2017/6/15

復活 ! 木工妻  

 ここ数日間は、梅雨に入ったのにとても良い天気なので、思いきって懸案だった、長年の雨雪などで傷んでしまったベランダの作り変えをしました。

 市内の大工センターの店で、360pの長さのツーバイフォーの板材18本を、店の1トントラックを借りて求めてきて、防腐剤を塗ったり、壊れた古いベランダをはずしたりしました。

 はがした古い板材はその場で電動丸のこによって、薪材として切り分けました。

  クリックすると元のサイズで表示します

(上の写真は、買ってきた2×4材に防腐剤を塗って乾かしているところです)

  クリックすると元のサイズで表示します

 幸いにしてこれまでの土台は、まだ腐ってはいなかったので、再利用することにしました。十数年前に初めてベランダを作った時には、土台の水平をとるのが大変だったことを思い出しました。
 

 その後は新しい板材でベランダの形として電動ドリルを使って組み立てていきました。この電動ドリルもパワフルなものを大工センターから貸してもらいました。

 さらに塗装を重ねて新しいべランダができあがりました。

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

  クリックすると元のサイズで表示します

 二日間にわたっての作業は暑い陽射しの下、かなり疲れもしましたが、できあがってみると嬉しいですね。

 
 
女房曰く、これからもかねてから考えていた玄関の改造を、床板を張って作ることを計画しているのだとか。

 そんな木工もほとんど女房の自主的な活動です。僕は指示通りの助手といったところでしょうか。

  これまでも女房は、居間の椅子やテーブル、そして棚類、さらにベッドなど自分で設計して、集成材やツーバイフォー材でどんどんつくってしまっていて、僕は“木工妻”と呼んできました。
 こうしたことは、兆候はあるのですが、いつも突然始まります。

 しかし、ここ2,3年はちょっとそれらがお休み状態でしたが、またこの夏から復活して始まったという感じです。それはこのところの体調が回復してきたという証拠とも思えます。

 玄関ができたら、もう一つのベランダを今回と同様作り変えると息巻いています・・・。

 どうぞ女房殿、これからもがんばってください。ぼ、ぼくは応援、いやお手伝いいたしますので・・・ハイ。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ