地球と人類の行く末  その他


時代の潮流は自律社会から進展した「自然社会」の訪れは宇宙の摂理や秩序に従い、魂の貪欲と穢れは禊・浄化排毒により霊性の気付きと覚醒が起り、人類と自然との調和・適合と共生を前提にした創造の動きが活発になります。
自然社会への訪れは利己的で偏狭と邪悪な精神想念と言動を続けている人にとっては極めて厳しい生活の時代になります。
皆さんが真理を学ばれ意識を高尚に保たれ人間の本質である霊性の開発向上を目指される様に皆様の生活に微力でも良い指針を享受されて、一時の苦しみを紛らわすのでなく、よりよく生きるための希望と生き甲斐を与え、安心と幸福が訪れるための一石を投じるお手伝いができれば幸いかと存じます。
この機会にあなたも有意義に暮らせるよう正しく認識と有益な人生観を学びませんか。

社会
クリックすると元のサイズで表示します
科学
クリックすると元のサイズで表示します
技術
クリックすると元のサイズで表示します
念じて脳波で義手などを動かすBMIを応用した装置とか、人工知能(AI)の分野は精神生体技術に相当します。

岐阜市の広報 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)
http://ukaimuseum.jp
クリックすると元のサイズで表示します
24

 

神仕組みの大転換期  世の中の動向

新しい地球文明創造に向けた宇宙経綸(神仕組み)が始まっており、未曾有の大転換期を迎えつつ大変化・大変貌の最中に在ります。それは地球自身に何かの意志系統が存在するからです。
新しい時代の潮流が渦巻き始め、誤った価値観の欺瞞・虚構社会は崩壊し、新しい地球文明の創造と破壊が同時に交差して真実が芽を出して行く時を迎えているのです。
新しい時代のうねりと共に、精神世界にも革新的な動きが随所で見られる様になり、良くも悪くも新しい社会現象の動きとなります。
それは今までの既成概念や社会通念が根底から崩され、従来の価値観や認識では通用せず社会経験から蓄積された事業手法や既成概念は通用しないということです。
何時の時代でも柔軟な思考で既存の知識や常識にとらわれず、己の直感やインスピレーションに素直に従った勇気あるパイオニアたちによって新発見や大発明がなされ、その後の新時代が切り開かれてきた経緯があります。
霊性が幼稚で下劣な思考と心の偏狭な人類の多くは試練を受けながら自戒反省し乗り越えて、誤った人間の意識のカルマが創り出した心身・魂の穢れは禊による浄化排毒・清算と共に、霊的な高揚が伴い精神的な進化から急速な覚醒を遂げる様になるのであり、犠牲・教訓を無駄にしないことを心掛ける必要があります。
人類は生存本能を中心とした過度の競争・略奪と対立抗争によって、幾度も文明を崩壊させて来た歴史的な経緯があります。
アセンションとは、肉体を伴いながら霊性を次元上昇することであり、肉体が昇天する事ではありません。
17

2017/8/15

8月15日の夢、闇の者は人類の次元上昇を妨害と阻止  不思議な夢

8月15日の夢、マイクロバスを運転していました。
気が付くと幹線道路から外れて過疎地とか山麓を進んでいました。
やがて小高い山道に差し掛かり、道路は狭くなって来ました。
山道を登って行くと前方で道路工事をしていて交通止めがしてあり、山頂へは行けずにその手前の道端でバスを止めて降り、山頂へは徒歩で行きました。
丘の様な山頂から周囲を眺めると近くには、東西南北に伸びた広い幹線道路が目に付きました。
バスの所へ戻って来ると、どういう訳か山道は曲がり角のある螺旋状の階段状に変わっていて、しかもバスは小さく縮んでいてドアを開けても入れない有様で困ってしまいました。
この時、「暗礁に乗り上げた」と言う言葉が頭を過りました。

夢から覚めて考えてみると、これは「暗礁」と言う言葉から高次元へ向かう人類に対して、闇の残党たちは小さな集団に成り下がりましたが往生際が悪く生き残りを賭けて、何としても妨害と阻止を試みていることを意味している様です。
「山道は曲がり角のある螺旋状の階段状に変わって」は、闇の者たちは特権階級の維持の為にあらゆる方法を使って、人類の次元上昇で上位の階層領域へ進展する世の中に対して、妨害と阻止を行なっていることを指しています。
「暗礁に乗り上げた」と言うのは、高次元へ向かう人類の進化向上と新時代の幕開けが闇の者たちの妨害に遭い、遮られたことを意味している様です。
今、人類の歩む道は本道から外れて邪悪で狡猾で虚偽の生き方を由とする闇の者たちが望む、世界支配を企む陰謀から幾度も頓挫している最後の第三次世界大戦の計画と、勃発へ向けて着々と工作と煽動の暗躍をしているのです。
かつて、イルミナティが掲げていた『NEW World Order(新世界秩序)』のゴールを達成する計画であり、3つの世界大戦を用意周到に準備して来て、少し誤算が有ったものの2つは何とか成し遂げました。

「バスは小さく縮んでいてドアを開けても入れない有様」と言うのは、日本の文化にある「茶室に入るにじり口は狭い」と同じ意味を指している様です。
その真相は新約にあって、マタイの福音書7:13、14 には、「狭い門から入りなさい。滅びに通じる門は広く、その道も広々として、そこから入る者が多い。しかし、命に通じる門はなんと狭く、その道も細いことか。それを見いだす者は少ない。」とあります。
自己の向上を志す人々は、真理を学び実践をして意識と言動を高尚に保ち魂・霊性を進化向上させることで、次元上昇へ向かうには(狭い門の)厳しい社会の現状を利他の心で辛苦を問わず直向きに進みますが、一方、邪悪な人々は努力・難儀はしないで狡猾で野蛮にも他者を犠牲にして(門は広くて)楽に己の願望を達成しようとします。
この狭い門を進むには厳しくても利他で直向きの心で、耐える(戯れる)だけの力量と境地の条件が必要である訳です。

この「暗礁」は北朝鮮のミサイル発射をめぐり緊張する世界情勢を指している様で、トランプ米大統領も繰り返し軍事的報復をちらつかせている状況です。
米国防長官は北朝鮮が米国のグアムをICBMミサイル攻撃すれば、直ちに戦争に発展する恐れがあると発言しています。
もしもアメリカが北朝鮮を空爆すれば、北朝鮮は韓国を攻撃すると言われています。
どさくさに紛れて中国は戦争に参加して、東シナ海や南シナ海へも軍事行動を行なう可能性があり、日本も巻き込まれれます。
つまり、人類の平和と安全は等閑にされて武力・戦争への脅威が急激に増していると言えます。
日本では、安保法制や特定秘密保護法など、今の政府は、過去の戦争責任を省みず、また軍国主義に戻るのではと有識者や国民が懸念している有様です。
当ブログより今年5/3に紹介しました、北朝鮮の緊迫した一触即発の状勢にあった有事の危機に対する緊張はぶり返して来ました。
これから北朝鮮の出方と米中韓日による対応次第の成り行き次第で油断は出来ません。
1

2017/8/9

バシャール、サードアイ、ライオンズゲート、8月波動、寒冷化  これからの動向

【バシャール2017】 ダークサイドの宇宙人について。【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=zJyxtIQnlHA

【アセンション予報】 時間の分岐と8月のエネルギーウェイブ【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=I8nln6crnMU

【大天使ガブリエル】完成の後の創造のステージへ進む開拓者たち【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=wRyMtqsIlsU

【バシャール2017】 一緒に 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=BDb0eHEFi54

【重要・必見】 クライオン ”これからやって来るミニ氷河期、ガイアの愛について”【バシャール2017】【最新】 
https://www.youtube.com/watch?v=9Xog60enM5I

【バシャール2017】 目的地へ 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=bFuKyqkjG24

【バシャール2017】 緊急メッセージ 【最新】 
https://www.youtube.com/watch?v=PJ9aLViFV2s

【バシャール2017】 心の声 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=_Eolfn_sarY

あなたが5次元に暮らし始めた7つのサイン【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=HjJP4iYj0Bo

【バシャール2017】 クリエーター 【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=CRw7UML8FaY

あなたがセクシャルソウルメイトに出会った7つのサイン【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=gWaY1VHcvwU

【緊急告知・バシャール2017】バシャールの映画『ファースト・コンタクト』について。【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=dV10BUIQ3zc

サードアイが開くとはどういうことなのか【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=cC-FQIZfGEo

ライオンズゲートのエネルギーを活用するための5つのヒント【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=W3vOBOjiJHQ

8月8日 ライオンズゲート 惑星の新年の意味【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=dZqYE5BbmmI

【ラムサ】 3万5千年前にアセンションした大先輩、ラムサが教える若さの秘訣と人生の目的【バシャール2017】【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=xqM2EjJk4uk

【バシャール2017】波動が変化するということ。【最新】
https://www.youtube.com/watch?v=EqtIY9u0u6o
0

2017/8/6

8月6日の夢、闇の組織は崩壊して集金体制は機能不全で窮する  不思議な夢

8月6日の夢、街へ遊びに出掛けていました。
繁華街や遊技場などを見て回りました。
帰る前に遊技場に隣接する食品店でお菓子を買おうと、幾つかを箱へ入れてレジのカウンターがある場所へ行き、カウンターにお菓子の入った箱を置き千円を男性店員に渡しました。
すると、店員は何やらブツブツと喋り、「何でも今は選挙をしているとか、試合とか戦いをしている最中とかで、負けて損失・損害を被っているからお菓子は渡せないし千円も返せない」とか言い、お菓子は向こう側へ置き千円はレジの中へ入れてしまい、何食わぬ顔をして向こうを向いて嘯き知らない素振りをしました。
そうしていると、女性が遣って来て、男性店員と入れ替わり、男性は何処かへ行ってしまいました。

私は女性店員にそのことを告げると「私は分からないし知らない」と返事をして、嘯いて何食わぬ顔をして知らない素振りをし無視をしました。
私は仕方が無いので諦めて店を出て其処ら辺りを歩き、「今日は酷い目にあった、三隣亡だ」と、呟いて帰路に着くことにしました。
途中で陸橋の様な長い場所を通っていると、中間辺りで下へ降りる階段が設けられていて完成間近で仕上げの手前でした。
この場所は何だか以前にも見た様な気がして、その時は、基礎部分のみと足場が上まで組んであるだけでした。
それからバスに乗り、ある停留所で降りて、近くにある駅で別の乗り物に乗り換えることにしました。

夢から覚めて考えてみると、これは闇の者たちはかつて魔力により巨大で強力なネットワークを形成して、巨大なピラミッド構造の様な世界的な組織の勢力を築いて頂点で暗躍していました。
そして、傘下に多くの協力者や支援者や奉仕者として国家を始め多国籍企業とか、金融機関や様々な大企業や一般的な組織や団体を抱えて、集金の体制が出来上がっていたのです。
しかし、強靭なネットワークは高次の光明波動と、光りの勢力が進展・強化するに連れて衰退するに至り、傘下の組織は離脱や光りに転向や消滅して、機能不全に陥り体制の維持は困難となり徐々に崩壊して、ピラミッド構造も揺らいで崩壊して組織は分散し縮小して行きました。
ここで「選挙」とは政府の変更を意味して、世界各国は闇の者から光りの者へ徐々に切り替わっている状況を指しています。

さらに「試合とか戦い」とは、光りの勢力と闇の勢力との壮絶な戦いを指して、「負けて損失・損害を被っている」とは、その勢力争いに負けている状況から撤退を余儀なくされて、株価を始め貴金属や宝石などとか、資源や食料など商品の流通する価格と統制は困難となり、悔しく思い苛立っている様です。
そして、小さな集団へと成り下がり傘下の組織への威厳や支配力の影響力も衰えて、統制力は消えて行くと集金の体制も維持が出来なくなり途切れて、彼らは資金難に陥ることになっている様です。
彼らは面目(プライド)を保つ為に一見して平静を装い何食わぬ顔をしていますが、支配力の衰退と行き詰まりの打開策は見つからずに焦り、頭に来て本当は相当に困っている様です。
この侭では、小さな集団も「風前の灯」と言えるでしょう。

「千円」とは黄金に輝く神聖なる千年紀の五次元世界を指して、「返せない」とは、彼らは人類がそこへ移行することは認めたくないことを意味しています。
ここで「陸橋の中間辺りで下へ降りる階段が設けられて」は、世の中が便利になることを意味しています。
つまり、今まで闇の者たちにより先進な科学技術の有益な発明が、傘下の企業で利権により意図的に隠蔽や封印されたことで、低俗で幼稚な技術が溢れて社会の発展と生活水準の質を阻害されて来ました。
それで、皆さんの生活で便利性・快適さ・健康・豊かさ・自然の環境・平和を奪われて来たことを指して、闇の者たちの支配力が衰退し消えて行くに連れて、これからそれら各分野の先端技術は徐々に明らかにされて、人類は漸くと享受できる日が来ることを現しています。
2

2017/8/3

技術革新は難易度の低い順から高い方へと順次に進化する産業革命  これからの動向

高度な超科学技術のZPE登場は2026年過ぎで世界への普及は2033年頃か?

2030年、電力会社がいらなくなる? 「蓄電池の進化」と「太陽光」の未来
https://www.j-cast.com/2017/07/16302923.html
電力会社から電気を買うよりも安い時代が来る
電気は自給自足が可能となり、将来的には電力会社との契約が要らなくなる

焦点:米国の太陽光ブーム、「トランプ関税」で終焉迎えるか
http://jp.reuters.com/article/usa-trade-solar-idJPKBN1AD0YI

トヨタ、全固体電池搭載のEV発売へ 数分で充電、22年国内
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017072502000061.html

トヨタ、五輪向けEV開発 量産の原型、世界に発信
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017072602000061.html

クルマ革命<第3部>EV時代が来たら…揺らぐ製造ピラミッド
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/kurumakakumei/list/CK2017042802000232.html
クルマの街が生き残り模索 豊田市、若手向けミライ塾

クルマ革命<第6部>素材の戦国時代 もっと軽く、もっと強く
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/kurumakakumei/list/CK2017073002000207.html
軽さと強度で注目される植物由来のセルロースナノファイバー(CNF)

焦点:電気自動車の勝利か、英国が脱ディーゼル・ガソリン宣言
http://jp.reuters.com/article/britain-autos-idJPKBN1AC0QD
英政府は、大気汚染の改善を目的にガソリン車とディーゼル車の新規販売を2040年から禁止すると発表した。100年以上にわたる内燃機関の時代に幕が下りるかもしれない。
フランス政府による同様の決定に次ぐ今回の英政府の決定は、電気自動車(EV)の勝利を意味する。こうした決定が世界各国で続けば、産油国の富が打撃を受けるだけでなく、自動車産業の構造変化が促され、20世紀資本主義を代表する存在だった自動車そのものが変わることになる。
今後どのような手段でさらなる電力を確保すべきかという議論にも、今回の英政府の決断は一石を投じることになるだろう。
人々は遂に化石燃料の代替え策を真剣に考えて取り組むことになります。
モノ作りをする事業者の立場からは率先し努力を通して知恵(英知)を絞り、発明とか創意工夫とかの取り組みからインスピレーションや閃きにより、高次元に通用し自然に調和・適合して人類の平和と豊かさと幸せに貢献する、斬新で革新的に飛躍した科学技術を確立して行くでしょう。

クリーンカー時代の到来は明確。主役はやはり電気自動車。
ボルボは、2019年以後はすべてのモデルを電気またはハイブリッド車にすると発表した。
トヨタ自動車は漸くと電気自動車へ方針転換を図りました。
かつては闇の者たちの石油メジャーに配慮して、ハイブリッド車を投入して続投していましたが、闇の者たちの支配力は衰えて光りの者たちより今後の展開を知らされると共に、自動車業界の潮流は電気自動車の開発へと進展し、戦略を転換して少し出遅れた感もありますが本気を出して資本力と、アイシン精機など優秀なグループ企業の協力により取り戻せるでしょう。

技術革新は進行し脱石油の時代へ、そして脱原発へ
1世紀以上に渡って主力の座を保つ化石燃料に因る内燃機関のエンジンは、自動車から飛行機や船舶などに至るまで動力源として動いています。
人類の集合意識の波動が高まり全体の霊性が向上して一定の水準に達した後に、ある時期が来れば高度な超科学技術は年月を要して、難易度の低い順から高い方へと順次に発明される日が訪れるでしょう。
早急に希求されるのは、特に大量に消費して公害を撒き散らす、自動車の化石燃料と危険な原発の停止と撤退になります。
つまり、自動車社会や冷暖房を始め、生活用品を量産する工場の排気や排液の垂れ流しと、動力機器の駆動に伴う電力使用に対して既得利権で存続する、化石燃料と原子力発電の有害な核物質などの大量消費と、環境破壊を起こす地下資源の掘削・採掘と乱獲は、高次元の世界では地球の自然と調和・適合が図れなく、早急に終了へと向かうでしょう。

それは、産業の構造・形態が根底から改革されて製造業と経済の社会的な大混乱を防止する上で、急激な革新を避けつつ段階的な秩序をもって、代替え産業へと業態は徐々に変革・変容して移行することになり、変貌を余儀なくされます。
やがて超科学技術は急速に普及し産業と経済と生活様式は、大幅に模様変わりを始めて変更を余儀なくされる様に進展するでしょう。
つまり、時が熟せば様々な旧来の未熟な科学技術は、新時代に相応しいサイ科学の領域へと殻を破って達し大幅に進展・飛躍して、産業などで公害を撒き散らし垂れ流す環境破壊・汚染は、急速に無くなり生態系の破壊も無くなる方向へと進みます。

自然と調和する科学技術による発明は次第に幾つかの段階を経るに従って急速に進展し、様々な分野へ波及し産業構造は根底から変革され、聖なる社会の未来を創り上げて行きます。
人類の過去の欲と穢れた歴史を始め、重大な犯罪の陰謀とか、先進な科学技術に関してこれまで利権により隠蔽や封印して葬り去られて、社会の発展と生活水準の質を阻害されて来ました。
それにより有益な数多くの発明が意図的に隠蔽されて、棚上げにされたことで低俗で幼稚な技術が溢れて、皆さんの生活で便利性・快適さ・健康・豊かさ・平和を奪われて来ました。
これからは各分野の先端技術などは闇の者たちは権力を失うと、製薬、医療技術、軍事技術、宇宙技術などが徐々に明らかにされて人類は享受できる日が来ます。

電力・電気の利用による照明や暖房や動力についても、過去に隠蔽された自然に調和し適合する安全と無公害で、無限に得られるフリー・エネルギー・システム(永久機関)の基盤による、住宅と事務所と店舗と工場などは戸別に小型の自家用発電装置が登場して、皆さんの必要とする便利さと快適さと終わりのない豊かさの全てを、無料に近く無限の供給が得られることになります。
その発電装置により、古く効率の悪いダム式水力発電や燃料が必要な火力発電と危険な原子力発電所、重低音の騒音が発生する風力発電と日中しか使えない太陽光発電と、送電線網や変電所も電柱も不要になる方向へと進展するでしよう。
先ずは家庭用(AC100V)の無尽蔵な宇宙エネルギーの、小型発電装置(単相3線式200V電力3〜8KW)の登場が待たれます。
自動車もフリー・エネルギー・システムの発電装置を搭載して、ガソリン・軽油・灯油・重油・ガスなどの化石燃料は使用しなくなり、エンジンとバッテリーや燃料電池も不要になる日が訪れるでしょう。

進化した社会ではエネルギーに対して対価を支払う必要は無くなり、家庭では平和と豊かで幸せで快適な自己充足型の社会を形成するために、必要な手段を供給する用意が出来る様に段階を経て進展するでしょう。
宇宙エネルギーを取り出す装置が既存の利権を固持する上から、長年の封殺・隠蔽・封印し葬り去った邪悪な陰謀から解き放たれて、根幹が覆る有益な発明の情報は開示・公表される時が訪れて登場し、急速に普及し産業構造は再構築されて生活様式は大幅に模様変わりするでしょう。
業界の覇権や支配を目指して権力闘争に明け暮れて、野蛮な暴虐や汚職と犯罪や損得勘定でずる賢く生きる時代は続かずに、やがて終焉を迎える日が来ます。

石油やガスなどのエネルギー産業に於ける業界によっては、フリー・エネルギーの供給により縮小から廃業に追い込まれると思われます。
この発電装置がオイルの化石燃料と原発の時代を終らせますが、それらはこれから更に登場することになる事物のほんの始まりの段階に過ぎません。
新素材や新エネルギーなど発明発見により資源の活用方法も変化して来ます。
急激に高度な超科学技術の公開と登場は、特許制度を始め製造業や製品サイクルのスパンに支障を生じたりして、企業には利権の消失と商品企画や製品開発や投資とその資金回収、及び工場の製造部門や市場・流通にも混乱が襲い掛ります。

やがて、人類の集合意識の光明な想念レベルが上位のある霊的な臨界点に達した時点で、突然のように世界全体が変容し始めると、世界的なパラダイム転換が進んで地球文明は宇宙文明に移行していきます。
それは、三次元領域にあった自然に不調和で害する無機質の物質的で、幼稚な文明の利器は全て改められ日が来ることになります。
そして、新人類が手にする全てのテクノロジーは創造主の意思(自然)と調和する、神聖で無公害と無尽蔵で高度な科学技術に基づいた、有機体による文明の利器に創造(リメーク)して取り替えられて提供され再出発する、フリー・エネルギーなどが皆さんの必要とする便利さ快適さの、照明や暖房や動力などのすべてを供給することになるでしょう。
自動車と飛行機はフリー・エネルギーの推進装置を搭載して、車輪のない一体の乗り物に置き換わり陸・海・空を自由に行き来して、列車や船舶はもはや不要の長物に成り下がるでしょう。
その時期は現時点での予想では早ければ2045年頃で、遅くても2050〜2060年頃になると思われます。

ZPE理論は量子力学の領域に相当します。
フリー・エネルギー・システムの心臓部である、零点(ゼロ・ポイント)エネルギー(ZPE)とは、〔位相の揃った原子核振動・位相の揃ったZPE干渉性・プラズマ渦巻きZPEなどが相互作用に関係しています。
在来の科学が説く素粒子の仮説模型は球状ではなく、円錐形を2つ上下にして尖端で組み合わせて接した形で、エネルギー粒子は円錐状に回転(渦巻き、陽も陰も14回転半)運動して、くびれた部分で反転します。
先ず陽のエネルギー粒子が渦を巻き(スピン)ながら、下の向かって次第に窄み中心部(接した尖端)に突進すると、そこで陰のエネルギー粒子に逆転し、逆回転しながら下に向かって次第に広がり、最後は空間に去って行く定常流です。
ZPEの素粒子模型は上記のプラス及びマイナスの磁気単極子が、上下の円錐状に回転する素粒子模型に巻き付いた様な複合の形になっています。
つまり、円錐状に回転したエネルギー粒子は空間に去らないで、中心部のくびれた部分の外側・周囲にエネルギー粒子の回転楕円体が、ドーナツ状に巻き付いた様にスピンして一周しクォーク・レプトン、或はゲージ粒子かスカラー粒子様の磁気単極子となり、この組み合わせの型がグラビトン(未発見粒子)と呼ばれています。〕
素粒子の大きさは約10の-36乗cm?で高次元に存在か。
カラグラ博士の著書を参考と、足立育朗氏が地球外知的生命体より得られた宇宙情報よりと、サイ科学誌に故関英男工学博士は紹介されています。他、Moray B.King
2

2017/7/28

7月27日の夢、古い社会システムのパラダイムは変更・刷新  不思議な夢

7月27日の夢、自宅に居ると数人の男性が遣って来て、何でも家屋敷を明け渡す時期が来たとかで、○○迄に此処から出て行って下さいと言いました。
私は驚き頭では困りましたが、何故か心の底では心配も不安も湧かなく平静に振る舞っていました。
つまり、表面の意識ではどうしょうと思い困り焦りつつも、潜在意識では大丈夫、心配することはないと感じたのです。
そうしていると、姉や兄と親戚の人も遣って来てどうしたことだ、これからどうするんだ、などと皆は狼狽えていました。

私はイスに腰掛けて心を安静にして落ち着いていると、目の前に大きな図面が現れて、道路に面した土地の右側に母屋が建ち、中央は通路と駐車場があり、左側に母屋大の仕事場である事務所が建っていました。
中央の通路を入って行くと、左右に芝生の広場と庭園が広がっていて、その奥の左右には母屋より大きな倉庫・蔵が2棟も建っていました。
この土地の大きさは道路に面した間口は26m以上と、奥行きはその2倍はあると思いました。
そして、今の家屋敷は手狭になったから、この新しい大邸宅の家屋敷に移り住む時期が来たと頭を過りました。

夢から覚めて考えてみると、今まで住んでいた家屋敷を明け渡して別の家屋敷に引っ越すことは、環境・境遇の変更を余儀なくされることの意味をしていると言えます。
この時、2008年に父が亡くなる前に、兄が父からの援助を見つけて打ち切ると言った時に、一晩経つと何故か心の底では心配も不安もなく平穏だったことを思い出して、当時と同じ心境だったと感じました。
それは、使命である魂の道案内として人生の指針となる、真理のメッセージを人々に伝える活動を続けていれば、住居と生活に必要な道具と食べ物には何も不自由が無く、天上界から随時に与えられることを心の底で解っていたからです。

参考として、7月22日の夢、「人類は虚構世界の呪縛から解放される時期へ入る」で紹介しました様に、「邪悪で狡猾な魔法を解除する」からは「唯心所現」の産物から、虚構・欺瞞・狡猾の幻想・マトリックス・イリュージョンのインチキが暴露されて来ます。
それにより幻想のベールは剥がれ落ちる時期に入り、洗脳の暗示と拘束と呪縛と経済的な奴隷の状態から人類は気付き目覚めて、解放・脱却される時期へ向かう」が現実となる日が来ることになります。
それに伴い過去に闇の勢力が、人類の支配・統治に都合の良い様に社会を構築して運用して来た、様々な古い社会の制度や体制のパラダイムは行き詰まってもはや役に立たないことが認識されて、自滅崩壊へ向かい古いシステムを潔く手放さざる状況に余儀無くされて、その鎖を一度は断ち切る事となり幕を閉じて行きます。
そして真の自由と尊厳を得られて自分を取り戻す日が訪れます。

さらに、2011年12月20日の夢にある、「目の前に太く高い柱に挟まれた大きな壁が現れて壁が外れて無くなる光景が映りました。」と、「壁が外れて無くなる光景はこの世のスクリーンであり幻想=マトリックスに於いて、闇が仕組んで築いた虚構の部分が崩壊・消滅することを意味しています。」を思い出しました。
ネガティブな者たちが利益追求に明け暮れた邪悪で欠乏な文明・世界は、高次元へ向かう階層の領域には自然の法則に適合・調和せずに、自滅の道へ進むことは避けられなく終焉を迎えるでしょう。
皆さんの人生において今認識しているあらゆる社会の事象は、これから暗雲が雲散霧消したり霧が晴れる様に光明が射して来て、世の中の社会を構成する古い秩序の政治・金融・経済・産業・生活は、順次に変更・刷新される時期に入ってどんでん返しが起こり、世界へ波及する状況になるでしょう。

今迄の様な覇権や支配を目指し権力闘争に明け暮れて、野蛮な暴虐や不正や汚職と犯罪や利害の損得勘定で悪知恵により、ずる賢く生きる時代は終焉を迎える時期に入ります。
つまり、格差・歪み・矛盾のある不公平な社会・経済は、是正・粛正される方向へ進展することになります。
これからの新しい時代に全く通用しない、過去の習慣・常識や既成概念に捕われている人々は、これからの人生や経営には大きな戸惑いや混乱が生じ、事業では先見の見通しを見誤り大変苦労をすることになるでしょう。
現在の地球の次元と波動の状況は闇の領域から、光の領域へと確実に着々と移っていると言えますから、過度の暴力や他者を犠牲にする欲望の充足を為す犯罪による、ネガティブな生き方は許されなくなりやがて終焉を迎えるでしょう。

今までネガティブな者たちは、人類を如何にして支配し巧妙に且つ狡猾に搾取・収奪して、特権階級に何時までも君臨しようと邪悪な考えを巡らせ、夢見て古いパラダイムを維持しようと寝ても覚めても躍起になっているから、旧来システムの歪曲と矛盾した仕組みは辛うじてまだ続いているのです。
次元上昇している今の段階に至っても古いシステムが曲がりなりに継続している理由は、皆さんが古いパラダイムを潔く手放す選択と勇気を持たない事と、生活の糧を得るのに追われて慌ただしく心の余裕が無く、平和的で公正・平等、且つ透明な新システムを心に描いたり想像して、夢見ることさえ出来ずにいると言う点にもあるのです。
私たちは心(意識)の力を活用した祈り・思念を通して事態を改善する事が可能です。
1

2017/7/24

五次元世界へ一早く移行する人は高僧・覚者・修行者  これからの動向

80年近く飲まず食わず インド苦行者 医師らを仰天させる
http://www.epochtimes.jp/2017/07/27904.html

この苦行者は修行により悟りを得て、意識から発生する思考・想念の波動と言動から発生する心身のバイブレーションは、高次元の波長と調和し適合して何時でも新しい聖なる地球の五次元世界の領域へ、スムーズに移行する事が出来る上位の階層領域に居る状態と言えます。
それを人々に見せることで人間を物質的な見方から、魂・霊的な観点へと気付きと目覚めを促し啓蒙・喚起をしていると感じます。
ここで宗教的な不思議や見せ物のみで終わらせては、本来の目的から逸脱するでしょう。

NASAの元日本人研究員によると、高次元の天波による影響で既に人間の生理機能や血液の組成まで、変わり始めている状況だと言われます。
人間の血液型はO,A,B,ABのみから、最近はC型も再出現していると言われ、O型のみからアヌンナキの技術による改良です。
C型は優秀な身体からかつて闇の勢力により絶滅させられた過去が有ったのですが、彼らとの混血による子孫は高次の波動に曝されて、遺伝子レベルで保存されていたC型血液が活性化した様です。
これらは、今年6月19日「夢の再考察は失われたDNAの活性化で再構築と修復へ進展」と、同6月24日「DNA12条螺旋構造の完成で五次元世界へ移行し黄金の銀河人類へ」で紹介しました事柄が参考になります。
インド苦行者はDNAの活性化で再構築と修復により、既存のDNA二重螺旋構造から高次元のエーテル的・アストラル体に於いて、DNAのアップグレードが行なわれて、改修により再統合・再結合させて復元しDNA12条螺旋構造は完成して、肉体に反映されて半霊・半物質へと生物学的な変容・変身が、最終的に具現化して完成していると思えます。
つまり、第三密度の炭素基盤細胞構造がクリスタル型基盤細胞に変化していると思えます。
それが完成すれば霊的な振動レベルは猛烈に高くなり、やがて霊性は飛躍的に進化を達成することになります。

完全に結晶化した身体は、三次元の物理法則を超越して身体の中で完全なリサイクルが行われ、追加的に必要なエネルギーは空気を糖に変える形で確保できるので、食事や排泄が要らなくなります。
普遍の原質・質料を引き出したり取り込んで、日常の生活に必要な物質の創造と消去の能力を獲得します。
「ヒマラヤ聖者の生活探究」によると五次元へアセンドしたマスターと呼ばれる、大師(高次元の大霊から第五階位に叙位)たちの食事は、穀物、木の実、野菜、果物類のみで食肉は無くて、しかもほんの僅かの量で同書の著者に比べて数%であると記述されています。
時には何ヵ月も食事を取らないこともあるそうです。身体の維持は普遍なる宇宙エネルギーのプラナ(気)を取り入れているそうです。
つまり大切なのは、これまでの生物学的な身体の生理作用や医学的な見知や見解に対する、常識や既成概念や理論が崩れることを意味しているのです。

昨年8/25「五次元世界へ一早く移行する人は覚者や高徳な人」で紹介しました様に、これから先に五次元世界へ一早く移行する人々は、チベットやヒマラヤとかインドなど世界中で霊的な修行や儀式をしている、シャーマンや修験者やヨギや法輪功などの高僧・覚者とか、故マザーテレサの様な無私で利他の奉仕活動をしている高徳な人々となるでしょう。
さらに、優良星から体験ツアー兼、地球と人類の次元上昇と皆さんの魂的な覚醒を助ける目的で地球に転生して来た人々は、既にクリティカルポイントに達しており純粋の地球人より先人を切って、一足先に魂的な覚醒が次々と始まっています。
これから、皆さんがアセンドするかどうかは皆さんの霊的なバイブレーションが、皆さんを上昇させる臨界レベルかどうかにより決まります。

精神世界に目覚めた魂の道案内人及び、光の担い手(ライトワーカー)たちと霊的(波動)な光のネットワークに繋がっていることも必要ですが、宇宙の秩序と摂理である真理を学び意識を高尚にさせる努力も大切でそこから速やかに霊的な覚醒へ至るからです。
高次の光明を受け入れ易くするには、各自の意識・想念の在り方とスピリチュアリティ(霊性)が重要な項目になります。
高次の光明波動を受けているから大丈夫と思ったり安心するのでなく、皆さんも真理を学んで出来る範囲から実践することで速やかに「自己改革」を成し遂げて、利己的でネガティブ思考な自分の情緒・感情・心遣い・言動に至る迄を、心を平静にして見つめ直して反省する必要があります。

さらに日頃の生活に反映して感謝・愛念・平和・利他・幸せの心と祈りにより葛藤・非難を止めて、寛大な心で相手を「許し」て「和解」などのポジティブ思考で高尚に成れる様に努力して、罪悪感を払拭して高徳な準(准)聖人の霊的な水準に引き上げましょう。
上位の次元へ移行するには皆さんの精神的な自覚・意識を高尚に向上すべきであり、さもないと生存が不可能となるからです。
過去の常識・習慣・体制とか生き方などに固着・依存するのでは無く、新しい知識や真理を取り入れて自己の波動(バイブレーション)を、高次元に調和・適合するように努力する必要があります。
他力本願の様に他者が代行や身代わりする事は不可能です。
皆さんの魂・霊的な次元上昇の準備に応じて起る、身体の変容・変態が可能になるトリガーレベルに達する水準へ向けて、必要なポテンシャルが得られるまで成長向上するでしょう。

人生としての生き方である正しい基準となるべき、正しく有益な人生観の思想や思考を身に付けるべきであり、様々な事象に対する観方・視点から把握し冷静に正しく分析して、判断するという基準を確りさせる必要があります。
不和・対立・怒り・憎しみなどの心から一転して相手を慈しみ育てる気持ちで、許すという寛容な心に向上する勇気と決意が大切で必要な時期に入っています。
真理に叶う様により高次元の存在と意識・心の波長を同調させ、感謝・愛念・平和・利他のポジティブな言動の繰り返しにより魂は純化し浄化されて、やがて身体も同調して上位の階層領域帯へ移行が出来る様になれるのです。
今の時期は変容に伴い肉体的にも精神的にも苦悩と苦痛が増す場合が多々あります。
この現世では物理的な制限・制約もあり、未熟・不完全・不調和・不良な世界の次元領域でもありますから、皆さんは意識を高尚にされて上位の階層領域へ進み、さらに次元上昇により五次元世界へと移行しない事には、何事にも無理があり目標も願望も成就しないと思われます。

皆さんは各々の立場や方法とか、自らのペースで魂(霊性)の進化を目指して次元の上昇を果たして下さい。全ての人には平等に機会が与えられています。
でも、成り行きに任せるのでは無く、自らの意志でベストを尽くして意識・想念を高尚に保つ様に心掛けて、光と共に上昇指向に乗れるよう努力して下さい。心(魂)で感じて直感を信じて下さい。
地球人類は高次元の存在に気付いて速やかな霊的な魂の浄化向上が必要で、より多くの人々が光明と良心(神性)の意識に目覚めて、光の勢力に同調して魂の覚醒へと進化向上する時期に来ています。
皆さんは心・魂の内部から時空の新しい現実性を感覚が認識と理解し始めて、聖なる新しい境地を経験することになるでしょう。
人々の次元上昇を果たしてアセンドする時期はもう直ぐそこの目前迄に迫っています。

今迄の旧態依然とした生活を改めて様々な執着とか依存を断ち切り、心機一転する心構えが必要です。
霊的にある一定のレベルに達した人々は高い振動(バイブレーション)を獲得して、イエスや釈迦と同じアセンド・マスターへと進化する日が来ます。
今ある立場や境遇に於いて、最善を尽くせば皆さんはマスターになる道を会得できて、その時までにはハイアーセルフ(高次元の自分)との合体を行い、キリスト意識の存在になるでしょう。
皆さんは高尚な思考・意識・想念を心掛けて高い振動(バイブレーション)を獲得して、今の天位昇格なる好機を活用してアセンド・マスターへと進化しましょう。
弥勒の世とは、皆さんが弥勒菩薩に昇格して暮らす光り輝く世界です。
新しく創造されて誕生している地球の五次元領域へ皆さんと共に移り込みましよう。
消え行く古い地球・世のカルマに「葬送の心」で礼儀を持って見送りましょう。
1

2017/7/22

7月22日の夢、人類は虚構世界の呪縛から解放される時期へ入る  不思議な夢

7月22日の夢、私は何処かへ向かって旅を続けていました。
すると、若くて美貌の女性が近づいて来て、声を掛けて言い寄り「一緒に遊びませんか」とか、「付き合いませんか」とかと言い、関心や興味を向ける様に甘い言葉を並べて誘惑して来ました。
私は、「貴女は好みのタイプじゃないから、それ程は好きになれないし、一緒に居たり話しをしても楽しくないし嬉しいとも思えない。」と答え、誘いを断りました。
それでも、その女性は旅の先々で至る場所に現れて、同様に迫って来ました。
私は心が少し揺らいで誘惑に負けそうになると、丁度、知り合いを見つけて近づき挨拶を交わしたり世間話しをしていると、女性は諦めたのか離れて何処かへ行った様でした。
知り合いとの話しも終わり暫くすると、中年でおばさん風の女性が近づいて来て、「この辺りに若くて美貌の女性が来なかったか」と尋ねました。

私は今迄の経緯を話しましてまだ近くに居ると思いますと答えたら、やはり来ていたかと言い、大きなスーツケースからライフル銃より長くて太い筒の様な風変わりのモノを取り出して、「これは意図的な陰謀による恋の魔法を解く機械」だと説明し、「これからこの地域を邪悪で狡猾な魔法を解除する」と話しました。
そして、「若くて美貌の女性は邪悪な恋の魔法を掛けて、相手に飲食代とかプレゼントとか遊び賃を言葉巧みにお強請りしたり、貢がせて遊んで暮らをしている詐欺師だ」と言っていました。
その手に持った機械の握る部分の下からはケーブルが出ていて、スーツケースへ繋がっていました。
機械の先を空中へ向けて作動させると、先端から稲光の様な眩い光線が四方八方へ放射されて数秒間は続きました。
中年の女性は「これで此処の辺りは邪悪な魔法は無くなった」と言い、次の場所へ移動するからと機械をスーツケースへ収納して持ち立ち去りました。

夢から覚めて考えてみると、これは、魔法の言葉からマジック・トリック・イリュージョンと同意語であり、幻想・マトリックス(ホログラム)のトリックが暴露されて、ベールは剥がれ落ちる時期に入ることを意味していると感じます。
この現世は「マトリックス(Matrix)の世界」で紹介した様に、リアリティーに見えても「唯心所現」の産物ですから、環境、境遇という現象界は所詮、心の投影・反映として夢や幻の如く具現化し表現された姿であり、仮相でもあり、借り物でもある姿で、虚構なカルマが流転するマトリックス(Matrix)の次元にある世界なのです。
皆さんが認識している世界・現実・現象(物質)界は自らの意識と言動が放つ、精神・五感に因る念(想い)のバイブレーション作用が、集合・集積して行くに従って生じる投影された映像(反映・作用)に過ぎず、自らや集団の精神・意識を変えれば五感で知り見えている世界・現実も変化して来るのです。
つまり、人類は過去にネガティブな者たちの勢力が人類の支配・統治に都合の良い様に、今まで意図的に操作された三次元領域の物質界である、魔術的で誤った巨大な幻想・マトリックス(ホログラム)の世界から、遂にトリック・インチキが暴露されて皆さんは気付き目覚める時期が到来したことでもあります。

過去に闇の者たちが築いて来た、虚構・欺瞞・狡猾なマトリックス・イリュージョンの覆いが遂に取り除かれる時期に差し掛かり、皆さんの人生において今認識しているあらゆる物事は、これから暗雲が雲散霧消したり霧が晴れる様に光明が射して来て、世の中の事象はひっくり返される状況になるでしょう。
虚構な社会のベールは剥がれ落ちると、小さな集団に成り下がっていた闇の者たちは支配力を完全に消失して、一般の人々は永年に渡って続けて来た邪悪な洗脳の暗示と束縛・奴隷状態の影響から気付き目覚めて、全て解放されて真の自由と尊厳を得られて自分を取り戻す日が来ます。
それは、当ブログ2016/9/4「人類は虚構世界の拘束と呪縛から解放・脱却される時期へ向かう」が現実となる日が来るのです。
皆さんは財産があると思って大事に持っていた債券・証券などの金品は、金融マジック・トリックの巧妙な技法であり、虚構なベールは剥がれ落ちると実はタヌキが化かした、価値のない葉っぱだったと判ったような状態に気付く日がきます。

世界には民衆の毎日の労働・生活が紡ぎ出す「実体経済」と、大金持ちが投資・投機によりボロ儲けを求めて捏造する数〜十倍の規模がある「虚構経済」が成立しています。
旧体制による権力の人道を外れた意図的に仕掛けて、巨万な利権や巨額の富を得るため金融・経済システムに、巧妙なトリックの下品でずる賢い手法を堂々と編み出して、実体経済を支える基幹流通資材を始め資源や穀物類から不動産などを、次々と怪しげな証券化にさせてきました。
そして、大々的で計画的な介入(株価、先物投資、通貨の為替、各種ファンド、デリバティブ取引)操作を始め、裏で違法取引や違法行為などを行ったりリセットが必要だとして、過去には幾度も世界中の流通経済が異常なインフレや恐慌に陥り大混乱にさせられたりして、社会的に大きなダメージを受けたりしているのが現状です。

ネガティブな者が経済システムの盲点を利用して巧妙に卑劣で狡猾な手法で、国家権力を貪ったり介入操作をして利権や不労所得を得たとしても、高次から観た「富徳一体」の法則から、人格や品性が低くて徳が乏しく意識と言動の高揚が伴わず、宇宙の秩序と摂理に調和して従わない者は、諺に「悪銭身に付かず」と云われる様に、知らない内に「自己処罰」を行い浪費されてしまい是正されて自滅の運命を辿ることになります。
お金の魔力的な虜になった邪悪な人たちは詐欺を始め、窃盗など犯罪とか人を食い物にしたり、他者を踏み台にしたり犠牲にして露骨で狡猾な生き方へ走り、自らの人格や霊性を低下させて、魂を堕落させやがて落ちぶれます。
自らの精神を向上させることなく、金品・地位・名声などを追い求める者は、影を追うて走る者であり、永遠に得る事は不可能です。
この世である現象界は心の影であり、人格や品性を高めないで物質的な何かを求めて利己的に掴んだと思っても、徳が積んでないと水の泡の如くに消失するでしょう。

古い虚構なマネーゲームは行き詰まって金融・経済の嵐がやって来ると、天の倉に徳を積まずに現世に富の金品のみを積み上げた成金の勝ち組だと自慢している人々は、来るべき動乱の渦に巻き込まれて崩壊し消失するでしょう。
ネガティブな者たちは皆さんにステータス・シンボルを持つことが幸せや生き甲斐の価値だと洗脳して、虚栄心を煽り贅沢と浪費を続けさせる様に大衆操作を行い、利益追求に明け暮れた邪悪で欠乏な文明・世界は自然の法則に適合・調和せずに、やがて自滅崩壊の道へ進むことは避けられなく終焉を迎えるでしょう。
政治・社会・金融・経済・産業・生活に於いて、虚構で未熟な古いシステムはもはや役に立たないことが認識されて、投影された怪しいベールも解かれるに至り古いシステムを潔く手放さざる状況に余儀無くされて、古いシステムの鎖を一度は断ち切る事となり幕を閉じて行きます。
そして、闇の支配は遂に終息宣言がされる日が来ます。
2

2017/7/18

自然環境の破壊・汚染を反省し共生と保護を図る  これからの動向

サブタイトル 五次元世界へ移行する準備で社会の変遷は加速する

「第6の絶滅期」到来、想定よりも深刻か 動物の減少広範に
https://www.cnn.co.jp/fringe/35104107.html?tag=cbox;fringe

自然に対する無頓着の結果から環境破壊・汚染は酷くなり、生態系保持能力は徐々に衰えて来たのです。

私たちは人類の幸せとか豊かさとか利便性とか快適性のエゴ生活を追い求めて、利益優先の過剰な競争原理から人間の限りない暴走とも思える資源の乱獲・争奪から、地球の自然環境を損傷・破壊したり、公害を出し続けて汚染して来ました。
人類は自分たちの引き起こしたダメージの大きさと危機感に気づくまで、貪欲と環境への無頓着が及ぼす結果を体験する必要があり、試練という変革期の真最中にあります。
人間はこれ迄に英知の結晶とした科学技術と称して自負し、色々と創意工夫してきた動力や機関が、本当は偏狭で低俗・未熟・幼稚な思考に基づいて造って来た、言わば間に合わせに過ぎなかった物だと気付く時が来ます。
これに対して地球はこれからも自然界の平衡や適正化の作用が動き出して、人間が起こした環境破壊や公害汚染を洗浄・浄化・清掃・払拭を行なうことにより、是正・修復して自然の本来の姿を取り戻すのに自浄作用として、物理的な変化を起こして地殻とか気象の大きな変動活動を続けると思われます。
人類は貪欲と無頓着の反省から自然の摂理や秩序に従い、自然との調和と共生を図りながら、生物多様性の保護に取り組む方向へ進歩するでしょう。

これからの産業は目標と理念の活動を見直して自然との調和を図ることを第一とし、最優先することが必須となる方向へと進展するでしょう。
環境保護の視点からは早急に石油など公害をまき散らす、化石燃料を主流とする時代を終らせて、自然資源の乱獲を防ぎ有効活用とリサイクルの意識徹底を図ることが先決です。
皆さん一人一人が自然環境を保護する意識を高めて自然環境との調和を図る、イメージの思念を祈る必要があり自然の環境を思い遣るプラスの集合意識を通して、思念感応で政府の権力者を動かす様にしましょう。

人類の未来は意志と意思の力(念・祈り)が有れば「創化の法則」を活用して、具体的で確りした目標・ビジョンを持てば、意識力・意志力・表現力の、各要素を統合させることで変えられ実現するのですから再認識が必要で、その能力は皆さんが想像する以上に偉大なのです。
それは、五次元へ向かう新しい地球の領域・環境は、自然に調和と適合した存在しか移行する事が出来ないからです。
地球に於ける三次元領域の物質界のシステムである、古いパラダイムは行き詰まって役には立たなくなり、新しい時代に適した斬新なパラダイムをこれから皆さんは創造して行くことになり、神性に基づく神聖な新しい時代が始まるでしょう。

人類の多くは益々と魂・霊性への気付きと神性への覚醒が進み、意識の改革に伴って自然回帰(調和・適合)が促進されて来ます。
人類の意識改革が進展して集団の意識レベルが一定の高さに達すると、各国の政治体制は新時代に相応しい聖なる政府に変更されて一新し整うことになり、信条・価値観・風習などの違いから起きていた、対立抗争による戦争や紛争や暴力から対話と和平へ歩み寄り、それらは無くなる方向へ進展します。
同様に古い支配の欺瞞・虚偽・狡猾の虚構社会が崩壊して、人類を縛る者は居なくなり解放されて、固定概念を払い落して新たな認識に目覚めて世界的な経済体制が整うと、多くの地域に存在する資源と食料は演出された欠乏と争奪や独り占めや流通と価格の統制は無くなり、乱開発や環境破壊や汚染とか公害の発生も無くなるでしょう。

世の中の潮流は激変して古い秩序は順次に崩壊して、新しい秩序と原理が台頭して世界的で大規模などんでん返しが連鎖し波及して起こり始めると、創造主の意思(自然)と調和する神聖な無公害で、高度な科学技術が多く生まれて産業界は革命が起こり始めるでしょう。
それにより産業の構造が根底から改革されて、業態は急速に転換されたり変貌して移行する状況になりますが、業界によっては急速に廃業に迄追い込まれる事態になったり、時代の潮流に疎いとか先見の明が無いとか意思決定が遅いとか体力(豊富な資金と優秀な人材)の無い企業は、目覚ましい技術革新や業態の転換や変貌に追て行けずに行き詰まるでしょう。

人々は高次の光明波動を受けて洗心により高尚となり、虚栄心と物欲と所有欲の関心と執着は薄れて行き、嗜好も変化したり浪費癖も少なくなり資源の無駄遣いも減少して行き、資源と食料の投機目的の陰謀は中止に追い込まれるでしょう。
神聖な無公害で無尽蔵な新エネルギー技術に基づく装置の登場が、石油やガスの化石燃料と原発や太陽光発電の時代を終らせますが、それらはこれから更に登場することになる事物のほんの始まりの段階に過ぎません。
三次元領域にあった自然に不調和で害したり汚染する文明の利器を改めて、高次元領域では自然と調和する文明の利器に創造(リメーク)して再出発することになります。
新しき世界へ創造する手始めは地球の環境に於ける汚染とか破壊された、地域の浄化と修復と自然の復元作業が共同で行われる事で再生のプロセスに入ります。
それで自然の修復から生態系の生物多様性も復活し自然の豊かな環境は甦るでしょう。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ