続・超山田堂ねっと

超山田堂のブログだよ〜ん

 
超山田堂在処だよ→ 「通信販売について」 ☆☆☆当ブログにてご紹介しております商品は 全て 通信販売 承らさせていただきまーす!!!☆☆☆ メール またはお電話にて 在庫確認のうえ ご注文くださいませ お品代とご発送送料の合計金額を お知らせさせていただきますので 当方からご案内させていただきますお振込先に ご入金くださいませ ご発送につきましては ご入金確認させていただき次第 速やかにご発送させていただきます 代引きでのご発送も承っております 代引きでのご注文のさいは ご注文お決まり次第 速やかにご発送させていただきます なお 中古レコード、CD、古本、古着 など  中古のお品物は全て現品限りでございます 店頭売り切れの際はご容赦くださいませ たいへん恐縮ではございますが  まずはメール、お電話にて在庫の確認をお願い致します メールアドレス/ kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp (24時間受付けております) メールはなるべく早くご返事させていただきますが もし返信が遅いようでございましたら お手数ですが再度メールをお送りくださいますよう お願い申し上げます 電話でのお問い合わせに関しまして 接客等でご対応できない場合はご容赦くださいませ (ちなみにお店がけっこう広いので はじっこにいるとコール10回くらいでは出れない場合がございます) TEL/ 042−329−3966 (3:00頃-23:00頃) ご入金方法/ お振込み(三菱東京UFJ銀行、郵便局、ジャパンネット銀行)、 現金書留、  代引き郵便でのご発送 がご利用いただけます (代引き郵便は配達お時間のご指定は出来ません 郵パック代引きでのご発送ですと ご指定可能ですがプラス料金になります) ご発送方法/ 普通郵便or郵メール便、 クリックポスト便、 レターパック便(全国一律360yen&510yen)、 郵パック便<地域により異なります>(600yen〜<地域により異なります>) 郵パック便の場合は配達時間帯指定が可能です (午前9-12/午後12-14/午後14-17/夕方17-19/夜間19-21) ご不明な点  ご質問等 お気軽にご連絡くださいませ!!! みなさまのご注文を 心よりお待ちいたしておりまーす!!!

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

「MAD3/GUITAR OF THE DEAD」別ミックスCDR付き 超☆絶賛大発売中!!!&LIRニューCD!!!

今週水曜は定休日のためお休みです
なにとぞよろしくお願いいたします

今年から
毎週水曜日を定休日にしようと思います
なにとぞよろしくお願いいたします

https://mobile.twitter.com/home

超山田堂
_______________________

伝説的ロッキンフォメイション

10月19日(水)超☆発売!!!

『MAD3 / GUITAR OF THE DEAD』
MAD3 Visual Book付きCD

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

熱くパワフルなリズムセクションに鼓舞され
エディ・レジェンド
練達のギターワークが冴え渡る!!!
ロカビリー〜ジャズ〜ギターインスト〜パンク〜ガレージ
〜UKビート〜映画音楽〜民俗音楽etcetc
雑多なストリートから流れ聞こえてくるありとあらゆる音楽を
独自のロックンロールという美しい織物に仕立て上げた
めくるめく全4曲!!!
MAD3の原点に立ち返った
鬼神のごとき怒涛のインストナンバーの応酬!!!

アンド
エディ・レジェンドの
ロックンロール・ストーリーを
ビジュアライズに辿った
豪華ブックレットも!!!

さらに
超山田堂オリジナル特典
FUZZ MASTER 河村君による
「FUZZ WIZARD」の
MAD VERSION CDR付き!!!
本編4曲はもちろん超☆素晴らしいですが
超山田堂おまけ特典の
別ミックスCDRが
これもまたスサマジックやばい!!!
MAD3サウンドを知りつくした男
FUZZ MASTER
河村君が
「FUZZ WIZARD」を狂気のFUZZ MIX!!!
暴れています!!!
壊しています!!!
狂ってます!!!
MAD3サウンドの核心に迫る
アナザーサイドオブMAD3
By FUZZマスター!!!
これもまた
REAL CRAZY MAD SOUND!!!

MAD3
狂気の美学
この感覚は他では味わえない


超山田堂
ただ今超☆絶賛大発売中!!!


クリックすると元のサイズで表示します

MAD3
NEW BOOKLET CD SINGLE

2016.10.19 ON SALE


RNR-03 2,000yen(+tax)

“GUITAR OF THE DEAD”

1.GUITAR OF THE DEAD
2.KATYUSHA
3.HELL'S WEDGE
4.FUZZ WIZARD RETURNS

超山田堂
オリジナル超☆特典は
別リミックスCDR音源です!!!

只今
超☆絶賛大発売中!!!

_________

ア〜ンド
LET IT ROCK$
NEW シングルCD
「“20th CENTURY ROCK$”」
超☆好評発売中!!!
通販もOKスーパーです!!!


クリックすると元のサイズで表示します

『LET IT ROCK$
“20th CENTURY ROCK$”』


=収録曲=

1. C’MON EVERYBODY Eddie Cochran
2. 変わり得ぬ愛 キャロル
3. 20th CENTURY BOY T.Rex

1200yen+tax

=エディ君ブログより=↓

LET IT ROCK$がこの度3曲入りのシングルをドロップする!

★あのキャロルの名曲“変わり得ぬ愛”
★EDDIE COCHRANの“C’MON EVERYBODY”
★T.REXの“20th CENTURY BOY”を最強にアッパーなパンク•バージョンで激カバー!

☆ジャケットは7インチのアナログ盤サイズに折り畳まれ、広げると裏面は一枚のポスターになる豪華な“ポスタースリーブ”!

今こそ、誰もが忘れかけていたロックンロールの蒼き熱い初期衝動を、全てのロックンロール野郎共に愛を込めてブチかます!

http://letitrocks.syncl.jp/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お問い合わせ、通販のご用命はこちらまで↓
kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)

お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エディ・レジェンド関連Tシャツ&音源等は
こちら↓でも超☆絶賛大発売中!!!

・超山田堂ネットショップ・
http://store.shopping.yahoo.co.jp/fyrbzioysurpx6fzexf4i7x3zq/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

エディ・レジェンド
最新情報はこちらを!!!

http://ameblo.jp/eddie-legend/
3
投稿者:超山田SAD-HERO

Ganryou放送局プレゼンツ 『ラジオ超☆伝説』ご拝聴 超☆ありがとうございまるす!!!

『ラジオ超☆伝説』
今回もご拝聴
超☆ありがとうございまーす!!!
今回はにゃんと世代を超えた4人での
音楽談義をお送りさせていただきました!!!
偶然は必然
これもきっとなにかのご縁でございましょう
加藤君、テツ様
超☆ありがとうございました!!!
ラジオ超☆伝説
次回もどうぞよろしくお願いいたしまーす♪♪♪

『ラジオ超☆伝説』アーカイヴ音源↓


【MAD3/4月公演日程】

4/1(土)名古屋 大須OYS
29(土)新松戸FIRE BIRD
30(日)下北沢DaisyBar

0
投稿者:超山田SAD-HERO

Ganryou放送局プレゼンツ 『ラジオ超☆伝説』本日23日(木)夜9時より!!!

またまたやってまいりました
Ganryou放送局プレゼンツ
『ラジオ超☆伝説』 

本日木曜日
3月23日
夜9時ごろから
超☆発信!!!

よろしくお願いいたしまるす!!!

ラジオ超☆伝説
こちらから↓

http://twitcasting.tv/ganryou
0
投稿者:超山田SAD-HERO

春のガレージセール伝説!!! その2

伝説のガレージセールその2!!!
おしゃれは足元から
シャープなシューズでKICK OUT!!!


伝説的とんがり靴 タイプ・1
(サイズ 25くらい)

クリックすると元のサイズで表示します
________________

伝説的とんがり靴 タイプ・2
(サイズ 25くらい)

クリックすると元のサイズで表示します
________________

レジェンダリー・スニーカー
(サイズ 25くらい)

クリックすると元のサイズで表示します

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お値段、コンディション等
お問い合わせ
&通販のご用命はこちらまで↓

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)
お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます
0
投稿者:超山田SAD-HERO

春を告げるぜR&R!!! 伝説のガレージセール!!!

スプリングカムカム♪♪♪
レジェンダリー・ピープルなみなみなさま!!!
伝説的お蔵出しですよー!!!
その1


TOO KOOL TO DIE
ドンキージャケット

(サイズ アダルトSくらい)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
__________________________

レジェンダリー・ラバーソウル
(サイズ 25くらい)
中敷 ダメージ大です

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お値段、コンディション等
お問い合わせ
&通販のご用命はこちらまで↓

kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)
お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます
0
投稿者:超山田SAD-HERO

追悼 CHUCK BERRY R.I.P.

追悼 CHUCK BERRY 











R.I.P.
0
投稿者:超山田SAD-HERO

今週水曜22日は定休日のためお休みです どうぞよろしくお願いいたしまーす

・今週の予定・

今週水曜3月22日
は定休日のためお休みです
なにとぞよろしくお願いいたします

今年から
毎週水曜日を定休日にしようと思います
なにとぞよろしくお願い申し上げます

https://mobile.twitter.com/home

超山田堂
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源 シル・シルヴェイン!!! ギャング・ウォー!!!

激レア音源
シルヴェイン・シルヴェイン!!!
ギャング・ウォー!!!

ニューヨークドールズ解散後77年にシルヴェインが結成したクリミナルズの激レアライブ音源が超☆登場!!!
アンド
ジョニー・サンダース&ウェイン・クレイマーによるウルトラスーパーバンド
ギャング・ウォーの秘蔵音源が激☆登場!!!

『SYLVAIN SYLVAIN & THE CRIMINALS / MAX'S KANSAS CITY '77』 [2CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ジョニー&ジェリー脱退後
ニューヨークドールズ後期のメンバーであった
ボビー・ブレイン トニー・マシーン等と共に結成したクリミナルズは
シングル『Kids Are Back』1枚をリリースしたのみで
メジャーレーベルとの契約に至らずほどなくして解散してしまったため
残された音源が非常に少ないのが残念でしたが
なんと結成時である77年8月26&27日と2日連続で
マクシス・カンサス・シティで行われたライブを
良好なモノラル・オーディエンス録音で収録した秘蔵音源が超☆登場!!!
当時のものとしては良好な音質で
ヴォーカル キーボードも含め各パートバランス良く
クリアな音像で収録されております
両日共に2ステージ行われ
後にソロアルバムでリリースされたナンバーやカバーも含めた
ファンなら悶絶必至のセットリスト!!!
初日26日のセカンドショーではジェリー・ノーランとロバート・ゴードンが飛び入り!!!
27日でもロバートは得意の"Something Else"で自慢の喉を聴かせてくれています!!! 激☆オススメ盤!!!

=曲目リスト=

(DISC 1)

First Set

01.The Cops Are Coming ~ Out With The Wrong Woman
02.C'Mon Everybody
03.Deeper And Deeper
04.Emily
05.Kids Are Back
06.I Don't Love You No More
07.I Love A Little Pussy
08.Without You
09.Rockin' Good Time

Second Set

10.The Cops Are Coming
11.Out With The Wrong Woman
12.C'Mon Everybody
13.Emily
14.Kids Are Back
15.I Love A Little Pussy
16.Something Else
17.Twenty Flight Rock
18.Little Sister
19.Money Honey
20.Jam
21.Ain't Got No Home
22.Without You
23.Deeper And Deeper
24.Rockin' Good Time
25.Dirty Water

〈MAX'S KANSAS CITY, NEW YORK, NY, USA AUGUST 26, 1977〉

Sylvain Sylvain - vocals, guitar
Bobby Blain - keyboards
Mike Page - bass
Tony Machine - drums
w/ Jerry Nolan (17-21) & Robert Gordon (18-21)

(DISC 2)

First Set

01.Intro
02.The Cops Are Coming
03.Out With The Wrong Woman
04.C'Mon Everybody
05.Deeper And Deeper
06.Emily
07.I Love A Little Pussy
08.Kids Are Back
09.Without You
10.I Don't Love You No More
11.Rockin' Good Time
12.Dirty Water

2nd Set

13.The Cops Are Coming
14.Out With The Wrong Woman
15.C'Mon Everybody
16.Deeper And Deeper
17.Emily
18.Without You
19.Ain't Got No Home
20.I Love A Little Pussy
21.Jam
22.Kids Are Back
23.I Don't Love You No More
24.King Creole (tease)
25.Something Else
26.Rockin' Good Time

〈MAX'S KANSAS CITY, NEW YORK, NY, USA AUGUST 27, 1977〉

Sylvain Sylvain - vocals, guitar
Bobby Blain - keyboards
Mike Page - bass
Tony Machine - drums
w/ Robert Gordon - vocals on 27
________________

『GANG WAR / IF YOU'RE GOING TO THE CITY』 [CD−Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

79年夏に始動したギャングウォーの激レア秘蔵音源が初登場!!! 
80年1月21日ニューヨーク(場所不明)でのギグを
良好なモノラル・オーディエンス録音で完全収録!!!
ノイズもなく安定した当時のものとしては良好な音質で
ヴォーカル含め各パート共にバランス良く収録されております
日によってムラのあるジョニーですが
この日のコンディションは非常に良く
ウェインとのコンビネーションも抜群!!!
ストーンズのカバー"I'd Much Rather Be With The Boys"や"You Can't Put Your Arms Around A Memory"でも最高のヴォーカルを披露してくれています
そして特筆すべきは83年にカセットテープでリリースされたジョニーの
『TOO MUCH JUNKIE BUSINESS』に収録された
貴重なギャングウォー期のオリジナルナンバー
"King Of The Gypsies"をプレイしており
さらにギャングウォーでは数回しかプレイさんれなかった
"If You're Going To The City"もプレイ!!!
後にウェインがソロで発表するレアナンバーで
まさに屈指の名演と言える絶品ライブ!!!

=曲目リスト=

01.Courageous Cat
02.Ramblin' Rose
03.London Boys
04.M. I. A.
05.The Harder They Come
06.I'll Go Crazy
07.I'd Much Rather Be With The Boys
08.Endless Party
09.Ten Commandments Of Love
10.You Can't Put Your Arms Around A Memory
11.King Of The Gypsies
12.I Still Hate
13.If You're Going To The City

〈Unknown Location New York,USA January 21,1980〉

Johnny Thunders - vocals, guitar
Wayne Kramer - vocals, guitar
Ron Cooke - bass, vocals
Johnny Morgan - drums

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓
kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)

お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源  ジョニー・サンダース  第2弾 ハノイ、オッドボールズ、ベネフィット!!!

激レア音源
R&Rイリュージョニスト
ジョニー・サンダース
続いて幻惑の4タイトル!!!


ブラックキャッツを従えてのジョニーサンダースとハノイロックスとのジョイントライブが最新マスタリングで激☆新登場!!!
アンド
オッド・ボールズを率いて行われた88年のギグから新発掘音源が超☆登場!!!
激レアナンバー"Two Time Loser"をプレイ!!!
ア〜ンド
同じくオッド・ボールズを率いて行われた88年のギグからドイツ ボーフム公演を
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した新発掘が爆☆登場!!!
ア〜〜ンド
オリジナルメンバーのウォルター・ルアを筆頭にウェイン・クレイマー クレム・バーク等によるスペシャルバンドの最新ライブ第2弾!!!


『JOHNNY THUNDERS & HANOI ROCKS / LEICESTER '84』 [CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

アルバム『Hurt Me』のリリース
『L.A.M.F.』のリミックス
そしてハートブレイカーズのリユニオンギグと
精力的な活動を行っていた84年初頭からメンバーを一新して
新たに『QUE SERA SERA』レコーディング時の黒人リズム隊
サイドギターにヘンリー・ポールを従えて行われたハノイロックスとのUKツアーより
84年10月21日レイセスターで行われたライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で収録した激レア音源が
最新マスタリング盤で新登場!!! 
過去にブートCDで流通した音源が知られていますが
ピッチがかなりズレているという致命的な欠点がありました
もちろん本作では丁寧に修正されており
最新リマスタリングにより音質も向上しております
また"Alone In A Crowd"〜"Pills"までは
正規盤『Chinese Rocks The Ultimate Thunders Live Collection』に
別ソースバージョンが収録されていますが
本作ではオープニングのSE「黄金の腕」テーマから収録された完全盤となっております
アンコールラスト2曲ではハノイロックスから
マイケル・モンロー&アンディ・マッコイが飛び入り!!!
"Pills"ではマイケルがブルースハープ
そして"Gloria"ではサックスもブロウしまくり!!!
(後半3曲は当日のハノイロックスのライブを収録していますがジョニーは不参加です)

=曲目リスト=

01.Intro - The Man With The Golden Arm
02.Pipeline
03.Countdown Love
04.Personality Crisis
05.Little Bit Of Whore
06.M.I.A.
07.I'm Not Your Stepping Stone
08.Alone In A Crowd
09.Endless Party
10.Talkin' About You
11.Copy Cat
12.Don't Mess With Cupid
13.Born To Lose
14.Too Much Junkie Business
15.Chinese Rocks
16.Pills*
17.Gloria*
18.Lightning Bar Blues+
19.Looking At You+
20.Blitzkreig Bop+

〈Mr.Kiesa's, Leicester, England, October 21, 1984)

Johnny Thunders - Guitar, Vocals
Henri Paul- Guitar, Vocals
Keith Yon - Bass, vocal
Tony St. Helene - Drums, Vocals
* With Hanoi Rocks
+ Hanoi Rocks (no JT)
__________________

『JOHNNY THUNDERS & THE ODDBALLS / TWO TIME LOSER』
[CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

88年1月に3度目の来日公演を行い
5月にはパティ・パラディンとのカバーアルバム
『COPY CAT』をリリースしたジョニーが
同年7月20日ニューヨークのクラブザ・ライムライムで行ったライブを
ステレオ・オーディエンス録音で収録した新発掘秘蔵音源が初登場!!! 
僅かにオーバーレベルな箇所もありますが
迫力抜群の良好なステレオ・オーディエンス録音で収録されております
この翌月に再編される再編前の初期オッド・ボールズを従えてのライブで
ジョニーも絶好調と言えるドライヴしまくりのギターをプレイしております
当時の新曲"Glory Glory""Disappointed In You"
アリソン・ゴーディとの掛け合いヴォーカルが聴ける"Great Big Kiss"
そして当時の新作であるカバーアルバム『COPY CAT』から
ライブでは滅多にプレイされなかった激レアナンバー
"Two Time Loser"をプレイしておりす!!!
パティ・パラディンのヴォーカル・パートはアリソンが担当し
アルバム・バージョンでは聴けなかったジョニーのギターも
たっぷりお聴きいただけます!!!

=曲目リスト=

01.Glory Glory
02.Blame It On Mom
03.In Cold Blood
04.I'm Not Your Stepping Stone
05.Great Big Kiss
06.Disappointed In You
07.Two Time Loser
08.Copy Cat
09.Little Bit Of Whore
10.Daddy Rolling Stone
11.Louie Louie/Hang On Sloopy
12.In The Midnight Hour

〈The Limelight,New York, NY July 20,1988〉

---------------------------------

『JOHNNY THUNDERS & THE ODDBALLS / UPTOWN TO BOCHUM』 [2CD−Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

オッド・ボールズが88年9月14日
ドイツのボーフムのナイトクラブで行ったライブを
高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録した新発掘秘蔵音源が初登場!!! 
安定感のあるバランスの良いクリアな音質で収録されております
("Crazy"の前半部テープチェンジによる欠落がございます)
8月に再編された新生オッド・ボールズを従えての絶好調のパフォーマンスで
オーディエンスを魅了したこの日のジョニー
なんと約131分というロングセット!!!
当時の新曲"Glory Glory""Disappointed In You”
コーラスを担当するアリソン・ゴーディをフィーチャーしたレアナンバー
"Crazy""You Don't Own Me"
アコースティックコーナーではストーンズ名曲カバー"As Tears Go By"も!!!
そして当時の新作であるカバーアルバム『COPY CAT』から
ライブでは滅多にプレイされなかったレアナンバー
"Uptown To Harlem"がお聴きいただけるのも嬉しポイント!!!

=曲目リスト=

(DISC 1)

01.Glory Glory
02.Blame It On Mom
03.In Cold Blood
04.I'm Not Your Stepping Stone/Hit the Road Jack
05.MIA
06.Disappointed In You
07.I Can Tell
08.Too Much Junkie Business
09.Sad Vacation
10.Pipeline
11.Crazy(Incomplete)
12.You Don't Own Me
13.As Tears Go By
14.It's Not What You Say
15.Eve Of Destruction
16.I Only Wrote This Song For You
17.In God's Name
18.You Can't Put Your Arms Around A Memory

(DISC 2)

01.Hang On Sloopy
02.Wipe Out
03.Children Are People Too
04.Cosa Nostra
05.So Alone
06.Born To Lose
07.Gloria
08.Little Queenie
09.Just Another Girl
10.Uptown To Harlem
11.You Can Walk My Dog
12.Glory Glory

〈Zeche,Bochum,Germany September 14,1988〉

---------------------------------
『THE HEARTBREAKERS L.A.M.F. / A BENEFIT FOR STEPHEN SABAN vol.2』[CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ジョニー・サンダース ジェリー・ノーラン ビリー・ラス亡き後
存命するオリジナル・メンバーは
リチャード・ヘルとウォルター・ルアのみとなってしまったハートブレカーズですが
そのウォルターを筆頭にウェイン・クレイマー(ex.MC5/ギャングウォー)
ブロンディのドラマーであるクレム・バーク
リプレイスメンツのベーシスト トミー・スティンソンによるスペシャルバンド
『ザ・ハートブレイカーズ L.A.M.F.』の2016年11月16日
ニューヨークで行われた最新ライブから
先にリリースされた『A BENEFIT FOR STEPHEN SABAN(TOTH1603)』収録の
アーリーショウに続いてレイトショウが登場です
癌の闘病中であるステファン・サバン
(70年代ニューヨークのパンクシーンを紹介したコラムニスト)
をサポートするために行われたベネフィット・ギグで
ジョニーとの共演も多いチーター・クローム(ex.デッド・ボーイズ)等の
ゲストを交えて繰り広げられたスペシャルな一夜を
アーリーショウ同様に高音質ステレオ・オーディエンス録音で完全収録!!!
ヴォーカルはもちろん各パート共にバランス良く
クリアに収録された極上サウンドで収録されております
往年のハートブレイカーズの名曲群に
MC5"Kick Out The Jams"を交えた最高のセットリストが堪りません!!!

=曲目リスト=

01.Tuning
02.Born to Lose (Tommy Stinson - Vocals)
03 Baby Talk (Tommy Stinson - Vocals)
04.All by Myself (Walter Lure - Vocals)
05.I Wanna be Loved (Jesse Malin - Vocals)
06.It's Not Enough (Jesse Malin - Vocals)
07.Chinese Rocks (Walter Lure - Vocals)
08.Get off the Phone (Walter Lure - Vocals)
09.Pirate Love (Cheetah Chrome - Guitar, Jesse Malin - Vocals)
10.One Track Mind (Walter Lure - Vocals)
11.I Love You (Lyne Von Pang - Vocals)
12.Goin' Steady (Cheetah Chrome - Vocals, guitar)
13.Let Go (Wayne Kramer Vocals)
14.Can't Keep My Eyes on You (Clem Burke - Vocals)
15.Do You Love Me (Wayne Kramer - Vocals)
16.Can't Put Your Arms Around a Memory (Jesse Malin - Vocals)
17.Kick Out the Jams (Handsome Dick Manitoba - Vocals)
18.Too Much Junkie Bizness (Walter Lure - Vocals)

〈(Late Show) The Bowery Electric New York, NY  November 16,2016〉

Walter Lure (Heartbreakers)- Guitar and Vocals
Wayne Kramer (MC5)- Guitar and Vocals
Clem Burke (Blondie) - Drums and Vocals
Tommy Stinson (Replacements) - Bass and Vocals
with special Guests
Jesse Malin - Guitar and Vocals
Cheetah Chrome - Guitar and Vocals
Handsome Dick Manitoba - Vocals
Lyne- Vocals

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓
kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)

お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます
0
投稿者:超山田SAD-HERO

激レア音源  ジョニー・サンダース  第1弾’79〜’80編!!!

激レア音源
鬼神ジョニー・サンダース
まずは凄みの4タイトル!!!

一時的に再結成されたハートブレイカーズのギグに
レニー・ケイ&クリス・スペディングが飛び入りした秘蔵音源が超☆登場!!!
アンド
ジョニー・サンダース ジェリー・ノーラン アーサー・ケインのドールズ3人に
スティーヴ・ディオール フリッパーという幻のバンドの秘蔵音源が激☆登場!!!
ア〜ンド
80年に数回のみのリユニオン・ギグを行ったハートブレイカーズの秘蔵音源が2連発!!!

『JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS / with CHRIS SPEDDING & LENNY KAYE』
[2CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

1979年2月8日
マクシスカンサスシティで行われたハートブレイカーズ再結成ギグを
2ステージ完全収録した秘蔵音源が超☆登場!!!
モノラルながら各パート共にバランス良くラウドな音像です
音割れなどはなく非常に良好なオーディエンス録音によるマスターから収録されております
この時期自身のバンド「アイドルズ」で活動していたジェリー・ノーランは不参加で
この日は後期ドールズのドラマーでもあるトニー・マシーンがドラムを担当しています
この2日後のライブは同レーベル既発盤『ALL ABOARD! THE NIGHT TRAIN!!(TOTH1106)』に収録されておりますが
この日の音源は初登場!!! 
2ステージ共に終始熱の入ったプレイで
リンク・レイの"Apache"を挿入したアレンジでプレイされた
"I Like To Play Games"が聴けるのも嬉しいポイント
そしてなんと
1stショーではラストナンバー"Do You Love Me"でパティ・スミス・グループのギタリスト
レニー・ケイが飛び入りでギターをプレイ!!! 
さらにななんと2ndショーではレアな"Boppin' The Blues"を含む3曲でクリス・スペディングが参戦!!!
ファン必聴盤!!!

=曲目リスト=

(DISC 1)First Show

01.Intro
02.Chatterbox
03.Chinese Rocks
04.Too Much Junkie Business
05.London Boy
06.I Like To Play Games
07.Get Off The Phone
08.Let Go
09.M.I.A.
10.Seven Day Weekend
11.I Love You
12.Born To Lose
13.One Track Mind
14.I Wanna Be Loved
15.Pipeline
16.Do You Love Me(with Lenny Kaye)

(DISC 2)Second Show

01.Pipeline
02.Chinese Rocks
03.Too Much Junkie Business
04.M.I.A.
05.I Like To Play Games
06.London Boy
07.All By Myself
08.Let Go
09.Boppin' The Blues(with Chris Spedding)
10.I Can Tell(with Chris Spedding)
11.Do You Love Me(with Chris Spedding)
12.Chatterbox

〈MAX'S KANSAS CITY, NEW YORK, NY, USA FEBRUARY 8, 1979〉

Johnny Thunders - vocals, guitar
Walter Lure - vocals, guitar
Billy Rath - bass, vocals
Tony Machine - drums
GUEST/
Lenny Kaye - guitar
Chris Spedding - guitar

--------------------------------------------------

『JOHNNY THUNDERS & THE DELINQUENTS / NO LIPS』 [CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

シド・ヴィシャスの友人でもあり
シドのソロライブではジェリー・ノーランと共に参加し
自身のバンド 
ロンドン・カウボーイズのフロント・マンとしても知られる
スティーヴ・ディオールと
ジョニーとの共演も多いセンダースのヴォーカリスト
フリッパーとニューヨークドールズの3人とが組んだスペシャル・バンド
THE DELINQUENTS!!! 
僅か数回のみライブを行っただけの幻のバンドの激レア音源!!! 
79年1月26日
マクシス・カンサス・シティで2ステージ行われたライブを
モノラル・オーディエンス録音で完全収録!!! 
モノラルながらヴォーカルが大きめでバスドラの低音もしっかり響く
クリアな音像で収録されております
後にジェリー・ノーランがソロ名義でリリースしたシングル"Pretty Baby""Take A Chance"
ジェリー アーサー スティーヴによるバンド
アイドルズでもプレイされていた"Pretty Baby""Can't Sit Down"に
ジョニーのナンバーという協力セットリスト
延々とイントロが続くアヴァンギャルドな"Pipeline"など
ヘロヘロっぷりを発揮している場面もあるジョニーですが
アンコールではジョニー抜きのアイドルズとして登場し
なんとピストルズの"No Lips"をプレイ!!!
このバンド名義でのライブは同レーベル既発盤『YOU CANT SIT DOWN(TOTH1059)』がありますが
そちらではアーサーではなくビリー・ラスがベースでしたので
このメンバーでの演奏が聴けるこれが唯一の激レア音源!!!

=曲目リスト=

1st Set

01.Pretty Baby
02.M.I.A.
03.Chatterbox
04.Born To Lose
05.Chinese Rocks
06.London Boys
07.Take A Chance

2nd Set

08.Pipeline
09.Pretty Baby
10.M.I.A.
11.Chatterbox
12.Subway Train
13.Born To Lose
14.London Boys
15.Chinese Rocks
16.Dead Or Alive
17. -tuning-
18.Can't Sit Down
19.Pipeline
20. -crowd-
21.No Lips

〈MAX'S KANSAS CITY, NEW YORK, NY, USA JANUARY 26, 1979〉

Johnny Thunders - guitar, vocals
Steve Dior - guitar, vocals
Arthur Kane - bass
Jerry Nolan - drums
FLIPPER - Vocals

--------------------------------------------------

『JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS / LIVE AT THE HEAT 1980』 [CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

ジョニー・サンダースがまだギャング・ウォーをメインに活動していた80年に
数回のみリユニオン・ギグを行っていた
ジョニー ジェリー ウォルター ビリーによる
最強布陣ハートブレイカーズの秘蔵音源が初登場!!!
1980年3月15日ニューヨークのザ・ヒートで二日連続で行われたギグから
初日のライブをモノラル・オーディエンス録音で超☆収録!!! 
モノラルながらヴォーカルがくっきりと大きめで
非常にバランス良くクリアな音質で収録されております
大名作『L.A.M.F.』からのナンバーを中心に
ジョニーのソロアルバム『SO ALONE』に収録されたシャングリラスのカバー"Give Him A Great Big Kiss"
84年のリユニオンでもプレイされた"Seven Day Weekend"など文句無しのセットリスト!!! 
"I Love You"では完全に構成を無視したジョニーによって破滅的な演奏になってしまってたりもしますが
緊張感溢れる"So Alone"や
ウォルターがリードヴォーカルをとる"One Track Mind"などでは
息の合ったスリリングなプレイをご堪能いただけます
"Give Him A Great Big Kiss"ではサックスに加え
当時のニューヨーク・アンンダーグラウンド・シーンで活動していた女性ヴォーカリスト
ジョイ・ライダーとジョニーとのやりたい放題の掛け合いヴォーカルもお聴きいただけます
終始ダウナーなジョニーにハラハラする色んな意味でスリリングな激レア音源です!!!

=曲目リスト=

01.Chatterbox
02.Chinese rocks
03.Too Much Junkie Business
04.London Boys
05.All By Myself
06.Let Go
07.M.I.A.
08.So Alone
09.I Love You
10.Seven Day Weekend
11.Pipeline
12.Born To Lose
13.One Track Mind
14.Do You Love Me
15.Give Him A Great Big Kiss
16.Just Because I'm White
17.I Wanna Be Loved (Incomplete)

〈THE HEAT, NEW YORK, NY, USA MARCH 15, 1980〉

Johnny Thunders (Vo & Guitar)
Jerry Nolan (Drums)
Walter Lure (Vo & Guitar)
Billy Rath (Bass)
Bobby Roberts (Sax)
Joy Rider (Vocal)

--------------------------------------------------

『JOHNNY THUNDERS & THE HEARTBREAKERS / LIVE AT THE HEAT 1980 Vol.2 』
[CD‐Rです]

クリックすると元のサイズで表示します

オリジナル・ハートブレイカーズ
リユニオン・ギグ第2弾!!!
上記の同レーベル既発盤『LIVE AT THE HEAT 1980』に収録の
1980年3月15日の翌日の16日
ニューヨークのザ・ヒートで二日連続で行われたギグの2日目のライブを
モノラル・オーディエンス録音で収録
初日の音源同様にモノラルながらヴォーカルがくっきりと大きめで
非常にバランス良くクリアな音質で収録されております
"Give Him A Great Big Kiss"は初日同様にボビー・ロバーツがサックス
ジョイ・ライダーがヴォーカルでゲスト参加していますが
この日の後半はブルース・セッションの様相を呈しており
ジョイ・ライダーのパワフルなヴォーカルが聴ける"Hoochie Coochie Man"
"Rock Me Baby"など非常にレアなナンバーをプレイしておりまーす!!!

=曲目リスト=

01.Chatterbox(Incomplete)
02.London Boys
03.Too Much Junkie Business
04.Chinese Rocks
05.Do You Love Me
06.All By Myself
07.Let Go
08.So Alone
09.Give Him A Great Big Kiss
10.Seven Day Weekend
11.Pipeline
12.I Love You
13.One Track Mind
14.-crowd noize-
15.Be Bop A Lula
16.Hoochie Coochie Man
17.I Can Tell
18.Just Because I'm White
19.Rock Me Baby

〈THE HEAT, NEW YORK, NY, USA MARCH 16, 1980〉

Johnny Thunders (Vo & Guitar)
Jerry Nolan (Drums)
Walter Lure (Vo & Guitar)
Billy Rath (Bass)
Bobby Roberts (Sax)
Joy Rider (Vocal)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

通販はこちらまで↓
kame-no-arashi@jcom.home.ne.jp
042-329-3966(3時〜11時)

お店は水曜定休
ネットは年中無休
でございます
0
投稿者:超山田SAD-HERO
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/238 
 

カレンダー

2017
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索



このブログを検索
AutoPage最新お知らせ