復活はソニー復活になるか。
ソニー独自の人工知能(AI)技術の活用で、オーナーに能動的に働きかける。
以前のAIBOとの大きな違いは、aiboが好奇心旺盛なところだろう。
ネット環境と「aiboベーシックプラン」有料の加入が必要。

保湿剤が美容目的で処方されている? 健保連、保険適用からの除外を提言
http://www.agingstyle.com/2017/10/30002263.html
保湿塗り薬「ヒルドイド」は、雑誌やインターネットで「美肌になれる」などと紹介されて広まった。
化粧品代わりに求める女性が増えたことが背景。
美容目的の処方制限を検討。
誰でもが何時までも老いず疲れず病まず若々しい気分で生きたい、と思い望み願っています。
特に女性は誰でも「プロポーションが良くて美しくなりたい」と思うものですが、外観は美人になっても、心遣いが容姿に及ぼす影響を忘れたのでは意味がありません。
内面からもっと美しく輝きたいと思われるなら、表情、人相、容姿に良い影響を与えるような「心遣い」の秘訣を学んで、日々に「心掛ける」必要があります。
只単に美貌であれば良い訳ではなく、それ相応の徳が備わってないと年月と共に老い朽ちたり、その人を何時しか堕落へと導くことになります。
最近の若い女性は化粧品のお陰と化粧技術で美人が多くなりましたが、日頃の言葉遣いとか性格とか仕草や態度がどうかと思う事があり、知らないと言う事は魅力やチャンスを半減していると思います。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ