このサイトは、マッスル・イングリッシュ・プログラムの内容、効果、口コミ、体験談などの情報を公開しているブログです。

2010/11/13

マッスル・イングリッシュ・プログラム 英語 簡単 習得 口コミ  英語、マスター、習得、勉強法、エクササイズ、コミュニケーション、喋り、効果、口コミ、体験談

クリックすると元のサイズで表示します

⇒詳細はこちらをクリック

英語を喋れない方限定となりますが、
英語を喋る感覚を身に付けることから始めてみませんか?


9年間英語が身に付かなかった、夏目さんは、
英語を操る感覚は教科書など紙の上からではなく、
筋肉から発生していることに気付きます。

喋りの感覚は、教科書などの紙の上からは得られないという
明白な事実を悟ってしまったのです。

そして、英語の筋肉を鍛えることに、
勉強の方法を切り替えてみたんです。

すると、9年間かけても、英語は訳のわからないままだったのに、
次の28日間で、英語をマスターしてしまったのです。

英語の筋肉を鍛えることで、喋る感覚をものにし、

「どうすれば、英語が話せるようになるのか」が
手に取るようにわかるようになったのでした。


確かに、喋る感覚さえ身に付ければ、実際に喋り出すようになりますね。


私もこの方法(筋肉メソッド)で英語をマスターしました。

喋りのシュミレーションです。

2つの簡単なエクササイズを毎日行うことにより、
喋りのシュミレーションを日々やって行くわけです。

それを通じて、英語の筋肉を獲得し、実際に喋る感覚をマスター。

クリックすると元のサイズで表示します


習得が早いわけです。
喋りそのものを身に付けてしまうわけですから。


他の実践者の方は
・自分の英語能力は、少なくても5年分は開花しているように感じます。
英語も日本語も同じなんだなと実感出来たことなんです。
・インナーマッスルには、何でも日常化して行く、
 計り知れない可能性がありそうです。
・私もマッスル・イングリッシュ・メソッド(MEP)を学び、
 英語瞬間生成をマスターしました。
・出来れば、本プログラムと受験前に出会いたかったです。
 そうしたら、受験の結果も全く違っていたと思います。


皆さん、大きな変化を経験し、英語を身に付けています。


まぐまぐ、英語のメルマガ ランキングNo.1の藤永先生によると

耳、口、頭の(筋肉の)バックグラウンドで働いている要素を理論的に言うと、
一見関係なく見える各筋肉の一つ一つの動きが、三者でお互いと補完し合い、
コミュニケーションという、筋肉とは全く関係なく思える高いレベルのことを
可能にしているのです。
英語で言うところのQualitative change(定性的変化)です。

との解説です。

正にその通りです!
藤永先生はメルマガNo.1の方ですから、
私の言いたかったことを全て表現している!


英語の筋肉を鍛えると、コミュニケーションというレベルにジャンプ出来ます。
凄いことですね。


夏目さんの方法(筋肉メソッド)が気になる方は、
是非ともMEPのホームページをご確認下さい。

ホームページを読むだけでも、英語習得のイメージが変わると思います。

⇒詳細はこちらから
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ