地球と人類の行く末  その他


時代の潮流は自律社会から進展した「自然社会」の訪れは宇宙の摂理や秩序に従い、魂の貪欲と穢れは禊・浄化排毒により霊性の気付きと覚醒が起り、人類と自然との調和・適合と共生を前提にした創造の動きが活発になります。
自然社会への訪れは利己的で偏狭と邪悪な精神想念と言動を続けている人にとっては極めて厳しい生活の時代になります。
皆さんが真理を学ばれ意識を高尚に保たれ人間の本質である霊性の開発向上を目指される様に皆様の生活に微力でも良い指針を享受されて、一時の苦しみを紛らわすのでなく、よりよく生きるための希望と生き甲斐を与え、安心と幸福が訪れるための一石を投じるお手伝いができれば幸いかと存じます。
この機会にあなたも有意義に暮らせるよう正しく認識と有益な人生観を学びませんか。

社会
クリックすると元のサイズで表示します
科学
クリックすると元のサイズで表示します
技術
クリックすると元のサイズで表示します
念じて脳波で義手などを動かすBMIを応用した装置とか、人工知能(AI)の分野は精神生体技術に相当します。

「岐阜市信長公450プロジェクト」のホームページ
http://www.nobunaga450.jp
ぎふ信長まつり騎馬武者行列に藤岡弘、さんが信長公役で登場!
http://www.nobunaga450.jp/news/post-2615.html

岐阜市の広報 長良川うかいミュージアム(岐阜市長良川鵜飼伝承館)
https://www.ukaimuseum.jp
http://ukaimuseum.jp
クリックすると元のサイズで表示します
24

 

神仕組みの大転換期  世の中の動向

新しい地球文明創造に向けた宇宙経綸(神仕組み)が始まっており、未曾有の大転換期を迎えつつ大変化・大変貌の最中に在ります。それは地球自身に何かの意志系統が存在するからです。
新しい時代の潮流が渦巻き始め、誤った価値観の欺瞞・虚構社会は崩壊し、新しい地球文明の創造と破壊が同時に交差して真実が芽を出して行く時を迎えているのです。
新しい時代のうねりと共に、精神世界にも革新的な動きが随所で見られる様になり、良くも悪くも新しい社会現象の動きとなります。
それは今までの既成概念や社会通念が根底から崩され、従来の価値観や認識では通用せず社会経験から蓄積された事業手法や既成概念は通用しないということです。
何時の時代でも柔軟な思考で既存の知識や常識にとらわれず、己の直感やインスピレーションに素直に従った勇気あるパイオニアたちによって新発見や大発明がなされ、その後の新時代が切り開かれてきた経緯があります。
霊性が幼稚で下劣な思考と心の偏狭な人類の多くは試練を受けながら自戒反省し乗り越えて、誤った人間の意識のカルマが創り出した心身・魂の穢れは禊による浄化排毒・清算と共に、霊的な高揚が伴い精神的な進化から急速な覚醒を遂げる様になるのであり、犠牲・教訓を無駄にしないことを心掛ける必要があります。
人類は生存本能を中心とした過度の競争・略奪と対立抗争によって、幾度も文明を崩壊させて来た歴史的な経緯があります。
アセンションとは、肉体を伴いながら霊性を次元上昇することであり、肉体が昇天する事ではありません。
17

2018/2/9

富裕層と貧困層の上空写真、S-Vision新TV、神様へインタビュー、任務終了か  世の中の動向

上空から撮られた富裕層と貧困層の違い、写真が示す格差に思わず唖然
https://irorio.jp/daikohkai/20160626/329869/
そこには「富める者」と「貧しい者」の住む世界の違いが浮き彫りにされていた。
アパルトヘイトが終わって22年経った後でも、不平等やバリアー(異なった人種を隔てるための緩衝地帯)は未だに存在している。
これからも過剰な富と特権をもった人々のコミュニティは、掘っ立て小屋が集まるゴミゴミした場所から、わずか数メートル離れた場所に存在し続けるだろう。
この写真は南アフリカの現実を表している。しかしこれは世界で拡大しつつある、目には見えない「格差」をも同時に表したものと言えるかもしれない。

元ソニー技術者が開発 4Kしのぐ「新しいテレビ」の映像世界を披露
http://www.news-postseven.com/archives/20180204_649201.html
4Kテレビの流れに棹さすかのように、こちらこそが「新しいテレビ」だと言わんばかりに名乗りを挙げたのが、約20名の小さな研究機関「アイキューブド(I3)研究所」である。
デモで行なわれた同じコンテンツでも、I3研究所は4KではなくHDタイプを使用していた。
S-Visionは、私たちが体験している現実感を再現しようとするものです。
かつて世界のテレビ市場を牽引した、日本の家電メーカーが再びその地位を取り戻すには、誰が見ても分かる「差異化技術」が必要である。

神様へのインタビュー「今の人間を見てどう思いますか?」
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30921.html
夢の中で聞いた言葉には威厳があり、その声は慈愛に満ちていました。
人間が常に、自分たちがその瞬間に所有していないもののために、奮闘していることでした。
ここに、私がいるということを覚えておきなさい。

人々は神の事を忘れ離れて生活しているから、時には予期せぬ災禍に見舞われて将来が不安になり、安心出来ると考えられる物理的な様々なモノを獲得して、所有しようと躍起になり他者を押し退けたり、蹴落としたり踏み付けたりしてでも奮闘しますが、所詮は心の影に過ぎず必要以上に得たとしても、力量以上のモノは保持出来なく時が経てば消失したり流失するのです。
「私がいるということを覚えておきなさい」と言うのは、神とは自然の法則である秩序と摂理を指しているのであり、私たちの心遣い、言葉・文字や行動には常に法則が働き適応されると言うことです。
つまり、日頃から煩悩を抑えて謙虚な気持ちで自然の法則に従っていれば、大難は小難となり何ら心配も恐れる事は無くなり、将来も安泰であると言えます。
正しい生き方を心掛けて生活をしていれば必要な時に必要なだけ、モノ(機会・人・金品)は不思議にも入り集まって来る様になるのです。

私は今の任務を細々と長きに渡り続けて来ましたが、昨年からの予感と近頃の夢などの知らせにより、本当に終了する時期が近づいていると感じます。
つまり、次元上昇の道のりは次の段階へとステップアップして、私の様な者が個人的に細々と活動をしている場合ではなく、天界(高次元)より関係者に何らかのシグナルを発せられる様です。
それは、国境を越えてアセンドマスターを中心とした世界的な組織の、巨大な光りの勢力からなるネットワークの展開により大々的にメディアなどを通して、自然の法則である秩序と摂理を大衆に広く知らしめる、正しい人生観とその生き方について学習としての啓蒙活動と、魂・霊的な案内の導きが始まるのかもしれません。
それにより憎しみや怒りから始まった闘争とか内紛とか内戦などの、敵対心を鎮めて夫々の主義や主張を尊重して認めつつ対立から歩み寄りと対話を通して、和解し合い世界的な真の平和へと導いて行く事になるでしょう。

公正で透明な新しい統治体制と金融システムにより、全世界に行き渡る新しい通貨と富の再分配と言う豊穣化の資金については、未だ先の話しになります。
それは貧困者や難民などに富の再分配と言う豊穣化の資金を無闇に与えたとしても、それだけの人格や霊性が備わってないとか心構えが出来ていないと気が大きくなり、お金の使い方が粗雑になり無駄に浪費したり、邪な人に盗まれたりして間もなく欠乏が生じるでしょう。
それは、卑近な例として生活保護を受けている人が入金後に数日でパチンコなどの遊技で使い果たし、生活費が足りないと騒いでいる有様を見ても分かる通り無理な話しです。
先ずは、基本となる正しい人生観を学び正しい生き方を実践して、ある魂・霊的なレベルに高まらないと豊かさ幸せは何事も始まりません。
1

2018/2/3

孟母三遷と幼少教育、複写機、認知症、核攻撃へ備え  世の中の動向

「子どものチャットアプリは健全な発達を阻害」、フェイスブックに中止要求
https://www.cnn.co.jp/tech/35113964.html?tag=cbox;tech
米フェイスブックが6〜12歳の子ども向けに提供している新アプリ「メッセンジャー・キッズ」
健康医療の専門家や有害な宣伝キャンペーンの撲滅を目指す団体などが、インターネット上の複雑な関係を切り抜けられる年齢になっていないと指摘。

孟母三遷の教え
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30920.html
環境が児童の成長に多大な影響を及ぼすのである。
家庭教育は親が自ら行動を起こし、身を修め品性を養い、言葉と行いで身を以て子供に教えなければならない。
そうして初めて、子供たちは立派な道徳と品格を身に付けることができ、社会全体が安定し、調和することになるのである。

日本では、増加しているニートとか、青少年に因る凶暴化する犯罪の増加とかの要因として、競争社会に於いて多くの人々は巻き込まれて精神が荒んでいるからです。
親は本当の幸せも正しい生き方も知らないで、心の影である現象的な価値を重んじて子供に上流への出世を託して、幼少の頃より学力や成績や学歴を偏重する競争を強いている有様です。
その中で、子供たちは心身共に疲労して学業や技能に追て行けずに落ちこぼれて無気力になったり、社会に出てからも失敗や挫折をすると、日頃の不満を社会に向けて心の隙から退廃した生き方へと成り下がり、やがて道を外れて行きます。

視点:日本に必要な3つの改革、まずは幼少期教育に重きを=ヘックマン氏
https://jp.reuters.com/article/2018-views-japan-james-heckman-idJPKBN1FL4AL
今後、日本が優先的に取り組むべき政策分野として、教育改革、労働・競争政策の見直し、人口高齢化対策の3つを挙げる。
教育の主要目標として、受験にはあまり重きを置かないことだ。人生の成功にとって重要なスキルやクリエイティビティを評価すべきだ。
人間は、家族や学校、周辺環境によって形成し得る多様なスキルを有している。能力は、遺伝的特徴によって不変なわけではない。賢い介入によって発展させることが可能なのだ。

米ゼロックスを買収 富士フイルムHD、1万人削減
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018020102000078.html
事務機事業は国際的なペーパーレス化の進展で市場環境が厳しさを増しており、合理化によって世界規模で費用を減らし、生き残りを目指す。

私が中学3年生の時、ある日に先生は米ゼロックスが普通紙に印刷した様に、複写する機械を知り合いの印刷所で使い始めたから、興味のある者は連れて行って遣ると言われ、皆と一緒に見に行きました。
それは、印刷所の一角にカーテン幕で囲まれた中に置いてありました。
大きさは畳2枚程で高さは2mはあろうかと思いました。
皆で白紙に思い思いの文字とか絵などを描いて、複写機の原稿台の上に置き起動させました。
当時は、複写機と言えば殆どが湿式の青色に感光する方式でした。
所謂、青写真の由来でもあり、機械装置を始め建築や建造物などの設計図や地図を複写していました。
国内では印画紙を使った湿式でモノクロの複写機も登場しましたが、写りは良くありませんでした。
時代は移り変わり、複写機は用途により様々なタイプが出ていました。
1980年前頃には、スキャン部分のガラス面が蒲鉾の様に反っているタイプも見ました。
何でも精密な図面などでは平面だと光りの加減でズレや歪みを生じるが、これだと調子が良いとの事でした。
その後、新聞紙の見開き大(A1)を複写する装置は、畳2枚程で高さは2.5mはあったのを見ました。
パソコンやタブレットの普及によってデジタル化の波に押され、企業では一般的な事務処理や企画書や報告書などは、ペーパーレス化へと切り替わり複写機の活用は少なくなりました。

アルツハイマー、少しの血で手軽診断 長寿研、高額手法と90%一致
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018020102000080.html
原因物質の蓄積は発症の20〜30年前から始まり、蓄積がある人は症状がなくても将来発症する危険性が高くなると考えられている。
島津製作所が開発した質量分析技術を使って調べる検査法を開発。
関連物質は三種類あり、量の比率からアミロイドベータ蓄積の有無が分かるという。

アングル:北朝鮮の核攻撃に備え、米放射線治療薬の開発急ぐ
https://jp.reuters.com/article/us-nk-radiation-treatment-idJPKBN1FM08D
世界的に孤立する北朝鮮が昨年11月、米国本土に到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を実施して以来、米朝間の緊張は一段と高まっている。
開発段階にある放射線障害の新薬は、白血球、赤血球、血小板の減少を改善する。

核攻撃は今年前半にも発生する可能性もありますが、少し遅れるかもしれません。
閃光を伴う恐ろしい事が起きるとの予感からは、米国と日本の何処かにも落とされると感じています。
玉音放送の「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」との言葉が頭の中を過ります。
この後半から来年に掛けて日本は霊的にも現象的にも重大な局面に差し掛かり、政府は国体の将来と在り方を左右する重大な決断と発表に迫られる事になるでしょう。
その判断・決定の内容により日本は真の聖なる神国となるか、或はネガティブで邪悪な存在の国へと成り下がるかの、厳しい選択に迫られる重要な岐路に立つ状況を余儀無くされます。
日本国のリーダーとして首相を始めとする首脳陣・閣僚と、政治家や財界の力量が試される日が遣って来るでしょう。

日本には核攻撃という酷く悲惨な現象は、DNAの中に刻み込まれた業力に因るものです。
それだけ宇宙核戦争(約60億年前)の純粋なDNAを多く継承して保有している事であり、霊的にも同様に純粋さを多く継承して保有しているからです。
GLAの故高橋信次氏は、地球人の多くは3億年程前に昴(プレアデス)から、魂的に飛来して来た存在だと言いました。
日本人には、他国には無いそれだけの宿業が内在していて、他国では無理な悲惨さと難儀さと苦痛に耐え得るだけの力量や人格や品性が備わっており、さらに今は高次元へと移行する時期へチャンスとしての大いなる試練でもあるのです。
これからの核攻撃により地球では、ネガティブな業力は減少して衰退して行くでしょう。
1

2018/1/28

医食同源、冬バテ、世界の富8割は1%の富裕層が独占、仮想通貨、ドル安発言、中国臓器移植  世の中の動向

医療はなぜ「食べること」を何もケアしてくれないのか
http://www.news-postseven.com/archives/20180123_646246.html
元気な私たちが食べられない感覚を理解するのは難しい。
高齢者は病気でなくても食べる機能が衰え、悪化のスピードは思いのほか速い。
ここ3年くらい医療や介護現場で“食べるケア”の広がりが目覚ましい。
食べられているかを見守るのは家族の役割で、病院が出す食事に意識を向ける必要があります。
医食同源と言われる様に人は食べられなくなると、身体の状態が悪化して体重が落ちどんどん衰弱します。

突然死を招く「冬バテ」は夏バテより怖い その対策は?
http://www.news-postseven.com/archives/20180123_645821.html
「夏バテ」に比べて「冬バテ」などという言葉はほとんど聞いたことがない。
冬は四季の中で最も寒暖差が大きいため、多くの“冬バテ患者”を生み出す上、夏バテよりも怖いのは、症状が多彩で深刻な事態に陥るケースが多い。
冬バテでは、寒暖差のヒートショックで血圧が急激に上がっても、若い人なら血管がしなやかで丈夫だから何とかなる。
しかし高齢になるほど冬バテによる血管のダメージは大きいので、急な血圧の上昇に血管の壁が耐え切れなくなってしまう。
人間は寒いとあまり水を飲みません。しかし冬でも鼻と皮膚も呼吸はするし汗もかきますから、絶えず水分が失われているわけです。

世界の富の8割は1%の富裕層が独占 国際NGO団体が発表
https://www.j-cast.com/2018/01/23319345.html
富裕層の数が増え続け、その資産も2010年以降は平均13%ずつ増えているのに対し、一般的な労働者の賃金は平均2%しか増加していないなど、格差の拡大も指摘した。
世界の人口の50%は財産が増えなかった。
格差についての懸念を口にしない政治家や経営者を見つけるのは難しい。だがそれについて行動を起こしている政治家や経営者を見つけるのはもっと難しい。
世界経済は富裕層に有利になるよう各国の政府や財界の政策で歪められ、実態的な労働よりも虚構的な富による資産運用が報いられる傾向があると言えます。
億万長者ブームや財テクは経済繁栄の証しではなく、失敗して破綻した歪のある経済システムの症状だと言えます。
富裕層は株式市場やファンドとか資源や食料の商品相場などに、投機的な資産運用により富を増やして来ました。
それで企業の業績とは関係なく株価は虚構に上昇したり、コストの勘案とか需要と供給のバランスから商品価格が決まるのでなく、マネーゲームの投機により本来の価値以上に吊り上げられて値段が高くなっており、人々は知らない内に余分な代金の支払いを余儀無くされていると言えます。
つまり、私たちは必要以上な生活費の支払いに喘ぐ、経済的な支配による奴隷でもあるのです。

焦点:仮想通貨取引所大手コインチェックの外部からの不正アクセスで巨額流出、匿名通貨や安全性の問題点が噴出
https://jp.reuters.com/article/cryptocurrencies-idJPKBN1FG050?il=0
今回の流出騒動で、セキュリティの甘さや財務の不透明性も浮上。
取引時に複数の電子署名が必要で、セキュリティが高い「マルチシグ」での管理もなされていなかったことが判明した。
匿名通貨は、送り先のアドレスをワンタイムアドレスにしたり、取引時のデータシャッフルなどで、送り手と受け手が誰なのか追跡できなくなる特徴がある。
匿名通貨は犯罪資金のマネーロンダリング(資金洗浄)や、テロ組織への資金供与とか税金逃れに利用されやすいデメリットがあり、彼らを利するだけか。
ビットコインなどの仮想通貨に対する投資熱は、まさに17世紀前半のオランダで発生した「チューリップ・バブル」のようなものだ。
昨今の仮想通貨投資熱も、現時点では、一部の人々が幻想に過ぎない淡い夢を描き、虚構な賭け事に興じているだけか。
仮想通貨は些細な情報に翻弄されて、虚構に乱高下を繰り返しているのが現状で、関わる人々も一喜一憂している有様で地に足が着いていません。

株式やファンドを始め商品相場や仮想通貨や賭け事などへの投資や投機は、ネガティブな者たちへの支援協力と加担になります。
現世の金品や出世や名声等の事物に執着すると、激動する社会の潮流や流動する資産等に心を奪われて、自らを見失い本来持っている能力さえも発揮できなくて、大切なチャンスを逃すものです。
私たちは目先の損得とかの利害関係のみで判断したり、行動している人は精神が向上しませんから行き着くところ、不幸な人生が待ち受けています。
心の影である現象の展開に執着するあまり内在する霊性に気付けず目覚めずに、自己の精神波動を高めない人には三次元で観ると、想像を絶した様相が展開することでしょう。
真に人格を高め品性を備え徳を積んで、己の生き方を根底からポジティブに変革しなければ、自ら望む事象を追及して掴んでも流出や消失して魂の満足や悦びとか幸福感は持続しないで、様々な煩悩の執着に対する苦しみから誰一人として、本当にバラ色に輝く未来の人生はあり得ないでしょう。

コラム:米財務長官のドル安発言、絶好調の米株市場に拍車
https://jp.reuters.com/article/column-dollar-comment-market-idJPKBN1FF0O0
長きにわたる米政府の「強いドル」政策の終わりを、いつになく明確に示唆した。
ドル安はまた、合計11兆ドルのドル建て融資を借りている海外債務者の返済負担を和らげる。
何が何でも物価目標を達成したい欧州中央銀行(ECB)と日銀にとっては厄介な話。
こうした行動は長期的に米国の金利を押し上げ、「投資の減少、株価の下落、金融不安定化のリスク」を招く上、通貨戦争を引き起こしかねない。
経常黒字国・対外債権国である日本の当局が本来、円高容認発言をしてはいけないのと同様、経常赤字国・対外債務国の米国当局はドル安容認発言をしてはいけないのだ。

中国でサルのクローン2匹誕生、「ドリー」の技術応用
https://www.cnn.co.jp/fringe/35113683.html?tag=top;topStories
1996年に生まれたクローン羊「ドリー」と同じ技術を使って、霊長類では初のクローン作成に成功したとしている。
霊長類初のクローンは、1999年にアカゲザルの「テトラ」が誕生しているが、使われたのは今回とは違う技術だった。
霊長類のクローン誕生は、倫理的な問題も生じさせる。今回の手法は、理論的にはヒトにも応用できる。

非人道性疑われる中国臓器移植ビジネス 日本が係わらないよう呼びかけ 山田宏議員、城内実議員ら
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30904.html
無実の人々が大量に殺害されていると懸念される中国の臓器移植ビジネスを追及。
目標は、臓器移植手術の安全性と合法性、生命倫理が確立されていない国に移植目的で渡航することを禁じる、臓器移植関連法案を可決すること。
欧米では中国臓器移植の問題は、政府、医療関係者、市民レベルで周知のことだ。日本で知られていないのはとても不自然である。
年間数十億ドル規模の中国移植ビジネスを支えるのは、中国で囚われの身となった無実の人々であり、彼らは本人の意志と関係なく臓器を摘出され、証拠隠滅のために殺害されている。
中国では「何月何日の何時に臓器移植が予約できる」という、医療倫理上有り得ないことが可能になっている。
臓器移植のために計画的に人が殺されていることの有力な証明。

移植臓器に生前の記憶が残存か?
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30767.html
米国心理学者の研究によれば、人間の個性は確かに移植された臓器とともに、他人の身体に転移しうる。少なくとも10パーセントの人が他人の心臓、肺、肝臓、腎臓などの臓器移植を受けたあと、性格が大きく変わり、臓器提供者の性格、才能、記憶を受け継いだことが分かった。
人間は多重多層界から成る存在であり、霊体・幽体・魂・意識・身体から構成されると言えます。
1

2018/1/22

気象異変、飲食断つ、所有から共有へ、病と身知らせ、顔に責任  世の中の動向

尖閣めぐりあの中国メディアに異変? 「日本が熟考すれば中日関係は着実に改善」
https://www.j-cast.com/2018/01/12318587.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=3#cxrecs_s
有力中国メディアのひとつは、領有権の主張は曲げないものの、日本側が実効支配していることは認めるなど、従来と比べて抑制的な論調を展開した。

サハラ砂漠に異例の積雪、過去40年で3度目
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112924.html?tag=mcol;relStories
地球上で最も暑い場所として知られるアフリカのサハラ砂漠

氷点下67度、シベリアに猛烈な寒波到来
https://www.cnn.co.jp/fringe/35113324.html?tag=cbox;fringe
ロシア極東やシベリア各地が記録的な寒波に見舞われ、極東のサハ共和国で氷点下67度を記録した。

5年間飲食を断ったスリランカの男性
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30602.html
1週間に1回しか水を飲まず、数カ月間に1回しか食事を摂らない。しかし、彼は今までになく元気であり、まったく飢餓感や苦痛を感じないという。
彼は、必要なエネルギーは食事の中から得るのではなく、天地の精華を体内に取り入れて得るのだと話す。
この人は前世を含む過去世に於いて可成りの修行・修練を積んでいると思われます。
「人が生きるはパンのみに非ず、神の言葉に因る」とイエスは言われました。
人間は肉体のみならず、幽体とか霊体などの多重多層界から構成されており、霊性がある程度に高まれば自然との調和により周囲の空間から、身体に生体エネルギー(プラナ)を取り込める様になります。
疲れ易い人は知らない内に、生体エネルギーを放出しているとも言えます。
神の言葉とは真理の事であり、自然の秩序と摂理を知れば思考が変わり、意識が高尚となり人格が向上して品性が備わり、徳も積むことになり必要な人もモノも自ずと寄り集まって来るのです

所有から利用へ モノに対する日本人の価値観が変化した
http://www.news-postseven.com/archives/20180116_644179.html
日本人が従来持っていた所有のあり方に変化が訪れている。
かつての日本は“新品崇拝文化”で、何でも「新しい物がよい」という発想だったが、ほぼ20年間にわたって給料が上がっていないこともあり、近年は新品にこだわって見栄を張るより、割安な中古品を活用しながらより良い生活をしよう、という欧米先進国型の価値観に“進化”しつつあるのだ。
ネットオークションサイトやフリーマーケットアプリなどが普及した結果、中古品の争奪戦が激化して、若者たちのクローゼットや箪笥や下駄箱は空っぽになってしまった。
ファッションレンタルサービスの活用で、「所有から利用へ」のシェアリングエコノミー(共有型経済)が、どんどん拡大しているのだ。
これは物に対する日本人の価値観の本質的な変化であり、欧米先進国型の価値観への進化である。
都会では賃貸アパートの狭い部屋では余分な物は置けなく、不要になれば手放す必要に迫られて上記のサイトやリサイクルショップなどへ売られます。
昔の人は比較的に大きな家に住み、倉とか納戸とかも設けてあり何十年〜何百年もの間、生活用品や暮らしの道具類を保管していましたが、生活様式の急激な変化により不便さとか使われなくなっています。

米国のテロ犯罪者、73%が外国出身 移民制度見直しの声高まる
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30743.html
米国の司法省と安全保障当局の調べによると、米国で犯したテロ行為により連邦裁判所で有罪判決を受けた549人の被告のうち、254人は外国籍、148人は外国出生者で米国市民権取得者、残りの147人が米国出身および米国籍だった。
日本でも最近は外国人の占める犯罪の割合が多くなっています。

HYTと時間を表す液体の開発
http://www.afpbb.com/articles/watchespress/3159158?cx_part=top_block&cx_position=1
液体が時を表示することで有名な「HYT」アイコニックな時間表示方式。
高級時計には様々な風変わりの機種があります。

金銭で買えない病気の代役
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30755.html
深層の生命原理から見れば、病気の根本原因は業力です。
病気にしてもトラブルにしても天理教では「身知らせ」だと言われています。
何事も偶然に起こり得る事は決してありませんから、人生を顧みる時も必要になります。
事象の見方を変えて現象の奥(根本)にある、真の意味や摂理を知らずしては只狼狽えるだけで、正しい方策が浮かばず何も解決はしません。

相は心から生じる−外見は心が決める
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30650.html
無邪気で、あどけない子供たちの顔。彼らの顔が美しいのは、まだ世の中の汚いものに触れておらず、心が純粋だからかもしれません。
道徳的に堕落してしまえば、必ず顔に表れると古代の物語は伝えています。
人生40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持てと云われることは、日頃の「心遣い 」が人相に影響を与える結果からです。
人の心遣い(意識)は独自の習慣から特定の生き方や人生観となり性格も定まり、人相のみでなく手相や風貌にもその作用は現れて運命も変化してきます。
1

2018/1/11

青魚とIQ、医療大麻合法化、がん特効薬、CPU脆弱性、IoTとAI普及、気象異変  世の中の動向

魚をよく食べる子ども、IQと睡眠の質が向上 調査結果
https://www.cnn.co.jp/special/science/35112741.html?tag=top;topSp
サケやイワシやサンマ、サバやブリやマグロなど多くの種類の魚に含まれるオメガ3脂肪酸が、知能並びに睡眠の質の向上と関連していることが示された形だ。
青魚に多く含まれる脂肪酸のEPA・DHA・DPAは、血液のスムーズな流れに働きかけます。
魚嫌いな人にはサプリメントで摂る方法もあります。

豪、医療用マリフアナの輸出を合法化へ 供給世界大手目指す
https://www.cnn.co.jp/business/35112768.html?tag=cbox;business
医療用マリフアナの世界の市場規模は2025年までに550億ドル超となる見通し。
現在、医療用マリフアナの生産大手はカナダやオランダなど。

世界の国々では規制から合法化に向かう潮流の様です。
日本では夢のまた夢か。
医療用マリフアナを積載した商船が日本の港に立ち寄れば違法となるか。
中国は世界最大級の麻薬供給国であり、江沢民派の資金源の為に隠蔽されているに過ぎず、ケシはヘロイン・阿片で中毒性の強い麻薬であり、毒性の弱い大麻とは異なります。
大麻の「麻」と麻薬 の「麻」は「似て非なる意味の文字」であり、大麻は本来に於いてヘロインなどの阿片(アヘン)系麻薬とか、覚せい剤(アンフェタミン)ではないのです。
一方、アヘンのことを「シャブ」とも言われ、「しゃぶり尽くす」の意味があり、心身共にボロボロの廃人に成り下がり最後は死に至るからです。
国によってはマフィアの麻薬戦争(縄張り争い)に手を焼き、危険性の高い覚せい剤とアヘン系は規制を続行して、危険性が少ない大麻は緩和しようとの動きもあります。
大麻は少ない量では鎮静作用があり、大量摂取で幻覚作用が現れます。
本来、[大]麻の文字は[胡]麻の文字との混同を避けるための区別から来ているのです。

大麻草には「繊維型」と「薬用型」があり、繊維用では麻薬(薬効)成分が皆無で、一般には麻(アサ)と呼ばれて麻ひもや麻布や南京袋とか麻ロープや麻混紡の衣類とか、高品質なパルプの原料や神事に使うしめ縄や紙垂や大幣や松明もあります。
薬用の神宮大麻=伝統的な重要植物はもっとも身体に負担を掛けずに、薬効成分で白血病や難病(免疫不全)の進行を抑えることができるベストな薬物であり、今こそ日本薬局方に復権が必須であり医師の処方箋で使用される様に法改正する必要があります。
この侭では、科学的な調査・研究、医療利用への下臨床試験も行なわれず効能も副作用も確認されません。
2008年にはイギリスの大麻等の研究団体ベックリー財団も「大麻は精神及び身体を含む健康問題で良くない場合があるが、相対的な害では、それはアルコールかタバコより極めて害が少ない」とする報告書を発表した。
世界保健機関(WHO)は、大麻の薬効成分が疾患の治癒薬として相次いで見つかり、規制の継続に疑問と懸念を示しています。
日本では増大する一途の医療費でも、医薬品の占める割合は多く医療(健康)保険は慢性的な赤字が続き、大麻は人の免疫力を強化する作用から万能の活用法があり、医療費の削減と薬漬けの患者を救済するのは大麻(マリフアナ)となるでしょう。

製薬会社や医療機関や医療機器会社が儲かる仕組みと、病気が治癒に至る医療システムは別だそうで、利権が絡み医療界には理不尽なことが多く医学の進歩と歩調が合っていません。
医学の発展・製薬・医療の技術は進歩しても、効能や効力の良過ぎる「夢の特効薬」は利権の圧力により、隠蔽や封印して葬り去られて患者には良薬は無し尽くめであり、本人も家族も辛苦や悲痛に喘ぎ、病人や介護者は増え続けているのが現状で、薬局・医院・診療所・病院などが増え続けています。
政府は高齢者施策の指針として就労促進を打ち出し、公的年金の受給開始時期を65才から70才を越えても選択が可能とし、それを受けて大手の各企業は定年延長の制度を取り入れつつあり、70才を過ぎても健康で働ける生涯現役の身体作りが必要になっています。
大麻を使用していた統合失調症患者は、より高い認知能力を持っているとの研究結果もあり、脳細胞の活性化にも効果があるとされています。
大麻(マリフアナ)が医療用は元より嗜好用にも解禁されて合法化されれば、都合の悪い人たちには製薬会社・医療機関のみならず、暴力団にも収入源の減少として打撃を受ける影響が出るでしょう。
これは一部の人々の利益の為に国益が損なわれ、国民は難儀をしているとも言えます。

世界の大麻(マリフアナ)使用者の推定数
クリックすると元のサイズで表示します

がん免疫療法の元祖「丸山ワクチン」新たな臨床データで騒然 2014.04.22
http://www.news-postseven.com/archives/20140422_252890.html
“第4の治療法”として注目を浴びているのが「免疫療法」である。
1976年には抗がん剤として製造承認を求める申請が当時の厚生省にも出されるも、「効果が認められない」と5年後に却下。
使用者はすでに40万人に達し、患者・家族の会には様々ながん治療のケースで、「劇的に回復した」という声も寄せられている。
「一つのがん種の治験をやり直すだけでも5年〜7年はかかり、莫大な金もかかる」(医療関係者)ため、広くがん治療の“特効薬”として再び承認を得るのは容易ではない。
だが、開発から半世紀の時を経ても、丸山ワクチンが色褪せていないことだけは確かだ。

CPU脆弱性、米IT大手各社が対策を公開
https://www.cnn.co.jp/tech/35112816.html?tag=cbox;tech
「スペクター」と「メルトダウン」と呼ばれる脆弱性は、複数の研究者がこのほど存在を確認。
対策は、アップデートが入手可能になった時点で機器やブラウザーを更新すること。

インテルCEO、チップの脆弱性問題に「業界協力で対処」
http://www.afpbb.com/articles/-/3157843?cx_part=top_block&cx_position=2
この問題は、米グーグル(Google)の調査チームが、インテルや米AMD、英ARMのチップを搭載した機器や、それらを動作させる基本ソフト(OS)の脆弱性を悪用されるとメモリーに保存されたパスワードや暗号化キーなどの機密情報を権限のない人物に読み取られる恐れがあると指摘していたもの。

米半導体大手インテルやアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)、ARMホールディングスの半導体を内蔵するコンピューター機器から情報が流出する可能性を伴う安全上の欠陥が3日、見つかった。
ラップトップPCからスマートフォンに至るまで、影響は広範囲に及ぶ見通し。

アングル:ロボット化の「痛み」、最先端工場に戸惑う米労働者
https://jp.reuters.com/article/robot-us-factory-idJPKBN1ET080
多くの企業によれば、最も確保が難しいのは、最高水準の給与に見合う専門的スキルを必要とする労働者だという。
経済全体に広がるデジタル化に伴い、企業はさまざまな労働者を探すことを迫られており、専門的スキルを持つ労働者に対しては、より高額の給与を払わざるを得なくなっているという。
IT技術と急速に普及が進むIoT(Internet of Things)=モノのインターネットで、AI時代の突入により産業界は大革命(イノベーション)の最中にあります。

ナイアガラの滝 大寒波で完全凍結!
http://www.epochtimes.jp/2018/01/30515.html
北米大陸は北極からの強風と寒風により広範囲に記録的な大寒波に見舞われている。
約3週間後には日本にも大寒波が回って来るでしょう。

猛暑のオーストラリアでコウモリが大量死、脳が過熱
http://www.afpbb.com/articles/-/3157822
7日に記録史上最高となる45度を記録したシドニー西郊のキャンベルタウン
シドニー西郊ペンリス(Penrith)で7日に1939年以降で最も暑い47.3度を記録するなど記録的な猛暑が続いている。

世界では、近年は春と秋は短くなり、夏はより暑くて冬はより寒くなり異常な気象となっています。
1

2018/1/5

天安門焼身は偽、働き方改革と無残業、大麻てんかん薬、電波送電  世の中の動向

天安門焼身自殺の新証言、15年前の旧正月おおみそか「誰もいなかった」
http://www.epochtimes.jp/2016/06/25231.html
国際人権団体や欧米メディアは、この事件は「法輪功への反感を高め、弾圧の正当性を宣伝するため」に仕立てあげられたものとの見方を伝えている。
法輪功公式サイト「明慧ネット」は、法輪功は自殺や殺生を禁じる修煉法で、自殺を図った5人は学習者ではない可能性を指摘している。
天安門広場は通常、厳戒態勢に置かれ、メディアはおろか一般人の撮影は厳しく制限されている。

視点:残業の「負の連鎖」、いかに断ち切るか=青野慶久氏
https://jp.reuters.com/article/japan-workstyle-idJPKBN1EF0TS?il=0
政府主導による働き方改革を各企業や各事業所が実施するには、先ず意識改革が先行する。
改革を実行しようとしない中間管理職がいた場合、「思い切って人を変える勇気」を持たなければ、変革は浸透しない。
取引先との関係でも、残業が必要になるような依頼は「断って構わない」と経営者が言明することで、残業の「負の連鎖」を断ち切れると言う。
多様な働き方を認める改革を実行しなければ、採用力や社員の定着率が低下し、その企業はいずれ縮小の方向に向かうと警告する。
一歩目を踏み出していない経営者が多いようなので、小さくても踏み出すことをお勧めしたい。
今の日本の企業は、定年制があったり、転勤を実質断れなかったり、副業が禁止されていたりと、経営者が会社の都合で社員を縛り付けることを平気でやっている。それはダメだということも、政府が法律で示すべきだと思う。
企業の中には、日本の人口が減るから海外進出を、というところもあるが、そのような「焼き畑農業」的発想の前に、自社内でやるべきことがあるのではないか。

岐阜市、教員に16連休 今夏、小中など完全閉校
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018010502000069.html
働き方改革を教員も取り入れて過労レベルを引き下げる。
原則として、会議や補充学習、教員研修、部活動の指導といった全業務を休止する。
この期間は日直の教員も置かない。専門家によると、これほど長期にわたる学校閉庁日の設定は全国でも例がない。

1月1日から嗜好用大麻が解禁に 米カリフォルニア州
http://www.afpbb.com/articles/-/3157085?cx_recommend=cx_popular
全米ではすでに8州と首都ワシントンで嗜好用大麻の使用は合法化されているが、その規模においてはカリフォルニア州に到底かなわない。
大麻の税率が高いことから、当局は税収の増加を期待している。

てんかん発作約4割削減、大麻由来成分で 研究
http://www.afpbb.com/articles/-/3129569?cx_recommend=popin
大麻由来成分「カンナビジオール(CBD)」の初めての大規模臨床試験が行われ、深刻なてんかん発作の発生頻度を39%低下させることができたとする研究論文で、発作が一度も起きなかった患者もいた。

麻に含まれるΔ9カンナビノールを中心とした薬効成分は、今の日本の法律では麻薬取締法で禁止薬物として第一級の麻薬に指定されており、最も厳しい医師の処方箋でも使用できない不条理な法体系の薬物になっています。
過去では一万年に及ぶ麻(神宮大麻)という植物にお世話になった日本人だったが、麻は終戦後には利権などにより闇に葬られて、今に至っている。
マリファナが禁止されているのは、アメリカの連邦政府やそれに付随する製薬会社などの利益のためによる排除の陰謀です。
大麻はガンの特効薬で大麻を使うと、早い段階で癌を治してしまうため、利益にならないからです。
アメリカで医療大麻が広く認められるようになった切っ掛けは、既存の鎮痛剤が効かない一部の癌に対して、マリファナの鎮痛効果が発見されたことだった。
中国広西チワン族自治区・巴馬(バーマ)という地域の村では、麻の種(実)が主食で毎食50g食べていた。
その結果、100才以上の老人が70%以上の驚異の長寿村となっている。その元気の秘密は、麻の種に含まれる【カンナビシンA】という成分。
大麻はもっとも身体に負担を掛けずに、白血病の進行を抑えることができる良薬でもあります。

マリファナは、痴呆と脳の老化を防ぐ可能性があるというもので、その有効成分の THC などと呼ばれるカンナビノイドという。
麻の種は地球上で最強の抗酸化力(アンチエイジング)を持っている。
他にも必須脂肪酸の【オメガ3】と【オメガ6】が自然界で最も多く、理想的なバランスで含まれている。
人間に長寿をもたらす大麻は、当然ながら世界の人口を削減したいとか、人々を不健康にさせたいと願う貪欲でネガティブな人々にとっては、天敵の存在であり強引に万国阿片条約を制定し含ませたのです。
大麻(マリファナ)は日本では1948年まで一般的な農家で栽培していましたが、光りは東方よりを恐れて全面的に禁止にしたのです。
1977年にアメリカ大統領の諮問に対するシェーファー委員会の答申に基づいて出されたカーター教書によってマリファナの使用は精神病の原因になるとは言えないこと、個人の少量所持を刑事罰の対象から外すのが望ましいと言明された。
日本において大麻を取り締まる大きな理由の一つに、いったん大麻を使うと他のドラッグをも使用するようになり、他の薬物への入り口となるという「踏み石理論(ゲートウェイ・ドラッグ理論)」がある。
1997年のWHOの報告書でも、大麻使用者の大半は他の非合法な向精神薬の使用へと進まないとしている。

電波で送電、生活革命 名大・天野教授挑む
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2018010402000053.html
チームが開発を目指すシステムは、電気を高周波帯の電波に変換して、アンテナを使って「レーザー光線」のように送り、受信アンテナを通じて再び電気に戻す仕組みだ。
まずは三年後までに数十センチの近距離だが、三分間でワイヤレス充電できるシステムの確立を目指す。
さらに五年以内には、百メートル前後の高さを飛びながら遠隔給電できるまで発展させたいという。
電力の無線送信を行なう取り組みは、やがてテスラ・コイルの技術を理解し応用する、サイ科学の分野方向へと発展すると思われます。
電力の発生についても、近年中にはグラビトンによりゼロ・ポイント・エネルギーを活用した方法が発見されて、無公害で燃料も必要がないフリー・エネルギーへと行き着くでしょう。
1

2017/12/30

北朝鮮サイバー戦争、不老不死の妙薬とアヌンナキ、斎場の残骨灰、燃料電池車の水素供給  世の中の動向

コラム:加速する北朝鮮サイバー戦争の破壊力
https://jp.reuters.com/article/column-nk-cyber-war-idJPKBN1EI0AI
多くの人が核攻撃を危惧するなか、北朝鮮は一貫してサイバー攻撃を自国の核プログラムの「目隠し」として使ってきた。
北朝鮮による韓国へのサイバー攻撃を、北朝鮮の大局的なサイバー戦略の表れとみるならば、最近明らかとなった米電力会社への北朝鮮によるサイバー攻撃は、米国のシステムのぜい弱性を調べる初期段階の調査の一環であった可能性がある。
ワナクライは、北朝鮮が自国に科せられた制裁の影響をかわすため、資金を稼ぐ狙いがあったと見られる。

「不老不死の薬探せ!」 始皇帝の命令、木簡から確認
http://www.afpbb.com/articles/-/3156672
3万6000枚に上る木簡は湖南省(Hunan)の井戸の底から発見されていた。
この指示に当惑した様子がうかがえる地方政府からの返信が書かれたものも確認された。
中国最初の皇帝である始皇帝が永遠の命に執着していたことはよく知られた話だ。

地球に遣って来て遺伝子操作を実施して人間(アダム・イブ)を誕生させた、ニビル星人のアヌンナキは純粋なプレアデスの血を引く者(王族)で、ニビル星の暦で100〜150年は生きたと記述されています。
他のアークチュール人との混血は短命であったとあります。
地球の暦(時間軸)では公転周期の違いから、ニビル星の1年は地球では3600年となり、アヌンナキが地球へ来て36〜54万年も生きることから、人間から見れば不老不死(不死身)に感じた訳です。
地球に遣って来たアヌンナキ同士が結婚して出産すると、その子供の寿命は数分の1に縮まったとあり、一方、アヌンナキのエンキは自らの子供を人間に産ませた半神半人の寿命は、アダパとティ・ティとかノアの場合は十数万年も生きたと記述されています。
アダパとティ・ティの子供でカ・インとアワンも長寿で、王族の支援を受けて日本と南米を行き来して文明を築きました。
カ・インはルルが誕生して初の犯罪者となり、顔には髭が生えなくなるというDNA操作がされ、エデンの追放により東方の放浪の地へ出発することを余儀無くされました。
その後、カ・インとアワンはアヌ王の訪問時とかアダパが危篤に陥った時などに迎えが来てエデンへ帰郷したり、ニビル星へも案内されて訪問しアヌ王に挨拶をしています。
メソポタミア文明から続いてその後に興った東方の文明で、秦の始皇帝はかつて長寿の人たちが居た事の記録から、不老不死の妙薬を探せと命令を下したのです。
徐福は東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊(仙)薬がある」と具申し、始皇帝の命を受けて数千人の童男童女と百工を従え東方に船出したのです。
さらには、アヌンナキのイナンナやアンズなどは瀕死の重傷を負っても、生命の水と生命の植物とかの治癒作用や、アヌンナキを誕生させたプレアデス星人より贈られた、me(メ)と呼ばれる魔法のツール(装置)により治療されて蘇っています。
「生命の樹(ナツメヤシ)」に水を掛けることをデフォルメしたのが東大寺のお水取りであり、十一面観音にお香水という神聖な水を捧げて懺悔(ざんげ)することも同じです。
me(メ)は小型でイナイナの掌に幾つも受け取ったとあり、リモコン・キーの様な品物で高次元から物理的な世界へ様々な道具(装置)を持ち来す働きがあり、王族の支配者たちは必要に応じて小さな手提げに入れて持ち歩いていましたが、その後にシンボル化しました。
万能薬は聖杯に入っている様ですが、これはイエスの聖杯伝説の原型であり生命の水こそが御神水の根源なのですが、形骸化して薬効の作用はありません。
ニンマーはニビル星で観賞用の花木で毒のある実を醗酵させて毒を消し、他の生薬との調合から魔法の秘薬酒を開発して持っていたとあります。
ワインを好んだのはアヌンナキがニビル星から移住により地球へ遣って来ても、時間軸の違いから時差に馴染めず苦しめられた時に、ワインを飲むと感覚が和らいだとあります。
始皇帝はカ・インの伝説から日本(瀛州)の地域を調査する様に徐福に命じて、報告から縄文時代の痕跡で高度の文明が存在した事に衝撃を受けて、脅威を感じ徐福に命じてその痕跡を悉くに破壊させた上に、神社・神殿の向きを東から南へ変更したと言われます。
当初は東向きであったのは、アヌンナキの王族の住居がある中近東や北アフリカの方向に礼拝や祈りを捧げる必要性からです。
ナツメヤシの生命の樹とアヌンナキと手提げ
クリックすると元のサイズで表示します

斎場の残骨灰、収入化 本紙調査、売却自治体が増加
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017122602000063.html
遺族が拾骨した後に斎場に残る残骨灰には、歯の治療で使った合金や指輪などの有価物が含まれており、業者に処理を委託している自治体の半数以上で、一円やゼロ円での契約が相次いでいる実態も浮かんだ。
亡骸の残骨灰は遺骨ではなく法的な制約は存在しないが、過去には裁判もあった。

トヨタ、商用燃料電池車を拡充 定期ルートに水素供給網
http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2017122702000100.html
燃料となる水素の需要を産業分野から増やし、水素供給網を拡充。
一度の走行距離が長く走行ルートも予め想定できて水素ステーションを整備し易いバスやトラックに着目。
設置費用は愚か採算の維持すら困難な状況で技術革新は目覚ましく、水素の普及よりも他に安全で効果的な代替え装置が登場する可能性もあります。
0

2017/12/25

12月24日の夢、アセンションとDNAの修復も妨害と阻止により停滞  不思議な夢

12月24日の夢、寝ていると医師より呼び出され目覚めて起きました。
何でも3人が同時に呼ばれたとのことで、急いで服を着てから靴下を探しても見つからず、素足の侭で靴を履こうと思い玄関へ向かいました。
そこへ医師より電話があり既に1人は終わったが、彼方は準備が遅く来ておらず、今から出掛けても間に合わないと言われました。
それでも何とか成らないとか思い、乗用車で出掛けると途中で道路の右側にトラックが止まっていて、しかも左側は川沿いであり進んで行くと限り限りで、左側のタイヤは今にも路肩を食み出す有様で止まらざるを得ませんでした。

夢から覚めて考えてみると、これはアセンションの状況を指していると感じました。
8月15日の夢、「闇の者は人類の次元上昇を妨害と阻止」の続きでもあり、可成り深刻な状況下にあると思われます。
そして、人間のDNAの修復と再構築は未だ3分の1しか、終わっていないことも指していると感じました。
つまり、アセンションとDNAの修復と再構築も闇の者による妨害と阻止により停滞の状態にあり、中休みで中途にあって危機的で深刻な状況にあると言えます。
中距離ミサイルを運搬して発射実験へ向かうトラック(トレーラー)なのかもしれません。
北朝鮮による更なる核実験か或は限定的、且つ局地的な核攻撃が起きるかもしれません。

これに関しては人間が叡智の粋を集結して、何とかして解決出来る様な問題ではなくなり、時は既に遅いという意味の様です。
しかし、9月18日の夢、「闇の者の支配・統制を終わりにする」にある様に、天界では我慢の限界が来ており、これ以上の好き勝手な暴走は許されず、高次元の太陽系を管理運用する評議会と地球の意識体は、この暗黒な状況を甘んじて見ていることは有り得なく、何らかの行動を起こすでしょう。
つまり、これから地球上で発生する自然現象には、人智を越えたスケールの大きな天変地異とか、人間には理解や想像を超えた不思議な事象や気象とか、超常現象が起きて来る可能性があります。
地球の自転に変化が現れて来たり、ポールシフトが起こるかもしれません。
私たちに出来る事は、心を鎮めて『平和の祈り』がベストでしよう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ