大好き!Mt.Onne

斜里岳に登ろう!遡ろう!
攀じ登ろう!

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:marbo
ずいぶんとサボっていたから、もう更新しないんじゃないかと思っている人もいるみたいでした。
bp-hiroさんが心配してくれていただなんて、なんだか嬉しいなぁ〜!

実は、今日が○6才の誕生日です。
身の丈にあった山岳活動ってどんなんだろう?

「お父さん、そろそろヤメテ!」っていわれた事を除いた活動かなぁ〜?
投稿者:bp-hiro
(^_^;)
連絡付いたのでまずは良しです!
僕も、もうすぐ50歳ですから決して若くはないので、身の丈を考えた行動を基本にちょい背伸び位で山全般楽しんで行こうと思ってます(^_^)/

いやぁ〜
なにわともあれ繋がって良かった(^_^)v

http://blog.livedoor.jp/mtbphiro/
投稿者:marbo
bp-hiroさん、お久しぶりです。
故障じゃなく、ただ長いことさぼっていただけなんです。でもちょっとづつ活動再開ってとこですよ。
bp-hiroさんは頑張ってますよねぇ〜!

私は昨日、夜発で積丹の200mの大スラブに登るべくテント泊していたんですが、いくら天気待ちをしていても雨は止まず、前泊敗退してきました。
もうけっこう歳なので、そんなに凄いことはできないけれど、攀じ登るのだけはやっていきたいもんです。
それもボチボチですが!
投稿者:bp-hiro
marboさん

御無沙汰です!
久し振りのレポが何通か上がってたんで............
なんか、ほっとしてます(~_~;)
身体、故障してリハビリしてたんですか?

まあフィールドに復帰出来てるようなんで取り敢えずは良かったです>^_^<

http://blog.livedoor.jp/mtbphiro/
投稿者:marbo
こちらこそありがとうございました。

登る技術かぁ〜?
岩じゃないかもねぇ〜?

・アクシデントが発生したときの判断力
・目的を達成する為のルート取り
・安全の為のロープワーク
・限られたギアを使う想像力
     ・
     ・
     ・

登山って、フリークライミングなんかと違ってスポーツじゃない気がします。
どちらかというと“道”に近いのかなぁ〜?

目に見える技術が必要かと思ったら、ほんとは考え方の方が大切だったりしますよね。

だから、私もいつまでたっても一人前になれないだと思います。

nagai君は未来に時間があるんだから“道”を極められるよう頑張ってください。
応援してます。
投稿者:nagai
 楽しい山行、ありがとうございました。
途中、何回かお助けロープを出してもらったので、早くお助けする側に回れるようにならないとと思いました。
 登る技術を身に着けたいので、今度、岩も教えてください。
投稿者:marbo
satoさんとは「斜里岳三山縦走」「積雪期東稜から斜里岳」に続く「パンケニワナイ川から斜里岳」という本当にレアな山行ばかり行っています。

一緒に行くメンバーが出来る最高のルートを安全に歩かせることができたら、その山行は成功と言えます。
今回も成功でしたよね!
投稿者:marbo
今年は雪解けが遅いのかもしれない。
すごく水量が多く感じた。

小屋の沢とか、ほかの沢も見てみないと何ともいえないけれど、雪解けの頃の気温が上がらなかった可能性はあるよな。

この大滝は、ちゃんとガスがなくって、シュルントや、ガレの状態を確認できたとしたら、東斜里のコルに向かうんじゃなく、・1508へ向かうコルの・1376へ抜けるのが合理的です。
・1376へ向かうと、ほとんど藪はありません。

帰りの旧道も水量が多かったなぁ〜?
ず〜っと雨が降っていなかったのに水量が多かったってことは、雪解けがそうとう遅かったって事だわ!
投稿者:sato
期待を裏切らない素晴らしい沢でした。
改めて斜里岳の懐の深さを知り、また、
marboさんの石跳びの職人技に感動しました。
記憶に残る山行になりました。
投稿者:シュウ
今年の夏の斜里岳は水量が多かった。直登コル手前の滝と雪渓が旗門の様ですね。この沢初めて人は東斜里岳のコルに辿り着くのは苦労しそうだね!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ