2013/2/26 | 投稿者: 斉藤修一

看護師の中には、一般企業で活躍している人もいます。そのような人のことを産業看護師と呼ばれています。
産業看護師とは、企業で働く労働者の健康や安全を管理することが重要な役割になってきます。

つまり産業看護師の役割とは、肉体的に健康を維持していくために、会社の中で阻害をする要因があるかどうかのチェックを行うことです。そしてもし原因が特定された場合には、それを速やかに排除して、より働きやすい環境の整備をすることが求められています。

特に現代は、ストレス社会と言われることが多いです。このような社会のもとで仕事をしていれば、メンタルヘルスがおかしくなってしまう可能性も否定できません。
仕事のプレッシャーもあるでしょうし、人間関係のストレス原因となっている可能性もあります。このようなケアをしていくことが産業看護師には求められています。

具体的に仕事内容について知りたいと思っているのであれば、【参考】産業看護師の企業内健康管理室でのある一日の仕事内容をチェックしてみましょう。
0

2013/2/16 | 投稿者: 斉藤修一

看護師は、患者とコミュニケーションを取る頻度が非常に多いということができます。そこで重要なことは、患者の話を聞いてあげることにあります。
患者は自分の病気がきちんと治るのかどうか、いつになったら退院することができるのかと言った、いろいろな不安を抱えて病院にいます。

そこでこのような不安としっかりと向き合うことが必要になるわけです。看護師は他にもいろいろな仕事があります。
看護師の職場内の事務的な手続きをしないといけないこともあります。医者の医療活動のサポートをしないといけないこともあります。

このような他の業務が忙しいと、つい患者への対応が雑になってしまうこともあるかもしれません。しかしそのようなことをしてしまうと、患者がなかなか看護師に対して心を開くことができなくなってしまいます。
忙しくて大変なことは良く分かります。しかしきちんと患者の不安に対して耳を傾けることは欠かさず行いましょう。看護師として最も大切な仕事のはずだからです。
0




AutoPage最新お知らせ