続・超山田堂ねっと

超山田堂のブログだよ〜ん

 
超山田堂在処だよ→ 「通信販売について」 ☆☆☆当ブログにてご紹介しております商品は 全て 通信販売 承らさせていただきまーす!!!☆☆☆ メール またはお電話にて 在庫確認のうえ ご注文くださいませ お品代とご発送送料の合計金額を お知らせさせていただきますので 当方からご案内させていただきますお振込先に ご入金くださいませ ご発送につきましては ご入金確認させていただき次第 速やかにご発送させていただきます 代引きでのご発送も承っております 代引きでのご注文のさいは ご注文お決まり次第 速やかにご発送させていただきます なお 中古レコード、CD、古本、古着 など  中古のお品物は全て現品限りでございます 店頭売り切れの際はご容赦くださいませ たいへん恐縮ではございますが  まずはメール、お電話にて在庫の確認をお願い致します メールアドレス/ kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp (24時間受付けております) メールはなるべく早くご返事させていただきますが もし返信が遅いようでございましたら お手数ですが再度メールをお送りくださいますよう お願い申し上げます 電話でのお問い合わせに関しまして 接客等でご対応できない場合はご容赦くださいませ (ちなみにお店がけっこう広いので はじっこにいるとコール10回くらいでは出れない場合がございます) TEL/ 042−329−3966 (3:00頃-23:00頃) ご入金方法/ お振込み(三菱東京UFJ銀行、郵便局、ジャパンネット銀行)、 現金書留、  代引き郵便でのご発送 がご利用いただけます (代引き郵便は配達お時間のご指定は出来ません 郵パック代引きでのご発送ですと ご指定可能ですがプラス料金になります) ご発送方法/ 普通郵便or郵メール便、 クリックポスト便、 レターパック便(全国一律360yen&510yen)、 郵パック便<地域により異なります>(600yen〜<地域により異なります>) 郵パック便の場合は配達時間帯指定が可能です (午前9-12/午後12-14/午後14-17/夕方17-19/夜間19-21) ご不明な点  ご質問等 お気軽にご連絡くださいませ!!! みなさまのご注文を 心よりお待ちいたしておりまーす!!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

激レア音源 リチャード・ロイド 新旧4タイトル!!!

激レア音源
名手リチャード・ロイド
新旧4連発!!!

テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイドの
ソロデビュー作リリース時のライブを高音質ステレオ・サウンドボード録音で超☆収録!!!
アンド
リチャード・ロイド
2ndソロリリース時のライブを高音質ステレオ・オーディエンス録音で激☆収録!!!
ア〜ンド
テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイドの2017年ライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全超☆収録!!!
ア〜〜ンド
リチャード・ロイド
同じく2017年ライブ
こちらは6月23日ジョージア州でのライブ激レア音源!!!


『RICHARD LLOYD / LIVE AT HURRAH '79』 [CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイドが
ソロデビュー作『ブルーとグレーの肖像』をリリースした時期の79年9月23日
ニューヨークのハラーで行ったライブをFM放送されたブロードキャスト音源から
高音質ステレオ・サウンドボード録音で収録した激レア音源が超☆登場!!! 
マスターに起因する定位のズレは丁寧に修正されております
メンバーはテレヴィジョン時代からの盟友フレッド・スミスを含む
デビュー・アルバム録音時のメンバーで
(プロデューサー/ギタリストのマイケル・ヤングは不参加)
セットリストももちろん全曲デビュー作からのナンバーです
テレヴィジョンでの緊張感は影を潜め
ポップな作風を全面に押し出したナンバー中心ですが
ギターのキレの良さは健在で3本のギターが絡みあうサウンドは絶品です!!!
ラジオ放送最後にDJのアナウンスと終演後の会場に流れるSEをバックに
ブロンディのデビーハリーとクリス・ステインのインタビューも収録されています
激オススメです!!!

=収録曲=

01.Misty Eyes
02.In The Night
03.Alchemy
04.Number Nine
05.Woman's Way
06.Blue And Grey
07.Pretend
08.Should Have Known Better
09.post-gig Interview with Debbie Harry & Chris Stein

〈HURRAH, NEW YORK, NY, USA SEPTEMBER 23, 1979〉

Richard Lloyd - guitar, vocals
James Mastro - guitar
Mathew MacKenzie - guitar
Fred Smith - bass
Vinnie DeNunzio - drums

-------------------------------------------------------

『RICHARD LLOYD / JUST LIKE TOM THUMB'S BLUES』 [CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイドが
当時7年ぶりの2ndソロアルバム『フィールド・オブ・ファイア』リリース時の
86年1月24日フィラデルフィアはザ・ケネル・クラブで行ったライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した秘蔵激レア音源が超☆初登場!!! 
当時のものとしては最上級と言えるクリアでレンジも広く
ヴォーカルはもちろん各パート共にバランス良く収録されており
ギターが心地よく響き渡る極上サウンド!!!
79年のソロデビューから自身のドラッグの問題などでしばらく沈黙を続けていたリチャード・ロイドが
スウェーデンのミュージシャンと共に制作した2ndソロアルバムをリリースした当時のライブで
オープニングのテレヴィジョン時代にもプレイされていた"Fire Engine"
そして『フィールド・オブ・ファイア』の全曲にボブ・ディランのカバー"Just Like Tom Thumb's Blues"
エルヴィス・プレスリーの"Don't Be Cruel"を含むセットリストで
アンコールを含めたっぷり79分収録されております!!!
元インディヴィジュアルズのギタリスト
ジョン・クレイジスを配したツインギター編成のバンドは
アルバム同様に抜けの良いギターが心地よい
ポップでパワフルなバンド・サウンドを披露してくれています!!!

=収録曲=

01.Fire Engine
02.Tramp
03.The Only Feeling
04.Lovin' Man
05.Watch Yourself
06.Spider Talk
07.Lowdown
08.Pleading
09.Soldier Blue
10.Back Track
11.Black To White
12.Field Of Fire
13.Just Like Tom Thumb's Blues
14.Misty Eyes
15.Keep On Dancin'~ Don't Be Cruel
16.Losin' Anna

〈THE KENNEL CLUB, PHILADELPHIA, PA, USA JANUARY 24, 1986〉

Richard LLoyd - lead vocals, lead guitar
Jon Klages - guitar
Steve Cohen - bass
Ulf Sundquist - drums

-------------------------------------------------------

『RICHARD LLOYD / METRO GALLERY』 [2CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

2016年夏に来日公演が惜しくも中止となり溜息を漏らしたファンも多いことでしょう
テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイド
コンスタントにライブ活動を続けているリチャードの2017年ライブが超☆登場!!!
2017年6月5日ボルチモアはメトロ・ギャラリーで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
リチャードロイド自身のリードヴォーカル&ギターに
サイドギター ベース ドラムスというシンプルな編成によるバンドでプレイされるのは
86年にリリースされた2ndアルバム『FIELD OF FIRE』
2007年のアルバム『THE RADIANT MONKEY』からのオリジナル・ナンバーに加えて
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの"I'm Waiting for the Man"
テレヴィジョンのナンバー4曲に
さらにアンコールでは79年のソロ・デビュー作『Alchemy』から
"Number Nine""Alchemyをプレイ!!! 
テレヴィジョン時代を想起させる緊張感に独自のポップなセンスが融合し
ツインギターが絡み合うスリリングな演奏をたっぷりご堪能いただけます!!!

=収録曲=

(DISC 1)

01.tuning
02.The Word ~ I'm Waiting For The Man
03.Crystal Mountain
04.(I Thought) You Wanted To Know
05.Misty Eyes
06.Amnesia
07.Swipe It
08.Elevation
09.Pleading
10.Monkey

(DISC 2)

01.Marquee Moon
02.See No Evil
03.Glurp
04.Friction
05.King Of Fools
06.Field Of Fire
07.encore break/band intros
08.Number Nine
09.Alchemy

〈Metro Gallery,Baltimore, NY June 5, 2017〉

----------------------------------------------------

『RICHARD LLOYD / GERGIA THATRE』[CD-Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

テレヴィジョンのオリジナルメンバーであるリチャード・ロイドが
2017年6月23日ジョージア州アセンズのジョージア・シアトルで行ったライブを
超高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した激レア音源超☆登場!!! 
もはや完璧と言っても過言ではないほどバランスよくクリアに収録された極上サウンドで
左右にセパレートされたギターのバランスも最高でライン録音かと耳を疑うほどの極上音質です
リチャード・ロイド自身のリードヴォーカル&ギターに
サイドギター ベース ドラムスというシンプルな編成によるバンドで
86年にリリースされた2ndアルバム『FIELD OF FIRE』
2007年のアルバム『THE RADIANT MONKEY』からのオリジナル・ナンバーに加え
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの"I'm Waiting for the Man"との
メドレー・バージョンでプレイされるT"he Word"
テレヴィジョンの"See No Evil""Marquee Moon"を加えたセットリスト
約44分のショートセットですが濃密なパフォーマンスを
極上サウンドで堪能できる強力激レアライブ音源です!!!

=収録曲=

01.The Word ~ I'm Waiting for the Man
02.Crystal Mountain
03.(I Thought) You Wanted To Know
04.See No Evil
05.Swipe It
06.Monkey
07.Marquee Moon
08.Pleading
09.Field Of Fire

〈Georgia Theatre - Athens, Georgia USA June 23,2017〉

Richard Lloyd - guitar, vocal
Jason NeSmith - guitar, vocal
Terry Clouse - bass
Jeff Brakebill - drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp

ultrasuperyamada@gmail.com

042-329-3966(3時〜11時)
0
投稿者:超山田SAD-HERO
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。

カレンダー

2017
September
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索



このブログを検索
AutoPage最新お知らせ