急に静かに・・・  

教室の下にあったラーメン屋「萬来」が、先週の土曜日から新店舗に移転しての営業を開始しました。
授業は土日が休みだったので、今日来てみて、静か過ぎる事に違和感バリバリ・・・・。


先週の月曜日から金曜日まで、移転に向けての作業が忙しかったみたいで、工事の音や人の声もいっぱい聞こえてきてました。

お店が営業されていたときは、フライパンと五徳ががぶつかる音、お客さんの注文の声、何よりも「いらっしゃいませ〜〜」の大将の大きな声、さらには餃子を焼くにおい・・・・。
そんな事が当たり前のようだっただけに、寂しいですね〜〜〜〜。



傘をささずに食べにいけた食堂だったのに・・・・・。
大将にはたくさん世話になりました。


入り口の電球が切れれば脚立を貸してもらったし、ゴミ置き場の管理もしてもらっていたし、こういったご近所付き合いをさせていただけた事を、心から感謝です。



生徒が自転車を止める場所は、店の裏のドアの辺りで、いつもそのドアを網戸の状態にして開けていたんで、生徒が自転車で帰るときにも店の中から見届けてくれたりしてね。





新しい店舗は今の場所から徒歩3分くらいの所です。地下だそうです。駐車場が2台分しか無いとのことですが、味も値段も変わらないでしょうから、新規開店のお祝いを持って近い内に行って来ます。



年末恒例の、生徒とラーメンを食べに行くのも、簡単にはいかなくなっちゃったな〜〜〜。
0

蕎麦?  

イタリアでおこなわれているG7サミット。
トランプ大統領が引っ掻き回してるみたいですね。

サミットへの出席回数で言うと、トランプ大統領よりも安倍総理大臣の方が多いわけだし、首脳会議の集合写真では真ん中辺りで写って欲しいんだが、立ち位置決まってるみたいですね。

トランプさんも安倍さんも、自国の事情から逃避するかのようなイタリア滞在の日々だ。何とかその存在感をアピールして人気なり信用なりを取り戻したいところでしょう。

トランプさんは、愛娘イバンカの婿さんがロシアとの疑惑が向けられていて、安倍さんも奥さんの事でも問題になっているし、身内問題で大変です。


『森友問題』『加計問題』と、学校の設立に向けての疑惑で持ちきりです。


蕎麦ですかね?

『もり』とか『かけ』とか。



暑くなると『もり蕎麦』食べたくなりますね。
食べちゃえば終わってしまいますから〜。
0

授業料の「無償化」検討  

安倍総理大臣が、教育の「無償化」を提言しています。
民主党が政権を執っていたときには、あれだけ反対していた自民党が・・・・。

憲法改正に向けて、維新の会と手を結んで行きたい自民党。「無償化」を政策の中心に掲げる維新の会に寄り添うような、そんな感じがしてなりません。


自民党が導入を検討している「無償化」は、現在のオーストラリアの制度を参考にしているそうです。でも「無償化」って言葉は絶対に適さないと思います。「無償化」=「ただ」って意味だと思いますが、在学時代には「ただ」であっても社会に出てから「返済」する事になるんで、「無償化」って言葉は変えた方が理解されやすいのではないでしょうか????



自民党が制度の参考にしたというオーストラリアの制度とは・・・・。
オーストラリアでは、大学などに在学している間、基本的に授業料はかかりません。そして卒業後に年収が円に換算しておよそ450万円に達した段階で、年収の4%およそ18万円の納付が始まります。年収に応じて最大で8%の納付が授業料分の返済が終わるまで続き、利子はないということです。一方で、年収が450万円に達しない場合は、納付する必要はありません。




年収450万って事は、単純に計算して月収が38万円を超えないといけない。
そうなったときには、月額1万5千円ずつを「返済」する計算になる。

私立理系の大学に進学すると、年間月謝が150万円程度。医学部や薬学部に進めばもっと。
150万×4年間=600万円(医学部や薬学部は6年制なので、150×6=900万円)

その学費を返済するまで払い続けるとなると、600万÷18万=33.3・・・年。
900万円÷18万=50年


普通ならば22歳で大学は卒業するので、返済までに33年かかるとすれば、支払いが終わるのは55歳の時だ。その頃までにはきっと家庭を持ち子供を育て勉学費にかなりの費用を必要とするんでしょうけど、子供の授業料として支払うのではなくて自分の学費の「返済」って考えると、働き主が自分のために支払うんだから納得できる支払いのようにも思います。

でもさ、大学卒業すぐに38万円を稼ぐことはできないと思います。
今の時代で、月収が38万になるのは就職して何年かかるんでしょうかね???

定年までに支払いが終わらなければ、少ない年金からも徴収されちゃうのかな???
年収が450万円未満になったら返済も中止されるでしょうか????


細かい規定はこれから決めるとしても、就職してから返済するシステムは、個人的には賛成です。進学するときの「親への負担」を考えなくても済みますからね。

今までも、親への負担を考えて進学を断念した人もたくさんいたはずです。

大学って、良い所ですよ。高校なんて比べものにはならない。
高度な教育機関で学ぶチャンスを、親の所得が低いせいで失われるのは可哀想です。


その点、俺は幸せ者でした。薬学出ても薬関係の仕事はしてませんが、大学で学んでいた時期がきっと俺の全盛期だったと思えるからです。あんな経験は滅多にできやしない。



多くの人に、同じように思える学習機会を・・・・って思います。
0

カール食べられなくなりますよ。  

日本のスナック菓子を代表する商品の1つ「カール」が9月以降、中部以東で買えなくなる? 明治は25日、カールの販売を、北海道から中部までの地域で、8月生産分を最後に終了すると発表した。関西以西では「チーズあじ」「うすあじ」の2品に絞って販売を続ける。
現在、カールには「チーズあじ」「うすあじ」「カレーあじ」と「大人の贅沢カール」2種類、「小つぶカール」2種類の計7商品があるが、中部以東では9月以降、すべての販売を取りやめる。明治によると、イメージキャラのカールおじさんは続投するという。

カールの売り上げはピーク時の90年代には190億円に達したが、近年は低迷し、昨年度は60億円。カールの部門は十数年間、赤字が続いていた。1968年(昭43)の販売開始当初から放送され、「いいもんだ〜な〜 ふるさとは〜」の歌でおなじみのテレビCMも14年4月に打ち切り。3年前にはカール全商品の販売終了も検討されたが、国民に長年愛された商品だけに、明治ではブランド存続の道を探ってきた。

軽くてかさばるスナック菓子は輸送の物流効率が採算性の鍵を握る。カールは埼玉県、静岡県、大阪府、山形県、愛媛県の5工場で生産されているが、今後は愛媛の工場で2品目だけを生産し、滋賀、京都、奈良、和歌山の1府3県以西で販売することで、ブランドを残す結論に至った。明治関係者は「これしかなかった」と話す。




悲しい話ですね。昔はよく食べましたよ。個人的にはカレー味が好きでした。


カールを関東工場で作っていた頃、明治製菓の新人研修で訪ねたことがあります。
できたてのホカホカのカールを仲間でけっこうたくさん食べさせてもらいましたよ。

カールの包み袋、昔はカールおじさんとカエルがキャラクターで印刷されてたんだが、この包み袋1ロール(300食分)をもらいました。

何年間も部屋に飾っておいたんですが、捨ててしまったはっきりとした記憶も無いんですが、いつの間にかなくなってしまいました。

今になって思えば、販売が中止となってしまうならば、包み袋はプレミアがついたかも知れませんね。



「明治製菓」は、現在は「明治」と改名していて、俺が勤務していた岩手県北上市の工場も近々閉鎖です。業績不振なのはお菓子部門だけじゃないんですよ。俺が所属していた薬品部門においてはお菓子部門以上にだらしないのが現状。

「イソジン」って消毒薬をご存じですよね???
これは外国のメーカーが製造していて、日本では明治製菓が販売権を持っていたんですが、明治の業績不振からイソジンの販売権さえも失ってしまいました。


メイセリン、テラルビシンなどの抗がん剤を製造していた頃がピークで、その製法の「特許権」取得に重要な役割を俺は担ってたんですがもう過去も過去の話になってしまいました。
なんせ、新薬の開発力はゼロでしたから、俺が入社したときですら先々を不安視する人も多くいて、バブル時代だったとは言え、3年以内退社の人数が同期入社の中では半数を超えていたって言う事実は、今の時代では考えられないのではないでしょうかね???

会社訪問した経験はない。大学に人事部の人が来て会社説明会を開いてくれて、俺たちは普段着である白衣姿で話を聞きに行って、○○教授の研究室で勉強しています・・・と告げるだけで、ほぼ採用が決まるような、贅沢を言わなければその場で採用が決まるような時代でした。
さらには、「もしも入社してくれるなら、ライオンズマンションに」とか、「自動車1台もらえて営業車として使える」みたいな、破格の条件で入社していた仲間もいましたからね。

明治製菓は、入社後3年経てば「昇進試験」を受験することができ、合格さえすれば肩書きは平社員であっても係長クラスの給料がもらえる・・・みたいな、羽振りの良い会社だったんです。
将来に対する投資とか、開発に金を回せば良いものを、現金バラマキ・・・・していた、そのツケが、とうとう今になって先細りの会社となってしまいました。


お菓子の袋に書かれているメーカーをみて、「明治」と記されているものが、果たしていくつあるのでしょうかね???
5年後、板チョコは残ってるのかな??????
0

叱られ下手  

最近、親から強く叱られた経験が無い子が増えているようです。
なかなか困ったモンです。

叱られるにせよ、注意されるにせよ、「自分事」と捉えながら話を聞けない子が増えています。



「あなたは○○だから注意されているんですよ」と、事細かく説明してからでないと状況を飲み込めないんですよね。


俺は短気ですから、間髪入れずに怒鳴ることは良くある。


その時の生徒の態度は、ただ固まる・・・だけ。時間が経てば涙を流す。
その間、詫びるわけでもなくただただ動かない。


例えば次に俺が、「もう帰っても良いぞ」と言えば、さっさと片付けを始める。
俺から言わせれば、「片付けができちゃう」。



反省してんのか???話聞いてるか???叱られてる原因が分かってるか???
俺の頭の中は?????????????????????????????ですよ。




「叱られ下手」なんですよね。



頭ごなしに怒鳴られたりした経験がきっと無いんだよね〜〜〜。


子供から見て、親ってどう映ってるんだろうか???
叱られたら怖い・・・ってイメージはないのかな???

友達親子が増えている昨今。
「△☆ちゃん、そんなことしちゃいけませんよ」と、優しくたしなめられる程度なんでしょう。

親だって子供には嫌われたくないし、できるだけ嫌味なことは言いたくない。
親に限らず誰だってそうだけど、小さい子には心を鬼にしてでも叱るべきときには叱ってあげないとね。


ペットを飼い慣らすのと同じで、逆らえない立場であるのが親なんですよ。子供にはそう教えておかないといけない。


「立場をわきまえる」って事は、人間関係構築の上では絶対条件です。



「仲良しクラブ」でも良い環境は確かにたくさんあります。でも「敬語を使う」とか「立場を考える」とか、上下の関係がはっきりしている環境の方がもっとたくさんあります。

家庭という単位だけで考えてしまうとどうしても子供中心の生活になりがち。子供はいつでも「王子様」扱い。その「王子様」が「王子様」ではいられない環境に出して、「王子様」じゃない環境を味合わせる事も大切な親の仕事。


それも、すべては「子供が生きていく術」なんですから。
0

共謀罪  

犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」の趣旨を含む組織的犯罪処罰法の改正案が23日、衆院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決され、衆議院を通過した。政府・与党は今国会での成立を目指す考え。民進、共産など野党4党は採決に反対した。

「共謀罪」法案は、組織的犯罪集団を対象に277の犯罪を計画し、資金調達などの準備行為を処罰する内容。犯罪を実行に移した段階から処罰する日本の刑事法の原則を大きく変えるものだ。政府はテロ対策を前面に打ち出し、国際組織犯罪防止(TOC)条約の締結には、法案の成立が必要だと訴えている。

自公維3党は、取り調べの可視化(録音・録画)やGPS(全地球測位システム)捜査の制度化の検討を盛り込むなど法案を一部修正したが、内心の自由などを制約しかねない法案の本質部分は変わっていない。民進、共産、自由、社民の野党4党は、内心の自由を侵し、捜査権限の拡大で社会の監視が強まるなどとして法案に反対している。



1925年に施行された「治安維持法」を連想しますね。
ただ、昔の憲法と今の憲法は違いますからね。

大日本帝国憲法では、「日本国民」ではなく「日本臣民」と記されており、「大日本帝国は、万世一系の天皇、これを統治す」「天皇は神聖にして侵すべからず」とあり、とにかく天皇第一の国家であり、「臣民」つまりは「召し使い」扱いにしかなかった国民であったわけです。
「臣民」の自由も「法律の範囲内」で認められていて、現憲法のような「基本的人権の尊重」なるものなど欠片もなかったわけで、共産主義者を取り締まるために制定された「治安維持法」が存在したとしても不思議ではなかったと思うんです。
ホント極端な話し、治安維持法は、今で言う「主婦の立ち話」「会社員の飲み会」ですら処罰の対象にもなったという。
「国家転覆を企てている」・・・・って言われてしまったら、反論する余地もなく、身を保障してくれる法律も無かったわけです。



民主主義の時代になり、戦後すぐに治安維持法は廃止されていますが、やはりその「恐怖」は今でも根強く残っているんでしょうね。


国際連合に加盟している193カ国の内、国際組織犯罪防止条約を締結しているのは187カ国。日本は6カ国の中に入っているような、テロや組織犯罪に対して非常に遅れている国である事を認識しておかないといけません。


個人の「内心」を規制しかねない・・・として、多くの反対意見もあるのは事実です。


これは、北朝鮮のミサイル発射に対する日本政府の対応と同じであって、俺には理想論としか思えない。ホント、平和ボケしている国だって思います。



日本人がテロや組織犯罪を企てる・・・だけじゃなくて、この法律が無いと、外国人のテロリストが日本に集結してしまう危険性があると思いますよ。日本では何を企てようと計画するまでは何の処罰にはならない・・・ならば、実行犯は現地(国外で)、計画を企てる中枢の人物なり組織なりが日本に蔓延る・・・って事になればだ、「悪の中枢国家」としてのレッテルを貼られてしまうことになる。


もう今の時代は、「話し合えばわかり合える」「平和が一番」・・・、そんな呑気なことを言ってたら結局は負けですよ。



徳川家康が関ヶ原の合戦に臨んだのは、「戦の無い世の中にするための戦」として位置づけたからです。


国連に対して多額の資金を出しているのも日本です。その資金が、日本が描いている世界平和にどこまで貢献できているんでしょうか????
「戦えないから・・」を理由にして、すべてをきれい事で解決しようとしている、そんな負け犬国家からは速く脱出しないと・・・・・・。



「共謀罪」導入に反対する、野党をはじめとして弁護士の方々も、反対するがために一般国民に不安を煽るような発言は控えるべきでは無いでしょうか????
それこそ、目に見えない心の戦争を起こしているんだって事を分かって欲しいですね。

ここぞとばかりに高らかに声を上げて、地位や名誉を得ようとする国会議員や弁護士さん。
遠吠えだけでは周囲に恐怖や不安を残すだけです。世論を巻き込んだ「集団戦法」とせずに、きちんとご自分達の地位や立場の元で戦って下さい。


整えるべきは整えて、それをどう活用するかはその後の問題。
制定した法律を、悪用してしまうような無能国家じゃないはず。そのための国会議員なんじゃないのかな???そのための「国会」なのでは???「国権の最高機関」である国会。その国会で議論する国会議員。単なる有名人、人気者、だけの集まりじゃなく、しっかりとした日本国を任せられる国会議員を選ぶのは国民の義務。選挙権を放棄しちゃうようなアホな行為は止めて、国民みんなが国家の在り方に対して目を向けなきゃ駄目じゃないかな???不満ばかりを口にしてたって何も変わらない。一部の人間の発言だけで右往左往してしまうのもあまりにも無能。


国会議員さんに言いたい!!!「今」の是非を考えるのも大切ですが、後々の日本を保障するような考え方を持って下さい。

与党議員のアホ発言も恥ずかしいですが、未だに森友問題に終始しているドアホな民進党は潰した方が良い。



朝鮮半島で戦争が始まるかも知れない・・・というこの時期に、韓国旅行者が絶えないという。
あらゆる事に対して関心が薄らいではいませんかね???


今は、「備えるとき」だと、俺は思います!!!!!!
0

頑張れ高校1年生  

高校1年生は最初の定期試験にのぞんでいる時期でしょう。受験勉強をしてから随分と月日が経ちましたからちゃんと試験勉強してるんでしょうかね???


俺が思うに、2つに分かれてしまうんだと思います。思ったよりも出来た・・・、その逆で思ったよも出来なかった・・・。



その違いは中学の定期試験と高校の定期試験の「質」に拠るところが大きいんですよ。中学の試験は、過激に難しい応用問題は出題されないし、満点だって狙えるようなレベルだったと思います。
それに対して、高校の定期試験は、わからない問題はたくさん出題されるし、平均点も50点ほどにしかならないし、中には30点の平均点にしかならないような試験もあるし。



生徒たちにとっては「なんなのこの試験は」「やってらんないよ」ということになる。



決められたことさえやっていれば出来た中学校。高校では、決められたこと以上のことを自ら進んでやっていかないと対処できない。



問題は、ここで「もういいや」となるのか「よし、それならもっと勉強しよう」となるのかだ。残念ながらほとんどの高校1年生が「もういいや」となってしまう。高校生になってわずか1ヶ月ちょっとで、勉強は「あきらめてしまう」のだ。



ここで踏ん張ろう。ここをしっかりと乗り切れば、学習のペースにのれるぞ!!!。
0

春季関東大会  

高校野球の春季関東大会が茨城県でおこなわれています。
神奈川県からは横浜高校と東海大相模の2校が出場しています。

横浜高校は日曜日におこなわれた2回戦で、埼玉県代表の浦和学院に0−2で負けてしまいました。東海大相模は今日3回戦をおこなう予定です。


春季大会で仮に優勝したとしても、特に意味は無い。秋季大会ならばベスト4に残ったチームが翌年の甲子園でおこなわれる選抜大会に出場がほぼ決まるんだけどね。
春季大会は、どの県のチームも夏の選手権大会に向けてのシード権を獲ることが最大の目的で、関東大会での成績は正直どうでも良いんです。

神奈川県の場合、春季予選(県内の戦い)において、東海大相模・横浜・桐光・星槎国際の4チームが第一シードを勝ち取り、夏の大会の組み合わせにおいてもこの4チームは準決勝までは当たらないことになる。甲子園出場に向けて確実に勝っていくためには、組み合わせは重要なことで、その組み合わせを有利にするために春季大会があるんです。


とはいえ、やはり選手達にしてみれば、どの試合も勝ちたいわけで、優勝すれば名誉なことだしチーム力もアップするんでしょうけど、本当に有力なチームはこの時期には本気は出さない。

その証拠として、東京都予選の決勝戦で、日大三高ー早稲田実業において、日大三高はエースを投げさせずに準優勝に終わった。清宮君が主将を務める早稲田実業が優勝したんですが、関東大会では3回戦で敗退。準優勝だった日大三高は勝ち進むという、逆転現象が起きています。

神奈川大会予選の決勝戦で、横浜高校もエースを投げさせず、入学したばかりの高校1年生を公式戦初先発をさせていた。結果準優勝でしたが・・・。



どこの高校も、夏の選手権大会に向けての準備でしかないのが春季大会なんです。




注目されているのは早稲田実業の清宮君ですね。先日は、熊本県でおこなわれた招待試合でもスタンドは満席で、駐車場に入りきれない車で球場近辺は大混雑でした。
春季関東大会でも、早稲田実業の試合はその日の第T試合とされ、観戦に来るお客さん対策をしています。昨日の2回戦は、10時試合開始にもかかわらず、球場に訪れた最初の人は前の日だったとか。本来ならば午前7時半に入場券を発売するところを午前5時半に早め、駐車場の開門もかなり早まったそうだ。
弾丸ライナーのホームラン、3回戦では特大の場外ホームランと、チームは負けてしまったが清宮君の活躍は凄かったです。

もう清宮君も高校3年生。高校野球は最後となる夏に向けて、更なる飛躍が期待されます。
公式戦のホームラン数は95本。100本の大台まであと少し。



春期関東大会には各都県から2校ずつが出場しているけど、夏の選手権大会では代表は1校のみ。下馬評通りにいけば、神奈川大会は横浜か東海大相模か。

来年の夏の甲子園大会は100回記念大会になるんで、神奈川は2校が出場できます。

もう、大石康太が甲子園に出場して10年が経つのか〜〜〜。


プロ野球と違って、負けたら終わり・・・のトーナメント戦。選手もその親御さんも、また学校関係者の方々も、そして高校野球ファンも、待ちに待った季節が到来します。


頑張れ高校球児!!!!!
0

聞き間違い・・・  

セブンイレブンで、700円以上の買い物をすると「くじ」がひけるキャンペーンをしているんです。今日、昼飯や夕方のおにぎりを買いにセブンに寄ったら、買い物の合計金額が700円を超えてくじがひけました。

今までも何回も同じようなキャンペーンやってて、くじひきたくて無理して700円になるような買い物をしたこともあって、何回も商品と交換してもらったりしてました。
でもたまに「応募券」をひいちゃう事があって、けっこうガッカリするんですよ。
「応募券」何枚か集めて応募すれば、テレビなどが当選するらしいんだが、一度も応募したことはない。くじの大きさが昔のテレホンカードと同じで、これってサッシの掃除をするときに重宝で、狭い隙間の掃除に適してるんですよね〜〜〜。


で、今日もくじをひかせてもらったんだが、「応募券」でした。



ただね、レジの女の子は初めて顔を見る新人さんっぽい人で、精算の手際も遅くて少しいらついていたところに「応募券」だったんで、余計にムカッときた。

さらにだ。


「応募券ですね」とその女性店員が言ったと思われる言葉が、俺の耳には「大ボケですね」と聞こえってしまって、さらにムカッときたんだが、「応募券ね」と理解した瞬間に独り笑いをしてしまった。


「おーぼけんですね」の「ん」を弱く発音すれば、「おーぼけですね」に聞こえたって仕方が無い。そこまで本当にボケちゃいないぜ!!!

耳はまだ元気だ!!!



でもね、10年以上前から、モスキートートーンはまったく聞こえません。
生徒から聞かされたんだが俺にはまったく聞こえなかった。
耳元に飛んでくる蚊の羽音はしっかり聞こえますが、モスキートートーンってやつはどんな音なのかを知りません。

イギリスのある公園では、良からぬ人達の集会所になってしまうことを防ぐために、夜になるとこのモスキートートーンを流しているらしく、人には非常に不快な音らしく、長くその場には居たくなるらしい。

俺には関係ないみたいだけどね・・・・・。

それと、電子体温計の「ピピピ・・・」って音も聞こえなくて、ずっと脇に挟んでます。病院でならば看護婦なり医師などが声をかけてくれるんでね。



「応募券」「大ぼけ」似てるって・・・・・。
0

今日はお休み  

今日は休みにしました。湘洋中学の体育祭で、しかも滅茶滅茶暑くなる予報なんで、急遽、今晩の授業は明日に振り替えました。


予定通りに明日が休みだったならば、千葉マリンスタジアムに野球観戦を考えていました。東條大樹が一軍に昇格したし、相手が首位の楽天だし、デーゲームだし。まー、企画倒れに終わってしまいました。

そろそろ梅雨だし、日曜のデーゲームじゃないと行かれないのし、東條がいつまで一軍にいるのかも分からないし、明日を逃すと今度行く予定が立たなくなりました。夏休みにでも生徒と行きましょうかね??


急遽休みになった今日、夏用のスラックスを買いに行こうかと。昨年までのはもう履けません。
体型が太って買い替えが続いていましたが、おそらく人生初かな?痩せてしまったためにズルズルになってしまったんですよ〜。
ダイエットすると金がかかりますよ!!って、実感。リバウンドはしませんのではけなくなったスラックスは処分します。実は肌着も買い替えたばかり。

スリムになるのは季節柄良いのだけれど、コートなどの上着で隠せなくなる季節なんで、ベルトで絞めて履いてるスラックスじゃ、さすがに格好悪いんでね。

身体は痩せても財布はブクブクに太っていて欲しいんだが……。
諭吉〜〜カンバ〜〜ック!野口でも樋口でも、広く受け付けます(笑)。


暑い一日になりそうです。熱中症にはご用心。
0

考えなきゃいけないと思います。  

http://www.kanaloco.jp/sp/article/251664


中学校の部活動について、自治体での動きが出始めた。

藤沢市の決まりでは(あくまでも決まりでは)、「大会期間中でない限り土曜か日曜のどちらかは休みにする」はずです。


顧問の先生の負担が増える事や生徒にも個々都合があるし家庭も大変だし。

学校週5日制って制度がありながら、放課後指導で2日間は行き過ぎだと正直思います。


ヒマな部活は、土日に部活が入ることはない。しかし団体種目(野球やサッカーなど)はほとんど休みが無いのは事実だ。生徒の体力も凄いと思うな〜〜〜。

勉強との両立も厳しくなるよね。



土日の問題だけじゃなくてさ、部活の終了時間にも意見したい。
最終下校時刻ってのは、学校の門を出る時間の事だ。すべての部活・・・とは言わないけど、最終下校時刻=部活の練習が終わる時刻となってるケースがある。そこから片付け・ミーティング・着替え・・・って流れになる。説教が長い顧問もいて、最終下校時刻を普通に30分も延びていることもある。
部活の練習の密度が濃くてハードなメニューであっても、終わる時刻は守って欲しい。
生徒にも「次」の約束があるんだからね。


授業よりも部活指導に燃えてる先生もいます。その居場所を奪うわけではないけど、公立中学校の「部活」の意義を、あらためて考え直して欲しいと思います。
0

面倒な事になりそうだ・・・  

「キッズウィーク」来年4月から実施へ、“学校の夏休みなど分散”

政府が「キッズウィーク」という新たな大型連休を創設し、来年4月からの実施を目指す方針を固めたそうだ。全国の学校で夏休みなどの長期休暇を分散し、それにあわせて大人も休めるよう推進するということ。

来年4月からの実施を目指す「キッズウィーク」では、全国の地域ごとに小・中・高校の夏休みなどの長期休暇の一部を他の平日に分散させる。
例えば本来は夏休みの8月のうち、最後の週の平日の5日分の休みを短縮。その休みを別の月に移動して、親などの大人も一緒に休暇を取れるよう、政府が企業などに強く求め、前後の土日と合わせて家族などでそろって最大9連休が取れるようにするそうだ。
これにより、有給休暇の取得を促して「休み方改革」を進めるとともに、観光需要を分散して地域の活性化をはかる狙いがあるとか。

安倍総理自ら来週24日に発表する予定で、来月には関係省庁や経済界の幹部らをメンバーとする「休み方改革官民総合推進会議」を開き、具体的な議論を始める。



なかなか面倒な事をするな。夏休みの終わりは塾屋にしたら忙しいのさ。
振り返られるのが11月の文化の日を絡めた日に移動されたら最悪だ。11月上旬は、神奈川の受験生にしたら内申点が決まる最後の試験がおこなわれるんだよ。こんなところが連休になってしまったら試験の日程もキツくなるしその連休は試験対策に使わなきゃならず、俺たちのとったら「連休」どころの騒ぎじゃない。



でも、確かに夏休みは長過ぎると思う。冷房の完備も進んでいて、8月を丸々休みにする必要はない。共働きの家庭も多いし、子供が学校に行かずにずっと家にいる事に抵抗感がある親も多いと思う。
神奈川では7月20日〜8月31日を夏休みとしていますが、雪国では8月20日あたりで夏休みは終わり、その分、冬休みが長くなる。
前々から生徒とも話していたんだが、夏休みは8月になってからで良いんじゃないかってね。


地域ごとに休みが違ったら、単身赴任しているお父さんはどうするんだ???
子供の都合に合わせて会社は休めるだろうか????
例えば、大阪にある会社に勤務しているとして、ある人は家族が北海道に、またある人は家族が福岡に・・・なんて事になっていたとしたら、北海道・大阪・福岡では休みの時期が違うはずだから、北海道の休みの日程に合せて大阪の会社が休ませてくれるのか???


問題点は多いと思いますがね。


でも、夏休みを短くするのは大賛成です。俺の学生時代にそうなってくれていたら・・・・。
0

寂しくなりますね〜〜〜  

教室が入っているビルの、老朽化による建て替えのため、住人は移転・転居を余儀なくされています。俺も物件探しで胃が痛い状態ですが、他の住人の方々は現状どうなってるんでしょうかね???小さな子供さんがいる家庭では、学校が変わらないようにするためには同じ辻堂地区で新居を探さなければならないだろうし、大人の都合だけでは決められないのも、選択肢を狭める事になります。


教室の下の、ラーメン屋さん「萬来」も移転します。
移転先は、このビルの入居者の中では一番早くに決まりました。改装工事には時間がかかるし、何よりも常連のお客さんを逃がさないためにも今の店の近所に新しい店を構えるのが理想で、細かい条件問わずとにかく空き物件を探していたそうです。
新しい店は今の所から徒歩で5分かからないくらいの場所で、熊ノ森のセブンの近所で、今度は地下になるそうです。
お好み焼き屋の居抜きって形で契約したので、撤去作業も萬来が費用負担するそうですよ。


新しい店のオープンは5月28日日曜日。今の店は21日までだそうです。
明日は土曜日、明後日は日曜日。きっと最後となるお店での食事に、たくさんの人が来るのではないでしょうか???



大変にお世話になったので寂しい限りです。すぐに食べに行かれる距離に俺も移転できるのならば良いのですが、そうはなかなかいかないかとも思うし、ご近所付き合いも終わってしまいます。



ビルの前のゴミ出し場に出ているゴミの量も増えています。引っ越しの準備をみなさんが始めている証拠ですね。

移転・・・・・・・。やっぱり現実のことなんだな〜〜〜って実感します。



お客さんで混まない内に、今日の昼飯を萬来で食べてきます。
0

新しい大学入試試験  

現在の中学3年生が大学受験をするときから、新しい入試制度が導入されるが、面白い制度となりそうですね。

大学受験を指導する塾では無いので、ほとんど関係ない立場にはありますから、「対岸の火事」的な感覚で見ています。


まず英語。
入試としての試験はなくなるそうですね。高校3年生の4月〜12月の中で最大2回までのチャンスが与えられ、民間で実施されている「検定試験」を受験し一定の結果を収めることとなりそうです。その「検定試験」も複数あるので、どの「検定試験」を「いつ」受けると有利なのか???と言う戦術も大切になりそうです。
高校3年生で一発合格はなかなか厳しいので、高校2年生までに何回かの「練習受験」は必須のようで、受験料だって高額のものもあるため、貧しい生活を強いられている家庭ではかなりの不利を被ると予想されます。
さらには、高校での授業そのものが「検定試験対策」になってしまいそうで、高校での指導内容をしっかりと履修することができるのか???

課題はたくさんありそうです。


次に数学。
センター試験はすべてマークシート方式でしたが、記述式の問題が出題されるそうです。公表された例題を見てみると、いわゆる「教科書中心の学習」では太刀打ちはできず、知識を日常生活の中にどう取り入れるかが大切です。予備校で実施されている、パターン化されている問題をひたすら解く・・・的な学習では意味をなしません。応用する力、想像する力が求められそうです。

最後に国語。
数学と同じで記述問題が出題されます。ただ文字数制限があるので、どこまでの表現力を必要とするかは分からないけど、文作能力・適切に漢字が使えるかなど、単なる「読解能力」だけでは太刀打ちできません。



では、いつからこのような制度を意識した勉強にシフトするのか???が重要になります。


少なくとも、高校受験の在り方も変化しつつある以上、小学校高学年からの意識変革は必要かと。子供が分かるはずも無い。保護者が正しく制度を理解して、後手を踏まないような注意が必要です。
「詰め込み教育」は絶対に必要ですが、それだけでは足りない部分をどう補うのか???


共通一次試験から大学入試センター試験に変わり、とうとうその制度も終わりを迎えます。
「センター試験世代」の保護者の方々の、固定概念が最大の抵抗となりそうです。



対岸の火事・・・・でよかった。
0

最近、つくづく思う事  

幼稚園に通う5歳の男の子がいたとします。



ある日の朝、園服を着ようとしている時、「ボク、自分でボタンとめる」と子供が言った。
お母さんは「できるの???」と不安顔。「ママがやってあげるから・・・」と言っても子供は「ボクがやる・・・」と言って母親の言うことを聞かない。
仕方なく、まーここは子供に任せようと思い、ママはしばらく様子を見ていた。ママとしたら子供を幼稚園に送り届けたら急いで電車に乗ってご出勤。一分一秒を急ぎたい・・・そんな毎朝であるのに・・・・・・。
いざ、幼稚園に出掛けようとした時、母親は子供の園服を見て一言。「何これは!!!。ボタンと穴が全然違うじゃ無いの!!!!。結局はママがやり直さなきゃいけないじゃない!!!初めからママがやっておけばこんなことにならなかったのに!!!時間がもったいないじゃないの!!!」とお怒りモードに。
ボタンを独りでとめられた子供は、得意顔だったのがいきなりの泣きべそ・・・・・。




こんな場面は結構あると思います。



さて、あなたが母親だったらどう対応しますかね??????




母親が自分の都合に合せて子供をコントロールしてるだけでしょ???世間体を気にして自分の時間を優先して、詰まるところ、「自分にとって都合が良い子供」であれば「良い子」と考えてるんです。これは幼稚園に送り届けるという親としての責務を果たしているようですが、あくまでも「義務感」のみであって、幼稚園に子供を通わせている意味をまったく考えていないと思います。


いつまで、親としての体裁を整えるのか???子供のする事は稚拙で、見た目だって良くは無い。それを「恥ずかしいこと」と思う親は、絶対に駄目だと思います。
また、正しいボタンの留め方を教える親も駄目だと思います。




そもそも「躾」とは、親がいつ死んでも子供独りで生きて行かれるような生き様を教える事なんであって、世間様からみて恥ずかしくない子共に育てる事じゃ無い。



ボタンの留め方が変な状態で友達から笑われたって、笑われる事を経験させるのも大切な事。
親としたら勇気が必要かと思いますが、子供は経験からしか生き方は学べないって事を、あらためて分かって欲しい。




最近の親は、いつまで、どこまで、手出し口出しすれば気が済むのだろうか???


大学入試の制度が変わろうとしている。準備も大きく変わるでしょう。求められる新しい大学生像として「自主性」というのがキーワードです。


より豊かで、より賢い生き方を子供にはして欲しい・・・と願うのは、親ならば誰しも当然。
しかし、だからと言って、何もかもを親が出しゃばって子供の歩んで行くだろう道の「案内人」をやってじゃ駄目なんだ。

子供の「独立」「自立」を見守れないのは、それまでに子供を育て切れていない・・・って証拠なんだって事を、親はもっと自覚すべきです。



「子育て放棄」と「見守る」事は、全く違います。
「見守って下さい」と親に言えば「まったく手を出さない」という放棄状態になってしまう。

子供に「自主性」を求める前に、親自身の正しい判断を求めます。




俺も年を取ったのか、子供を見ると家庭環境が透けて見えてしまいます。面談しなくてもどんな親なのか???が分かります。(すべてじゃ無いけどね)



「子供は親の写し鏡」という言葉は、やっぱり正しいですね。




塾屋家業もそうですが、子供と向き合うときには、どこまで踏み込むべきか???って事が、永遠のテーマです。

勉強をただただ教えるだけで良い・・・・ならば、こんな楽な仕事は無いです。
「人を育てる」って意味を、もっと深く考えないと・・・・・・。
0




AutoPage最新お知らせ