大好き!Mt.Onne

斜里岳に登ろう!遡ろう!
攀じ登ろう!

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:marbo
numaさん、ご心配ありがとうございます。

>独りで行っちゃうってことにはならないでね。
      ↓
これは大丈夫です。肝っ玉が小さいと、夏尾根でも一人では歩けないのですよ。
然るべく人と、然るべく訓練をして、メンバーが見つかってからの話です。それまでは雪稜を攻めます。西壁の稜は雪稜も面白そうですからね。

今年は、小さな風呂敷のうち一個の角くらいは、少し大きくなったような気がします。
高みを目指すというより、水平方向ですが。
投稿者:numa
アイゼンは回数も大事なんでしょうね。お疲れ様です。山はいろいろな場面局面を体験することが山力を養ってくれると思います。自分の風呂敷を大きくしておくことでしょうか。風呂敷は大きければ大きいほど、現実の場面で安全に繋がるんだという思いを強くしました。「目指しているルートが・・・」というのが君らしいところ。でも、独りで行っちゃうってことにはならないでね。
投稿者:marbo
私だってアイゼンは雪オンリーで使いたいのだけれども、目指しているルートが岩稜なものだから、嫌でも訓練しなければならないのです。
来春までにアイスとミックスで何ヶ処か訓練山行をする予定ですが、ダメだ!と思ったら潔く撤退できるという、肝っ玉の小ささで、頑張ります。

雪渓かァ?
沢登りで出てくる雪渓は怖くって遊ぶ気にならないな〜。
急で長い雪渓でも、私は軽量化の為?、4本爪の軽アイゼンで歩いています。絶対にコケられないし、脹脛の負担は大きい。
投稿者:かちょう
僕は、アイゼン使うの白山(石川県)で夏山前だけでーす。アイゼンは、谷の雪渓を安全に渡ることにしか使ってません。来シーズは、ロープでこの雪渓遊びする予定でーす。

http://tabisuruzeirishi.cocolog-nifty.com/katyounotabinikki/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ